>
写真撮影機材
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

写真撮影機材

このテーマに投稿された記事:137件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c142/8124/
写真撮影機材
このテーマについて
デジタルカメラ用、フィルムカメラ用を問わず写真撮影のための撮影機材の情報を掲載。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「minochage」さんのブログ
その他のテーマ:「minochage」さんが作成したテーマ一覧(12件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

【Manflotto】 パッド付き三脚バッグ 80CMが届く

JUGEMテーマ:写真撮影機材   こんにちは!   冬を迎え、普通に外気温が氷点下を記録する北海道。三脚を持って歩くときに三脚自身を手で持っていると、その冷たさが手に優しくないんですよね… (*´Д`)   愛息を連れて写真を撮りに行く時は、車から降りて近くのところで三脚をセットして撮るので苦にはならないのですが、一人で撮りに行く際、車を停めてそこから撮影地まで歩きますよといった時に手に持って歩くのはちょっと厳しい…   そんなわがままを解消するべく...

温泉ソムリエ & 一口馬主 たかしちゃんの趣味手帖 | 2020.01.13 Mon 03:41

ドール&フィギュアの写真 15 写真の修正と加工 GIMPを使う

 これまでの撮影講座はおもにカメラの選び方や撮影方法の話でしたが、ここから先は撮影した写真をもっときれいにするとか、インパクトのあるものにするといった類の話になります。  そのためには何らかの道具が必要なのですが、ここではパソコンで使用されるGIMPという画像処理ソフトを使って説明したいと思います。GIMPはけっこう長い歴史のある画像処理ソフトで、フリーで使用できるものでありながら、有料ソフトウエアに負けない機能を持ち、おそらくはアマチュアの90%ぐらいの人はこれだけで充分に満足できると思います。自...

瞳に四角い鰯雲 | 2020.01.11 Sat 03:47

ドール&フィギュアの写真 14 構図の話その2 光の通り道を意識する。

 前回は構図を決めるとき、お人形を真ん中に置かないで空間をつくりましょう。基本、お人形の向いている側にその空間をつくると自然です。みたいな話でしたが、あと一つ自分が意識しているのは光の通り抜ける道筋みたいなものかな。        上の2枚は同じ条件で撮影しているのだけど、自分の好みとしては下の方を選びます。右上に空間があって、光もその方向からやってくる、シンプルでまとまりが良いように思います。        これはこれで可愛く写っていると...

瞳に四角い鰯雲 | 2019.12.09 Mon 06:11

ドール&フィギュアの写真 13 構図の話その1 空間をつくります。

 背景の使い方、光のあて方ときて、次は構図の話です。    nano (オリジナルヘッド+TBLeagues26Aボディ 26cm 2018 )    これは近くの原っぱで撮影したものです。順光で撮影できるのは DOLL であることのメリットです。構図としては画面の中央に被写体が写っている「日の丸構図」そのものです。この構図が常に悪いわけではないけれど、一般的には避けられることの多い構図です。      ほんの少しですがお人形を左に寄せました。顔の右側に空間ができてバランスが良くなっ...

瞳に四角い鰯雲 | 2019.12.08 Sun 05:33

ドール&フィギュアの写真 12 光のあてかた お人形ポートレート

  今回の撮影講座のテーマはお人形への光の当て方です。前回に引き続き Canon の G7X というコンパクトなデジカメで撮影した画像で解説してゆきます。      これは「順光」で撮影した写真です。順光とは被写体が太陽の方向を向いている状態で、コントラストが高く色彩鮮やかに写ります。  いちばん基本的な光の当て方ですが、実は人間のポートレート撮影ではむしろあまり使われないです。どうしても硬い感じの写真になっちゃうので。あと太陽の方向を向いてぱっちりと目を見開ける人はいないから...

瞳に四角い鰯雲 | 2019.11.25 Mon 05:30

ドール&フィギュアの写真 11 背景を生かす

 ドールやフィギュアの撮影についていろいろと語ってきましたが、いよいよ実際の撮影について説明してゆきたいと思っています。ただこのへんの話は人物のポートレートと大差はないので、市販されている「きれいなポートレートの撮影方法」みたいな本や、それを解説しているサイトの方が詳しいかもしれません。  ということで、ここから先はドール撮影の経験から得た個人的な撮影のポイントということでお読みいただければと思います。  で最初の話は背景の生かし方です。今回使用している機材は Canon の G7X というコンパ...

瞳に四角い鰯雲 | 2019.11.20 Wed 09:01

ドール&フィギュアの写真 10 屋外での照明を使った撮影

  ドール&フィギュアの撮影についての続編です。  前回の話では、ただ単に明るくするという目的では安易にストロボは使わない方がいいよ。できるならストロボよりLEDライトを少し離し気味に使った方がいいよ、みたいなことでしたが、屋外ではけっこう必要になる場面があります。      その1は暗いシチュエーションです。この写真では夕暮れ時の暗い条件なので照明は不可欠です。こういうときの注意事項としては、肌が白トビしないようにLEDやストロボはフルパワーで使わないということかな。ま...

瞳に四角い鰯雲 | 2019.11.10 Sun 05:39

ドール&フィギュアの写真 9 光を均等にあてる

 ドール写真は通常のポートレートと違って、被写体に数十cmの距離まで近づかなければいけいない。だから強い影や白トビのことを考えるとカメラ付属のストロボでなく、別途LEDライトを買った方がいいよ、というのが前回の結論でした。  今回はまず、被写体と照明の間の距離と方向のお話です。      こちらは室内灯と30cmぐらいの距離に置いたLEDライト一個で撮影したものですが、さすがにLEDとはいえ、この近さだと影が気になるね。        こちらはLEDを離し室内灯メ...

瞳に四角い鰯雲 | 2019.10.26 Sat 04:51

ドール&フィギュアの写真 8 ストロボは使わない

 前回まではドール&フィギュアの撮影に向く機材の話でしたが、ここからは少しずつ実際の撮影についてもお話ししたいと思います。まず最初はストロボの話です。  ほとんどすべてのカメラに当たり前のようにストロボはついているけど、「暗いところを明るく写すためにはストロボを使う」みたい発想は自分は持っていません。      これは Canon の G7X というコンパクトなカメラで撮影したものです。やや暗めの室内で付属のストロボで撮影しました。問題は多数あります。  画像の中央は明るさは良い...

瞳に四角い鰯雲 | 2019.10.22 Tue 06:04

ドール&フィギュアの写真 7 今度は黒ツブレ

 今度は黒ツブレです。これはどういうものかというと、日中の風景を撮影したときに、影になる部分が真黒くなって何が写っているのか分からなくなっている状態です。      たとえばこの写真だと日陰になった建物の壁や、ドールの耳から顎にかけての部分が黒ツブレしています。  別に建物の方は気にならないですが、お人形にできた強い影はあまり見栄えが良くないです。ストロボやレフ版を使えばこの影は軽減できますが、日中の町中でお人形を取り出してストロボっていうのも、ちょっと気がひけます。 ...

瞳に四角い鰯雲 | 2019.10.11 Fri 04:51

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全137件中 1 - 10 件表示 (1/14 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!