ディズニー=ピクサー
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ディズニー=ピクサー

このテーマに投稿された記事:63件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c196/25260/
ディズニー=ピクサー
このテーマについて
ディズニーとピクサー作品のことなら何でも!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「monkeymom2」さんのブログ
その他のテーマ:「monkeymom2」さんが作成したテーマ一覧(8件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7 >

#ディズニー の豆ぞうを描いた人

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー   先日ご紹介した「豆ぞうの冒険(Goliath II)」、手のぬくもりが感じられるドローイングタッチの絵本でした。 今では、ディズニーの絵本でドローイングそれもえんぴつタッチはめずらしいですが、昔はけっこうあったみたい。   このリトルゴールデンブックを初めて見たとき、なんとなくウォルト・ディズニーのタッチに似ているように感じ「ひょっとして…?」と思ったのですが、よく見たら違っていました。   この豆ぞうを描いた人は、ビル・ピート...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2020.03.19 Thu 18:03

#豆ぞうの冒険 2 #リトルゴールデンブック

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー   3月7日の続きです。   お豆のように小さな小さな ぞうさんのゴライアス・ジュニアのお話です。 自他ともに認める象のリーダーであるお父さんは、「象は大きく強くなくては意味がない!」という考えの持ち主。ジュニアのことを少しうとましく思っていました。     一方、お母さんはいつもやさしくて「あなたには、あなたの良さがあるのよ」と言ってくれます。でも、いつまでも赤ちゃんあつかいされるのが、ジュニアには少しご不満でした。 ...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2020.03.11 Wed 18:11

豆ぞうの冒険 #リトルゴールデンブック

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー     入荷したてのめずらしいディズニー作品のリトルゴールデンブックです。 「豆ぞうの冒険(Goliath II)」。   小さな小さな ぞうさんのお話です。   1960年公開のディズニーの短編アニメ「Goliath II」が元になった絵本。 日本でも過去に絵本が発行されていたようで、日本語のタイトルはそちらにあわせています。   吹き替え・字幕問わず日本語の映像を まだみつけられていないのですが、中身を見ると、なかなか良い作品です...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2020.03.07 Sat 16:23

マニアックなディズニーの絵本 #リトルゴールデンブック 

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー   こんにちは、ブッククーリエ店長の Tote です。   ブッククーリエ 店頭では、年初からねずみちゃんの絵本たちでにぎわっていましたが、少しずつ商品の入れ替えを行っております。   まずは、メールマガジンでお知らせした通り、ちょっとめずらしいディズニーのリトルゴールデンブックのアップをひと通り終えました。   先日ご紹介した「ダックにおまかせ ダークウィングダック」もその一つなのですが、けっこうな反響があったので、驚いておりま...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2020.02.26 Wed 13:56

ダックにおまかせ ダークウィングダック/こいぬロボットで大さわぎ #リトルゴールデンブック

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー     こんにちは、ブッククーリエ 店長の Tote です。 ねずみちゃんたちの絵本はひと通りアップし終わりまして、ちょっと毛色の違う絵本が入荷してきております。   この週末前後でマニアックなディズニーのリトルゴールデンブックが続々と登場していますが、なかでも、かなりマニアックなこちらの作品が入荷しました。   「ダックにおまかせ ダークウィングダック/こいぬロボットで大さわぎ(Darkwing Duck, The Silly Canine Caper)」。 ...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2020.02.23 Sun 21:26

トイ・ストーリー4を観てきた。 5

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー   10月6日の続きです。   歴史に「if(もし)」はタブーだといわれるけど、やはり あの「ブレイブ・リトルトースター」が現在につながるディズニーとピクサーの分岐点になっていたのだと思う。   あの時点で、ラセターがディズニーに残っていたとすれば、いまのピクサー社はなかったでしょう。それは、物理的にないのではなく、まったく作風や毛色の違う会社になっているだろうということ。   また、あの時点で、ラセターとともにディズニーがCGを...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2019.10.29 Tue 17:37

トイ・ストーリー4を観てきた。 5

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー   10月6日の続きです。   歴史に「if(もし)」はタブーだといわれるけど、やはり あの「ブレイブ・リトルトースター」が現在につながるディズニーとピクサーの分岐点になっていたのだと思う。   あの時点で、ラセターがディズニーに残っていたとすれば、いまのピクサー社はなかったでしょう。それは、物理的にないのではなく、まったく作風や毛色の違う会社になっているだろうということ。   また、あの時点で、ラセターとともにディズニーがCGを...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2019.10.13 Sun 11:30

トイ・ストーリー4を観てきた。 4

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー   9月10日の続きです。   「ブレイブ・リトルトースター」にCGが採用されていたら、どうなっていたんだろうと思う。   そうだとしたら、ラセターはディズニー社を去っていなかったかも…。 そうなると、ディズニーの歴史が変わっていたかもしれませんな。   「ブレイブ・リトルトースター」のあと、ラセターはピクサー社に入り、一方、ディズニー社の業績は右肩下がりになっていったのでした。この作品がきっかけということではなく、時...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2019.10.12 Sat 15:07

トイ・ストーリー4を観てきた。 3

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー   9月7日の続きです。   「モノたちのストーリー」は草創期のディズニー、メアリー・ブレア、ジョン・ラセターに確実に引き継がれていると、Tote は考えております。   そして、ラセターの中での1つの大きなストリームなのではないかと。   現社長のラセターがディズニー社の中で順調にキャリアを築いてきたのではないことを知っている人は多いと思う。彼のディズニー社での最初のステップは非正規雇用でした。   その時代、彼が製作に...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2019.10.06 Sun 20:08

トイ・ストーリー4を観てきた。 2

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー   7月17日の続きです。 トイ・ストーリー4を観てきたと言ってから、ひゃー、2カ月近く経っていました。すいません。   前回、トイ・ストーリーはピクサーの原点だと書いたのですが、それは、すなわちディズニー=ピクサーの現社長、ジョン・ラセターの原点なのだろうなと思うのですよ。   おもちゃというモノにも命が宿って、いろんなストーリーが生まれる、というのは、ウォルト・ディズニーの思索の中にもありました(美女と野獣の家具や食器的なことで...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2019.09.07 Sat 12:13

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7 >

全63件中 1 - 10 件表示 (1/7 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!