• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

カテゴリー

アート

このテーマカテゴリーのURL:http://jugem.jp/theme/c83/
このカテゴリー内のユーザーテーマ
▼人気順▼新着順

*ジャグアタトゥー*ジャグア*Jagua tatto*

14件の記事

ゲニパアメリカーナという植物の果実から作られたインクで2週間ほどで落ちるインスタントタトゥーで楽しもう。

クリムト

14件の記事

グスタフ・クリムト(Gustav Klimt) 1862年〜1918年 象徴主義 1862年オーストリア生まれ象徴主義のグスタフ・クリムト。 若い頃から画家としての才能を発揮し、17歳でオーストリア皇帝の銀行式の祝祭計画にも参加するほどだった。 作品の特徴は、妖艶な女性を多く描いていることであるが、 ただ美しいだけの女性の表現方法ではなく、女性特有の色っぽさとけだるさが合わさったような、そして、女性の人生を生々しく表しているような作品に仕上がっている。

衝撃だ!!!!

13件の記事

おもわず衝撃をうけた作品 ありますか?

天野喜孝

13件の記事

天野喜孝 イラスト、壁紙、画像、天野喜孝展

モシャモシャな絵

12件の記事

オリジナルとは別な感覚で模写な絵が見たい!そんな期待に応えてくれる「はぁ、この人は、この絵をこんなふうに見てるんだ」みたいな絵があります。また、そんな絵を大募集!

画家よしこ 

12件の記事

大阪在住の画家 よしこ の作品や展覧会、その他いろいろ・・・ 気ままにUPしています。

エドゥワール・マネ

12件の記事

エドゥアール・マネ(Edouard Manet)  1832年〜1883年  1832年フランス生まれの、エドゥアール・マネ。 1863年に出品した「草上の昼食」という作品が、スキャンダラスな問題作として物議を醸したものの、モネ、ルノワール、ピサロ、セザンュイスによって形成されるバティニョール派(後の印象派)から慕われ、リーダー的存在となる。 マネの作品の特徴としては、近代の日常、風俗、静物、歴史、肖像、裸婦、風景など様々な画題を描き、また当時流行していた日本の浮世絵からも影響を受けたとされている。

工芸作品

10件の記事

工芸作品全般

ユトリロ

10件の記事

モーリス・ユトリロ (Maurice Utrillo) 1883年〜1955年  1883年12月26日フランス、パリ生まれのモーリス・ユトリロ。 母、シュザンヌ・ヴァラドンは当時の名だたる画家ルノワール等の描く作品のモデルを務めていた。 17歳の時、アルコール依存症で入院。そこでその対症療法として絵を描くことを薦められ描くようになる。 そこから絵画の才能を発揮するようになるが、アルコールからは離れることが出来ず、お酒代を稼ぐためだけに絵を描くようになった。 ユトリロは1年間に600枚以上もの作品を描くようになり、独特の白色を用いてモンマルトルの空気を描いたこの頃は、後に「白の時代」と呼ばれるようになった。

フランソワ・ミレー

10件の記事

ジャン=フランソワ・ミレー(Jean-Francois Millet) 1814年〜1875年  ハルビゾン派 1814年フランス生まれのハルビソン派であるジャン=フランソワ・ミレー。 フランスのノルマンディー地方の農村に生まれ「農民画家」として 農民の日常生活や農作業風景を描き続けた。 そんなミレーも初期のころは、パリでお金を稼ぐために描きたくもない肖像画を描いていたと言います。 しかし、やはり農村の風景を描きたいということで、農村に移り住み、 午前中は畑仕事、午後は絵画制作という風に作品を描いていった。 そのため、農民を描いた作品が多く残っているのです。

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全200件中 81 - 90 件表示 (9/20 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!