>
思想・啓発・哲学
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

思想・啓発・哲学

このテーマに投稿された記事:1364件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c1/1794/
思想・啓発・哲学
このテーマについて
自己啓発・哲学・思想・・・等々
自分の考えること,思うことを出しあう.
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tohru829」さんのブログ
その他のテーマ:「tohru829」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22 >

人類(ヒト)は一生を振り返って

  世界に別れを告げる日に 人は一生を振り返って 自分が本当に生きた日が 余りに少なかったことに驚くだろう。   −茨木のり子     本当に生きた日。それは何のことだろう。   意味のある日、なのか。変化のある日、か。何かとの出会いのことか。努力と充実の相関は。情熱と報酬の相反は。   でも、はっきりとわかる。   効率的な人生は、死の湖に自分から身を浸すようなもの。   いずれ全てはつまらなくなり、いずれ全ては、死に絶える。 &n...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.01.05 Sat 09:22

Nature is Satan's church

  前日の記事 の続きです。     知性の中から見ると、生命は邪悪な存在。では逆に生命の中から見ると、知性とはどのようなものなのか。   生命の外側、この宇宙の物理法則、制約、限界、わかりやすく言えば弱肉強食、できぬことはできぬという、”物の道理”。   そういう”不都合な真実”を運んでくる(外界を取り込む力としての)知性は、生命から見れば、支配と束縛、破壊と暴力、衰弱と無気力を運んでくる、病のような”邪悪な存在”です。 &nbs...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.01.03 Thu 10:16

The nature of my game

  女性は、邪悪な存在だ。   物議を醸すようなこういう物言いが、私は好きです。   人はこういう、あまりにも間違った命題(しかしそれは人々の、抑圧された隠れた信念でもある)を提示されると、思わず逃れられなくなる。引きつけられてしまう。ちょっとした心理トリックですね。   さて、私が思う限りでは、女性は邪悪な存在です。   私は男/女の性別の区分けを、主に知性/生命という二分別の枠組みの中で取り扱っています。   男性の方が知性的で、女性の方が生命...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.01.02 Wed 09:25

  例えば死化粧というのは美に関わることだから、何となく私も、美というものについての考えを持ちます。   何事か言えるほど道を進めはしなかったけれど、なお言うとしたら、美を答えのように考えると、良くないこと。   美しくあろうとする意図、美しく振る舞おうとする所作、美しいものを作ろうという技術、そういうものはすべて美しくない。   美は機能を計る物差しであると思います。明確な意図に基づき、十分に状況を察知し、ひたすら間隙に滑り込んでいく。   高められた...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.01.01 Tue 10:54

夜と昼

  「――朝はまだ世界の裏側だった 。」   「童話物語」という、向山貴彦さんのファンタジー小説の一節です。   思春期の頃にこの本に出会って、それ以来何度読み直しているでしょうか。恐らくは私が人生で一番読んだ本でしょう。   自分で読むだけでなく、人に勧めることも多数。分厚い本ですが、引き込まれるようにどんどん読み進めてしまう一冊です。   冒頭の一行は、みなしごの主人公が木でできた粗末な小屋の中、寒さに震えながら朝を待つ印象的な場面。   これは...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.12.31 Mon 09:25

巧妙継続

  ふと思ったこと。   上手なことと、やり続けられることは違う。   それはちょうど、男女の違いにも似ているように思えます。   例えば料理であれ、掃除であれ、本当に上手なのは男性。でもそれをやり続けられるのは、女性です。   生きることも多分、上手なのは男性、やり続けられるのは女性。   さてこういう、性差というのが微妙な問題であることは、現代人である私には良くわかります。   ただそういう微妙さというのは、往々にして、複数の問題を一...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.12.30 Sun 10:56

拝み回りと本頼み

  「どの神へでも、わが一心と思う神へすがりさえすれば助けてくださる。あの神へも頼み、この神へも頼みては、神の力関(力の及ぶ範囲)が知れぬわいの」−金光教経典”御理解集”より   心理というものを学んだ人であれば、この文章が指摘していることの内容は何となくわかることでしょう。   ”転移”とか”対象”というものを深くとって、心の深い部分の内容を呼び起こしていくためには、それなりの舞台装置や触媒となる偶像が必要です。(”積極的な”超自我...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.12.27 Thu 10:49

バウンダリー補足

  超実存というものを説明するために『バウンダリー』という言葉を良く使っています。   しかし、一般に心理学で言うバウンダリーと私の用法とはいくらか違うものなので、少し補足しておきたいと思います。   一般的なバウンダリーというのは、個人の”自己の境界線”というような意味。肉体の空間的距離については”パーソナルスペース”という言葉がありますが、それを社会関係の中にまで広げた上で、「ここまでが私、そこからは私以外」と線引きをするための概念でしょうか。 ...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.12.25 Tue 09:31

超実存と死

  超実存主義として、バウンダリー(個人の宇宙)というものを中心に考える時、”死”とはどのような事象だろうか。   バウンダリーは、それ自体がひとつの閉鎖された宇宙、という性質を持つ。   だからバウンダリーの中から見れば、”死”とはこの宇宙全体の消滅である、という表現をすることができる。   宇宙の消滅後の経過は、完全な無、ではなく、バウンダリー(自意識)の内容物(意識)が物質的なレベルの宇宙(第二宇宙)に還元されていく過程だと、また言うことがで...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.12.24 Mon 09:18

スザンヌ・クック=グロイターの自我発達理論(論文全訳)

        スザンヌ・クック=グロイターの自我発達理論に関する論文の邦訳版を正式に公開しましたので、ここでもお知らせさせていただきます。   「自我の発達:包容力を増してゆく9つの段階」(2018, 門林 奨訳) http://integraljapan.net/pdf/articles/JTA2018EgoDevelopment.pdf (PDF版) http://integraljapan.net/articles/JTA2018EgoDevelopment.htm (Webページ版)       以下の紹介文にも書きましたが、私がこの論文を邦訳公開...

SHKDのブログ | 2018.12.24 Mon 00:12

このテーマに記事を投稿する"

< 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22 >

全1000件中 161 - 170 件表示 (17/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!