>
思想・啓発・哲学
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

思想・啓発・哲学

このテーマに投稿された記事:1309件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c1/1794/
思想・啓発・哲学
このテーマについて
自己啓発・哲学・思想・・・等々
自分の考えること,思うことを出しあう.
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tohru829」さんのブログ
その他のテーマ:「tohru829」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

私もしばらく、不要な人付き合いを遮断させていただきます。

      結論から言えば、しばらく、 自分が特に求めていない人付き合いは積極的に拒否していこうと思います。   理由を簡単に述べると、近頃、精神的な疲弊感や嫌悪感が増大し、 仕事の進捗はもちろん、身体状態にまでも悪影響が出るようになってきたからです。     メールも、仕事上のメールはもちろん返信しますし、 私が返信したいと思うメールは返信しますが、それ以外は返信しません。 見た瞬間に捨てるかもしれません(敬意をもって即捨てさせていただき...

SHKDのブログ | 2019.08.09 Fri 13:30

新刊『インテグラル理論』 Amazonでの在庫復活と第三刷決定のお知らせ

      新刊『インテグラル理論』について、楽天ブックスや紀伊國屋書店だけでなく、Amazonでもようやく在庫が復活したようなのでお知らせさせていただきます。   インテグラル理論 多様で複雑な世界を読み解く新次元の成長モデル https://www.amazon.co.jp/dp/4820727346/     合わせて、再度の重版(第三刷)が決まったこともお知らせさせていただきます。   なお、ABD用のゲラを出版社より無償で提供していますので、よければご活用ください。 https:...

SHKDのブログ | 2019.08.06 Tue 21:09

B20.大学進学と思想

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学    大学入試の結果は予定どおり東大と早稲田は落ち、南山と愛教大が受かった。親からは南山の経済・経営に行くことを嘱望されたが、教育大に進むことにする。  教育大の中でも哲学を選んだのは、政治と思想、宗教と人としての行き方に何かヒントが得られるかもしれないという気がしたからだ。しかし、ほとんどの講義では、眠たくなるばかりで何も得られるものがなかった。  60年・70年安保が終わった後で、大学には立て看板は立ててあったが学生運動も下火となり、気が抜け...

赤シャツ物語 | 2019.08.06 Tue 10:41

新刊『インテグラル理論』、楽天や紀伊國屋書店などで在庫復活しています

      新刊『インテグラル理論』について、Amazonでは在庫の補充が遅れておれますが、楽天ブックスや紀伊國屋書店ウェブストアなどでは今すぐご購入いただけます。   紀伊國屋書店ウェブストアには100冊以上補充されたようで、楽天ブックスなどでもおそらくそれに準する冊数が補充されていると思われます。   また全国の書店でも、もし棚になくても書店に注文いただければ、取り寄せることできるはずです。あるいは、出版社に直接注文していただくことも可能です。   ...

SHKDのブログ | 2019.08.02 Fri 15:28

新刊『インテグラル理論』 発売開始のお知らせ

      訳書出版のお知らせです。   ケン・ウィルバーの著書の邦訳 『インテグラル理論:多様で複雑な世界を読み解く新次元の成長モデル』 (ケン・ウィルバー著, 加藤洋平 監訳, 門林奨 訳, 日本能率協会マネジメントセンター) が本日出版されました!   全国の書店にて、あるいはAmazonや楽天でも、お買い求めいただけます。       <書籍紹介(ブログ版)> 近年、日本でも、成人以後の発達理論に対する関心が高まりつつあ...

SHKDのブログ | 2019.07.31 Wed 00:03

新刊『インテグラル理論』 楽天では在庫が復活したようです

      新刊『インテグラル理論』について、売れ行き好調のため在庫が切れておりましたが、重版の印刷が完了したようなのでお知らせいたします。   Amazonではまだ購入できないようですが、楽天ブックスでは既に購入できるようです。   全国の書店でも、棚になくても書店に注文いただければ、取り寄せることができるはずです。   ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。  

SHKDのブログ | 2019.07.29 Mon 14:19

悟りと見立て

  もしも私たちが精神修養を指導すべき立場にあるなら、修養者一人ひとりの精神をどのように成長させていけば良いか、その見立てを持たねばならない。   自分が教わったこと一つ、これ一つやっておれば何とかなるだろうと、そんな粗雑な理解ではいけない。指導者は、修養を通して自らの精神に起きた変容の本質を良く分析理解し、そこから逆算して、まだそうでない人が先に行くためにはどのようなピースが必要なのかを考えねばならない。   自己形成の課題を持っていたり、特別な環境下にある人について...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.07.28 Sun 15:15

悟りと見立て

  もしも私たちが精神修養を指導すべき立場にあるなら、修養者一人ひとりの精神をどのように成長させていけば良いか、その見立てを持たねばならない。   自分が教わったこと一つ、これ一つやっておれば何とかなるだろうと、そんな粗雑な理解ではいけない。指導者は、修養を通して自らの精神に起きた変容の本質を良く分析理解し、そこから逆算して、まだそうでない人が先に行くためにはどのようなピースが必要なのかを考えねばならない。   自己形成の課題を持っていたり、特別な環境下にある人について...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.07.28 Sun 15:15

悟りと男女

  一部の仏教などでは、女性は悟らないということが言われる。指導者たちは経験的にそう感じていたのだろう。   男性も女性も、精神が成長すれば結局は悟りに進むという点では同じだ。   だがその悟りかたには確かに違いがある。   男性の脳内の言語世界、つまり論理的なものの考え方というのは、比較すればより緊密で強度が高く、それに伴って”私”概念も強い自立性、独立性を持つ。   女性の脳内では肉体的な感覚などがより優先され、言語は感覚と強く結びついて、...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.07.24 Wed 09:22

悟りと病理

  悟りという現象は、私たち人間が持つ言語的な能力に深く関連している。   私たちの脳内にある言語世界は、人生を通して経験した肉体感覚が、言語というラベルと共に系統立てて保存された、一種の記憶データベースである。   そのデータベースがある程度育つと”私”という概念が創発され、言語世界に中心性が生じてくる。   その”私”概念がより成長し複雑化していくと、いずこかのタイミングでこの概念は引き裂かれ、崩壊し、もはやその強力な形や中心性を保てなく...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.07.24 Wed 09:05

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!