>
思想・啓発・哲学
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

思想・啓発・哲学

このテーマに投稿された記事:1351件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c1/1794/
思想・啓発・哲学
このテーマについて
自己啓発・哲学・思想・・・等々
自分の考えること,思うことを出しあう.
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tohru829」さんのブログ
その他のテーマ:「tohru829」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22 >

宗教のような、別の何か

  どうしても必要に迫られれば、私は自分の宗教宗派を説明するために『何も信じない宗教』という言葉を使うだろう。   これは一種のパラドックスであって、宗教を持ち得ない人間が己の宗教を説明するための苦し紛れだとも言える。   普通、世間一般の人々は、社会秩序の安定のために何かを緩やかに信じている。   仏教であれキリスト教であれ神道であれ、はたまた国家観であれ儒教的家制度であれ資本主義であれ、何らかの原理や教祖、教師、上司、親、養育者などを緩やかに信じて生きている...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.12.15 Sat 09:59

Wild Night and New Road

  今日は、自分の頭の整理。時にはこういうのも。   昨日人と話していて、ああ、自分のやっていることを上手く説明できなくなっているな、と感じた。   問題に向き合う時間が長くなり、進む方向が複雑に曲がりくねり、それにあわせて対応領域が広がってきた結果、でもある。   私ははじめに、ワーク/ライフバランスの問題から取り組んだ。がむしゃらに働いて、その結果が確かに未来に残るなら良いが、地震の経験などもあってそういうのは幻想だと思うようになった。   どれだけ勤...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.12.14 Fri 09:41

つまらないものではありますが

  経済至上主義の悲しいところは、労働がつまらないものになっていってしまうことですね。   我々の社会の商売はつまるところ『少ない労力で作って、高く売る』なわけですから。   仮に同じ値がつくなら、中身の薄い方が優れた商品だ。そういう仕組みです。   東北の方に住んでいたときに、近所のスーパーに変わった店員さんがいました。   一度聞いたら忘れない、というような良く通る特徴的なダミ声で、いつもその日の目玉商品を案内していました。   お客さんもす...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.12.13 Thu 10:18

哲学的ヤギ

  ヤギとヒツジの間には、遺伝子的に結構な違いがあるそうです。   だから一緒に飼っていても、ヤギとヒツジが混ざった子供が生まれてくることはほとんど無いのだとか。   でも、ごくごく希にそういうこともあるそうです。世界でも数例。   その数少ない実例が、香川県は東かがわ市、しろとり動物園に存在するのだとか。   ギープ、という名前が付けられたそうですが、哲学的な存在ですよね。哲学的ヤギ。ヒツジ?   子ギープには親ギープはいません。親ヤギは子供を...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.12.12 Wed 10:39

無価値な人々

  世の中には、特別な人と、無価値な人がいます。   (なんと意地の悪い言い方!)   特別さ、というのは何でしょうか。これは人間の世の中では広く誤解されているところだと思います。   特別さというのは、本質を言えば、”比べるもの無さ”なのです。   私たちは自分の能力を高めたり磨き上げようとするために、自分と他人とを比較します。   そのように自分と他人を比較することによって、より自分を客観視し、自分の中に不足や過剰な部分を見出すこと...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.12.10 Mon 10:00

“What is your name?” Jesus asked.

  エーリッヒ・フロムという人は、心理学を一人の人間だけではなく、一つの国家や社会にまで適用しようとした人でした。   私たちの心、は、実は一つの固体ではなく、たくさんの意識のコンプレックス(複合物)、寄せ集めです。   ”たくさんの部品のまとまりが、一つの統合体として自分自身をしっかり維持存続している状態”   これを一人の人間にあてはめて心の健康/不健康を考えるとしましょう。   すると同じように、一つの”国家”や”人類”と...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.12.03 Mon 08:54

Redemption song?

  宗教家とかグルとか言われる人々が、人間の歴史の中にはいつも存在しています。   いわゆる精神指導者というのは、古くはユダヤの預言者や部族ごとのシャーマンに始まり、ブッダやシャンカラ、キリストを経て、近代ではシュタイナー、マザー・テレサ、クリシュナムルティ、ダライ・ラマ、マハルシなどが有名です。   こう沢山の方々がいるわけですが、もしも実際にお会いできるのであれば、私はバグワン・シュリー・ラジニーシにこうお訊ねしたいものです。   『ラジニーシ先生、あなたは...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.11.29 Thu 09:59

Truth isn't truth. Evidence isn't evidence.

  マシネス、という言葉があります。   経済学の中で批判的に用いられる言葉で、意味は”数学っぽさ”。   トマ・ピケティの『21世紀の資本』が世界的に大ヒットしたことはまだ記憶に新しいですが、彼はその中で”経済理論の数式の根拠となる統計データの取得範囲を拡大すると、現在の経済学の常識や公式は破綻してしまう”ことを重大な発見として述べています。   そしてピケティはより大きなデータに基づいて新しい公式を提唱するわけですが、この時、実は彼自身もま...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.11.27 Tue 11:02

本を出しました

  ずいぶん、空気が乾燥してまいりました。風邪なども引きやすい時期になりますが、皆様ご体調などいかがでしょうか。   さてこの度、私、Amazonにて電子書籍を出版したところでございます。   こちらです↓     『 現代人のための霊性の手がかり 』というタイトルになっています。   これは、当ブログの”教訓”カテゴリに溜めておいた、少し毛色の違った宗教風の記事をひとつにまとめたものです。(これに伴って、教訓カテゴリの記事はブログ内から...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.11.26 Mon 11:14

戦いについて

  学んだこと。     『戦いについて』   ”すべてのものごとには、それがそうである意味がある。”   もしもこの世界において本当に意義ある戦いがあるとしたら、それは暴力の戦いではないし、権利の争いではないし、科学知識の開拓でもなければ、ましてや経済競争などではありえない。   真の戦いは、愛における戦いだけである。この内的プロセスは、一言で言えば”目を開けておくこと”に尽きる。   広い世界を良く見て、また日々のあ...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.11.24 Sat 10:55

このテーマに記事を投稿する"

< 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22 >

全1000件中 161 - 170 件表示 (17/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!