[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] アコースティックギターのブログ記事をまとめ読み! 全462件の9ページ目 | JUGEMブログ

アコースティックギター
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

アコースティックギター

このテーマに投稿された記事:462件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c73/3644/
アコースティックギター
このテーマについて
電源無しで、暇なときに、気軽に手に取れる。

リズムギター、リードギター、ソロ、耳コピ、
果ては、作詞作曲まで、いろいろ遊べるアコギ。
の話題をどうぞ。


ちなみに、私は現在、簡単なスケールを覚えてます。
でも、時間とやる気が無くて、フィンガリングを、
少し練習しただけで、やめてしまったり(笑)

自分で作詞作曲するのが、目標。

最近、流行している、「人生を語る」みたいな、
青臭い、きな臭い、ションベン臭い、ロックは嫌い〜(笑)

能天気でポップな曲を書きたいな。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「lemon19860402」さんのブログ
その他のテーマ:「lemon19860402」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

ギターのネックを削る

JUGEMテーマ:アコースティックギター ↑Epiphone Texan 2012 model ネックの太さに我慢出来ず、削った G.W中に仕上がるといいんだが・・・ カンナと鉄ヤスリで大雑把に太さを決めた 明日から紙やすりで仕上げていく それから塗装  

Hisashi Shirahama Official Blog | 2016.04.29 Fri 16:46

マーチン1973年製 D-28 1

JUGEMテーマ:アコースティックギター 02.00.00 ----1ページ目-----  はじめに持ちこまれた状態です。オーナー(もしくはどこかのショップさん?)が無理矢理テイルピースにジャックをおしこんだらしく真ん中でパックリ割れてます。 これが全体の写真です。遠目に見れば綺麗に見えますが。。。。。。。 ほこりだらけのうえ、ヒールもこんなありさま。。。写真だと分かりませんが、塗装も爪でグリ〜っとやると簡単に痕がつく状態です。しかも長年」のほこりが癒着しています。これはどうあがいても落ちないので全塗装...

楽器修理職人のBLOG | 2016.04.16 Sat 22:07

マーチン1973年製 D-28 2

JUGEMテーマ:アコースティックギター 02.00.00 ----2ページ目-----  まずはブリッジからいきましょうか。周囲の隙間に刷毛で水を加え、ブリッジ上に熱を加えながらパレットナイフをつかい、すこ〜しづつ剥がしていきます。このギターの場合、かなり接着力がおちていたのでかんたんに剥がれてしまいました。あれ?と思った方。。。そうです。。。もう塗装が剥がれている?!この作業を撮るのを忘れていた為、後から撮り直しました。 こ〜んな感じで進めていきます。感触としては「グニュ〜」という感じでしょうか。通常は根気...

楽器修理職人のBLOG | 2016.04.16 Sat 22:06

マーチン1973年製 D-28 3

JUGEMテーマ:アコースティックギター 02.00.00 ----3ページ目----- さてみなさんも前ページで、カプチーノのおいしい香りを堪能できたと思います。エスプレッソもいいのですが、チョットあそこまで濃い〜と私には合わないですね。エスプレッソマシーンの説明書には「カップに6〜7割の牛乳を入れて........」と書いてあるが自分の好みとしては牛乳を4割くらいがベスト!ですねー。そうするとコーヒーの味がよく分かり、泡泡、泡泡の舌触りも滑らかでモーニングコーヒーとしていただくとスッキリと頭が冴えて、仕事ができます...

楽器修理職人のBLOG | 2016.04.16 Sat 22:05

マーチン1973年製 D-28 4

JUGEMテーマ:アコースティックギター 02.00.00 ----4ページ目----- え〜、前ページでは塗装剥ぎ魔、「ハンニバル・レクター」を楽しんでいただけたかと思います。少し前に前作の「羊たちの沈黙」をもう一度観てみた。やはりこっちのほうがおもしろい!なにかこう、知的なレベル(精神世界)での興奮がこちらにはあるのだ。 スポンサーリンク 続「ハンニバル」は映像的にかなりショッキングな部分もあり、これはこれでおもしろい。でもしばらくは生ウニなど食えたもんじゃない。フォアグラも映像的にあんな色合いなのだ...

楽器修理職人のBLOG | 2016.04.16 Sat 22:03

マーチン1973年製 D-28 5

JUGEMテーマ:アコースティックギター 02.00.00 ----5ページ目-----  前ページの続き。お店で楽器の販売の経験が10年以上(アルバイト時代も含め)ある私は、お客さんが購入の際にギターの試奏をするのを、長い間見てきた。でもこの10年でずいぶん変わった事がある。バンドブーム全盛の時代はギターの試奏をしにくる人にも「いかにも」って人が多かった。でてくるフレーズも「ロックのこぎみよいリズムのリフ」。ところが最近はアコースティックが流行のせいか、気合いのはいった奴がめっぽう少なくなった(悲しい・・・)...

楽器修理職人のBLOG | 2016.04.16 Sat 22:02

マーチン1973年製 D-28 6

JUGEMテーマ:アコースティックギター 02.00.00 ----6ページ目-----  さて一晩以上乾かして完全に水気がなくなったら、下のような小さなブロックを使い、もとの接着剤カスを必要最低限だけペーパーで落とします。接着の種類にもよりますが、かたく絞った熱い雑巾でゴシゴシ拭くときれいになります。右がきれいになったところです。   すこし作業工程が前後しますが、前のページで取りきれなかった昆布?(リボン)をとります。左に見えるのがネックジョイントを外した時に使ったエスプレッソマシーン、スチームニー...

楽器修理職人のBLOG | 2016.04.16 Sat 22:01

マーチン1973年製 D-28 7

JUGEMテーマ:アコースティックギター 02.00.00 ----7ページ目-----  1〜2週間のごぶさたです。ギブソンSGネック折れのほうに集中していてマーチンの続きが遅れてしまいました。写真の数も増え、整理整頓も済んだので再開です。 「えーと前ページの内容は〜」と、そうです無事にテイルブロックを外したところでした。バックブレイスの処理は終わったので一安心。テイルブロックが付いてないと側面 板の強度がしっかりしないので(又、ボディ全体の歪みもあるので)今後の作業のためにも早めに接着します。オリジナルのブ...

楽器修理職人のBLOG | 2016.04.16 Sat 21:59

マーチン1973年製 D-28 8

JUGEMテーマ:アコースティックギター 02.00.00 ----8ページ目-----  だいぶ「HPの更新」も波にのってきました。私の「戯言」も波にのってきました。前ページではテイルブロックの接着でした。このページでは予告どおり外れた(外した)各パーツ類の接着などを載せようと思います。 テイルブロックを接着する時に見事に活躍してくれたエンドトリムですが、なにぶん穴の大きさがジャックサイズと大きめのため再利用はできませんので作り直します。白のピックガードを用意します。次にそれをカットします。今までの作業で側板...

楽器修理職人のBLOG | 2016.04.16 Sat 21:57

マーチン1973年製 D-28 9

JUGEMテーマ:アコースティックギター 02.00.00 ----9ページ目-----  当時のマーチン社がどんな材質のリボンを使用していたのかが分かりません。私の知識&勉強不足です。「マーチンの修理をする人」と言ったら「その道」のプロフェッショナルな人達がいます。私などおよびもつかない「知識と技術」で日々の仕事をこなしているのでしょう。私も2〜30年後にはそういう人達の足もとくらいに追いつきたいですね・・・日々精進です。 とまあ言ってても始まらないので実験をしました。以前に手に入れた「アコギKIT」に入って...

楽器修理職人のBLOG | 2016.04.16 Sat 21:55

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全462件中 81 - 90 件表示 (9/47 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!