>
ファイナンシャルプランナーについて
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ファイナンシャルプランナーについて

このテーマに投稿された記事:362件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c42/5373/
ファイナンシャルプランナーについて
このテーマについて
ファイナンシャルプランナーの資格や仕事、勉強方法など、FPのことなら何でも。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「umaking123」さんのブログ
その他のテーマ:「umaking123」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

復活/ 個人年金保険(定額型の終身年金)/ こども保険/ 変額保険/ 逓減定期保険/ 贈与税

JUGEMテーマ:ファイナンシャルプランナーについて  ・保険料が払い込まれず生命保険契約が失効した場合、失効してから一定期間内であれば、被保険者の健康状態に異常がないことを前提に、保険会社の承諾を得て、それまでの滞っている保険料をまとめて払い込み、契約を元に戻すことが出来る。これを復活という。   ・個人年金保険(定額型の終身年金)の保険料は、他の条件が同一であれば、死亡率を低く見込む場合のほうが、高く見込む場合に比べて保険料が高くなる。   →一生涯にわたって年金が受け取れる終身年...

映画と音楽と食べ歩き報告日記(たまに仕事ネタ) | 2013.06.30 Sun 23:07

リスクマネジメント・保険制度全般・生命保険

JUGEMテーマ:ファイナンシャルプランナーについて  リスクマネジメント   ・その対策と手順、スケジュールを決め、実施することになる。リスクは変化することも考えるので、事後に定時的なフォローアップをしていく必要がある。   保険制度全般   ・保険業法では、保険契約の締結・募集に際して、保険会社等の役員・使用人等が、加入しようとしている人に対して、自己の病気等の事実を保険会社に告げないことを勧める行為を禁止している。   →保険業法では、保険契約者等に対して「告知義務違反を...

映画と音楽と食べ歩き報告日記(たまに仕事ネタ) | 2013.06.30 Sun 22:27

年金と税金・住宅ローン

JUGEMテーマ:ファイナンシャルプランナーについて  年金と税金       ・厚生年金基金における企業の拠出分は損金算入が(認められる)。従業員が拠出する場合は(社会保険料)控除として所得控除される。従業員が年金として受給するときは公的年金等控除の適用が(受けられる)。   →厚生年金基金の従業員の負担する拠出分は、社会保険料控除として控除されるが、厚生年金基金が代行返上を行って移行する確定給付企業年金の場合、従業員の負担する拠出分については生命保険料控除となるので注意が必要。   ...

映画と音楽と食べ歩き報告日記(たまに仕事ネタ) | 2013.06.29 Sat 17:01

企業年金・個人年金等

JUGEMテーマ:ファイナンシャルプランナーについて    ・確定拠出年金の個人型年金の拠出限度額は、国民年金の第1号被保険者については、(国民年金基金)の掛金あるいは国民年金の付加保険料と合算して月額68,000円である。   →国民年金の第1号被保険者は、掛金についての制限はあるが、確定拠出年金の個人型と国民年金の付加年金または国民年金基金のどちらか一方に加入することができる。付加年金と国民年金基金の両方に加入することはできない。 ★付加保険料 月額400円   ・財形年金貯蓄に...

映画と音楽と食べ歩き報告日記(たまに仕事ネタ) | 2013.06.29 Sat 16:28

障害基礎年金・遺族基礎年金・若年者納付猶予制度/ 老齢厚生年金(在職老齢年金)

JUGEMテーマ:ファイナンシャルプランナーについて ・障害基礎年金の保険料納付要件は、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があるときには、その被保険者期間のうち、保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が(3分の2)以上あること。ただし、初診日が2016年(平成28年)4月1日前の場合は、初診日の属する月の前々月までの直近の(1年間)に保険料滞納期間がなければ、保険料納付要件を満たすものとみなされる。(初診日において65歳未満である場合に限る)特例がある。...

映画と音楽と食べ歩き報告日記(たまに仕事ネタ) | 2013.06.29 Sat 15:02

老齢基礎年金/ 老齢厚生年金/ 障害基礎年金

JUGEMテーマ:ファイナンシャルプランナーについて・老齢基礎年金の受給資格期間は、原則として、「保険料納付済期間」「保険料免除期間」「合算対象期間」の合計が、(25年)以上あることが必要である。・特別支給の老齢厚生年金の受給要件の1つとして、(1年)以上の厚生年金保険の被保険者期間を有すること、がある。→なお、老齢厚生年金(65歳以降)の受給要件は、厚生年金保険の被保険者期間が1カ月以上である。 ・障害等級1級の場合に支給される障害基礎年金の年金額は、障害等級2級の年金額の(125%)に相当...

映画と音楽と食べ歩き報告日記(たまに仕事ネタ) | 2013.06.29 Sat 14:20

社会保険

JUGEMテーマ:ファイナンシャルプランナーについて ・労災保険の休業補償給付は、労働者が業務上の負傷または疾病による療養のため休業し、そのために賃金を受けられない日が(4日)以上に及ぶ場合に支給され、その額は、休業(4日目)以後、休業1日につき原則として給付基礎日額の60%相当額である。→労災保険の休業補償は、業務災害の場合、3日目までは事業主が休業補償を行う。給付要件である休業については、3日間連続する必要はなく、3日間連続する必要のある健康保険の傷病手当金と要件が異なる。

映画と音楽と食べ歩き報告日記(たまに仕事ネタ) | 2013.06.29 Sat 13:14

ファイナンシャル・プランニングの考え方・手法

JUGEMテーマ:ファイナンシャルプランナーについて ・ファイナンシャル・プランニングにおいて、顧客に対して提案内容等を十分に説明し、顧客がその内容を本当に理解した上で同意したのかどうかを確認することを(インフォームド・コンセント)という。→FPのコンプライアンスとは、各種法令を遵守し、職業倫理観を維持することである。守秘義務の遵守は、業務上知りえた顧客の情報等を顧客の同意なく第三者に開示してはならないことである。・毎年一定額を積み立てて、3年後に大学の入学金として100万円を用意したい。この場...

映画と音楽と食べ歩き報告日記(たまに仕事ネタ) | 2013.06.29 Sat 12:54

ローンとカード

JUGEMテーマ:ファイナンシャルプランナーについて ・クレジットカードで商品を購入した場合の返済(支払)方法の一つである定額リボルビング方式は、一般に、利用金額や件数にかかわらず、毎月、原則として一定の金額(最低支払義務額)を返済する(支払う)ものである。→クレジットカードの支払方法は大きく分けて☆定額リボルビング方式…一般に、利用金額や件数にかかわらず、毎月、原則として一定の金額(最低支払義務額)を返済する(支払う☆定率リボルビング方式…残高に一定割合を乗じて返済する元本を計算し、利息を加算する...

映画と音楽と食べ歩き報告日記(たまに仕事ネタ) | 2013.06.29 Sat 12:14

ライフプラン策定上の資金計画

JUGEMテーマ:ファイナンシャルプランナーについて ・日本政策金融公庫 国民生活事業(旧国民生活金融公庫)を通じて行われる「国の教育ローン」の教育一般貸付は、返済期間が原則として最長15年、融資限度額が学生・生徒1人につき300万円以内、金利は固定金利。→世帯当たり出ない点が大きな特徴。 使途は下宿代や国民年金保険料などにも利用でき、学費に限定されていない。・独立行政法人日本学生支援機構が取り扱う奨学金には、2種類あり、第一種奨学金は無利息、第二種奨学金は有利息である。・住宅金融支援機構のフ...

映画と音楽と食べ歩き報告日記(たまに仕事ネタ) | 2013.06.28 Fri 22:16

このテーマに記事を投稿する"

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

全362件中 71 - 80 件表示 (8/37 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!