>
映画の感想
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

映画の感想

このテーマに投稿された記事:4123件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c169/2662/
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

JUGEMテーマ:映画の感想 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」を見る前に、「ダンケルク」を見ていた。これは、同じ時を扱っている映画である。前者を見ながら「ダンケルク」を思い出していた。あの時、チャーチルが徹底抗戦をしていなかったら世界は、どんなになっていたのだろうか。悲惨な社会ができていたのであろうか。この映画は、チャーチルが救った世界を描いている。私は、考えてもいなかった視点が受けられて見る目を学ばせられた。

岩瀬正幸教育研究室 Masayuki Iwase Laboratory | 2018.04.06 Fri 07:45

「マイティ・ソー バトルロイヤル」(2017年) 

脱シリアスにガッカリ  ご存知のマイティ・ソーの3作目。一作目の『マイティ・ソー』(2011年)にスタートし、続編『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)を経て、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』(2017年)へと続いている。前2作は、父と子、長男と次男などシリアスな人間ドラマになっていて、そこが魅力だった。今作品は、アクションは相変わらず派手である。それに加えて、途切れないギャグの連続で2時間10分をもたせている。劇中、劇の中で、1作目、2作目を茶化すところがあって、それにはさらにガッカ...

映画趣味的私的日記 絶対辛口批評 | 2018.04.04 Wed 17:57

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

ヴァレリアン 千の惑星の救世主 ☆☆☆★★星3つ(5点満点中) リュック・ベッソンが監督のSF映画。 西暦2740年、銀河で活動する連邦捜査官のヴァレリアンとローレリーヌは、 多種多彩な異星人が共存する宇宙ステーションで陰謀に巻き込まれてしまう。 原作がコミックだそうで映像化不可能といわれてきた作品がついに映画化。 モーションキャプチャーやCG技術が発展した今だからこそ作れたのかな。 地球の軌道上に作られた小さな宇宙ステーション。そこにいろんな国の ステーションが繋がってどんどん大きくなっていく。さら...

才能とは努力を継続できる情熱 | 2018.04.04 Wed 12:13

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 ☆☆☆☆★星4つ(5点満点中) ナチスドイツがフランスにまで侵攻し、海を隔てた英国に危機が迫っていた。 そんな中、首相に就任したウィンストン・チャーチルは徹底抗戦を決意する。 1940年のダンケルクの戦いを英国側からチャーチル首相を主役に描いた映画。 昨年話題になった映画「ダンケルク」を別視点から描いているというのが面白い。 なんといっても素晴らしいのは主演のゲイリー・オールドマンの演技。 アカデミー賞主演男優賞も納得の仕上がりだ。ちょっとし...

才能とは努力を継続できる情熱 | 2018.04.03 Tue 18:07

15時17分、パリ行き

JUGEMテーマ:映画の感想 実話を映画化した「15時17分、パリ行き」は、 実際に生きた本人をキャストに起用した映画だ。 切実感を感じるのか! 実際に見てからレポートしたい。 映画を観た後 映画は、実在する人物だから、演技から受ける感覚に自然さを感じる。本当の映像として感じる映画に仕上がっている。 映画は、主人公の子どもの頃の様子から描き、伏線を描写しているようだ。 それによって主人公がどんな人として生きてきたのかがわかる。 主人公の3名は、学校で手のかかる子どもとして生きて...

岩瀬正幸教育研究室 Masayuki Iwase Laboratory | 2018.04.03 Tue 12:27

リメンバー・ミー

JUGEMテーマ:映画の感想 「リメンバー・ミー」は、テーマに家族がある。   家族を信じていくことが素晴らしいことだ。   それだけのものがあるんだと気づかせてくれる映画だ。   信じることは、後から気づくことなのかもしれない。   それでも、自分の信じることを突き進んでいくことは、   新たな信じることを得るのだろう。   人の一生は、一瞬なのだろう。   もう一度自分も見つめ直してみよう。

岩瀬正幸教育研究室 Masayuki Iwase Laboratory | 2018.04.02 Mon 22:59

LUCKY (ラッキー)

JUGEMテーマ:映画の感想 券は買ったのだけれど、帰りが遅くなるから帰ってしまった。 違う日に行こう。

岩瀬正幸教育研究室 Masayuki Iwase Laboratory | 2018.04.01 Sun 22:47

批評‐外国映画50音別‐そ

JUGEMテーマ:映画の感想   ☆そ    ・「草原の輝き Splendor in the Grass」監督:エリア・カザン、脚本:原作:ウィリアム・インジ、出演:ナタリー・ウッド、ウォーレンベイティ、パット・ヒングル、61年、米、124分、   ’17  6/16  TV-NHK-BS-125分。字幕。アカデミー賞脚本賞受賞、他各賞ノミネート。  カザン監督代表作にしてベイティ出世作にしてウッド代表作にして、世界映画史上の青春映画の傑作であるというのが一般的評価か。  村上春樹も褒めているように、小説の「グ...

兵藤庄左衛門、批評 | 2018.04.01 Sun 21:58

映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』感想

  JUGEMテーマ:映画の感想   ベトナム戦争が泥沼化していた1971年が背景。スティーヴン・スピルバーグ監督がメリル・ストリープとトム・ハンクスを主演に迎え『ペンタゴン・ペーパーズ』スクープ記事の発表に踏み切るジャーナリストたちの奮闘を描いた社会派ドラマ。   日本のメディアには到底あり得ない記者たちの活躍ぶりが拝めるはずなのでこれは見ておかなければと劇場へ向かう。 以下、ちょっとネタバレご注意。まだ見てない方はコレ読まずに劇場へGO!です。     ...

MELODIC LEDGE RECORDS ブログ | 2018.04.01 Sun 10:39

映画を見たら自分も新たに変わる

JUGEMテーマ:映画の感想 「見栄を張る」という映画を見た後、またいろいろやってみようと元気が出るんです。 あれは、何でかなと思うのですが。 主人公が一生懸命生きているから、爽やかなやる気が伝わって来るのでしょう。 映画を見ない時が少しあると、映画を見ていないなと思って、映画館に行きたくなります。 映画館で映画を観た後、他の人の人生を感じるから、自分の人生を少しでも良くしたいと考えられるのでしょう。 昨日、「花咲くころ」「見栄を張る」を見てまた自分の人生を歩んでいくやる気が出てきました...

岩瀬正幸教育研究室 Masayuki Iwase Laboratory | 2018.04.01 Sun 09:59

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 31 - 40 件表示 (4/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!