>
読恋書♪(どっこいしょ♪)
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

読恋書♪(どっこいしょ♪)

このテーマに投稿された記事:1539件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/23892/
読恋書♪(どっこいしょ♪)
このテーマについて
本をこよなく愛する人へ♪
短くてもOKです♪
本を読んで思ったことや感じたことを、
何でも気軽に語ってください(*^^*)
このテーマの作成者
作者のブログへ:「yukorin-book」さんのブログ
その他のテーマ:「yukorin-book」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

翼をください(原田マハ)

青山翔子は、暁星新聞創業135周年記念企画の一環として暁星新聞主筆の岡林にインタビューすることになった。そしてそのインタビューで、山田順平というカメラマンだった男の存在を知る。山田のことを調べていく中で、彼女は1枚の写真を発見する。そこに写っていた飛行機と女性は・・・? 歴史の中に埋もれてしまった真実を見つけ出すために、彼女は行動を開始する。 ニッポン号は、第二次世界大戦前期における日本の民間航空機で、4大陸と2大洋を連続周航した日本初の飛行機である。1939年8月26日に羽田飛行場(現 ...

のほ本♪ | 2015.11.10 Tue 18:20

テミスの剣(中山七里)

昭和59年、不動産業者強盗殺人事件が発生!逮捕された楠明大は自分はやっていないと訴えるが、過酷な取り調べの中で自白へと追い込まれていく。それは、あってはならない冤罪の始まりだった。この事件の真実を明らかにしようと、ひとりの刑事が決心したが・・・。 自白の強要、死刑判決、容疑者とされた楠の自殺・・・。冤罪に対する渡瀬の苦悩は深かった。冤罪は、本人だけではなくその家族をも絶望のどん底に突き落とす。渡瀬は真実を明らかにする決心をするが、それは容易なことではなかった。それを警察という組織の中でお...

のほ本♪ | 2015.10.24 Sat 13:56

アノニマス・コール(薬丸岳)

「娘が誘拐された!」 犯人の要求に右往左往させられる真志は、やがて3年前のある事件に再び関わっていくことになる。その事件は、真志の家庭をも壊してしまった忌まわしい事件だった。一方、元妻の奈緒美は、真志を信じ切れずに独自に娘を救い出そうとする。娘は無事に取り戻せるのか?犯人の真の目的とは・・・? 警察に不信感を抱く真志は、誘拐された娘を自分の手で救い出そうとする。そんな真志と元妻の奈緒美は激しく対立するが、結局は自分たちの手で解決する道を選ぶ。犯人とのやり取りはスピーディーな展開で、読み手...

のほ本♪ | 2015.10.19 Mon 20:33

鹿の王(上橋菜穂子)

強大な帝国から大切な故郷を守るため、死兵となった戦士団「独角」の頭となったヴァン。だが彼は囚われ、岩塩鉱で奴隷として過酷な労働を強いられていた。ある時岩塩鉱が謎の犬たちに襲われ、噛まれた者は次々に病に斃れた。幼い少女を抱え逃げ出したヴァンの行く手に待つものは・・・。 奪う者、奪われる者。襲う者、襲われる者。裏切る者、裏切られる者。征服する者、征服される者。人はなぜ争いに身を投じるのか?人はなぜそれほどまでに相手に憎しみをつのらせるのか?生とは?死とは? 黒狼病という恐ろしい病を軸に、さま...

のほ本♪ | 2015.10.11 Sun 21:54

砂の街路図(佐々木譲)

「なぜ父は、幼かった自分と母とを捨てこの街で溺死したのか?」 父の死の真相を知るために、岩崎俊也は北海道の運河町を訪れた。その街には、俊也の知らなかった父の姿があった・・・。 運河町を訪れた俊也は、昔の父を知る人たちに話を聞こうとする。だが、彼らは堅く口を閉ざし、なかなか話そうとはしなかった。どんな真相が隠されているのか、読み手としては興味津々だ。けれど内容は、街の様子の描写があまりにも多くうんざりするほどだった。読んでいて街の様子がすんなりと頭に入ってこなく、何度も何度も巻頭の地図を見...

のほ本♪ | 2015.10.09 Fri 17:50

田園発 港行き自転車(宮本輝)

15年前、九州に出張に行ったはずの父が富山で亡くなった。病死だった。「なぜ父は家族に内緒で富山に行ったのか?」その問いの答えを捜すために、真帆は富山へと向かった。 愛したり愛されたりしながら人は生きていく。だが、時にその愛は、他の者を傷つけることもある。真帆の父の行動は決して肯定できない。そのことが家族を不幸な気持ちにさせたからだ。けれど、一方で他の人たちに幸せを与えたことも確かである。生と死。幸福と不幸。表裏一体であるそれらについて、作者は実に細やかに描いている。おだやかに、ただおだや...

のほ本♪ | 2015.10.08 Thu 15:07

火星に住むつもりかい?(伊坂幸太郎)

住人同士が監視しあう社会。密告された者は、拷問され身に覚えのない罪を告白させられる。そして、その先に待っているのはギロチンによる処刑だった・・・。「平和警察」と呼ばれる組織は暴走を続ける。だが、その組織に敢然と立ち向かう正義の味方が現れた!はたして彼の正体は? 世の中の平和を保つため危険分子を取り除こうとする。だが、それはしだいにエスカレートし、罪のない者まで捕えられ処刑される事態となる。けれど、一般市民はそれをおかしいとは思わない。「あの人は危険人物だったのだ。」と納得してしまう。まる...

のほ本♪ | 2015.09.15 Tue 20:05

夏目漱石 読んじゃえば?(奥泉光)

「夏目漱石はこう読もう!」 文豪夏目漱石の本の、全く新しい読み方がここにあった!奥泉光流のその読み方とは? 夏目漱石といえば明治の文豪だ。その作品は堅苦しいものが多いと思いきや・・・。作者は独自の視点で漱石作品を解説している。漱石作品を読みこんだ作者ならではの独特の解説に、「おおーっ!この作品はこういう読み方もできるのか!」と感動した。この本を読めば抵抗なく漱石作品を読めるのではないだろうか。 「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「三四郎」「こころ」「それから」「明暗」などなど。視点を変える...

のほ本♪ | 2015.09.04 Fri 20:36

神さまたちの遊ぶ庭(宮下奈都)

「どうせ北海道で暮らすなら、大自然の中で暮らさないか?」 その夫のひとことで、子供たち3人を連れ北海道・トムラウシに移住した宮下一家。家族5人の北海道の暮らしとは?宮下家の1年間の記録。 トムラウシ。そう聞いてもどこにあるのか分からない人の方が多いだろう。北海道上川郡新得町屈足トムラウシ。本当に山の中の山の中だ。最寄りのスーパーまで37キロ、TUTAYAまで60キロと聞けば、生まれも育ちも北海道の私でさえ驚く!そんな環境に一家五人で飛び込んだ宮下家。その日常は発見と驚きの連続だ。この本に...

のほ本♪ | 2015.09.02 Wed 19:42

ヒポクラテスの誓い(中山七里)

単位不足のため、浦和医大の研修生・栂野真琴は法医学教室に入ることになった。そこにいたのは、法医学の権威である教授の光崎と準教授のキャシーだった。光崎は、既往症のあった遺体に強くこだわった。無理をしてでも解剖しようとした。どうして彼はそれほどこだわるのか?そこには、意外な真実が隠されていた・・・。5編を収録。 型破りな光崎。外国人の準教授・キャシー。個性的なふたりに鍛えられながら、真琴は法医学に勤しむ。そして、しだいに法医学にのめり込んでいった。 人それぞれ、さまざまな人生の終わり方がある...

のほ本♪ | 2015.08.31 Mon 16:59

このテーマに記事を投稿する"

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

全1000件中 101 - 110 件表示 (11/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!