• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ROCK

このテーマに投稿された記事:6798件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c60/708/
ROCK
このテーマについて
60年代・70年代・80年代・90年代から現在に至るまでのロック全般。
CDレビュー、曲への思い、アーティストについての話題など。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「nonkey037」さんのブログ
その他のテーマ:「nonkey037」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

Papa was a blues man Gave me the blues hand me down (Blues Hand Me Down / Vintage Trouble)

JUGEMテーマ:ROCK 今週はこの21世紀に誤魔化しなしの直球ロックンロールを奏でるアメリカンバンド『Vintage Trouble』です。 メンバーはこの4名。   Ty Taylor (Vo) Nalle Colt (G) Rick Barrio Dill (B) Richard Danielson (Dr)   Vintage Troubleの結成自体はロサンゼルスになりますが、ギターのNalleさんはスウェーデン出身です。 元々R&BシンガーだったTyさんとジミヘンやツェッペリンに影響を受けたというギタリストNalleさんが意気投合し、そこにRickさんとRichardさんが参加して2010年...

CAT with Records. | 2017.09.24 Sun 12:06

Unfuck The World / Prophets Of Rage (Prophets Of Rage 収録)

 「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」 + 「パブリック・エナミー」 + 「サイプレス・ヒル」。この3つのバンド/グループのメンバーが集まったバンドを「スーパーバンド」と言わずしてなんと言おうという感じの強者どもが集まったバンド、Prophets Of Rage(プロフェッツ・オブ・レイジ)が1stアルバム『Prophets Of Rage』(全英6位)をリリース。アルバムのプロデューサーにはレイジの『Evil Empire』や『The Battle Of Los Angeles』を手掛けたブレンダン・オブライエン、アルバムのアートワークはストリート・アーティストのシ...

K’s今日の1曲 | 2017.09.24 Sun 01:34

ポイント・ブランクの脳天直撃を聴いてみる

POINT BLANK / POINT BLANK (1976) こんなバンドが日本デビューしていたとはね〜、この程度のバンドだったらこの時期アメリカにはゴロゴロしていたと思うんだが何故にこのバンドがデビュー出来た?との印象だったけど今はやっぱ実力があったんだろうと思える、テキサス出身のヘヴィロックバンド、ポイント・ブランクのデビューアルバム、日本盤が出ていた証拠に帯を付けて写真を撮ってみたって言うか外すと破けそうだったので テキサスと言う事で南部の埃っぽいヘヴィブルースロックを演じる、ツインギターの編成の5人組、サ...

Rock Age ブログ | 2017.09.18 Mon 19:24

The light that gave you hope and turned our records into blur (Between The Walls / Efterklang)

JUGEMテーマ:ROCK 先月はイギリスバンドばかりだったので、今月はアメリカバンドで行こう!と思っていたのに、何だかデンマーク特集になってきました。ということで本日はEfterklangです。そしてそこから派生、または彼らと関わりがあるアーティストを紹介していきます。   Efterklangは先にも述べたとおり、デンマークで結成されました。 wikiによると現在は以下の3名が正式メンバーのようですが、ライブでは多くのサポートメンバーが参加しています。   Casper Clausen Mads Christian Brauer Rasm...

CAT with Records. | 2017.09.17 Sun 12:19

スピリットを聴いてみる

SPIRIT / SPIRIT (1968) 今ではスピリットと言うバンド名よりジミ・ヘンドリックスと義兄弟の盃を交わしたと言われるギタリストのランディ・カリフォルニの方が有名かも知れない、ジミ・ヘンドリックスがメジャーデビューする前に結成していたバンド、ジミ・ヘンドリックス&ザ・ブルーフレームのメンバーとしてランディ・カリフォルニアは参加していた、そこでジミ・ヘンドリックスよりギターの手ほどきを受けたとの事だ、アメリカはLAのバンド 1967年録音と言う事もあってどこかサイケがかっていてそれに民族的なメロディ...

Rock Age ブログ | 2017.09.16 Sat 20:01

ライアーの2ndアルバムを聴いてみる

SET THE WORLD ON FIRE / LIAR (1978) もう4年も前に1stを取り上げて随分時が経ってしまったライアーのブラウンズレーベルに移籍しての2ndアルバム、1stの時も書いたけど「恋の炎」が日本でも大ヒットした元エジソンライトハウスのデイブ・テイラーと元アーザケル〜エッグ〜グランド・ホッグスのクライブ・ブルックスにソロで活動していたポール・トラヴィス他のメンバーで結成されたバンド、先にこちらのアルバムの方を入手していた 1stは女性のお尻ジャケでインパクトがあったけどこの2ndは無難なジャケットになってる、前...

Rock Age ブログ | 2017.09.14 Thu 23:26

モーターズの暴動野郎を聴く

1 / THE MOTORS (1978) ブリティッシュハードロックバンド、ザ・モーターズの1stアルバム、パブロックバンドだった元ダックス・デラックスのメンバーでギター(元はベース)のニック・ガーヴェイとベース(元はキーボード)のアンディ・マックマスターの2人を中心に結成されたバンドの日本タイトル「暴動野郎」と題されたデビューアルバム レディング・フェスティバルに出演したのをきっかけに注目を集めたとの事だ、折しも時代はパンクブーム吹き荒れていた時期にニューウェーブバンド的スタイルだがどっちかっていうとステ...

Rock Age ブログ | 2017.09.12 Tue 20:07

エンジェルの天使の美学を聴く

ANGEL / ANGEL (1975) このアルバムも以前のブログでは取り上げていたのだけどブログ削除したので再度取り上げてみる、アメリカのプログレ要素も感じさせる初期クィーン的なコンセプトを持つエンジェルのデビューアルバム、所属レーベルがカサブランカと言う事でキッスと同じ、なのでキッスの悪魔に対して衣装が真っ白な天使のアイドル的に売り方で登場したがサウンドは素晴らしかった リズム隊2人にヴォーカル、ギターにキーボードの5人編成、キーボードのグレッグ・ジェフリアがバンドを引っ張る、そろそろメタルの音が...

Rock Age ブログ | 2017.09.10 Sun 19:01

男の狂気集団を聴いた

RHINOS,WINOS+LUNATICS / MAN (1974) ブリティッシュロックのバンドの割には日本ではほとんど人気が無かったマンの6枚目のアルバム「狂気集団」を取り上げる、マンは前作「万物流転」が好きでこのアルバムを買ったわけだが跡が続かなかった、メンバーチェンジの激しいバンドで出るアルバムがほぼメンバーが違うと言っても良い 日本で受けないのはジャズロックのテイストを持っているからだろうと思う、ビジュアル的にもパッとしないしサウンドもオーソドックスと言えるブリティッシュロックで唯一ツインリードギターなのが特...

Rock Age ブログ | 2017.09.08 Fri 19:02

G・フォースを聴いてみる

G-FORCE / G-FORCE (1980) スキッド・ロウ〜コロシアム?〜シン・リジーに参加して来たギタリストであるゲイリー・ムーアが組んだ最後のバンドになるのかな?確かこのバンド解散以後はバンド活動はしていなかった気がするが「ブラック・ローズ」リリース後のシン・リジーを脱退して組んだバンドの英国だけで発売された唯一作、アルバムリリース後の2ヶ月活動しただけで解散している 売れ線を狙ったかのようなアメリカンなサウンドスタイルだが今聴くとそれほどとも思えないがAOR的な所も垣間見える、どうもゲーリー・ムーア...

Rock Age ブログ | 2017.09.06 Wed 21:01

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!