アパート経営・賃貸経営
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

アパート経営・賃貸経営

このテーマに投稿された記事:574件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c237/6673/
アパート経営・賃貸経営
このテーマについて
長崎市内周辺を中心とする不動産賃貸「まかせて大王」の創和ハウジングが提案するアパート経営。需要の高い土地の検索からニーズに合った設計プラン、入居斡旋、管理までを行います。土地をお持ちでない方、自己資金の少ない方でも始められる新しいアパート経営。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「makasete」さんのブログ
その他のテーマ:「makasete」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

弊社代表者、トチカム情報「土地の買取査定ってどうなの?」に関する記事を監修!

JUGEMテーマ:アパート経営・賃貸経営   ファイナンシャルプランナーとしても活動している弊社代表者が、「トチカム」の記事『【土地の買取査定ってどうなの?】仲介売却と比較した時の5つの強みと3つの弱み』について監修しています。是非、ご一読ください。

有限会社 都市開発推進協会 | 2019.01.14 Mon 16:36

不動産の税金〜不動産取得税その3〜

前回までの記事で、不動産を売買等で取得した場合には不動産取得税が発生すること、そして住宅を取得した場合の軽減措置についてみてきました。   参照; 「不動産の税金〜不動産取得税その1〜」 「不動産の税金〜不動産取得税その2〜」   今回は、住宅を取得する場合の軽減措置の内、土地についての軽減措置をみてみましょう。   住宅用の土地を取得したときも、軽減措置があります。   〇新築住宅の敷地の場合 (1)住宅を新築するに当たって、先に土地だけを取得する場合...

百花繚乱 | 2018.12.30 Sun 10:53

不動産の税金〜不動産取得税その2〜

前回の続きです。   不動産を取得した際には、都道府県の固定資産課税台帳に記載されたその不動産の価格×税率(3〜4%)を不動産取得税として納税しなければならないことを学びました。   そして相続による不動産の取得の場合には取得税はかからないということを学びました。   さて、この不動産取得税、一定の条件を満たす場合には軽減措置を受けることができます。 ではこの一定の条件とは一体何でしょうか。   〇軽減措置 (1)新築住宅の取得(増築・改築を含む)の場合...

百花繚乱 | 2018.12.06 Thu 14:56

土地の活用と家の売却「トチカム」(Tochi Come)の掲載記事を監修しています。

JUGEMテーマ:アパート経営・賃貸経営   弊社は、プロが教える失敗しない土地の活用と家の売却「トチカム」(Tochi Come)の監修を行っています。弊社ブログ下部のリンク(Links)にもヘッドライン掲示していますので、ご活用ください。

有限会社 都市開発推進協会 | 2018.11.09 Fri 10:34

不動産の収益率を高めるアイデアシリーズ〜その1〜

不動産の投資効率、収益率を高めるアイデアシリーズ〜その1〜は看板を付けることです。   こちらは東京都八王子市の京王八王子駅前にある「保健所前」交差点の昨日の様子。いくつかの看板が見える中、新しくネットカフェの看板が設置されている最中です。   不動産が視認性の高い場所に立地している場合に有効な手段となります。   もちろん紺屋の白袴ではいけません。宅建業者である弊社も広告主としてあるいは地主として、色々な場所で活用しています。     広告主と...

百花繚乱 | 2018.11.09 Fri 10:17

消費税の増税は建物の建築にどのような影響を及ぼすか

消費税が現行の8%から10%に増税される時期は、2019年10月が予定されています。   建物の建築にかかる費用は大きいので、そこにかかる消費税ももちろん大きな金額となります。   例えば2,000万円の一戸建ての建築にかかる消費税は200万円に 1億円のアパートの建築にかかる消費税は1,000万円に、 5億円のマンションの建築にかかる消費税は5,000万円に、   といった具合に、かなり負担が大きくなってきます。   私たちが生活するための、住宅の家賃には消費税は(表向き)かかりま...

百花繚乱 | 2018.11.05 Mon 11:52

海外に転勤する間だけ、自宅を賃貸に出す方法

ご相談者は大手商社に勤められるビジネスパーソンでした。中国語が堪能で優秀なので現地企業との合弁会社設立のため、長期出張(ほぼ転勤)することになりました。今お住いの自宅は、祖父母の代から住んでいるところなので、今すぐに手放すという決断は難しいものの、ただ空き家にしておくのは、家と敷地の管理の面から好ましくないとのことで、賃貸に出すことを選択肢に入れておられました。   ところが色々と調べてみると「一時使用のための賃貸借」という名目で貸したにも関わらず、「一時使用のための賃貸借に該当しな...

百花繚乱 | 2018.09.06 Thu 12:01

生産緑地を貸すという選択肢

まず、最近よく耳にする言葉「生産緑地」とは何でしょうか。   生産緑地とは都市部(市街化区域内)の緑地で、市町村から指定を受けた農地や採草放牧地のことをいいます。   敷地500平米以上、30年以上営農を継続することを条件に指定され、固定資産税が安くなる代わりに農業以外の目的に土地を使用することができなくなるというものです。   1972年に制定された「生産緑地法」という法律に基づいて運用されているものですが、当時、人口の増加により都市部の緑地が急激に開発されたことにより、住環...

百花繚乱 | 2018.08.25 Sat 11:36

借地・借家の立ち退き料とは〜その5〜住居として借りている側の事情〜

これまで土地や建物を貸している側の事情から立ち退き料と正当事由についてみてきましたが、一方、借りている側の事情が立ち退きや立ち退き料に影響を及ぼす場合はないのでしょうか。   例えば住居として建物を借りていますよというような場合です。   まず原則として、実際に生活の本拠として建物を借りていることから、当然賃借人の必要性が強いと認められ、立ち退き料の支払いが行われるとしても、それをもって正当事由が補完されるとは認められない可能性が高くなります。   とはいえ、契約当初...

百花繚乱 | 2018.08.15 Wed 11:36

借地・借家の立ち退き料とは〜その4〜その他の貸し手の事情は正当事由になるか

前回は貸し手自身やその家族の居住の必要性が、借地・借家の立ち退きをお願いできる正当事由になるかを検討しました。   しかし、貸し手(≒オーナー。以下同じ)が、賃貸借関係を解消したいと思う瞬間は、自身や家族の居住の必要性だけに限りません。そのような場合にも正当事由が認められるケースはあるのでしょうか。今日はこの点を考察してみましょう。   1.オーナーやオーナーの家族が収益を最大化するためにその不動産を使用する必要がある場合 不動産の現場でありがちなのはやはり、賃貸中の物件を...

百花繚乱 | 2018.08.09 Thu 18:36

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全574件中 1 - 10 件表示 (1/58 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!