>
映画の感想
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

映画の感想

このテーマに投稿された記事:4210件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c169/2662/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

後妻業   黒川博行

JUGEMテーマ:読書 JUGEMテーマ:映画の感想   91歳の耕造は妻に先立たれ、69歳の小夜子を後妻に迎えていた。 ある日耕造が倒れ、小夜子は結婚相談所の柏木と結託して早々に耕造の預金を引き出す。 さらに公正証書遺言を盾に、遺産のほぼすべてを相続すると耕造の娘たちに宣言した―。 高齢の資産家男性を狙う“後妻業”を描き、世間を震撼させた超問題作。(アマゾンより抜粋)   詐欺の中の一つだけれど、男の間抜けさが際立ってたなぁと思いました。 それとも、男とい...

黒猫の闇鍋 | 2019.01.22 Tue 07:33

アイウェイウェイ監督作「ヒューマンフロー」の重み

  日々のニュースを少しでも目にしていれば、シリアの戦争によって大量の難民が発生している事は少なからずみんな知っていると思う。しかし、アイウェイウェイのヒューマンフローを観てからは、難民という言葉に対しての理解がまだまだ乏しいことを痛感させられるだろう。 中国の異端芸術家アイウェイウェイが難民を追いかけた壮大なドキュメンタリー、ヒューマンフローが渋谷イメージフォーラムで公開中だ。 私たちが思う難民とは貧しくて飢えに苦しむどこか遠い国の人というイメージが多いのではないか。しかし...

東京ゾンビブログ | 2019.01.16 Wed 23:24

クリード 炎の宿敵

クリード 炎の宿敵 ☆☆☆★★星3つ(5点満点中) ロッキーの指導のもと、ついに世界チャンピオンとなったアポロの息子・アドニス。 そこへ、かつて父を試合で殺したドラゴの息子・ヴィクターが挑戦状をたたきつける。 前作「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。 ロッキーの宿敵だったアポロを亡き者にしたドラゴとの対戦はロッキーが制した。 その「ロッキー4」をベースに、20数年を経て、息子同士の宿命の戦いを描く。 世界チャンピオンとなったアドニスだが、突如現れたドラゴの息子にズタボロに負ける。 ロッキーに負...

才能とは努力を継続できる情熱 | 2019.01.16 Wed 11:56

レオン

JUGEMテーマ:映画の感想   地味な派遣OL・小鳥遊玲音が勤める会社の社長・朝比奈玲男は、女好きでワンマン。 ある日、玲音はクビを宣告されてしまったが、偶然の事故で二人の心と体が入れ替わる。 裏では副社長による会社乗っ取りの計画が進行しており、玲男は玲音の体を使って野望阻止のために動き出した。 あとから目覚めた玲音は、玲男に押し切られる形で協力を余儀なくされるが、二人の間には実は重大な秘密があった!   王道のコメディです。 特に目新しいものも斬新な切り口も...

黒猫の闇鍋 | 2019.01.15 Tue 07:16

ドラゴン・タトゥーの女

映画『ドラゴン・タトゥーの女』(2011年アメリカ、スウェーデン、イギリス、ドイツ)  続編が公開され、復習のつもりで改めて観て、引き込まれてしまいました。  スウェーデンを舞台に連続猟奇殺人事件の謎を解いて行く二人。天才的な資料収集能力を持つ女性役を演じるルーニー・マーラは、「キャロル」の清純さとは真逆のエキセントリックな役柄を演じています。  余韻を残したエンディングに、続編が楽しみです。 JUGEMテーマ:映画の感想

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2019.01.12 Sat 20:55

モリのいる場所

JUGEMテーマ:映画の感想 シアターキノで、樹木希林の追悼シリーズ、 見損ねてしまった、モリのいる場所をやっている。 今年は年始2日に休日当番の仕事が入り、 いろいろ手をつけると体力が持たないので、 年末年始をすっぱり諦め、通常の休暇と思うことにした。 で、皆様が年始の準備に忙しくしている中、 私は、モリのいる場所を観に行った。 熊谷夫婦がいるだけで、物語が語られるような、 独特の空気感満載。この雰囲気好きです。 監督は沖田修一。南国料理人の監督さん。 三上...

My First JUGEM | 2019.01.06 Sun 15:17

批評ー外国映画ーはつ〜はよ

☆はつ   ・「バック・トゥ・ザ・フューチャー Back to the Future」監督:脚本:ロバート・ゼメキス、脚本:、出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、85年、米、116分、   ’18  6/27-TV-BS-CM込134分。吹替。アカデミー賞(音響効果賞)。エンドクレジット省略。  よくあるタイムマシンものといえるが、自分たち一家や同級生、周辺住民の現在と過去を甘酸っぱく描いて、ロマンティックでスリリングな話にした。各キャラ設定が際立っていて判別がつきやすい。展開は...

兵藤庄左衛門、批評 | 2019.01.04 Fri 20:43

昨日、我が姫と「アリー/スター誕生」観てきました<札幌の映画館>

昨日、我が姫と「アリー/スター誕生」観てきました。 ブラッドリー・クーパーがキュートでめちゃめちゃカッコ良かったです!! 後半重たい展開になってラストは泣けましたが全体的に楽しい映画でした(^.^) 年末年始の映画鑑賞は歌もので〆ました♪ 明日からお仕事頑張りまーす! ☆札幌シネマフロンテイア 【PR】 効果のあるSEO対策でコスパの高いホームページお作りします! 売上アップを目指すサイト運営ならWebプランナー松島タツオJUGEMテーマ:映画の感想

さっぽろっこのおうちごはんや美味しいお店情報など | 2019.01.04 Fri 16:32

批評ー外国映画タイトルーめ、も

  ☆め    ・『淀川長治 名作映画ベスト&ベストVol.96 邂逅めぐりあい』監督:レオ・マッケリー、原作:ミルドレッド・クラム、レオ・マッケリー、脚本:デルマー・デイヴィス、ドラルド・オグデン・スチュアート、出演:アイリーン・ダン、シャルル・ボワイエ、マリア・オースベンスカヤ、アストリッド・オルウィン、39年、米、87分  ある種出来すぎのロマンスともいえるが、やはりハリウッドならではの洒落た恋愛ドラマになっている。主演の二人の洒落た会話、シャルルの何気ないかっこよさ、アイリーンの哀...

兵藤庄左衛門、批評 | 2019.01.01 Tue 17:55

『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』

『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(89年フィンランド、スウェーデン、監督:アキ・カウリスマキ)  最果てのツンドラ地帯からアメリカへやってきたロック・バンド(?)が、全米縦断ツアーをする物語。可笑しすぎて、切なすぎるロード・ムービーです。アキ・カウリスマキ監督の作品は大好きです。 JUGEMテーマ:映画の感想

j.k.nolenが愛した100本の映画 | 2018.12.30 Sun 21:29

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!