>
映画の感想
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

映画の感想

このテーマに投稿された記事:4349件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c169/2662/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

批評‐日本映画タイトル50音別‐え、お

JUGEMテーマ:映画の感想 ☆え      ・「映画女優」監督‣脚本:市川崑、脚本:新藤兼人、日高真也、原作:新藤兼人、出演:吉永小百合、森光子、横山道代、石坂浩二、87年、日、130分、   TV、CM込131分。180分。日本映画発達史と大女優:田中絹代の女優歴を描く映画。壮大な日本映画の歴史を描きつつ、そのうねりの中で一女性が大女優に成長する生きざまを描こうというのだ。壮大なスケールと、一女性の生きざまを同時に描くなんて、無茶だ。そこをなんとか市川崑がよくもまあ、映画として一応形を...

兵藤庄左衛門、批評 | 2020.03.30 Mon 10:34

批評‐外国映画‐しら〜しん

  ☆しら〜   ・「シラノ・ド・ベルジュラック」監督・脚本:ジャン・ポール・ラブノー、脚本:ジャン・クロード・カリエール、原作:エドモン・ロスタン、出演:ジェラール・ドパルデュー、アンヌ・ブロシェ、90年、仏ハンガリー、137分、   TV、NHK、141分。原作は1897年初演の戯曲なので、今や古典演劇と言って差し支えなかろう。それをもとにしてセリフ回しを現代劇風に立て板に水のように早口で途切れることなくしゃべくりまわす。最初の場面は、劇場内からスタートし劇場外での決闘シーンにまで一気加勢に...

兵藤庄左衛門、批評 | 2020.03.30 Mon 09:36

映画「21世紀の資本」: 富の独占と格差固定化の世界史

JUGEMテーマ:映画の感想   絞られる労働者の図 (Schweiz 1896, Copyfree)   ●映画「21世紀の資本」HP  https://21shihonn.com     なぜ一部の人が富を独占し続けるのか? なぜ真面目に働く人の生活が良くならないのか? なぜ私たちの生活は親の代より質が劣化しているのか?   フランスの経済学者トマ・ピケティは、「格差」を固定・拡大する経済政策と「自己責任論」や「外国人排斥」に代表される政治心理的な価値誘導を挙げる。   この映画は、ピ...

猫的思考 | 2020.03.29 Sun 11:01

『FROZEN TIME(原題CASHBACK)』(2006年イギリス)

 劇場の予告編を見て気になっていた作品ですが、決め手になったのは、ブルーレイのカバー写真です。レコードのジャケ買いは、時々しますが、ブルーレイのジャケ買いははじめてです。理由は言わなくてもご理解いただけると思います。(表画像は不適切の評価を得ましたので、裏面にしました。)  さて、家に帰って見ようとしたのですが、パソコンがうまく動かず、そのまま放置していましたが、昨日、上手く起動させることができました。  ストーリーは、失恋のショックで不眠症になった青年が、深夜のスーパーマー...

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2020.03.15 Sun 23:17

『黒い司法0%からの奇跡(JUST MERCY)』(2019年アメリカ)

 この作品は、若き弁護士ブライアン・スティーブンソンが、黒人差別が根強い1980年代のアラバマ州で冤罪により死刑を宣告された黒人青年ウォルター・マクミリアンの無罪を勝ち取るべく立ち上がるストーリーです。  これは、ブライアンが正義を求めて挑んだ歴史的闘いの実話に基づく作品です。原作は、弁護士で基本的人権の保障に取り組む非営利団体「EJI(イコール・ジャスティス・イニシアチブ)」の事務局長を務める、ブライアン・スティーブンソン著のベストセラー回顧録「黒い司法 黒人死刑大国アメリカの冤罪と闘う」です。 ...

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2020.03.10 Tue 23:25

『殺人の追憶(MEMORIES OF MURDER)』(2003年 韓国)

 この作品は、『パラサイト』で話題のポン・ジュノ監督の2作目の作品で、実在の未解決連続殺人事件(華城(ファソン)連続殺人事件)をモチーフにつくられたミステリーの最高傑作です。  1986年から91年にかけて、韓国ソウル近郊の小さな農村で10人の若い女性が強姦殺害されました。300人が容疑者として取り調べを受け、180万人の警察官が動員されましたが、たった一人の犯人に翻弄され、映画上映時にはまだ犯人が捕まっていませんでした。  2006年4月2日に、時効が成立していますが、犯人は199...

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2020.02.29 Sat 22:09

『名もなき生涯(A HIDDEN LIFE)』(2019年 アメリカ・ドイツ)

要注意ーネタバレあり  実在したオーストリアの小さな山村の農夫フランツの短い生涯を描いた作品です。 フランツは、オーストリアの山と谷に囲まれた美しく小さな村で、愛する妻と3人の娘たちに囲まれ幸せな日々を過ごしていました。  しかし、戦争の足音が刻々と迫り、オーストリアはナチスドイツに併合されてしまいます。 そしてフランツにも召集令状が届きます。戦場へ行けばヒトラーへの忠誠を誓い、罪のない人々を殺さなければなりません。敬虔なキリスト教徒だったフランツは、ヒトラーへの忠誠を拒否し、投獄されます。....

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2020.02.24 Mon 23:37

映画「1917 命をかけた伝令」: 「戦争」のリアル

JUGEMテーマ:映画の感想 (「2017 命をかけた伝令」/Screen Online) https://1917-movie.jp/introduction/   第一次世界大戦只中の1917年、英国軍とドイツ軍が衝突したフランス農村地帯とおぼしき前線が舞台。味方を後方に、大戦の最前線を走り抜ける2人の英国兵士。夜明けまでに作戦変更の指令を遠く離れた別の部隊に届けなければ、1600人の味方が犠牲になる。しかし敵地を前進する2人を、壮絶な現実が待ち受ける。   ワンカット撮影による息の長い映像からは、青年たちの緊張したまなざしと息遣...

猫的思考 | 2020.02.22 Sat 23:24

『母なる証明』(2009年韓国)

 話題のポン・ジュノ監督の旧作を観る第2弾は、『母なる証明』です。  殺人事件の容疑者になった知的障がいを持つ息子を救うために、立ち上がる母親。回りの人間すべてを敵に回しても、息子の無実を信じて、たった一人で真犯人を追い求めます。しかし驚きの結末が待っています。  息子を演じるのは、本作品が兵役後の復帰作となるウォンビン。そして息子を信じて立ち上がる母親を怪演するのがキム・ヘジャです。  『殺人の追憶』以来の傑作ミステリーです。 JUGEMテーマ:映画の感想

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2020.02.16 Sun 23:11

『巡礼の約束』(2018年中国)

今日は、父の13回忌及び母の7回忌でした。久しぶりに家族が全員集合しました。 帰りに神保町へ回り込み映画『巡礼の約束』(2018年中国)を観てきました。 チベットの山村を舞台に、ある日突然、「五体投地で聖地ラサへの巡礼の旅に出る」と夫に決心を伝える妻。五体投地では1日5キロしか進めず、ギャロン(中国で最も美しい村に選ばれています。)を出発しラサにつくまでには半年もかかる長い旅になります。 心配して追ってきた夫、そして母と離れて祖父母の家で暮らしている前夫の息子も加わり、さらに母ロバと死別した...

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2020.02.15 Sat 23:33

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!