アパート経営・賃貸経営
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

アパート経営・賃貸経営

このテーマに投稿された記事:568件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c237/6673/
アパート経営・賃貸経営
このテーマについて
長崎市内周辺を中心とする不動産賃貸「まかせて大王」の創和ハウジングが提案するアパート経営。需要の高い土地の検索からニーズに合った設計プラン、入居斡旋、管理までを行います。土地をお持ちでない方、自己資金の少ない方でも始められる新しいアパート経営。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「makasete」さんのブログ
その他のテーマ:「makasete」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

海外に転勤する間だけ、自宅を賃貸に出す方法

ご相談者は大手商社に勤められるビジネスパーソンでした。中国語が堪能で優秀なので現地企業との合弁会社設立のため、長期出張(ほぼ転勤)することになりました。今お住いの自宅は、祖父母の代から住んでいるところなので、今すぐに手放すという決断は難しいものの、ただ空き家にしておくのは、家と敷地の管理の面から好ましくないとのことで、賃貸に出すことを選択肢に入れておられました。   ところが色々と調べてみると「一時使用のための賃貸借」という名目で貸したにも関わらず、「一時使用のための賃貸借に該当しな...

百花繚乱 | 2018.09.06 Thu 12:01

生産緑地を貸すという選択肢

まず、最近よく耳にする言葉「生産緑地」とは何でしょうか。   生産緑地とは都市部(市街化区域内)の緑地で、市町村から指定を受けた農地や採草放牧地のことをいいます。   敷地500平米以上、30年以上営農を継続することを条件に指定され、固定資産税が安くなる代わりに農業以外の目的に土地を使用することができなくなるというものです。   1972年に制定された「生産緑地法」という法律に基づいて運用されているものですが、当時、人口の増加により都市部の緑地が急激に開発されたことにより、住環...

百花繚乱 | 2018.08.25 Sat 11:36

借地・借家の立ち退き料とは〜その5〜住居として借りている側の事情〜

これまで土地や建物を貸している側の事情から立ち退き料と正当事由についてみてきましたが、一方、借りている側の事情が立ち退きや立ち退き料に影響を及ぼす場合はないのでしょうか。   例えば住居として建物を借りていますよというような場合です。   まず原則として、実際に生活の本拠として建物を借りていることから、当然賃借人の必要性が強いと認められ、立ち退き料の支払いが行われるとしても、それをもって正当事由が補完されるとは認められない可能性が高くなります。   とはいえ、契約当初...

百花繚乱 | 2018.08.15 Wed 11:36

借地・借家の立ち退き料とは〜その4〜その他の貸し手の事情は正当事由になるか

前回は貸し手自身やその家族の居住の必要性が、借地・借家の立ち退きをお願いできる正当事由になるかを検討しました。   しかし、貸し手(≒オーナー。以下同じ)が、賃貸借関係を解消したいと思う瞬間は、自身や家族の居住の必要性だけに限りません。そのような場合にも正当事由が認められるケースはあるのでしょうか。今日はこの点を考察してみましょう。   1.オーナーやオーナーの家族が収益を最大化するためにその不動産を使用する必要がある場合 不動産の現場でありがちなのはやはり、賃貸中の物件を...

百花繚乱 | 2018.08.09 Thu 18:36

不動産(建物)を長持ちさせる湿度とは

昔から人間は自分の住処を身近な自然に手に入るもので作ってきました。 もちろん現代に生きる私たちも、土や石、木を材料とした家に住んでいます。   さて、日本は(最近特に)高温多湿な気候です。また梅雨という季節を迎える国でもあります。 したがって空気中の湿度が私たち人だけでなく、建物にも影響を大きな影響を及ぼします。   最近では、湿度が建物に与える様々な悪影響を「湿害」という言葉で表すケースが増えてきました。   建物には例えば、床や柱、戸といった見える部分だけでは...

百花繚乱 | 2018.08.08 Wed 14:35

借地・借家の立ち退き料とは〜その3〜自分や家族の居住の必要性は正当事由になるか

  借地・借家の立ち退き料とは〜その1〜はこちら 借地・借家の立ち退き料とは〜その2〜はこちら   さて、借地・借家の契約において、この契約を解除し、自分がいつでも不動産を使用収益したり、より有利な条件で処分できるようにしたりするためには、多くの場合正当事由が必要となりますし、正当事由が弱い場合や、強い正当事由があっても時間的に急ぐ場合には、正当事由を補完する立ち退き料をやり取りするのが一般的です。   ところでこのキーワードたる「正当事由」とは一体何を指すのでしょう...

百花繚乱 | 2018.08.06 Mon 17:02

不動産の税金が上がった!土地の価値が上がったの?

八王子市、町田市といった多摩地区を中心に不動産投資を行っているクライアントが「最近、毎年々々固定資産税が上がっちゃってさ〜」と仰っていました。 約1,500室を所有し賃貸するクライアントで、さらに(仕方なく)物件が増えていきますので、単純に物件の増加に伴い固定資産税等の支払いが増えているのかと思ったら、どうやらそうではないようです。所有しているそれぞれの物件の固定資産税の支払い金額が毎年増えているようです。これは土地の価値が上がっているということなのでしょうか。 実は、固定資産税の支払...

百花繚乱 | 2018.08.03 Fri 16:17

借地・借家の立ち退き料とは〜その2〜

借地・借家の立ち退き料とは〜その1〜で記述した「立ち退き料の要素」についてもう少し深く考察してみましょう。   まず、立ち退き料の要素には次のものが含まれています。   1.立ち退きによって消滅する敷地利用権、建物利用権の補償 2.立ち退きによって賃借人が失う利益の補償 3.立ち退きによって賃借人が支払うこととなる費用の補償   1.立ち退きによって消滅する敷地利用権・建物利用権の補償 これら利用権は財産権でもあります。賃貸人の事情により、賃借人のもつこれら財産権...

百花繚乱 | 2018.07.29 Sun 12:55

借地・借家の立ち退き料とは〜その1〜

「今住んでいるアパートの大家が『アパートが古くなってきたから建て替えるので、立ち退き料払うから退去して欲しい』って言ってきてるんだよね。」   私の友人の住むアパートは築50年を超えています。公的に認められることはないでしょうが私の中では歴史的建造物です。和式のトイレ、土壁、雨漏りの下に置かれた金属製の桶…。   それはさておき、この「立ち退き料」という言葉。そこそこ聞く言葉ですが、一体何のことでしょうか。   一般的には土地や建物の所有者(権利者)が賃借人に、そ...

百花繚乱 | 2018.07.28 Sat 11:15

現在の入居者に立ち退いてもらうことを前提に不動産を売却や買取する場合の注意点とは

建物が築30年、40年、50年と年数を重ねていくと当然劣化も生じてきますし、近隣の環境も大きく変わり、土地が最有効使用できていないという状況になることはよくあることです。   例えば50年前は近所の住民がちょっとした食料や日用品を買いに来るのにぴったりだった、駅前の商店街の小さな店舗は、コンビニエンスストアや郊外の大型スーパーにその役割を譲り渡し、現在ではむしろ駅近のマンションとしての用途が求められるようになっているかもしれません。あるいは、大学や工場が移転し、アパートの需要が無くなり、む...

百花繚乱 | 2018.07.21 Sat 14:36

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全568件中 1 - 10 件表示 (1/57 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!