[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 書評のブログ記事をまとめ読み! 全1,229件の13ページ目 | JUGEMブログ

  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

書評

このテーマに投稿された記事:1229件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c216/5743/
書評
このテーマについて
小説・その他に関する書評、とまでは行かなくても読書感想文も。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「invia」さんのブログ
その他のテーマ:「invia」さんが作成したテーマ一覧(5件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 >

えどさがし しゃばけ外伝 畠中恵さん

えどさがし は、5編の短編、   500年前の判じ絵 太郎君、東へ たちまちづき 親分のおかみさん えどさがし   から成っていて、 しゃばけシリーズお馴染み面々が、主人公で、 若旦那は出てきません。 JUGEMテーマ:書評

でえくの娘 職人エステティシャンの独り言 | 2021.04.06 Tue 12:58

けさくしゃ 畠野恵さん

ベッドのCMで、    平らに眠るのではなく、角度をつけて眠る「入眠角度」。  たとえば寝つきにくい夜。ベッドの背を少し上げると、 呼吸が楽になって気持ちも楽になる。   へえ、そう、な〜んて、なんっにも気にもしていなかったのですが。

でえくの娘 職人エステティシャンの独り言 | 2021.03.27 Sat 20:29

発注戴きました。 朝井リヨウさん

著者と年代がね、違いすぎるので、どんなに流行っても興味もなく、 読んだことはなかったんです。   JUGEMテーマ:書評 データベースには、 有名企業からの原稿依頼に直木賞作家はどう応えるのか。 「これが本当のお仕事小説だ!」無理難題(!?)が並ぶ発注書→本文→解説の順で20編を収録! だそうで、

でえくの娘 職人エステティシャンの独り言 | 2021.03.27 Sat 19:35

東京下町殺人暮色 宮部みゆきさん

ウオーターフロントが脚光を浴び始めて頃の作品らしく、 その時代なんだと、宮部さんなのに読んでなかったんだと、 読んでみた。 JUGEMテーマ:書評  

でえくの娘 職人エステティシャンの独り言 | 2021.03.16 Tue 14:55

こころげそう(心化粧)畠中恵 さん

こころげそう(心化粧)とは、 口には言わないが、内心恋い焦がれること、   と、アマゾンのレビューにあって、 へえ、そうなんだと、辞書を見て見るも、 相手によく思われようと改まった気持ちになること。 としか、出てこない。 JUGEMテーマ:書評

でえくの娘 職人エステティシャンの独り言 | 2021.03.08 Mon 14:45

猫の傀儡(くぐつ) 西條奈加さん

猫の傀儡ってなあにぃ〜とおもって、 よく見ると、くぐつと書いてあった。 傀儡となら読めるけど、くぐつとは読めない。 JUGEMテーマ:書評

でえくの娘 職人エステティシャンの独り言 | 2021.02.26 Fri 16:07

楽毅 第一巻 宮城谷昌光

◎ あらすじ 中山国宰相の子である楽毅は、当時中山国とは敵対関係にあった斉の国で学び、大いに感銘を受ける。 また、その地で出会った孟嘗君に人としての大きさを感じ取る。 中山国に戻る際に、趙の武霊王が中山国を征服するという野望をあらわにしていること、そして中山国の太子が次代の中山国を担う存在であることを知った楽毅は、太子を守りつつ趙の野望をくじくため奮闘する。 ◎ 感想 楽毅の策略や奮闘は、痛快だし、読み応えあり。 しかし、国が亡びるときは滅びるべくして滅びるのだなあ、ということを感じる。 面...

奄美・沖縄の店  ガジュマルとうさんのなんくるないさあ | 2021.02.20 Sat 04:02

いちねんかん しゃばけシリーズ最新作 畠中恵さん

ながらくしゃばけシリーズを読んでいなかった。 もう図書館の順番を待ちかねて、 「買っちゃおうかな」とも思っていた。   長い期間読まないでいると、 心の中に澱か、毒素が溜まるのか、 体がしゃばけを欲する。

でえくの娘 職人エステティシャンの独り言 | 2021.02.15 Mon 18:28

三年長屋 梶よう子さん

初めて梶よう子さん、「三年長屋」を借りて読んでみました。   最近は時代小説づいていて、それも、 歴史が絡んできて、頭を使う武士物ではなく、 ひらたくのんびりと読める町人もの、を選んでいて。 JUGEMテーマ:書評

でえくの娘 職人エステティシャンの独り言 | 2021.02.13 Sat 15:19

荒野 桜庭一樹

◎ あらすじ 山之内荒野は、中学校入学の日に偶然出会った少年神無月悠也になんとなく惹かれていく。 そんなある日、祐也の母蓉子と小説家であり荒野の父である正慶が再婚することになり、荒野と悠也も同じ家に住むことになる。 ◎ 感想 中学1年生の女の子が周囲の変化に対応しながら成長していく話だが、家庭環境が変わりすぎていて現実感がない。 主人公が素直すぎて、そんなわけあるか、と思う部分もあるし、そういうものかな、と思う部分もある。 ただ、登場人物のキャラクターがそれぞれしっかりしているので、わかりや...

奄美・沖縄の店  ガジュマルとうさんのなんくるないさあ | 2021.02.03 Wed 01:48

このテーマに記事を投稿する"

< 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 >

全1000件中 121 - 130 件表示 (13/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!