• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

映画

このテーマに投稿された記事:182015件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c169/24/
映画
このテーマについて
JUGEMの旧公式テーマです
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

109シネマズ 1,100円の日

109シネマズ、今年度は20周年感謝デイというので、20日も大人1,100円で鑑賞できるのか。 (※実施期間:2018/4/20〜2019/3/20。3DやIMAXは追加料金がかかります) これで、一般鑑賞料金が1,100円となるのは、 ■ファーストデイ(毎月1日) ■109シネマズの日 (毎月10日) ■109シネマズ20周年感謝デイ(毎月20日) ■レディースデイ(毎週水曜日・女性限定) といった感じになります。 館によってメンズデイがあったりと、違いがあるみたいですが。 あと、2人で2,200円になるペアデイやら、シニア料金、夫婦50割引(どちらか...

Bさん日記 | 2018.11.26 Mon 00:52

張り込み(1997年)

日中国交正常化25周年を記念してテアトル新宿で「中国映画祭97」というのをやっているので、ちょっと寄ってみたら、『張り込み』という映画をやっていた。……ふ〜む、もう25年も経ったのか、という感慨はひとまずおいといて。   香港や台湾の資本と人材を借りて製作した『覇王別姫』とか『花の影』とかいった大作は入ってきたけれど、純正中国映画には、こんな機会でもないとなかなかお目にかかれない。しかも、パンフレットによれば、今回の作品群は、革命前の伝統的な中国社会を扱ったものが多かっ...

belle epoque | 2018.11.25 Sun 23:12

ラヂオの時間(1997年)

つくづく思う。『古畑任三郎』は三谷作品の中では異色な、<テレビというメディア>が生んだ変種だったんだな、と。   『古畑……』は、回を追うにつれ、ストーリーそのものよりも、田村正和+西村雅彦コンビのキャラクターの強烈さがウリになってしまった。そして、それがエスカレートするにつれて、番組の人気も上がっていった。ためしに、1994年にオンエアされたパート1と1996年のパート2をビデオで見比べてみると、それがよくわかる。パート1の第1回放送分では、古畑(=田村)も今泉(=西...

belle epoque | 2018.11.25 Sun 23:03

エド・ウッド(1994年)

艶っぽいモノクロの画面。エド・ウッドの映画を、きめ細かく忠実に再現した製作現場のようす。ハリウッドのサイドストーリーとしても存分に楽しめる面白さ。彫りの深い人物描写。これはやっぱり名画だ、と思う。   それにしてもジョニー・デップがすばらしい。いかがわしさと真面目さ、高揚と絶望、根源的な渇き……まるでエド・ウッドその人を見ているような気になってくる。没落した怪奇俳優ベラ・ルゴシに対する<傾倒と献身>の奥には、自らを映す鏡のようなベラへの<愛情と郷愁>が感じられる。 今...

belle epoque | 2018.11.25 Sun 22:46

プラン9・フロム・アウタースペース(1959年)

突然『エド・ウッド』(ティム・バートン監督)が観たくなってビデオ店に行く。同じ棚に、隣り合わせてエド・ウッド自身の作品『プラン9・フロム・アウタースペース』があったので、一緒に借りる。   どっちから観ようか迷ったが、『エド・ウッド』は前に一度観たことがあるから後回しにして、『プラン9……』から観ることにする。   近年とみにB級映画の監督として注目されているエド・ウッドだが、彼自身の映画を観るのは初めてだ。<史上最低の映画監督>なんてもてはやされているから、あ...

belle epoque | 2018.11.25 Sun 22:37

製作総指揮ホウ・シャオシェン、女性監督ホアン・シーの長編デビュー作「台北暮色」、絶賛公開中!

 【中華圏 映画 ブログ】  第18回東京フィルメックス (2017年) のコンペティション部門で上映され、異色の話題作となった台湾の女性監督ホアン・シー (黄熙) の長編第一作 「台北暮色」 が、東京・渋谷のユーロスペース他を皮切りに、全国順次公開されます (11月24日〜)。  台湾映画の巨匠ホウ・シャオシェン (侯孝賢) のアシスタントを務めたホアン・シーの記念すべき監督デビュー作で、今作でホウ・シャオシェンは製作総指揮を担当。  その巨匠に 「現在の台北を描いたのは、エドワード・ヤン以来...

しゃおりんの何でもウオッチ | 2018.11.25 Sun 21:16

三枚のオンボロ看板が母に伝えようとしていたメッセージとは?〜『THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI(スリー・ビルボード)』徹底解説3

          皆さん、こんにちは。   今回のシリーズに対し海外からも「そういうことだったのか!」と多数のメッセージが届き、ちょっと嬉しい反面、欧米人にも気付いていなかった人がたくさんいて「あんたら何を高評価してたんだ?」と軽い驚きを覚えている、名探偵・金田三(かねたさん)耕助です。     助手を務めます少年探偵団の団長ええじゃろうです。     天才戯作者のツルやナンボクやで。    ...

おかえもんの深読み三昧 | 2018.11.25 Sun 20:08

『デス・ライブ』

JUGEMテーマ:映画 制作年:2017年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:89分  原題:Keep Watching  配給:ソニー・ピクチャーズ  監督:ショーン・カーター  主演:ベラ・ソーン      チャンドラー・リッグス      ヨアン・グリフィズ      ナタリー・マルティネス      リー・ワネル まるでホラー映画のような一家惨殺の犯行が、世界中に生中継されるという猟奇事件が発生。 衝撃のニュースが世間を騒がせる中、犯人は次なる標的を心に闇を抱える少女ジェイミーに ...

La.La.La | 2018.11.25 Sun 18:53

ロングキス・グッドナイト(1996年)

たまたまテレビに顔が映ったその日から、命を狙われるようになった記憶喪失の女・サマンサ(ジーナ・デイヴィス)が、愛する夫と娘の生活を守るために、三流の探偵(サミュエル・L・ジャクソン)と共に自分の過去を探す旅に出る。   襲いくる敵の影に怯えながら、自分の正体と対峙していく女の内面が描かれる……というような話ではないと分かってはいるのだけれど、あまりの展開のあっけなさに、いささか呆然。   なんせ、サマンサがじつはCIAの女工作員(平たくいうと殺し屋)だったとわか...

belle epoque | 2018.11.25 Sun 16:34

マーズ・アタック(1996年)

この映画について書きたいことはあるのだけれど、面白かったかと聞かれると、う〜ん……と考えてしまう。ワクワクするわけじゃないし、ワッハッハとおなかを抱えて笑っちゃうわけでもない。かといって、あまりのバカバカしさに感心するというほど、ナンセンスでもない(少しはそうだけど)。なんだか、映画そのものの構造が、ずいぶん醒めているのだ。   ★UFOがやってきました。大統領はあわてて会見を開いて、混乱しないよう国民に呼び掛けます。 ★宇宙船がホワイトハウス前に飛んできて、火星人代表が人間...

belle epoque | 2018.11.25 Sun 16:20

このテーマに記事を投稿する"

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

全1000件中 91 - 100 件表示 (10/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!