• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

試写会

このテーマに投稿された記事:267件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c169/2173/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

エリック・クラプトン -12小節の人生-/ERIC CLAPTON:LIFE IN 12 BARS

JUGEMテーマ:試写会   エリック・クラプトン -12小節の人生-/ERIC CLAPTON:LIFE IN 12 BARS   ♯141 ここまでたどり着いた、その生き様を自らが語るドキュメンタリー。 エリック・クラプトン72歳(製作時)は、B.B.キングへの哀悼の言葉から 噛み締めるように人生の振り返りを始める。 若さゆえの選択と行動。 ファンなら、代わって話せるくらい彼の歴史を知っているだろう。 しかし、この度は、初めての事柄も多々編集されているという。 誰に押されたわけでもなく自らどん底へ落ち、も...

映画、観たまんま | 2018.10.17 Wed 14:26

ライ麦畑で出会ったら/COMING THROUGH THE RYE

JUGEMテーマ:試写会   ライ麦畑で出会ったら/COMING THROUGH THE RYE   ♯140 洗い立てのシャツに袖を通すような、心地の良い作品である。 主人公のジェイミーは、兄にすすめられ気が進まないまま男子高校に入学した。 そこは全寮制で、彼は演劇部員なために運動部員からは見下され、何かと不満を抱えたままの日々。 そうした折、彼は、かつて感銘を受けた『ライ麦畑でつかまえて』の脚本を書き、学校で上演することを思い描く。 実現するには、著者J.D.サリンジャーの許可を得なければならな...

映画、観たまんま | 2018.09.28 Fri 15:11

日日是好日

JUGEMテーマ:試写会   日日是好日   ♯139 その経験は、人をどう変えるのか。 その人は、真面目で理屈っぽい20歳の大学生、典子。 この先の生き方が定まらず、そんな自分に嫌気を感じる日日。 誰もが感じるそんな年頃に、典子は何を経験し、どう向き合うのか。 彼女は乗り気でないままに、毋の勧める“お茶”を習うことになってしまった。 教室は、細い路地を通って奥まった所に佇む。 訪ねてすぐに茶室に通され、いきなり帛紗(ふくさ)の使い方を指導される次第で、 作品上も...

映画、観たまんま | 2018.09.15 Sat 10:17

食べる女

JUGEMテーマ:試写会   食べる女   ♯138 うまいものを自分流にこしらえて頂く幸せ。それも気の合う友とならばひとしお。 同様に、人生もうまいものを食べるが如しと本作は、ほっこりと説く。 そのこしらえ方であるが、材料は、年齢や個性、価値観の異なる女性たちの生き方8種類を 贅沢に揃えることから始まる。 1-雑文筆家で古本屋を営む、気のいいおひとりさま。 2-三十路を過ぎ、ひとりで生きていくと決めてマンションを購入した編集者。 3-面倒見のいい、ごはんや「道草」の女将。 4-...

映画、観たまんま | 2018.09.15 Sat 10:11

顔たち、ところどころ/Visages Villages

JUGEMテーマ:試写会   顔たち、ところどころ/Visages Villages   ♯137 やっぱりフランスは、アートな世界だ。 顔写真を撮り、大きく引き伸して壁に貼る。 そうすることの意味を問うどころか、 誰もがモデルになることを楽しみ、共に作品を前に語り合う。 このドキュメンタリーは、観るひとのこころまで参加させてしまい 登場する人たちと一緒にわくわくしてしまうドラマティックな作品だ。 タイトルからは、作品の内容は想像できない。 初めに、カメラにタイヤを取付けたような愉快なク...

映画、観たまんま | 2018.08.27 Mon 11:05

泣き虫しょったんの奇跡

JUGEMテーマ:試写会   泣き虫しょったんの奇跡   ♯136 昨今、将棋の世界が賑やかしい。 本作は、その時宜にかなう作品である。 プロ棋士を志すも挫折してしまう。一度はあきらめるものの再度挑戦。 厚い壁をぶち破り夢を実現した“実話”の映画化。 将棋ファンなら承知であろう、しょったんこと瀬川晶司、その人の物語だ。 プロ棋士は、対局することで勝っても負けても対局料を受け取ることができるそうで、 勝てばもちろん、段が上であるほど額は増える。 だから好きな将棋を...

映画、観たまんま | 2018.08.21 Tue 14:18

運命は踊る/FOXTROT

JUGEMテーマ:試写会   運命は踊る/FOXTROT   ♯135 正直、よく理解できなかった。 いちばんの原因は、三部構成になっていることが解らなかったために、物語の展開に違和感を覚えてしまったこと。 タイトル(邦題)の意味をイメージできていなかったこともある。 最後の最後で、「あ〜、そういうことだったのか」と気づいたときは、エンディング。 物語は、軍の役人が夫婦のもとに息子の戦死を告げるシーンから始まる。 毋は、ショックのあまり床に伏してしまう。父も冷静を保つも軍人に対す...

映画、観たまんま | 2018.08.08 Wed 09:30

ヒトラーを欺いた黄色い星/DIE UNSICHTBAREN

JUGEMテーマ:試写会   ヒトラーを欺いた黄色い星/DIE UNSICHTBAREN   ♯134 ただ、ユダヤ人であるということだけで。 第二次世界大戦下、約600万人もがヒトラー率いるナチス軍によって虐殺された。 本作は、ベルリンにおいて終戦(1945年)まで生き抜いた4人のユダヤ人の証言をもとに 戦時をサスペンスフルにドラマ化したものである。当時、16歳から20歳の彼らはいかにして生き抜いたのか。 1943年6月、ゲッベルスは16万のユダヤ人をベルリンから一掃したと宣言。 つまり、彼ら全員をガス...

映画、観たまんま | 2018.07.27 Fri 15:17

追想/On Chesil Beach

JUGEMテーマ:試写会   追想/On Chesil Beach   ♯133 「じゃ〜、どうすれば良かったんだ」 観終えて、誰もがきっとそう思うに違いない。 結婚式を終えたばかりの二人、感情的な出来事で人生が狂ってしまうなんて。 人生は逡巡そのものと言ってしまえば、あまりにも素っ気ないが、運命は若い二人に過酷な決断を強いたものだ。 1962年、ロンドンはまだ保守的な社会にあった。 実業家で厳格な父と過保護な毋、裕福な家庭で育ったバイオリニストの妻フローレンス。 彼女は、カルテットの一員...

映画、観たまんま | 2018.07.12 Thu 08:53

判決、ふたつの希望/THE INSULT

JUGEMテーマ:試写会   判決、ふたつの希望/THE INSULT   ♯132 レバノンの映画、正直、ちょっと難解である。 ストーリーはよくわかるし、社会的メッセージ性の高さも理解できる。 ふたりの男の“ささいな”諍いが原因で、国全体を揺るがす争乱へと拡大してしまう物語。 観て難解なのは、“ささいな”はずが、そうでない状況がこの国には潜在しているし、 その発端に民族、宗教、政治、歴史が複雑に絡みあっていて、 それらの一つひとつの違いが、国民一人ひとりを人格づ...

映画、観たまんま | 2018.07.06 Fri 17:24

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全267件中 1 - 10 件表示 (1/27 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!