• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

能楽

このテーマに投稿された記事:78件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c143/5804/
能楽
このテーマについて
能楽・狂言など、伝統芸能についてなら何でも!
稽古内容や、舞台情報・感想などをどうぞ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tamiru」さんのブログ
その他のテーマ:「tamiru」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8 >

狂言ワークショップ

 和歌の浦万葉薪能が開催する狂言ワークショップを取材に行ってきました。狂言は、日本の伝統文化で現代の芝居によく似た滑稽劇です。室町時代に使われていた日本語の基礎になる言葉で演じられ 現代語にとても近く親しみやすい愉快なストーリーになっています。ワークショップではまずその一場面を観劇させて頂きます。贅沢な時間でした。その後、声の発生や歩き方などの細かな所作を丁寧に教えて頂けます。ご家族、親子で参加されている方も多く、幼いのに一生懸命に習う姿が印象的。将来が楽しみですね!今回、取材をして感じ...

和歌の浦みちしるべの会 | 2011.07.17 Sun 08:40

能本をよむ会「大江山」

 今週水曜日は能楽師で同時に学者の味方健先生「能本をよむ会」へ行ってきました。会場はJR京都駅前のキャンパスプラザ京都。参加者はかなり多く50人近くいたんじゃないでしょうか。お年を召した方が多いですけれど、普通に研究的な話なども入るのに、味方ファンのレベルの高さを物語っているのでしょうか。  今回のテーマは〈大江山〉。源頼光による大江山の酒呑童子退治の話を仕立てた能です。味方先生は鬼退治ものとして「たわいもない」と仰りながらも、最初が一声から始まることや、地謡の中に小歌ノリがあることなど作者不...

「能楽の淵」管理人日記 | 2011.07.15 Fri 17:29

萬斎でござる

JUGEMテーマ:能楽  

URIZUN(うりずん) - 織り 草木染め -  | 2011.02.12 Sat 00:09

能M‐1「邯鄲」傘之出

辰巳満次郎師のDVDをゲットしました☆

★benitter★ | 2011.01.19 Wed 22:29

喜正先生のインタビュー★

 日本銀行の広報誌「にちぎん」No.24 2010年冬号に観世喜正師のインタビューが掲載されております

★benitter★ | 2011.01.19 Wed 00:09

TTR能プロジェクト「小鍛冶 黒頭別習」

伝統芸能「能楽」の注目公演の紹介です。 TTR能プロジェクト春公演「小鍛冶 黒頭別習」 【日時】2/16(水) 午後7時開演 【会場】大阪能楽会館(大阪市北区中崎西2丁目3—17 小気味よいテンポで展開する名刀誕生の奇跡譚。見どころ聴き所満載で初心者にも文句なしに楽しめる人気曲です。ですが、この「小鍛冶」、「黒頭別習」と小書がつくと、非常に珍しい曲目となります。この難曲のシテを勤めるのは、芸術祭新人賞を取り、乗りに乗っている上田拓司さん。 地頭には、襲名間もない片山九郎右衛門さんという力の入った...

★benitter★ | 2011.01.19 Wed 00:03

手作り小鼓もどき

かつてtwitterでは紹介しましたが、手作りの小鼓もどきです。背景は、京都は四条で買った海老の風呂敷です。制作費は800円ほどに抑えました。フリスビー×2と、ポテトチップスの筒(中には雑誌を丸めたものを詰めて強度確保)と、太めの紐を組み合わせました。紐のかけかたは間違いだらけのはずなので、そこはいじめないでくださいwしかし、サイズはだいたい合ってても、当たり前ですが音が出ません。本物が欲しいですが、20万は超えるという代物ですので、学生にはそうそう手が出ません。これまでこの代用品で通してきました。いつか欲...

京都にタミル! | 2010.12.24 Fri 23:29

読めますか?沒分曉漢

 野々村戒三著『能楽古今記』(春陽社・昭和6年)という本を読んでいます。私が生まれたのと同じ年号「昭和」に書かれた本なのか!?とは思わずツッコんでしまうぐらい、古風な文体で読みにくいのですが(^^;)  難儀したのが、「沒分曉漢」という四字熟語。 △△氏と××氏とは、かなり解りたい人であり、○○氏と□□氏とは、少くとも沒分曉漢とは云はれたくない人であるのを、併せて考へると  ちょっと障りがあると思うので、個人名は伏せますが、こんな文脈で「沒分曉漢」という言葉が使われています。何となく想像はつくものの、ど...

世の中に昔語りのなかりせば―― | 2010.12.12 Sun 17:26

ややこしや

 …と、おっしゃっている方とは、流派が違いますが(笑) 右…『茂山千作 狂言八十年』左…『狂言85年 茂山千作』  右が二世千作の本で、左は三世千作の本です。親子で似た書名付けると、後で読む人(私?)が混乱します。今の(四世)千作師は『狂言○○年』という名前の本は書いてらっしゃらないようで、安心ですが(笑)

世の中に昔語りのなかりせば―― | 2010.12.12 Sun 17:00

先代・山本東次郎師『木六駄』

 地元の図書館で、少しですが能や狂言のビデオがあるのを見つけました。そんなわけで見たビデオの感想。 ---------------------------- 「NHKビデオ能楽特選〜名人の面影 狂言『木六駄』山本東次郎」 ★大蔵流狂言『木六駄』(昭和38年)  シテ(太郎冠者)=山本東次郎 (先代・東次郎則重)  アド(主)=山本則俊  アド(茶屋)=山本則寿 (現・東次郎則寿)  アド(伯父)=高井則安 ----------------------------  蔵書リストには「狂言木六駄 山本東次郎」とか書かれてなかったので、現・東次郎師とばかり思い込ん...

世の中に昔語りのなかりせば―― | 2010.12.12 Sun 16:23

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8 >

全78件中 31 - 40 件表示 (4/8 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!