エッセー・紀行文
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

エッセー・紀行文

このテーマに投稿された記事:629件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/3981/
エッセー・紀行文
このテーマについて
そもそもカテゴリーにエッセーや紀行文があってもいいんじゃないかと思いますが、なかったのでテーマで作りました。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「dellefantasie」さんのブログ
その他のテーマ:「dellefantasie」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 >

米子・出雲紀行 その2:・・水木しげる・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 米子・境港と来れば、水木しげる・鬼太郎ワールドです。米子と境港を繋ぐ境線には、それが色濃く表れています。       米子駅には多くの妖怪像。  そして車両に乗り込みますと、妖怪てんこ盛りです。さて、15駅・50分の旅を楽しみましょう。車両はのんびりとした田んぼの中を走ります。各駅には妖怪の名前が別名で付けられていますね。それほど「寂しい」土地なのでしょうか。途中、米子空港もありますが、特に観るべきところはなく、淡々と終点に到着です。良い天気ですね。下車しましょ...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.03.16 Wed 10:40

米子・出雲紀行 その1:・・米子へGO・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 さて、長らくお暇をもらっていました紀行文。今年初の米子・出雲紀行を始めたいと思います。昨秋に訪れました初めての山陰訪問の様子をご報告します。新幹線に乗り込み、英語とスペイン語の本を読みつつウトウト。2時間ほどで岡山に到着です。ここからJR伯備線に乗り換えます。特急やくもに乗りましょう。実はこの岡山ー米子の中国山地を横切る伯備線は、日本で最も「乗り心地の悪い路線」と言われているそうです。なんでも横揺れが凄くて、乗り物に弱い人は直ぐに酔ってしまうとか。私にはそんな...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2016.03.15 Tue 08:26

ご挨拶

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 当ブログをご訪問の皆様、誠にありがとうございます。今年もあと僅かとなりました。2015年では、今まで27回の発表・講演・講義をこなし、12月はあと一つ残っています。10月-11月の講演ラッシュを終え、年末までは少し気楽にすごそうと考えていました。ところがその後、年末締め切りの執筆依頼が4つも舞い込んで、気楽どころではなくなりました。日本語2編、英語1編を作り終え、残る日本語一つがかなりの大物。とても年賀状どころではありません。更にバイク教習も残り少し。年明けに卒検、そしてバ...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2015.12.22 Tue 13:23

ダラスからのメール 7

〔ああ、なんか変なことになってきたよ。あれから、下手なメールを彼女に打ってしまってナラルを怒らせちゃって、先週ダラスに来るはずだったのに、彼女は来なかったんだ。で、ナラルのお母さんが1000ドル彼女に送ってから、また新しい航空券を購入しなくちゃならなくなったよ。今度こそ、来てくれると助かるんだけどね。    元気でやってくれ、兄弟。〕  今朝来たカークからの返事です。なんかまだ怪しいですね。ナラルは、ダラスに来ない言い訳をしているようにしか思えません。彼には、「たかが400元分のお金でも、返し...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2015.12.08 Tue 08:26

最初で最後の韓国紀行 その17:・・歌あり踊りあり・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 さて、日本大使館へ向けての抗議活動が始まりました。まずは約5-10分間、大人が説明します。そして、歌の大合唱です。皆、よどみなく歌います。よほど練習してきたのか、普段から歌っているのか。合唱が終わると、最前列に座っていた小学校高学年程度の子ども達10人ほどが前に出ました。何と音楽に合わせて踊り始めます。今時の軽いポップ系の音楽で、皆が振りを合わせて踊ります。良く覚えていない子もいましたが、ほとんどは「当然」の様に踊り、群衆は目を輝かせて手拍子です。私、韓国語は全く...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2015.12.03 Thu 12:28

最初で最後の韓国紀行 その16:・・150人以上・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 この日本大使館の前の壁の意味がようやく理解できます。騒音を防ぐため、あるいは汚物を投げ込まれないための防御壁でしょう。この像がある限り、この壁が取り外されることはもはやないでしょう。というか、実務は表側のツインタワーに移っていると思われ、慰安婦活動はこの煉瓦色のもぬけの殻の日本大使館に向かってなされているのでしょうか。引率の教師なのか、保護者なのか分かりませんが、着席して待機しています。子ども達もわりと神妙に待機していますね。この人だかり。中高生以上はほとん...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2015.12.02 Wed 08:27

最初で最後の韓国紀行 その14:・・安重根 景福宮 大統領官邸・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 さて、公式予定を全て済ませ、最終日です。まずは安重根です。地図上では、ソウル駅からわずか10分程度。しかし実際は小高い丘の上に安重根記念館がありました。汗をかきかき歩く事30分。開館前の時刻に到着です。別に中に入るつもりはありません。見回しますと、何だか大きな石碑がたくさん置いてあります。漢字表記のが多く、この国の現在の「漢字忌避」政策が、じわじわとボディブローの様に効いてくるでしょう。民族正気?殿堂とありますが、これを設置したのが1979年9月2日、朴正照大統領とい...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2015.11.30 Mon 11:22

最初で最後の韓国紀行 その13:・・思わぬプレゼント・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 実は今回の会合でちょっとしたことがありました。パーティの席で、30歳前くらいの韓国女性(割と美人)と意気投合。彼女の働きが際だっていたので、私が(酔った勢いで)褒めまくったわけです。すると次の日、彼女が私に近づいてきてモジモジしています。  何?と話しかけますと、「これをあなたに」とプレゼントをくれました。「ほー、ありがとう。これ何?今開けてもいいの」「んー、あなたがホテルに帰ってから」「わかったよ」「ところで、あなたはこの後どうするの?良かったら飲みに行きま...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2015.11.27 Fri 17:11

最初で最後の韓国紀行 その12:・・ 国際色・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 そんなこんなで私の仕事も無事終え、その後「気のあった仲間」と夜の明洞に繰り出しました。とは言え、またもや焼き肉です。しかし今度はメンバーが違います。左・スペイン女性 右・エルサルバドル女性、ポーランド人、左・スペイン人、右・中国人。もう1人ブラジル人(写真なし)私は二人の女性とスペイン語で盛り上がります。スペイン語で足りない時は(ほとんど足りませんが(笑))英語。皆、母国語が英語ではないので、良く通じます(笑)。かなり盛り上がり、その後は茶店に移ってpostre(...

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2015.11.27 Fri 16:54

最初で最後の韓国紀行 その11:・・The 顔・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 台湾でもそうでしたが、韓国でテレビをつけても面白くありません。言葉が全く分かりませんから。しかし、楽しみ方は別にあるものです。女子アナウォッチングです。彼女らの顔、顔、顔。全く同じとは言いません。しかし顔形が織りなす雰囲気は、ごく数通りに分類可能なようです。多様性を嫌い、一様性を好む国。まあ、ただそれだけです。

水瓶座の憂い 2 Melancholy of Aquarius 2 | 2015.11.27 Fri 08:26

このテーマに記事を投稿する"

< 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 >

全629件中 121 - 130 件表示 (13/63 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!