• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

絵本紹介

このテーマに投稿された記事:2870件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c218/1258/
絵本紹介
このテーマについて
(田島征三さんの原画)
 絵本を通して心癒され、そんな絵本に出会えた感想や、作家さんや、本屋さん、イベントの感想を不定期に記録しています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「akizikan」さんのブログ
その他のテーマ:「akizikan」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 >

【絵本の紹介】「さむがりやのサンタ」【287冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   今回紹介するのは「さむがりやのサンタ」です。 作・絵:レイモンド・ブリッグズ 訳:すがはらひろくに 出版社:福音館書店 発行日:1974年10月25日   この時期になると今でも本屋さんに並ぶロングセラーです。 テキストなしのコマ割り手法を用いた「ゆきだるま」が世界中で大人気になったブリッグズさん。 この作品も同様にテキストはなく、フキダシにによるセリフのみという漫画的絵本です。   ≫絵本の...

えほにずむの絵本棚 | 2018.11.22 Thu 13:22

【絵本の紹介】「マドレーヌのクリスマス」【286冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   今回は大人気「マドレーヌ」シリーズより、この季節にぴったりの一冊を紹介しましょう。 「マドレーヌのクリスマス」です。 作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス 訳:江國香織 出版社:BL出版 発行日:2000年11月1日   パリの寄宿舎で暮らす12人の女の子の活躍を描いた素敵な物語。 これまでに2作品を紹介しました。   ≫絵本の紹介「げんきなマドレーヌ」 ≫絵本の紹介「マドレーヌといぬ」 &nb...

えほにずむの絵本棚 | 2018.11.20 Tue 13:09

『つきよのおんがくかい』山下洋輔 作ー10,11月テーマ"夜と月"より

JUGEMテーマ:絵本紹介 おばんです。 絵本担当Sです。 遅くなりましたが月曜恒例(滑り込み!) #絵本紹介 の日です。 今日は 夕方、帰り道に見た月がとっても綺麗だったので、 10,11月のロングテーマ「夜と月」よりご紹介 📖「つきよのおんがくかい」 満月を見るために男の子が山に登ると、 クマがピアノを担いでやってきて… ウマがベースを、ネコがドラムを、 イヌがサックスをー シャバドゥビ キャンキョン ダバトトン! 楽しい音楽会のスタート!   作者はジャ...

思い出の絵本をツクロウ・Café de Lien*の小さな絵本屋さん | 2018.11.18 Sun 14:24

『へスターとまじょ』バイロン・バートンー10月テーマ"trick or treat!"より

JUGEMテーマ:絵本紹介   こんにちは! 絵本担当Sです。 月曜恒例、#絵本紹介 の日です。 本日は 10月のテーマ「trick or treat!」より、 ハロウィンらしい一冊をご紹介 📖「へスターとまじょ」 今日はハロウィーンの日! 魔女の仮装をしたワニの女の子へスターは、 パーティが待ちきれず、知らない人を驚かしてやろうと街へ。一軒の古い家を訪ねます。 ーところがそこは、なんと本物の魔女の家⁉ オバケたちも集まって、不思議で楽しい時間のはじまり…! 街にもハ...

思い出の絵本をツクロウ・Café de Lien*の小さな絵本屋さん | 2018.11.18 Sun 00:48

10月の絵本テーマ発表!

おはようございます! 絵本担当Sです。 本日は店休日。 月曜恒例、#絵本紹介 の日です。 またまたすごい台風でしたね…💦 気分を変えて、今日から10月! お店の絵本棚もガラっと入れ替わりました! 月替りのテーマは、カフェと同じく 『Trick or Treat!』🎃 ハロウィンやかぼちゃをテーマにした 絵本がずらり! 時節のムードを盛り上げるだけじゃなく、 学びや発見のある作品も揃っています😆✨ 今月、お店は#ハロウィン 関連のイベントも たくさんあります! ...

思い出の絵本をツクロウ・Café de Lien*の小さな絵本屋さん | 2018.11.18 Sun 00:03

「いかにしてクリスマス要素ゼロの『One-Horse Open Sleigh』はクリスマスで最も愛される歌『JINGLE BELLS』になったのか?」〜Dr. Seuss『How the GRINCH STOLE CHRISTMAS』第3話

        さて今回は、知名度No.1のクリスマスソング『JINGLE BELLS(邦題:ジングル・ベル)』を解説しちゃうよ。     第1話と第2話はコチラ!   未読の方は画像タップで記事へGO!           Dr. Seussの『How the GRINCH STOLE CHRISTMAS(邦題:グリンチ)』を正しく理解するには、この歌の「本当の意味」を理解する必要がある。   「クリスマスを完璧に盗んだのに、本人がそれに気付いていな...

おかえもんの深読み三昧 | 2018.11.17 Sat 18:18

【絵本の紹介】「サンタクロースってほんとにいるの?」【285冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   そろそろ今年もクリスマスが近づいてきました。 ぼちぼちクリスマス絵本を取り上げて行こうと思います。   「サンタクロースを信じているのは何歳までか」という問いが定番になっているほど、子どもとサンタを巡る問題は決着しません。 「子どもにサンタの存在を信じ込ませようとするのは親のエゴだ」と言われると、そうかもしれない気もします。   無邪気にサンタを信じ、プレゼントに感激する子どもの姿は確かに可愛いものです...

えほにずむの絵本棚 | 2018.11.16 Fri 13:23

「なぜグリンチが侵入したのはJ.P.Who氏の家だったのか?」〜Dr. Seuss『How the GRINCH STOLE CHRISTMAS』第2話

        さて、クリスマスを盗まれた村人が歓喜の歌声を上げた理由もわかったことだし、今回は『How the GRINCH STOLE CHRISTMAS』の細部を見ていこう。     前回を未読の人は、まずコチラをどうぞ!   「なぜクリスマスを盗まれた村人は歓喜の歌声を上げたのか?」     まずはこの物語を書いたDr. Seussの「想い」についてから。   『How the GRINCH STOLE CHRISTMAS』の創作は、Dr. Seussが12月26日の朝に歯...

おかえもんの深読み三昧 | 2018.11.15 Thu 21:35

なぜグリンチにクリスマスを盗まれた村人は喜びの歌声を上げたのか?〜Dr. Seuss『How the GRINCH STOLE CHRISTMAS』

        さて、今回は世界的名作絵本、Dr. Seussの『How the GRINCH STOLE CHRISTMAS』(邦題:グリンチ)を徹底解説しちゃうよ。   Dr. Seuss(Theodor Seuss Geisel:1909 - 1991)         いいなあサンタ帽。おかえもんばっかりズルい。     はい、どうぞ。     やっほう!     お前らクリスチャンちゃうやろ。   まったくハロウィン...

おかえもんの深読み三昧 | 2018.11.14 Wed 23:59

【絵本の紹介】「ハリス・バーディックの謎」【284冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   絵本は大人が読んでも面白いもの。 ただし漫然とテキストを読み飛ばすような仕方では絵本は楽しめません。 子どもの頃のように、目と耳を澄まし、想像力を鋭敏にして、そこにある絵と短い文から物語を読み取るのです。   今回は非常に変わった構成ながら、大人もワクワクさせられてしまう不思議な絵本を紹介します。 クリス・ヴァン・オールズバーグさんの「ハリス・バーディックの謎」。 文・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ ...

えほにずむの絵本棚 | 2018.11.14 Wed 12:46

このテーマに記事を投稿する"

< 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 >

全1000件中 181 - 190 件表示 (19/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!