エッセー・紀行文
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

エッセー・紀行文

このテーマに投稿された記事:621件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/3981/
エッセー・紀行文
このテーマについて
そもそもカテゴリーにエッセーや紀行文があってもいいんじゃないかと思いますが、なかったのでテーマで作りました。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「dellefantasie」さんのブログ
その他のテーマ:「dellefantasie」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

北欧の旅 ヘルシンキ紀行 その4:・・ただ乗りか・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 気分を直して旅を続けましょう。            ヘルシンキ・ヴァンター空港です。こぶりな空港です。     天気のよい2枚の写真は帰路のものです。           さて、電車に乗りましょう。楽しみです。     ええっと、矢印の方向に進み、エスカレーターを降ります。   こっちかな?ズンズン進みますと、     あれ?プ...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.08.18 Thu 20:09

北欧の旅 ヘルシンキ紀行 その3:・・入国トラブル 後編・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 さて、税関を通っても、私達の精神状態は落ち着いていません。   中国人による実害を受け、彼らを心底憎みつつ、 手荷物受け渡し所に移動します。     ターンテーブルがわずか3-4カ所の、さほど広くない空間です。 首都の国際空港ではありますが、こんなものなのでしょうね。   さて、from FUKUOKAのサインを探します。 ・・しかし、どこにもありません。   2カ所のテーブル上を荷物が回っていますが、 どちらとも他の国の都...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.08.17 Wed 15:22

北欧の旅 ヘルシンキ紀行 その2:・・入国トラブル 前編・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 福岡から乗っていた日本人の大半は、ヘルシンキで乗り換えで、 欧州の他の国へと別れました。   ヘルシンキでフィンランド入国の日本人は 実質1-2割だったでしょう。     しかし税関に進む間に他の機からの乗客と合流です。 そう、大勢の中国人ご一行様・・。   日本のパスポートを持つ限り、 税関はフリーパスと軽く考えていましたが、 とんでもない勘違いでした。     まずEU以外の外国人入国の列に並び...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.08.16 Tue 10:30

北欧の旅 ヘルシンキ紀行 その1:・・いざ北欧の地へ・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 さて、今年の夏休み、妻と二人で北欧フィンランドを訪れました。     Fin Air社が今春に福岡空港からの直行便を設立し、 そのキャンペーン期間(より格安)を利用しました。     福岡空港国際線。あいにくの豪雨でしたが気になりません。 向こうの天気が良ければ全て良し、です。     ヘルシンキへ向けて9:30に離陸です。   流石に格安便。シート間が狭い。     10時間の空の旅...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.08.15 Mon 15:25

妻と半日ドライブ:・・ご機嫌取り・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 私には月に一度、金曜日午後半日休みがあります。 この度、それを利用して山口県西半をドライブしてきました。     主に角島(つのしま)ドライブです。   私は最近オートバイで訪れていますが、 妻がもう何年も行っていないので、 今回は妻サービスです。 とは言え、「運転したがり」の妻ですから、 コースの半分は運転してもらいました。     下関市の西の海岸線(即ち本州の最西側)を191で北上します。 この海...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.08.02 Tue 11:42

秋の栃木県プチ観光 前半:・・西那須野もみじ谷大吊橋・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 昨秋、私は栃木県で講演しました。     その翌日、JRでちょこっと出掛けてきました様子を簡単にお届けします。       小山駅から東北本線に乗り         宇都宮まで。           さらに宇都宮から北上し、     西那須野駅で下車します。     私の日頃の行いが良いので晴...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.07.28 Thu 18:38

秋の栃木県プチ観光 後半:・・塩原渓谷・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 もみじ谷を出て、     すこし山の奥の方向へ歩いて10分。     塩原温泉・塩原渓谷歩道がありました。     入ってみましょう。     私の前を歩くのはC国人観光客「ご一行様」でした。   まあペチャクチャうるさいこと。     そして山奥に入る格好でもありませんね。   凄く着飾っています。ヒールが引っかかりそう。     ...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.07.28 Thu 16:52

GW 夫婦ドライブ紀行 別府・湯布院 その5:・・龍門の滝・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 さて、本シリーズもこれで最後です。    大吊橋から北上し、     玖珠の町を越えて龍門の滝を目指します。 だいぶ日が陰ってきました。先を急ぎます。 所々に崖崩れがあり、地震の名残りを感じます。 熊本の方々のご苦労を思います。 さて、妻と交代で運転し、ようやく目的地にたどり着きました。 既に午後5時を越え、少しヒンヤリしています。 ...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.06.17 Fri 14:06

GW 夫婦ドライブ紀行 別府・湯布院 その4:・・九重夢大吊橋・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 公式サイト:http://www.yumeooturihashi.com 長さ390m、高さ173m、幅1.5m。 んー、何と言いますか、何もないところに大きな橋を作る。 しかも実用性はほとんど無く、ほぼ純粋な観光用の大橋。 向こう側に渡ってそして戻ってくるだけで往復1000円。 それでもそこに人は集まります。 午後4時過ぎに到着し、 営業終了ギリギリのタイミングで渡ります。 何と言うか、高所恐怖症の私には、楽しさ2割:恐ろしさ8割です。 手を常に手...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.06.17 Fri 12:05

GW 夫婦ドライブ紀行 別府・湯布院 その3:・・やまなみハイウェイ・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 渋滞でクタクタに疲れて、午後3時過ぎ、 ようやく湯布院の道の駅に到着です。 少しここで休みましょう。 とは言え、夜遅くには帰宅したくない思いもあり、 何となく気持ちは先へ先へとなってしまいます。 3時半に出発。 名高い「やまなみハイウェイ」を南下します。 最初は山の中ですが、山を下ると途端に視界が開けます。 全国をツーリングするバイカー達へのアンケートで、 これまで日本のどこが最も良かったかと尋ねると、 ダント...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.06.16 Thu 09:45

このテーマに記事を投稿する"

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

全621件中 91 - 100 件表示 (10/63 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!