• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

このテーマに投稿された記事:11454件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c230/3686/
詩
このテーマについて
そのものズバリ「詩」です。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「orfe」さんのブログ
その他のテーマ:「orfe」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

モノクロームの色

JUGEMテーマ:詩 青 赤 黄色 青 赤 緑 全ての色を取り去って 白と黒だけでモノを見る 光と影 そして形 本質が浮き彫りになる つまらない景色が 色をもって輝き出す モノクロームは全ての色を含んでいる

SANNI YAKAOO | 2019.04.21 Sun 13:06

なぜ書くのか

JUGEMテーマ:詩     ぼくがはじめて詩を書いたのは十六歳のころ。 それは純然たる恋文であり、決して投函されることのない手紙であり、 自覚なく書かれた詩でした。 破って棄てたので、手元には残っていませんが、 「最初の詩」を考えてみると、ぼくにはあの手紙しか思い浮かばないのです。   その手紙は、十五歳のころに恋をしていた女性にむけて書かれたもので、 どういった内容かは三十五歳のぼくには容易に想像できますが、 決してなぞり書きできるものではありません。 ...

さび猫 | 2019.04.19 Fri 14:25

うららかな・・・

JUGEMテーマ:詩 散った桜と入れ替わるように   菜の花が咲いている   足元には名前も知らない小さな花もたくさん   桜の花びらも散らばって   川原が色鮮やかになる   でも一番目を引くのは草木の緑   そして揺れる木影   温い風がそよぐ 草の揺れる音が風に乗る   サッカーボールを抱えた兄弟が   おばあちゃんと呼びながら追い越していった

SANNI YAKAOO | 2019.04.19 Fri 11:59

小さな怒り

JUGEMテーマ:詩 タンスを開けて   いつものジーンズを取り出そうとしたら   端っこにふとあるズボンが目に入った   そういえば買ってからほとんど穿いていない   自己主張の弱いそいつは   着てくれと頼んでくることは少ない   だけど寝かせてばかりじゃ可哀想で   向こうの我慢にも限度があるだろう   今日も無視するなら   どうして買ったんだと言われる前に   グレーのチノパンを足に通した

SANNI YAKAOO | 2019.04.18 Thu 11:37

ささやかな

  彼女はちょっと休みたいだけ  そっとしておいて  あるべき世界  きたるべき明日  問いには答えを  過ちに是正を  なんにもないところまで  ゆっくり降りていく  地面に雨粒が  音もなく染みるように  水面に花びらが  同心円を広げるように  何物でもない土くれの  ただそこにある奇跡  限りある時間に  どうぞささやかな花束を            JUGEMテーマ:詩

bullet proof soul | 2019.04.17 Wed 12:30

どうしよう

JUGEMテーマ:詩 どうしよう 道に迷った どうしよう バッテリーがあがった どうしよう 食料が尽きた どうしよう 財布にお金も入ってない どうしよう どうしよう 一番困るのは 帰る場所さえないことだ だけど輪っかを作ったこのロープ 使うのはまだ早い気がする ああ困った どうしよう どうしよう

SANNI YAKAOO | 2019.04.17 Wed 12:04

おやすみ。良い夢を。

  闇雲に走るやつ  とくに嫌いじゃない  この星は血に飢えているよ  目を開けたら負けだ  乱暴で無謀で  いつだって時間がない  なにができると思った  なにをしてもらえると  なにが変わると思った  変えてもらえると思った  欲しいだけ毟り取る  聞き返さないのがルール  認めてしまわなければ  いつか真実になる  そいつは血統書付きの  筋金入りの野良犬  その場しのぎの美酒で  たましいをなだめて  偽物の安心を抱いて眠れ  目を開けた...

bullet proof soul | 2019.04.17 Wed 11:11

詩集制作 経過

JUGEMテーマ:詩     いまぼくは詩集を作っている。 16歳までのあれこれを一冊にまとめたくて。   数編できて、数編消した。 途中で一度、全部消した。 それからまた数編できて、これでいいかなと思い それからずっと推敲を繰り返している。   推敲ははじめるのは簡単だけれど いつ終えていいのかが、まるでわからない。 これ以上削ぎおとせないようにも思うし 根底から覆したほうがいいようにも思うし そもそもどれもこれもダメなような気もするし… ...

さび猫 | 2019.04.14 Sun 15:26

スケッチ4/12

見積もりと見積もりの間の時間。 約束までの宙ぶらりんの時間。 退屈と言えば退屈だけど こうしてスケッチを描いたりできるのは この仕事をひとりで営んでいるから。   コーヒーはもう三杯目。 煙草はもう何本目かわからない。   目を瞑って 眼球を裏側へぐるりとまわす。 自分の内面を瞶める。   何冊かの詩集と 何篇かの物語と 過去と呼ばれるおぼろげな記憶の集積のなかに 埋もれているらしいそれがどうやら「私」だ。   人が私を見るほどには ...

さび猫 | 2019.04.12 Fri 11:34

散文詩:幸せの黄色いブランコ

JUGEMテーマ:詩   君のその 細くて 優しい 指先が 僕の髪をくすぐる   「絶望するなんて簡単よ。目を閉じればいいだけなんだから」   泣いている 僕に 君はそう 言った 僕は鼻をすすって笑った   いつか 君は 言った 君の夢のこと 叶えてみせるって   だけど いまは 君 泣いている もうダメかもしれないって   黄色いブランコで ふたり ゆらゆら 揺れながら   きっと君の未来はやってくるって 言っ...

ねじまき鳥よ、おれの幸運を願え | 2019.04.07 Sun 19:55

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!