• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

古典文学

このテーマに投稿された記事:284件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c275/1590/
古典文学
このテーマについて
引用、鑑賞など・・
国を問わず古典文学を楽しみませんか?
+。:.゚((◆ノω・`*))b゚.:。+゚─━☆
このテーマの作成者
作者のブログへ:「rara03」さんのブログ
その他のテーマ:「rara03」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

80.四の君への言葉

JUGEMテーマ:古典文学 80.四の君への言葉 最近の薫君は、毎日朝から晩まで父君や母上の御前にお仕えされていて、父君たちは「うれしい」とお思いで笑みがこぼれます。薫君をご覧になるたびに、うれし涙がとめどなくあふれます。 薫君は、舅の右大臣がむやみに自分の事を恨んだかと思えば、この上なく大切な人のように扱ったりするので道理に合わない思いを抱きつつも、「私の事をどんなにひどい奴とお考えだろうか」と、父君に対する以上に心苦しく気の毒に思っています。 四の君は、妊娠して次第にお腹が大きくなって...

とりかへばやRemix | 2015.02.04 Wed 08:24

78.所狭き身〜79.吉野の人々との別れ

JUGEMテーマ:古典文学 78.所狭き身 四月にもなると、次第に薫君の身重の身体も隠しようがなく、動作も不自由になってきましたが、つとめてさりげなく振る舞っています。忍び歩くのも苦しいような状態ですが、宰相中将の方は、薫君に気安く逢えないのが辛くて 「人目にもつくでしょうに、どうしてまだ男姿のままでいるのですか。見咎める人でもいたらどんなに困る事か。」 と繰り返し注意してきます。 宰相中将の父の式部卿宮は、宇治の近辺のご領地にたいそう風雅な邸をお持ちです。そこで宰相中将は、そこに必ず薫君を...

とりかへばやRemix | 2015.02.02 Mon 08:40

76.女君の歌〜77.麗景殿の女

JUGEMテーマ:古典文学 76.女君の歌 薫君は、身重の体がだんだん目立ってくるにつれ、「まったく、捨てがたい身とはいうものの、このままいてはいけない」と思い、一人でいるのが心細くて、常に人がいる内裏などに宿直しがちで過ごしていました。そこに宰相中将も参上なさって、例の休息所でひそかに待ち合わせて相談などをするのですが、そのおりに宰相中将はこっそり誰かへの手紙の返事を書いています。 ちょっと気取って使いの者に渡している様子で、これを隠せば薫君に隠し事をしている事になる、隠さないでいると手紙...

とりかへばやRemix | 2015.01.26 Mon 08:36

74.花の宴〜75.右大将の宣旨

JUGEMテーマ:古典文学 74.花の宴 その年は桜がいつもより美しく咲いた年でしたが、三月一日頃に、南殿の桜の花を鑑賞する恒例の宴席が設けられました。帝は世の中のありとあらゆる専門の博士たちをお呼びになり、博士たちは素晴らしい詩の題を出そうと苦心しておられます。 当日、人々は与えられた題にそって漢詩を作ります。薫君がお作りになった詩は、すぐれた名声のある博士であっても及ぶところではない素晴らしいものでした。 「日本ではもちろんの事、中国の詩でもこういう優れたものはなかった」 と、帝をはじ...

とりかへばやRemix | 2015.01.21 Wed 08:14

72.大晦日〜73.あらたまの春

JUGEMテーマ:古典文学 72.大晦日 その年も暮れようとする12月の大晦日の頃、薫君は父左大臣の元に参上なさりました。 年末の事でだいぶ取り込んでいましたが、一晩でも顔を見ないと不安に思うのが親心であり、いつ来るかと待ちわびて、やっと到着した喜びもあらわに薫君をご覧になると、あれほどの盛りの美しさであったお顔がたいそうやつれ、沈みがちな表情で現れたので、父左大臣の胸もハッと高鳴ります。 「どうしてそれほどやつれたのか。また気分が優れないのだろうか」 と父左大臣がおっしゃると、薫君は 「特...

とりかへばやRemix | 2015.01.19 Mon 08:35

71.それぞれの思い

JUGEMテーマ:古典文学 71.それぞれの思い 宰相中将は、薫君と別れた後も熱烈な恋文を書いてくる一方で、墨縄で打った線のように真っ直ぐ一筋に薫君だけに思いを寄せているわけではありません。 薫君の前ではその気配を見せたり見せなかったりしますが、浮気心が全く無いわけではなく、どうかすると四の君の元にまぎれるように忍び入る様子があるので、薫君は「この頃また四の君は妊娠したらしいが、それほど数多く子の生まれる2人の因縁の深さをいい加減に扱いたくない、などと考えているのだろう」と見ています。そして...

とりかへばやRemix | 2015.01.15 Thu 07:49

70.喜ぶ人悲しむ人

JUGEMテーマ:古典文学 70.喜ぶ人悲しむ人 やはり宰相中将に知らせて、一緒に処置を考えるべきだろうか。 逢わぬ恋の恨めしく辛い日々が重なるうちに、宰相中将が我慢しかねて人目もはばからない行動に出かねない素振りが見えるのも情けない事です。 でも、これが奇妙な我が身の運命なんだと悟ると、この宰相中将を振り捨てるわけにはいかないという気持ちになるし、愛し合った相手としての想いもあるので、あの六条あたりの乳母の家で忍び会う事にしました。逢う事を待ち焦がれていた宰相中将が、妊娠の話をどう受け取...

とりかへばやRemix | 2015.01.13 Tue 08:29

68.右大臣家の嘆き〜69.中納言○○

JUGEMテーマ:古典文学 68.右大臣家の嘆き いつも生理で籠っておられる時よりも日数が多く過ぎているので、薫君は「右大臣様がまたどんなに思い嘆いておられる事だろうか」と思いやると心苦しく、お手紙を差し上げて 「例の病気が、いつもよりよくなりませんので、こうしてじっと籠っておりまして。最後にはどうなってしまう我が身かと、心細いにつけても ありながら あるかひもなき身なれども 別れ果てなむ ほどぞ悲しき (生きていても何の甲斐もない身ですが 全てのものとお別れしてしまう事を想像すると悲しくて...

とりかへばやRemix | 2015.01.08 Thu 08:41

年を取るということ prt.3

JUGEMテーマ:古典文学 今日の東京はいつもの東京らしい冬日どう東京らしいかとゆーと晴れて乾燥している大陸からの寒気は日本海で水分をたっぷり吸い込んで上陸し山地山脈にドーンとぶつかり日本海側に大雪を降らし水気を失った寒気団は山を楽々越えて東京にやってくるいわゆる関東の空っ風今日は風もなくおだやかな日和だったんで今年初のジョギングに出掛けた気持ち良いなぁどこぞのお笑いさんがジョガーの相方にそんなにしてまで長生きしたいかとネタにしていたが健康のために走っている人は少ないんぢゃなかろーか少なくとも僕は...

Hisashi Shirahama Official Blog | 2015.01.07 Wed 17:52

66.身を去らぬ影〜67.六条わたりの家

JUGEMテーマ:古典文学 66.身を去らぬ影 それからというもの、宰相中将は内裏でもどこでも、身を離れぬ影のように薫君に付き添っていましたが、薫君は、真に愛情の満たされるような逢瀬はきっぱりと拒否していました。 逢って親密に語り合っている時は、どうにも逃れようのない奇妙な心身を抱えた自らの運命を悟り、宰相中将にたいそう心を寄せる風の様子だったりするのですが、しかし離れ離れになってしまうと薫君はすぐ冷静になり、いくら難しいとはいえ、作ろうと思えば自由に作れるはずの機会をめったに作ろうとはしな...

とりかへばやRemix | 2015.01.05 Mon 08:39

このテーマに記事を投稿する"

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

全284件中 101 - 110 件表示 (11/29 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!