>
読恋書♪(どっこいしょ♪)
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

読恋書♪(どっこいしょ♪)

このテーマに投稿された記事:1543件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/23892/
読恋書♪(どっこいしょ♪)
このテーマについて
本をこよなく愛する人へ♪
短くてもOKです♪
本を読んで思ったことや感じたことを、
何でも気軽に語ってください(*^^*)
このテーマの作成者
作者のブログへ:「yukorin-book」さんのブログ
その他のテーマ:「yukorin-book」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 >

コンビニたそがれ堂 空の童話(村山早紀)

駅前にある商店街のはずれに、赤い鳥居が並んでいる。そこに、夕暮れ時になると現れる不思議なコンビニがある。コンビニの名前は「たそがれ堂」。大事なさがし物がある人は、必ず見つけることができると言われている。いったいどんな人が訪れるのか・・・?不思議な話、ほほえましい話、兄弟愛を強く感じさせる話など3編を収録。コンビニたそがれ堂4。 「追いつけない」は、兄弟愛を描いた話だ。やさしい兄。頼りがいのある兄。弟の航にとって兄はかけがえのない存在だった。そんな兄がこの世からいなくなってしまう!?たそが...

のほ本♪ | 2015.08.07 Fri 20:20

コンビニたそがれ堂 星に願いを(村山早紀)

駅前にある商店街のはずれに、赤い鳥居が並んでいる。そこに、夕暮れ時になると現れる不思議なコンビニがある。コンビニの名前は「たそがれ堂」。大事なさがし物がある人は、必ず見つけることができると言われている。いったいどんな人が訪れるのか・・・?心に残る3編を収録。コンビニたそがれ堂3。 小学生の女の子の恋とその後を描いた「星に願いを」、ひとりの年配の男性の人生を描いた「喫茶店コスモス」、自分に自信が持てない若い男性が真のヒーローになっていく姿を描いた「本物の変身ベルト」の3編が収められている。...

のほ本♪ | 2015.07.31 Fri 14:48

コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状(村山早紀)

駅前にある商店街のはずれに、赤い鳥居が並んでいる。そこに、夕暮れ時になると現れる不思議なコンビニがある。コンビニの名前は「たそがれ堂」。大事なさがし物がある人は、必ず見つけることができると言われている。いったいどんな人が訪れるのか・・・?心に迫る4編を収録。コンビニたそがれ堂2。 父親の再婚で新しい街で新しい生活を始めなければならない女の子の話「雪うさぎの旅」。いとこの秋姫の死のショックから立ち直れずにいる真衣の話「人魚姫」。旅に出たままついに戻ることのなかった薫と、薫を慕う薫子との切な...

のほ本♪ | 2015.07.24 Fri 19:33

ハケンアニメ!(辻村深月)

9年ぶりに、天才と呼ばれるアニメ監督・王子千晴の作品が製作されることになった。話題の「運命戦線リデルライト」は、王子を口説き落としたプロデューサー・有科香屋子の努力のたまものだった。だが、突然王子が姿を消した!一方、期待の新人監督・斎藤瞳の作品も同じクルーでオンエアされることが決まる。果たして、アニメ界を制するのは・・・!? 完成されたアニメからは想像もできない壮絶ともいえる製作現場・・・。実にたくさんの人が素晴らしい作品にすべく昼夜を問わず働いている。現場での悩み、苦しみ、葛藤の日々、...

のほ本♪ | 2015.07.22 Wed 17:35

コンビニたそがれ堂(村山早紀)

駅前にある商店街のはずれに、赤い鳥居が並んでいる。そこに、夕暮れ時になると現れる不思議なコンビニがある。コンビニの名前は「たそがれ堂」。大事なさがし物がある人は、必ず見つけることができると言われている。いったいどんな人が訪れるのか・・・?心に残る6編を収録。 自分にとってかけがえのない物や存在が失われてしまったら、どんなに後悔することだろう。どんなに悲しむことだろう。この作品の中には、そんな人たちが描かれている。ほっとするような、また、心がほのぼのとするような話もあるが、切なくて涙が出そ...

のほ本♪ | 2015.07.13 Mon 19:22

大泉エッセイ(大泉洋)

大泉洋が、大学時代の1997年から雑誌に連載していたものや、40歳になった自分自身について書いたものなどを収録した、魅力的なエッセイ集。 「面白すぎるよ、洋ちゃん!」 思わずそう言いたくなってしまった。このエッセイの中には、彼の魅力がぎっしり詰まっている。時には羽目を外しすぎるときもあるが、なぜか憎めない。読めば読むほど本の中にどんどん引き込まれていき、あっという間に読んでしまった。彼のファンがたくさんいるのも納得♪ これからもそのキャラを大切に、本能のままに突っ走ってほしい。本当に面白い...

のほ本♪ | 2015.06.29 Mon 20:54

過ぎ去りし王国の城(宮部みゆき)

尾垣真は、銀行のロビーのパネルに貼られた1枚の絵に激しく心を揺さぶられる。不思議な、中世の城を思わせる絵だった。思わず絵を持ち帰ってしまった真は、アバターを使い絵の中に入り込むことができることを知る。絵のうまい同級生の城田珠美にアバター作成を依頼し、ふたりは絵の中の世界へ。やがて彼らは、絵に隠されたある人物の想いに触れることになる・・・。 緻密に、ストーリーが構築されていく。そのひとつひとつの描写が見事で、読み進めていくうちにごく自然に物語の中に引き込まれていく。なぜこの絵が存在するのか...

のほ本♪ | 2015.06.17 Wed 14:11

ラプラスの魔女(東野圭吾)

ふたつの温泉地で、硫化水素による死亡事故が発生した。遠く離れているにもかかわらず、どちらの温泉地でも羽原円華という女性が目撃される。実は、彼女には不思議な能力があった・・・。 温泉地の硫化水素による死亡事故は、密閉された室内ならともかく、今までにまったくそういう事故が起きていない屋外で起きた。専門家や警察などがいくら調べても原因が分からない。事故か?それとも殺人か?もし殺人だとしたら、誰がどんな目的で行ったのか?だが、屋外で硫化水素を使って人を殺すことが可能なのか?謎が謎を呼ぶ・・・。 ...

のほ本♪ | 2015.06.05 Fri 19:44

幻色江戸ごよみ(宮部みゆき)

伊丹屋で小火騒ぎがあった。火が出たのは、全く火の気がないところからだった。だが、この騒ぎには哀しい想いが秘められていた・・・。「鬼子母火」を含む12話を収録。 死んでしまってもなお残る人の想い、呪いとなって現れた人の恨み、人を変え破滅に追い込む頭巾、家宝として大切にされている不思議な絵など、作者は人の心の奥底に潜むものをさまざまな形で描いている。ホロリとした話、やりきれなさを感じた話、ゾクッとした話などさまざまだが、いちばん印象に残ったのは「紅の玉」だった。 病気がちの妻を抱えまじめに働...

のほ本♪ | 2015.06.01 Mon 20:53

さようなら、オレンジ(岩城けい)

難民だったサリマが夫とともにやって来たのは、オーストラリアの田舎町だった。だが、夫は逃げ出し、サリマは精肉の加工場で働くことになった。全く読み書きができなかったサリマだが、生きていくために英語を学ぶことを決心する・・・。 右も左も分からない。頼る人もいない。言葉も全く分からない。そんな状況に置かれても、強く生きていけるだろうか・・・。だが、サリマは強かった。ゆっくりだが確実に英語を学び、それと同時に生きる希望も見出していく。サリマの強さは太く頑丈なものではない。細くてしなやかな強さだ。彼...

のほ本♪ | 2015.05.26 Tue 19:30

このテーマに記事を投稿する"

< 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 >

全1000件中 121 - 130 件表示 (13/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!