• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

バレエ

このテーマに投稿された記事:1181件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c137/2142/
バレエ
このテーマについて
クラシックバレエの鑑賞またはレッスンのどちらか、または両方好きな人集まれ〜!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tialove」さんのブログ
その他のテーマ:「tialove」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

4/23★上げるのは膝の上。

    本日お昼のサークルB(大人バレエ)の様子🌹   曲げると伸ばすを丁寧に。 ひとつひとつの筋肉を意識しながらはっきり違いを。   上げてる足にばかり意識がいって軸足曲がってるとか、 足を上げようとしてつま先を上げてしまって結果膝曲がってるとか、 使うべきところが使えてなくて起きてしまうあるあるなので、 そういう忘れがちな部分や忘れてなくても難しいところなどをしっかりやりました⭐   次回のサークルBは5/10(金)20:15〜あと3名様...

猫とクリスマス | 2019.04.24 Wed 01:15

NDT来日公演必見! パリ・オペラ座バレエ団初レパートリーのレオン&ライトフット振付作品

JUGEMテーマ:バレエ   オニール八菜 今年7月に来日するネザーランド・ダンス・シアター(NDT)の来日公演で見ることのできる振付家で、個人的に名前すら知らなかったのが、ソル・レオンとポール・ライトフットです。 ポール・ライトフット ソル・レオン   今度、実際に日本で見ることのできる振付家の別作品が、4月18日からパリ・オペラ座で上演されています。タイトルは「Sleight of Hand」と「Speak for Yourself」。   前者は「手...

下降の旋律 | 2019.04.20 Sat 14:15

初の振付、広がる象徴の世界 佐東利穂子振付『泉』(アップデイトダンスNo.61)

JUGEMテーマ:バレエ   泉 佐東利穂子の初の振付作品です。私はアップデイトダンスの2日目にあたる4月13日に鑑賞しました。   「随分と前から周囲からも勅使川原さんからも振付を勧められていたのですが、踊りに夢中で…。『長年、私の中で引っかかっていた小石のようなものが小石ではなかったのかもしれない』。振付を通してそう感じました」(佐東。アフタートークにて)   勅使川原三郎の作風と似ているようで、無意識に比較するためか、今回、かえって佐東と勅使川原の作風...

下降の旋律 | 2019.04.14 Sun 12:51

菜生バレエスタジオ4thコンサート

JUGEMテーマ:バレエ 今日は憧れのバレリーナ菜生先生の、バレエスタジオ4thコンサート。(佐賀市文化会館中ホール) 会場の全てのお客様を幸せにする、小さなバレリーナ達に拍手!拍手! 第2部の『コッペリア』全幕は、どうしても自分が生伴奏をしている感覚になって、妙に緊張しながら鑑賞しました。 しかし、音楽が全て身体に入っているので、踊りと音楽の融合を、誰よりも感じ楽しむことが出来たと思います。 それにしても、とても素晴らしいステージ。夢の世界にいるようでした。

久米詔子の日記 | 2019.04.08 Mon 00:17

オペラ座&ロイヤル『二羽の鳩』を比較 ジプシーの人物造型の違いとは?

JUGEMテーマ:バレエ   ローレン・カスバートソンとワディム・ムンタギロフ バレエ学校の生徒ですでにこれだけのレベルで踊れるとは、と驚きました。   パリ・オペラ座バレエ団公式Youtubeに数日前にアップされたパリ・オペラ座バレエ学校の『二羽の鳩』の公演で、ジプシーのヴァリエーションを踊る女の子は細かい足さばきが美しく、また足の甲が柔軟で惚れ惚れしてしまいます。そして何といっても華があります。   もともと『二羽の鳩』は1886年に『シルヴィア』の振付でよく知られ...

下降の旋律 | 2019.04.05 Fri 17:17

クルト・ヨースによる”劇”のない”劇”中劇 スターダンサーズ・バレエ団「Dance Speaks」(『緑のテーブル/ウェスタン・シンフォニー』)

JUGEMテーマ:バレエ   『緑のテーブル』 Dance Speaks. ダンスは何を語るのか。   私がこの公演のチケットを購入したのは、舞踊史において重要な作品でありながら、なかなか見る機会のないクルト・ヨース振付『緑のテーブル』が上演されると謳われていたからです。   「『緑のテーブル』を見られる」という興奮の直後、この作品選択におけるスターダンサーズ・バレエ団の強い意志に私は身体が震えました。   この作品は戦闘や戦争利得、避難、死など戦争のさまざまな側...

下降の旋律 | 2019.03.31 Sun 20:09

アルテミー・ベリャコフによる厳しく有能なソロル ボリショイ・バレエinシネマ『ラ・バヤデール』

JUGEMテーマ:バレエ   ボリショイ・バレエ団 ロイヤルシネマとボリショイシネマは同時期に同じ演目を放映することになると、見比べができて大変楽しいです。   1月のロイヤルシネマの『ラ・バヤデール』の記憶がこびりついて離れない3月27日、T・ジョイPRINCE品川にて、ボリショイ・バレエinシネマ『ラ・バヤデール』を見てきました。   1月のロイヤルシネマでのソロルはワディム・ムンタギロフ。幕間インタビューで腕に瘤を作る真似をしつつ「僕は戦士で〜」と連呼していながら、実...

下降の旋律 | 2019.03.28 Thu 14:03

3/26★グランプリエはしゃがまない。

    本日のサークルB(大人バレエ)の様子🌹 グランプリエとエシャッペを再確認&強化!   外側は下に。 そしてその力を利用して内側はしっかり上に。 押す、伸びる、引き上げる、集める、 流してやってしまいがちな動作をひとつひとつ丁寧に。   基礎の基礎に立ち返り、 でもここができないと ジャンプやターンがいつまで経っても安定してできない大事なポイントを みんなでしっかり練習しました✨   バレエ楽しい。   次回の火曜...

猫とクリスマス | 2019.03.27 Wed 00:42

解釈の変遷からみる巨匠の懐 新発売DVD「モーリス・ベジャール〜時を超えて」

JUGEMテーマ:バレエ   バレエショップ・フェアリー モーリス・ベジャールの『春の祭典』は、私はカテリーナ・シャルキナが生贄役で出ているベジャール・バレエ・ローザンヌのDVDをよく見ますが、彼女はこの役を盲目の女性と解釈しているように思います。   決して誰とも目を合わせませんし、鹿の交尾に想を得たというセックスの場面の直前では、目の前を探るように手を差し出しながら歩きます。   盲目という際立った特徴が聖なる存在として解釈され大切にされるからこそ、かえって...

下降の旋律 | 2019.03.20 Wed 16:39

パシャの従者がどんな人物かを説明できますか?(2) 東京バレエ団初演『海賊』

JUGEMテーマ:バレエ   >前ページ:パシャの従者がどんな人物かを説明できますか? 東京バレエ団初演『海賊』   グルナーラの1幕ヴァリエーションにはポワントによるシャンジュマンで自転する場面があります。このテクニックにはどのような意味があるのか。   ABTのDVDでは全く気付かなかったのですが、あれはパシャの目の前で行われています。自転は、女奴隷が「商品」としての自身の魅力―脚のラインだったり腹のしなやかさだったり―をパシャにアピールするためなのでしょう。   ...

下降の旋律 | 2019.03.17 Sun 22:25

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!