>
いいじゃんbugiugitokyo
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

いいじゃんbugiugitokyo

このテーマに投稿された記事:79件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c82/19033/
いいじゃんbugiugitokyo
このテーマについて
いいじゃんbugiugitokyoでは日本で一番ブギウギな画像を集めてきています。どうぞご覧あれ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「bugiugitokyo」さんのブログ
その他のテーマ:「bugiugitokyo」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8 >

いいじゃんbugiugitokyo-79

いいじゃんbugiugitokyoの79番目の街はまわりでもみくちゃになる                夜になると、初凧を提供した家から凧揚げの労をねぎらって、町の若衆に振る舞い酒が出される。この時、規則正しく整列をして掛け声に合わせて摺り足で練り歩き、また、施主や初子のまわりでもみくちゃになるように荒々しく練りを潰していく。また商店や会社、祭りの役員宅などで練ることもある。これらは練りという。ちなみに、「激練り」とは近年になってメディアを中心に広まった言葉で、古くから参加する組ではあまり使われない。 ...

いいじゃんbugiugitokyoの誓い | 2011.07.15 Fri 12:05

いいじゃんbugiugitokyo-78

いいじゃんbugiugitokyoの78番目の街は凧糸を切り合って競う                凧揚げ合戦は、町(自治会)ごとが「組」や「連」というかたちで参加し、それぞれ固有の町紋(凧印)が描かれた大凧を揚げ、組同士で凧糸を切り合って競うものである。凧揚げ合戦は遠州灘海浜公園で行われ、会場は「凧場」と呼ばれている。(後述)。 凧印は各町によって異なり、町名の頭文字や町内の伝説に由来する絵柄などがある。 大凧は、主に初節句を迎えた家庭から一面ずつ提供される。この凧には初節供の祝いを迎えた子供の名前と...

いいじゃんbugiugitokyoの誓い | 2011.07.15 Fri 12:03

いいじゃんbugiugitokyo-77

いいじゃんbugiugitokyoの77番目の街は参加町が増加した                戦後の再開頃から行政が主導するようになると、浜松市の観光イベントとして急激に拡大路線へ転換した。昭和45年に自主的な管理組織であった連合青年団統監部が解散させられると、浜松市・観光協会・商工会議所・自治会連合会からなる浜松まつり本部が新たに組織され、観光路線に拍車がかかることになった。長い間、市内中心部の50町余のみによって行われていたまつりだったが、昭和50年に行政の後押しにより卸本町が途中参加すると、以降毎年の...

いいじゃんbugiugitokyoに踊る | 2011.07.15 Fri 11:47

いいじゃんbugiugitokyo-76

いいじゃんbugiugitokyoの76番目の街は「浜松まつり」と定められた                この頃数組以上が集まって凧合戦が行われていた場所として田町の大安寺・法雲寺、北寺島町の機関庫建設予定地、新川端から馬込川端、伊場の鉄道工場建設予定地(現在のJR東海浜松工場)などがあったが大正7年からは和地山の練兵場(現在の和地山公園)に一本化されて行われた。第二次世界大戦による一時中断の後、昭和23年には会場を一時的に中田島に移し、浜松市連合凧揚会主催で第1回の凧揚げ合戦が、50か町余の参加を得て開催され...

いいじゃんbugiugitokyoに踊る | 2011.07.15 Fri 11:46

いいじゃんbugiugitokyo-75

いいじゃんbugiugitokyo75番目の街は人々を熱狂させ今日まで続くに至る                江戸時代の中期には、端午の節句に祝凧を贈って揚げるという風習は浜松だけでなく遠州地方全域で行われており、嫁の里から凧が贈られ、贈られた家では、糸や用具を整え、それを近所の若者が揚げた。 明治に入り庶民の娯楽が多様化すると、初凧の習俗は「時代遅れなもの」として次第に行なわれなくなってしまうが、浜松市街の旧城下の町々では初凧に糸切合戦の要素が加わり、それが当時の人々を熱狂させ今日まで続くに至る。 明...

いいじゃんbugiugitokyo | 2011.07.15 Fri 11:43

いいじゃんbugiugitokyo-74

いいじゃんbugiugitokyo74番目の街は大正時代の創作である                これまでその起源は、室町時代の永禄年間(1555年 - 1569年)に、引間城(現在の浜松城)の城主であった、飯尾豊前守の長男・義廣公の誕生を祝って、入野村の住人であった佐橋甚五郎が義廣公の名前を記した大凧を揚げた、という史書『浜松城記』の記述を定説としていたが、近年になってこの縁起そのものが大正時代の創作であることがわかっている。 現浜松市の市域において、端午の節句に凧を揚げることに関する最古の資料は、有玉下村(現...

いいじゃんbugiugitokyo | 2011.07.15 Fri 11:42

いいじゃんbugiugitokyo-73

いいじゃんbugiugitokyo73番目の街は100〜150万人程度で推移している                毎年、5月3日・4日・5日の3日間で行われる。端午の節句にちなみ、長男(初子)の誕生を祝う。近年では次男以降や女児の誕生に対しても行われることが多い。この誕生祝いのことを初子祝いと言い、「初」と略される。昼には凧合戦、夜には御殿屋台の引き回しと練りが行われる。「まつり」と名が付いているものの、特定の神社仏閣の祭礼ではなく都市まつりである。但し、地元の神社での安全祈願の為の参拝や、組長の持つ提灯と御殿屋台...

いいじゃんbugiugitokyo | 2011.07.15 Fri 11:41

いいじゃんbugiugitokyo-72

いいじゃんbugiugitokyoの72番目の街は大規模に七夕飾りが飾られた                1927年(昭和2年)、この状況を憂えた商店街の有志らによって大規模に七夕飾りが飾られた。すると、大勢の見物客で商店街は賑わった。翌1928年(昭和3年)には旧暦開催を新暦日付の月遅れ(8月6日・7日・8日)に開催することとし、東北産業博覧会と関連して「飾りつけコンクール」も行われ以降、華麗な飾りつけが発達するようになった。このようにして、「七夕」という庶民の風習は「七夕祭り」という昼間の商店街で行われるイベント...

いいじゃんbugiugitokyoの誓い | 2011.07.14 Thu 05:29

いいじゃんbugiugitokyo-71

いいじゃんbugiugitokyoの71番目の街は詳細は不明のままである                江戸時代初期、仙台藩祖の伊達政宗が婦女に対する文化向上の目的で七夕を奨励したため当地で盛んな年中行事の1つになったともされるが、詳細は不明のままである。年中行事としての七夕は江戸時代中期頃から全国各地で行われている。1783年(天明3年)には、天明の大飢饉発生による荒廃した世俗の世直しを目的に藩内で盛大に行われた。1873年(明治6年)の新暦採用を境にして年々七夕の風習は廃れ始め、第一次世界大戦後の不景気以降はそれ...

いいじゃんbugiugitokyoの誓い | 2011.07.14 Thu 05:28

いいじゃんbugiugitokyo-70

いいじゃんbugiugitokyoの70番目の街は例年200万人以上の人が訪れる                仙台七夕まつりは例年7月7日の月遅れである8月7日を中日として、8月6日から8日の3日間にわたって行われる。大規模な飾り付けがされるのは一番町や中央通りなどのアーケード街、仙台駅周辺などであるが、それ以外の商店街組織ごとの飾り付けや店舗や家庭など個別の飾り付けなど市内各地至るところに小から大まで合計3000本と言われる飾り付けがなされ、街中が七夕一色になる。東北三大祭りの1つに数えられ、例年200万人以上の人が訪れ...

いいじゃんbugiugitokyoの誓い | 2011.07.14 Thu 05:26

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8 >

全79件中 1 - 10 件表示 (1/8 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!