>
映画の感想
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

映画の感想

このテーマに投稿された記事:3995件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c169/2662/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

映画「ブルーム・オブ・イエスタディ」(2016年 ドイツ、オーストリア)

「ブルーム・オブ・イエスタディ」(2016年 ドイツ、オーストリア)  実は、「婚約者の友人」と同じ日に観ました。満員だった「婚約者の友人」に対して、こちらは最終日ということもあって、10人に満たない入場者でした。そしてテーマがはっきりしていて感情移入しやすい「婚約者の友人」に対して、こちらの主人公たちは、複雑な思いを抱いていて感情移入しにくい作品でもありました。案の定、隣席の妻は始まったとたんに寝てしまいました。  ストーリーは、ナチスの戦犯を祖父に持つ男と、ユダヤ人女性が恋に落ちるお話で...

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2017.11.15 Wed 23:04

「婚約者の友人」(16年 フランス・ドイツ)

「婚約者の友人」(16年 フランス・ドイツ)  気になる映画監督フランソワ・オゾンの作品「婚約者の友人」を観てきました。  物語は、1919年ドイツの小さな村、婚約者を戦争で亡くしたアンナが墓参りに行くと、見知らぬ青年が婚約者の墓の前で泣いていました。  泣いていたフランス人のアドリアンは、アンナの婚約者フランツの友人だといいます。物語は、そこからミステリアスな展開をして、戦後のドイツ、フランスの人々の生活と戦争で殺し合った者同士の愛憎渦巻くストーリーが繰り広げられます。戦争によって、運命を...

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2017.11.11 Sat 18:48

ブレードランナー 2049

ブレードランナー 2049 ☆☆☆☆☆星5つ(5点満点中) 西暦2049年、旧型のレプリカントを”解任”する任務を遂行していたKは、 捜査する中で不可解な手がかりを見つけ、やがて自分と同じブレードランナーで あったデッカードの存在に辿り着く。 35年ぶりに続編が製作されたブレードランナー。前作は2019年の設定だった。 本作もおおむね同じ時間が経過した30年後の2049年の世界を描いている。 3時間弱と長めの作品なのにあっという間だった。 とにかく映像が美しく、どのシーンも感動して見入ってしまう。家のディスプレイに ...

才能とは努力を継続できる情熱 | 2017.11.11 Sat 15:10

『愚行録』

JUGEMテーマ:映画の感想     夫が借りてきたDVDですが   最難関校と言われている都内の私立大学がモデルのようです。   よくできたというか、あるあるな内容でした。(殺人以外ですよ)     小学校から付属がある大学に入学しちゃうと、初日から   仲の良さそうな付属上がりのグループに   気圧されてしまう、大学から入学してきた外部者。   内部者のヒエラルキーがしっかり出来上がっているのも   現実にその通...

コフレ店長ブログ | 2017.11.10 Fri 22:49

楽園

JUGEMテーマ:映画の感想   弱小編集プロダクションでライターとして働いていた前畑滋子のもとに一人の女性が訪ねてきた。 12才になる自分の子供が描いた絵が、とある殺人現場にそっくりだと言うのだ。 ひょっとしたら他人の記憶が見える特殊な能力を持っているのもしれないと告げられた前畑は、半信半疑ながらも調査を請け負った。 それは、当時15歳の娘を殺害し、遺体を自宅の床下に16年間隠していた土井崎夫妻の自宅が火事になったことで事件が公になったニュースだった。 調べていくうちに、裏付けがとれ、...

黒猫の闇鍋 | 2017.11.10 Fri 17:45

塀の中のジュリアス・シーザー

「塀の中のジュリアス・シーザー」(12年イタリア)  大好きなタヴィアーニ兄弟の作品というだけで、ゲットした風変わりな作品です。   JUGEMテーマ:映画の感想 映画の舞台は、ローマ郊外にあるレビッビア刑務所。ここでは年1回囚人たちによる演劇実習が行われ、所内の劇場で一般市民に披露していました。  今年の演目はシェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」。シーザーやブルータスなどの主要キャストが重警備棟の囚人(終身刑や長期服役者)に割り当てられます。手探りで練習を行って行くうちに、役柄...

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2017.11.04 Sat 23:39

【映画感想】斉木楠雄のΨ難

前評判で照橋さんのクズっぷりが微妙だったので正直観に行こうかどうしようかなー…と思ってた実写版。 同じ福田監督でも銀魂は普通に楽しめたけど、それはわたしが銀魂の原作やアニメをさわり程度にしか観てなかったからであって、これが斉木の場合は原作やアニメと比べてしまうんじゃないかとか、吉沢亮くんは好きだけどアニメのCV.島?信長な海藤が自分の中では完成度高すぎてそうそう超えられないんじゃないかというそのへんの不安もあったわけで。 …とか思ってた矢先に、昨日友人から急にお誘いが来たので行ってきた。 なんだこ...

節約したいけど出来ない社会人のしがない日記 | 2017.11.04 Sat 20:48

ボクの妻と結婚してください

JUGEMテーマ:映画の感想     バラエティ番組の放送作家をしている夫は、思いついた面白そうなことは自分で実践してみる主義。 そんな彼に振り回されつつも幸せを感じていた専業主婦の妻。 そして元気でやんちゃな幼い子供。 ごく普通の家族であり家庭であったが、ある日、夫である修治は末期のすい臓がんで余命宣告されてしまった。 動揺する修治。 考え抜いて出した結論が、余命宣告のことは言わず、自分がいなくなったあと、妻と子供が生きていけるように新しい夫であり父親である人を探すことだった...

黒猫の闇鍋 | 2017.11.04 Sat 11:02

ル・コルビュジェとアイリーン(The Price of Desire)

「ル・コルビュジェとアイリーン(The Price of Desire)」(15年 ベルギー、アイルランド)  昨日、妻に呼び出されて渋谷へ出かけました。目的は映画「ル・コルビュジェとアイリーン」を観るためです。建築家とインテリア・デザイナーの愛憎を描いたこの作品、女性の力強い自立と美しさが印象に残る素敵な作品でした。  オリジナル・タイトルは「The Price of Desire」ですが、邦題を「ル・コルビュジェとアイリーン」としたのは、コルビュジェの作品が2016年に世界遺産に登録され、その中に日本の国立西洋美術館も含...

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2017.11.02 Thu 23:13

【映画感想】仮面ライダー平成ジェネレーションズ

ちょっと前の出来事だけど、 仮面ライダー平成ジェネレーションズ観てきた! ちょっと前っていうか、映画公開日の翌日に行ったから12/11の出来事なんすけど… ごりごりとネタバレしててもだいじょぶなひとは[続きを読む]からお願いします。

節約したいけど出来ない社会人のしがない日記 | 2017.11.02 Thu 16:14

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!