• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

バレエ

このテーマに投稿された記事:1130件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c137/2142/
バレエ
このテーマについて
クラシックバレエの鑑賞またはレッスンのどちらか、または両方好きな人集まれ〜!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tialove」さんのブログ
その他のテーマ:「tialove」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

12/7★足首をやわらかく。

昨日はサークルB(大人バレエ)でした🌹   夜Bは初心者さんも多いので、 正しいこと、 それができなくても逆に絶対にこれだけはやってはいけないことなど、 バレエのための体の使い方をいつもよりさらに丁寧に⭐   昨日は足首の向きや使い方をしっかり☝️   個人的にも最後エシャッペが今までで一番キレイにできてちょっと感動😳 この感覚を覚えていつでもできるようにがんばります🍀   そんな感じで 雰囲気だけじゃない"ちゃん...

猫とクリスマス | 2018.12.08 Sat 19:06

照明と花束がもたらす独特のドラマティック性 マリインスキー・バレエ団「白鳥の湖」

JUGEMテーマ:バレエ   1幕最後、コール・ド・バレエの白鳥たちが舞台から去っていくと、舞台背後に白鳥を模した舞台装置が流れていきます。それと同時に、王子と残されたオデットは意志に反するようにしてパ・ド・ブレで舞台袖に入って行きます。夜が明け白鳥に戻る時間が来たからです。   夜明けという時間の要素よりも、オデットを王子から引き離すロットバルトの力を強調し、劇的な演出を取るバージョンも多い中、コンスタンチン・セルゲーエフ版はひたすらに静かです。しかし、それでいてドラマテ...

下降の旋律 | 2018.12.07 Fri 13:20

恋の遊戯に塗り込められたキトリとバジルの真情 マリインスキー・バレエ団「ドン・キホーテ」

JUGEMテーマ:バレエ   ゴールスキー版「ドン・キホーテ」ほど恋の駆け引きが陽気に描かれる作品はないのではないでしょうか。キトリとバジルの登場直後のやり取りのみならず、バルセロナの広場の男性はこぞって女性にキスをしようとし、女性はそれを跳ね返します。   そんな洒落た男性の代表格がエスパーダ。12月5日マリインスキー・バレエ「ドン・キホーテ」で、最も強烈な印象を残したダンサーは、この役を演じたコンスタンチン・ズヴェレフです。1幕、マントを身体の前後にかけて振り回し背中をそら...

下降の旋律 | 2018.12.06 Thu 17:21

12/4★上げるじゃなく伸ばす。

  昨日はサークルB(大人バレエ)でした🌹   センターレッスンの最後に一気にバレエ感。   これがちゃんとバレエに見えるかどうかは、 いかにバーレッスンで色々を意識できてたか、 自分を自分で丁寧に動かせるか、 にかかってるわけです。   が、 頭ではわかっていても足運びだけでいっぱいいっぱい、 なんてことはほんとに大人バレエではあるあるなことも事実で。   音楽に合わせるほんの些細なタイミングまで、 雰囲気だけじゃない"ちゃんとバレエ&...

猫とクリスマス | 2018.12.06 Thu 11:19

ピエロが詩人になる瞬間 勅使川原三郎「月に憑かれたピエロ」「ロスト・イン・ダンス」

JUGEMテーマ:バレエ   勅使川原三郎は照明が見事な演出家だと思います。12月4日に東京芸術劇場にて鑑賞した「ロスト・イン・ダンス」は、暗い中に円が照らし描かれるところから始まりました。しばらくすると光の円がふわっと消え、まるで平坦な舞台へと転換されたような気分になります。そうかと思うと、次には四角く照らし出され、そこはあたかも荻窪のカラス・アパラタスのような場所に。大掛かりな装置なしに、照明だけで舞台転換を雄弁に感じさせる手腕に脱帽します。   この作品は「ダンスに憑か...

下降の旋律 | 2018.12.04 Tue 23:42

プリンシパルの美の堪能から若手ダンサー発掘まで マリインスキー・バレエ「マリインスキーのすべて〜スペシャル・ガラ〜」

JUGEMテーマ:バレエ   「マリインスキーのすべて」というタイトル通り、プリンシパルからコール・ド・バレエまでマリインスキー・バレエ団の総力を感じさせる公演でした。鑑賞日は12月3日。   第1部はフォーキンの「ショピニアーナ」。フィリップ・スチョーピンは足のラインが美しく、一方のエカテリーナ・オスモールキナは可憐で、かつアームスが柔らかく絶品です。 「眠れる森の美女」のオーロラか。いずれにせよ愛らしさが感じられるダンサー。   ロマンティック・バレエへの...

下降の旋律 | 2018.12.04 Tue 16:15

ノイマイヤー、ロビンズ、キリアン、ベジャール作品徹底比較! 東京バレエ団「20世紀の傑作バレエ?」

JUGEMテーマ:バレエ   新国立劇場中劇場にて行われた東京バレエ団による「20世紀の傑作バレエ?」は、いずれも特色のある傑作を上演し、20世紀バレエの多面性を示してくれました。私は12月2日に鑑賞。   本上演は、ジョン・ノイマイヤー振付「スプリング・アンド・フォール」から始まりました。使用曲はドヴォルザークの「弦楽セレナーデ ホ長調」。それ以外にはありえないと思うほど、澄明で美しい作品です。   途中、3〜4組の男女がそれぞれ別の組を気にすることなく、全く異なったパ・ド...

下降の旋律 | 2018.12.03 Mon 16:43

ウィリの竹が指し示すアルブレヒトの悲劇 アクラム・カーン振付「ジゼル」(イングリッシュ・ナショナル・バレエ団)

JUGEMテーマ:バレエ     解釈と表現言語の巧みさが際立つ作品です。   12月1日、東劇にて上映されている、イングリッシュ・ナショナル・バレエ団によるアクラム・カーン振付「ジゼル」IN CINEMAを見に行きました。   例えば、村人たちが十字を組み、中心を固定して回転する場面。古典の「ジゼル」では、十字の端にいるジゼルとアルブレヒトは、視線で村人たちの姿を縫って目を合わせます。   一方、カーン版では、カーン特有のうねりのある群舞による数の論理に圧倒され...

下降の旋律 | 2018.12.02 Sun 17:47

音楽が生み出す歓喜と驚きのクリスマス指揮者・井田勝大氏による「くるみ割り人形」解説(バレエカレッジ)

JUGEMテーマ:バレエ   チャイコフスキーの「くるみ割り人形」は、同作品を振付予定だったマリウス・プティパの指示書に沿って作られました。11月30日、新宿村スタジオにて行われたバレエカレッジ「バレエ音楽の魅力と秘密 《第3回》巨匠の確信と追求〜チャイコフスキー『くるみ割り人形』」では、台本にも似た指示書を参照しながら、バレエ指揮者・井田勝大氏の解説が行われました。 チャイコフスキーの音楽がまんべんなく聞ける新国立劇場の予告編。   なぜ副題は「巨匠の確信」なのか。  ...

下降の旋律 | 2018.12.01 Sat 15:06

ハイデ、マドセン、アンダーソン…豪華キャストのゆえんとは? 新発売Blu-ray「ロミオとジュリエット(シュツットガルトバレエ団)」

JUGEMテーマ:バレエ   「…お道化者のマキューシオの瀕死の場面は、他の版では、その性格づけのままに滑稽な行動をとり、ペーソスに満ちていることが多いが、クランコのもとでは、滑稽さは一切なく、もっぱら早逝の無念さや喪失の悲しみに満たされている」   2015年シュツットガルト・バレエ団来日公演のパンフレットで読んで以来、忘れられない村山久美子氏の評論です。クランコ版「ロミオとジュリエット」ではマキューシオの死の他でも、必要以上の性格・感情付けは行わず、自然な表現となって...

下降の旋律 | 2018.11.30 Fri 12:40

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!