• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ROCK

このテーマに投稿された記事:7330件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c60/708/
ROCK
このテーマについて
60年代・70年代・80年代・90年代から現在に至るまでのロック全般。
CDレビュー、曲への思い、アーティストについての話題など。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「nonkey037」さんのブログ
その他のテーマ:「nonkey037」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

マグナ・カルタを聴いてみた

SEASONS / MAGNA CARTA (1970) ブリティッシュフォークロックバンド、マグナ・カルタの2ndアルバムにして一躍成功に導いた作品、タイトルどおり四季をテーマにしたコンセプトアルバム、曲の合間にナレーションが入りストリングスをバックにしたサウンドをしておりブリティッシュフォーク独特のトラディショナルさは無くポップな演奏を聴かせていた とは言えアコースティックギターの音色がいかにもフォークな演奏でコーラスも非常に良く、サイモンとガーファンクルを思わせる、メンバー3人の他多くのアーティストが参加して...

Rock Age ブログ | 2020.09.26 Sat 18:57

ニールヤングを聴いてみる

ZUMA / NEIL YOUNG & CRAZY HORSE (1975) 秋は毎年フォークを聴きたくなる、と言う訳でニール・ヤングの8枚目の作品から聴いてみた、本来、前作「今宵その夜」本作、そしてその後に「渚にて」の順番でリリースされる予定だったそうだが何故か順番が逆転してしまったらしい、前作、前々作と今までのニールから離れてしまったようなサウンドのアルバムが続いたがこの作品は原点に戻ったような作品になった 今時点、ニール・ヤングの作品の中で一番好きなのがこの作品なのだ、前作「今宵その夜」も同じ年に発表されているので年...

Rock Age ブログ | 2020.09.24 Thu 10:03

無限地獄無双

裕幸『忘れられるのかよ?俺のチ◯ポ』 稲葉『(女装する)』 裕幸『それ気になってるんだろ』 稲葉『イジワルしないで』 裕幸『(稲葉の鼻をツンツンする)』 稲葉『…!』 裕幸『ご無沙汰だったからな』 稲葉『ぼ、僕は…!』 裕幸『なんか聞いてた話と違くね』 稲葉『ください…』 裕幸『全部飲むんだ』 稲葉『こういうのが好きなのよ』 裕幸『醜女のおっさん』 稲葉『は…はい』 裕幸『どうもお世話になりました』 稲葉『(強い目をして裕幸を見つめる)』 裕...

スサノオ御殿 | 2020.09.19 Sat 09:53

UK産正統派へヴィメタル - ABSOLVA/DEFIANCE(ショップ商品紹介)

ブレイズ・ベイリーのライヴでも活躍した英国産正統派へヴィメタル・バンド、ABSOLVAによる4thアルバム2枚組仕様。 IRON MAIDEN、JUDAS PRIESTの影響下にあるドラマティックなギターソロをフィーチュアした楽曲を展開。ソリッド且つドライなサウンドで、欧州的な湿り気があまり無いのが特徴的。 後半のソロにときめくアグレッシヴな『LIFE ON THE EDGE』からキャッチ―なタイトル曲へ。メロディックな『RISE AGAIN』、疾走曲『NEVER BE THE SAME』、ドライヴィンな『LIFE AND DEATH』と後半も盛り上がる。 ボーナスCDには...

MELODIC LEDGE RECORDS ブログ | 2020.09.15 Tue 21:43

ディレインを聴いてみた

LUCIDITY / DELAIN (2006) 有名ゴシックメタルバンドからメンバーが終結して制作されたプロジェクトのアルバム、後にディレインとしてメンバーを変えてパーマネントなバンドになるがバンドは別物と区切った方が良いでしょう、名前とサウンドを引き継いだだけでこのアルバムはあくまでもプロジェクトとしての作品、売り上げが良かったのか数年後にパーマネントなバンドとしてアルバムデビューする事になる ウィズイン・テンプテーションのヴォーカルのシャロンやナイトウィッシュのベースのマルコ、リーヴァス・アイズのヴォ...

Rock Age ブログ | 2020.09.14 Mon 18:35

エリスを聴いてみた

GOD'S SILENCE DEVIL'S TEMPTATION / ELIS (2003) リヒテンシュタイン出身のゴシックメタルバンド、エリスの1stアルバム、前身バンド、エルベン・デル・ショプフングから分裂したヴォーカルのサビーネ嬢とギターのピート・ストレイトが中心になって結成されたバンド(多分)キーボードの中心からギター2本となった5人編成、エルベン・デル・ショプフングのアルバム1曲目でシングルになった「Elis」からバンド名を付けたと思われる キーボード中心のサウンドだったエルベン・デル・ショプフングでの要素を引き継ぐサウンドな...

Rock Age ブログ | 2020.09.12 Sat 09:16

Erben der Schöpfungを聴く

TWILIGHT / ERBEN DER SCHÖPFUNG (2001) リヒテンシュタイン公国のゴシックメタルバンド、 エルベン・デル・ショプフングの1stアルバム、1stアルバムをリリース後分裂して解散してしまい一部はエリスを結成し、残りは8年後に復活させ2ndアルバムをリリースしている、エレクトリックな演奏を交えたデジタルポップなゴシックメタルを演じた まあ分裂と言っても女性ヴォーカルにギターにキーボードの3人なんだが確かギターとヴォーカルがエリスを結成してキーボードとたもとを分けたと思った、非常にダークな雰囲気が全体...

Rock Age ブログ | 2020.09.08 Tue 20:10

USメロディアス・ハード - TANGO DOWN/BULLETPROOF(ショップ商品紹介)

前任シンガー、デヴィッド・リースからチャス・ウェストにバトンタッチしたUSメロディアス・ハードロック・バンド「TANGO DOWN」による5thアルバム。 スコット・ミラー(ROMIO RIOT)による豪快なギターリフが心地よいハード・ドライヴィン・ナンバー『Punching Bag』で掴みはOK。 哀愁が効いた『Give me a Reason』、王道美バラード『Edge of Goodbye』、キャッチ―なハードポップ『Anything Can Change』、へヴィロック路線と思わせつつコーラスが爽快な『Broken Heart』とメリハリのある楽曲が揃っています。 RATT,DOKKEN...

MELODIC LEDGE RECORDS ブログ | 2020.09.06 Sun 22:09

アフター・フォーエヴァーの2ndを聴く

DECIPHER / AFTER FOREVER (2001) オランダのシンフォニックゴシックメタルバンド、アフター・フォーエヴァーの2ndアルバム、このバンドの特徴はなんと言っても仰々しいほどのオーケストレーションによるシンフォニックな所、ナイトウィッシュもシンフォニックだったがここまででは無かった それにしてもここまでのストリングスを導入していたバンドはこのバンドが最初だったのではなかったかと思う、そう言えばここでヴォーカルを取っているフロール・ヤンセンって今はナイトウィッシュのヴォーカルだったような、やっぱ彼...

Rock Age ブログ | 2020.09.05 Sat 20:21

フレディ・マーキュリーの誕生日に思うこと

  JUGEMテーマ:ROCK   今日はフレディの誕生日で、生きていたら74才になるんですね。 今も活躍していたとしたら、全盛期よりライブの回数も減って、彼独特の筋トレのようなステージアクトが減るでしょうし、元々食べることが好きだと言われていたので、小太りで頭頂部が薄くなった、人の良さそうなおじいちゃんになっていたかも、などと想像することもありますが。     個人的には、私は亡くなった人の誕生日を祝うのは、死んだ子の年を数えるようで抵抗がある方です。 色々イベントも...

陸の孤島在住パート主婦のロックな日々 | 2020.09.05 Sat 07:50

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!