[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 詩のブログ記事をまとめ読み! 全12,825件の1ページ目 | JUGEMブログ

  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

このテーマに投稿された記事:12825件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c230/3686/
詩
このテーマについて
そのものズバリ「詩」です。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「orfe」さんのブログ
その他のテーマ:「orfe」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

地層

JUGEMテーマ:詩 変わり映えのない日々が感動を奪い   同じスケジュールの繰り返しが感性を鈍らせる   だけど稀に訪れる感動と 稀に尖る感性が   輝かしい気持ちに生まれ変わらせてくれる   同時に退屈なルーティーンへの耐性を失い   変わり映えのしない日々が苦しいと感じる   それを我慢し 感動も感性も忘れる頃   退屈への耐性が蘇り 苦しみからの解放と共に   夢も 憧れも 自分自身のことさえ    ただの石ころ...

SANNI YAKAOO | 2024.02.27 Tue 23:18

惰性

JUGEMテーマ:詩 夢は泥の中 希望は沼の底に   現実と挫折と後悔は水中を漂い   水面に浮かぶのは無気力と虚無感   体は浮かび 心は沈み   地球と月のように引っ張り合い   一定の距離で回り続ける   車の中は冬なのに蒸し暑くて   春の勢いに飲まれている   全部がてんでバラバラで   幸せでもなければ不幸でもないし   楽しくもなければ退屈でもないから   仕方なしにまだ生きている  ...

SANNI YAKAOO | 2024.02.19 Mon 23:46

愛だの恋だのに 浸りたい貴方に贈る

JUGEMテーマ:詩   私、目をつぶるわ 何も見ないわ 私、馬鹿になるわ 痴呆になるわ そう、全ては あなたの言うことが 正しいのよね 私、目をつぶるわ 何も見ないわ 私、馬鹿になるわ 痴呆になるわ そう、全ては あなたの言うことが 真実なのよね そう思う事にするから そう思えるよう努力するから   「あんたって詩人なの?」〜喜怒哀楽の50音詩〜 (gorakku.moo.jp)   まだまだ詩が あるよ!  

娯らっくのサイト速報 | 2024.02.19 Mon 07:36

相反

JUGEMテーマ:詩 どこにでも自分がいるように感じる   どこにも自分がいないようにも感じる   地に足を着いていても   どこにも立っていないような   だけど体は重く足が進まない   悲しい時はいつだってそうで   嬉しい時もいつだってそうなる   普段と違う状況になると   四方八方から強い力で引き裂かれるような   居心地の悪い気分になり   悲しかろうと嬉しかろうと   いつも通りに戻りたいと...

SANNI YAKAOO | 2024.02.11 Sun 01:06

雨上がりの空

JUGEMテーマ:詩 眠る龍のように    細長い雲が西へ横たわる   にわか雨は上がり   薄い虹が街を渡る   ぬかるみに誰かの足跡   植え込みに滴る雫の群れ   雨上がりは土と木々の匂いが強い   日が暮れる頃 あの龍は目覚め   太陽の光に染まりながら   遠くへ飛んでいくだろう   どこかに新しい雨を運んで   僕の見知らぬ誰かに   僕と同じように空を見上げさせ   土と木々...

SANNI YAKAOO | 2024.02.04 Sun 16:36

しがらみ

JUGEMテーマ:詩 魂の叫びは泥にまみれ   軋む心に体が追いつかない   彼は過去に囚われ   彼女は今に執着し   傍観者だったはずのあの人が   面白がって騒ぎ立て   彼と彼女の魂はより深い場所に沈み   傍観者だったあの人さえ   心と体が鎖で縛られる   人と人と人の繋がりは    蜘蛛の巣さえシンプルに見えるほど   まるで丸まった釣り糸のように   まるで川面の木にまとわりつく枯...

SANNI YAKAOO | 2024.01.29 Mon 21:55

名残り雪

JUGEMテーマ:詩 朝霜を踏み砕き   昨晩の名残り雪をつまむ   今朝切ったばかりの爪の隙間に   冷たい冬の息吹が潜り込み   ポケットを探って   ハンカチを忘れたことを思い出す   取りに戻るには家から離れた   ジンジンとかじかむ指を揉みながら   もう一度雪をつまむ   寂しくないのに切ないのは   まばらに残った雪のせいで   深く積もった時よりも   哀愁が漂い 胸の中を撫でる

SANNI YAKAOO | 2024.01.26 Fri 23:37

エロティックを 堪能したい貴方に贈る

JUGEMテーマ:詩   なぜ 女が股を開くと 男はそのまま 突きぬけ 通り過ぎるのか? またなぜ 女が股を開かぬと 男は頑として食い下がるのか? しかしそれは あくまでも 性欲を煽りまくり 期待を煽った上での話 よく女は 自分を大事になさいと 周りから言われ続ける 実のところ あくまでも 世の男たちが崇めるのは 女の姿を通り越した その奥にあり あがめられているのは 実のところ グロッキーな観音様であり 悲しきかな それが事実であり 現実であり 崇められているのは キミ...

娯らっくのサイト速報 | 2024.01.25 Thu 07:50

ハラハラと落ち葉舞う

JUGEMテーマ:詩   ハラハラと落ち葉舞う イチョウの木を 高く見上げ 好んで愛でる人もいるでしょう ハラハラと舞い 炉端に溜まったイチョウの葉を ただのゴミクズだと わずらわしがる人もいるでしょう 白く匂いたつユリの花を 美しいと花瓶に飾りたてる人も いるでしょう 甘い甘い ユリの花びらの奥の 黄色い花粉が 袖について汚らしいと 眉をしかめる人もいるでしょう どれだけ 価値のあるものでも その真価を認めるものの 前でなければ その価値のすべては 何らの意味もなさないのでし...

娯らっくのサイト速報 | 2024.01.21 Sun 07:43

光の球

JUGEMテーマ:詩 森は暗闇に閉ざされて   妖精のように 蛍のように   何かの光の球が飛び交う   それはただの埃であったり   月光の破片だったり   寝遅れた羽虫だったりする   半分瞼を閉じてボヤけると   妖精のようにさえ見えるし   魂のようにも見える   不思議で不気味で穏やかな森の夜   遠くに見える暖かい灯火は希望   だけどその光にはに背中を向け   妖精や魂の飛び交う暗闇...

SANNI YAKAOO | 2024.01.20 Sat 23:42

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!