>
四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春

このテーマに投稿された記事:96件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c150/25957/
四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春
このテーマについて
2017年春、桜を愛でながら家人と巡った四国遍路旅。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「bakilid」さんのブログ
その他のテーマ:「bakilid」さんが作成したテーマ一覧(53件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 >

四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春 その(95) 最終回 八十八ヶ所の内 四十四ヶ所を終えて

 日本から10数年ぶりに香港を経由してセブに帰り2017年春の日本旅行は無事に終わった。 【写真−1 鐘突きは参拝前に行うのが順序】  今回は四国八十八ヶ所巡りをしたが、遍路巡りに要した日数は7日間で、徳島県を出発して愛媛県の第四十五番札所『岩屋寺』で終え、残る四十三ヶ寺は次の機会に回すことにした。  写真−1は巡拝3日目、徳島県の第十八番『恩山寺』の鐘を家人が突いている様子で、この辺りから巡拝の仕方も慣れて来た。  この鐘突き、どこでも参拝を済ませてから打っていたが、鐘突きは巡拝前に突く作...

セブ島工房 | 2018.03.15 Thu 19:16

四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春 その(94) 番外−香港篇−7 香港はマアマア美味い店が多い

 香港には2泊して、香港島のトラム、九龍方面への地下鉄、そして九龍側からフェリーに乗ってまた香港島へ周回するように戻った。 【写真−1 衣食足って礼節を忘れるのは世界共通】  写真−1はトラム内に掲げられていた注意書きで『禁煙』、『飲食物の持ち込み禁止』と書いてある。  香港がこのように喫煙者に五月蠅くなったが、1990年代半ばまでは喫煙者天国で、それまでは喫煙者に全く制限がなくて、当時の映画館へ入ると紫煙で画面が見えなくなることもあった。  下の飲食物持ち込み禁止はいわゆるファースト・フ...

セブ島工房 | 2018.03.10 Sat 19:06

四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春 その(93) 番外−香港篇−6 トラムに乗って上環の『ウェスタン・マーケット』へ

 ホテルは香港島の東、北角にありそこから西に向かってトラムが銅鑼灣、湾仔といった香港有数の繁華街を通り、金鐘、中環といったビジネス街を抜け上環(しょんわん)に至る。 【写真−1 トラムの路線に車を通らせない柵が良い】  これら目抜き通りを悠々とトラムは走り、沿道の景色は飽きず、しかも乗車料金は格安で、観光客に人気があるのが頷ける。  写真−1は中環を走っている様子で、この辺りは香港の名建築が左右にあり、写真で太いパイプ状の柱が見える建物は『香港上海銀行ビル』。  この線路を挟んだ反対...

セブ島工房 | 2018.03.03 Sat 20:18

四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春 その(92) 番外−香港篇−5 香港島の街角と夕食は

 香港の住宅事情の特異性は世界的に有名で、特に不動産に関しては驚く話が多い。 【写真−1 こういう店の経営者が大富豪か】  土地のない地域のため、どこもかしこも高層のアパートになっているが、これは香港の土地は政府が所有していて、例外なのはかつてのイギリス総督府のあった敷地だけであったという話を聞いたことがある。  そのため、香港は土地の所有権というのはなく使用権で動いていて、これは隣接する本土側中国と全く同じである。  しかも狭い土地の中に人口が多いので人口密度が高く、必然建物は高...

セブ島工房 | 2018.02.26 Mon 21:14

四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春 その(91) 番外−香港篇−5 香港島の路面電車『トラム』の将来は

 香港島はトラム路線に沿ってビル群が続き、昔と同じ区割りだから写真−1のような通りでは車が軌道上を走るようになる。 【写真−1 まだ車が遠慮がちなのが良い】  この写真の場所は右奥に走るトラムの軌道分しか道幅がなく歩道が作られ、どういう訳か手前で道が広がっている。  恐らくトラム軌道上は原則的に通行できない規則があると思うので、この部分だけ、何となく走る車は遠慮がちだが、車の普及している香港では、いずれトラム軌道上に車が埋まって走るようになるかも知れない。  そうなるとただでさえゆっ...

セブ島工房 | 2018.02.21 Wed 19:56

四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春 その(90) 番外−香港篇−4 香港島を走る2階建ての路面電車『トラム』

 香港名物の路面電車『トラム』。正確には香港島だけを走るトラムで、対岸の中国本土と繋がる九龍地域には敷設されていない。 【写真−1 看板が消えて何だか香港の特徴がなくなってしまった】  香港島はイギリスが当時の清国から条約を結び割譲された領土で、永久にイギリスの土地であることは国際法でも問題はなかった。  しかし、新界と呼ばれる九龍側はイギリスが清国から99年の租借地であったこととで、現在の中国側が、延長する租借契約を結ばなければイギリスには返還しなければいけない義務があった。  当...

セブ島工房 | 2018.02.14 Wed 19:06

四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春 その(89) 番外−香港篇−3 香港島を通り抜けて北角のホテルへ

 香港島に銅鐸湾(コーズウェイ・ベイ)という繁華街があって、中国から香港に出た時そこにあったゲスト・ハウスを常宿としていた。   【写真−1 値段も安く香港島巡りには最適】  その宿泊料は3畳程度の広さ、バス・トイレ共同で香港以外なら4つ星クラスのしっかりしたホテルに泊まれる料金を取っていた。  そのくらい香港はホテル代が高いので有名で、今はどうか知らないが、日本人には別の高い値段を設定していた時代もあった。  今回も久し振りの香港行きとあってそのゲスト・ハウス泊まりを考え、そ...

セブ島工房 | 2018.02.06 Tue 19:19

四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春 その(88) 番外−香港篇−2 雨の中バスは香港島へ

 香港はかなり車が走っているはずだが渋滞に掴まらず、バスは予約してある香港島のホテルへ快調に向かう。 【写真−1 香港の道路はイギリス式で左側走行でさすがの中国も変えられない】  時間帯によって渋滞は生じても、かなり道が整備されていて、地下鉄、バス、それに香港島で走る『トラム』など公共交通機関が発達していて、車がなくても香港は生活できる。  また、香港の住環境の狭さは有名で、駐車場を持つことが普通レベルでは大変なためもあるかも知れない。  写真−1は空港から海底トンネルを通って、香港...

セブ島工房 | 2018.02.01 Thu 19:50

四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春 その(87) 番外−香港篇−1 雨の中羽田空港から香港国際空港へ

 香港へは中国・広東省で仕事をしていた時は、仕事の打ち合わせのために毎週のように国境を超えて香港に行っていて、その後香港国際空港へは乗り継ぎなどで利用してはいるが、香港に降りて泊まるのは10数年ぶりとなった。 【写真−1 2階は和風のインテリアを強調し飲食店などが連なる】    朝早く、雨のぱらつく原宿駅から品川に出て、京急の羽田行きに乗り換える。この京急にしてもヨット・レースに夢中であった頃は、油壺まで通った想い出があり、あまりその頃と駅は変わっていないと思いながら羽田へ。  写...

セブ島工房 | 2018.01.28 Sun 21:12

四国八十八ヶ所遍路旅 2017年春 その(86) 番外−東京篇−6 新宿御苑の桜で今年の桜は見納め

 新宿御苑には桜だけではなく標本樹の様な珍しい樹もあり、そういった樹を見ながら枯れた芝生の上を足に任せて歩くと、写真−1の花の色がそれぞれ違って咲いている一角に出会った。 【写真−1 桜の花の色も様々と分かる一角】  どれも桜の樹の種類で、桜の花といってもそれぞれの色の具合が大きく違う。左の桜はソメイヨシノに近い色だが、真ん中の桜は桃の花と同じような色で、右に咲く樹はリンゴの花のように白い。  この一角は違った桜を同時に愛でられるので、人気があって茣蓙を敷いて眺めている人も多い。 ...

セブ島工房 | 2018.01.26 Fri 18:16

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 >

全96件中 1 - 10 件表示 (1/10 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!