>
思想・啓発・哲学
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

思想・啓発・哲学

このテーマに投稿された記事:1381件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c1/1794/
思想・啓発・哲学
このテーマについて
自己啓発・哲学・思想・・・等々
自分の考えること,思うことを出しあう.
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tohru829」さんのブログ
その他のテーマ:「tohru829」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

合唱と論文

  社会関係における人間の言葉には、2つの側面がある。   集団における言葉は、合唱的なものである。それは有機的な共鳴、共有される信号、振動である。   個人における言葉は、論文的なものである。それは世界を解釈し、自己の視点を強調し、疑問を投げかける。   集団の言葉と個人の言葉が混ざり合うと、何か不協和なものが生じる。それらはお互いをわかり合おうとするが、わかり合おうとするほどに誤解を生じ、わかり合うことのないまま何かを確信していく。   その非親和的...

夜沌舎 雑記 | 2021.04.19 Mon 22:26

人類の行く末を決める宇宙会議<その5>新たな希望

進化へのイノベーション・・ 果たしてそれが起こるのかどうか。   すべては私たち一人一人の意識にかかってるわけです。   今まで何度も何度も何度もそういったチャンスがあり、 その度に進化を受け入れられるように人知れずがんばってきた人たちが つなぎとめていたかもしれません。 (本人が意識してるしてない関わらず。 というよりは、どうしても自分またはまわりの”欲”に引きづられるので、 自然にできる人じゃないと難しいんじゃないでしょうか。)   今回がラストチャンス...

宇宙家族の方程式 | 2021.04.03 Sat 14:31

人類の行く末を決める宇宙会議<その4>進化へのイノベーション

さて、続きです。 夢の中の会議室で会議に参加されていた方々は、 今までの人類にイノベーション(新たな価値と変革)を起こした歴史上の人物のクローンです。   音楽家が多かったのですが、 最近の人はほとんどいませんでした。   音楽に関して最大のイノベーションは、 やはりドレミの音階を作ったこと。 そのあとは、新しい(今まで聞いたことのない)メロディーを作ったことです。   バッハ氏はいらっしゃったような。 音楽のことはさっぱりわからない私なので調べてみましたら、 当時...

宇宙家族の方程式 | 2021.04.01 Thu 20:59

人類の行く末を決める宇宙会議<その3>音楽と周波数

前回の記事はこちら↓ 夢の中の話〜人類の行く末を決める宇宙会議とクローン〜 人類の行く末を決める宇宙会議<その2>音楽と人類の関係   *   世界的に有名なミュージシャンJ・L氏。 彼は平和活動家であり、世界を音楽によって変えようとしていたそうです。 音楽に興味がなくても、彼、そして彼が所属するグループの曲は ほとんどの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。   人気絶頂の最中、 J・L氏はある人物の発砲によって亡くなりました。 なぜ、熱狂的なファンであったに...

宇宙家族の方程式 | 2021.03.31 Wed 14:52

人類の行く末を決める宇宙会議<その2>音楽と人類の関係

前回の記事はこちら↓ 夢の中の話〜人類の行く末を決める宇宙会議とクローン〜   この夢を見た後、 そういえばドレミの音階を作った人は誰なんだろう? と疑問がわきました。   不思議じゃないですか? ド〜シの基本7音で、どう奏でてもそれなりにいい感じの曲が作れるし、 そもそもなんでシの後はまたドに戻るんだろう? (こういうのって音楽に明るい人には常識なのかもしれませんが、 私は知識が偏ってるので知らんもんは知らんのよ^^;;)   そこで例によって調べてみてびっく...

宇宙家族の方程式 | 2021.03.26 Fri 11:27

労働の不気味の谷

  現代の私達は「労働の不気味の谷」の中に居ると思う。   谷の手前と奥にはそれぞれ「生存労働」と「創造労働」がある。   言葉は小難しくなるが、ここで述べることの要点はただ一つ。   ”現代社会では、労働は私達の生存に必要ではない。”       何故か。理由は二つ。   一つは「資産運用の収益の成長率は、労働によって得られる賃金の成長率を常に上回る」というトマ・ピケティの主張そのもの。ある程度の資本がある時には、我々は働...

夜沌舎 雑記 | 2021.03.02 Tue 21:53

テリー・オファロンの発達論 3. さまざまな周期的パターンを意識する

    ※過去の記事に引き続き、テリー・オファロンの発達論について紹介していきます。     これまで二つの記事で、オファロンの発達理論について簡単に説明をしてきました。 第一回の記事では、全体像および発達の1234パターンに焦点を当てました。 第二回の記事では、特にコーザルフロアの4つの段階に焦点を当てました。       私の見方では、オファロンの発達モデルを他のモデルとは異なる独自の価値をもつものにしている理由は、大きく分けて次の2点...

SHKDのブログ | 2021.03.02 Tue 20:19

ドS的カントの主張 (永遠平和のために)

NHKテキスト100分DE名著(カント著、「永遠平和のために」)の要約版を読みました。   カントの生きた時代は18世紀でヨーロッパはまさに戦争に明け暮れていた時代ですが、 そんな時代に100年、200年先も見えていたとしか思えない内容ですね。 (いまだに200年前に書かれた問題の良き解決策を見出せず)   ・世界平和のための「世界国家」ではなく、「世界連合(共和的な体制)」の必要性。 ・他国を尊重し、暴力をもった干渉を否定する。 ・常備軍の将来的な撤廃。 ・植民地禁止。 ...

J's徒然日記 from 1982〜20XX | 2021.02.13 Sat 18:35

新刊『インテグラル心理学』発売開始のお知らせ

      訳書出版のお知らせです。   ケン・ウィルバーの著書Integral Psychologyの邦訳   『インテグラル心理学:心の複雑さと可能性を読み解く意識発達モデル』 (ケン・ウィルバー著、門林 奨訳、日本能率協会マネジメントセンター) が本日発売を開始しました!   全国の主要な書店にて、あるいはAmazonや楽天でも、お買い求めいただけます。   本書は、 ・インテグラル理論の心理学的な側面についてさらに理解を深めたい方 ・人間の心に関...

SHKDのブログ | 2021.01.29 Fri 17:22

新刊『インテグラル心理学』発売開始のお知らせ

      訳書出版のお知らせです。   ケン・ウィルバーの著書Integral Psychologyの邦訳   『インテグラル心理学:心の複雑さと可能性を読み解く意識発達モデル』 (ケン・ウィルバー著、門林 奨訳、日本能率協会マネジメントセンター) の発売が開始されました!   全国の主要な書店にて、あるいはAmazonや楽天でも、お買い求めいただけます。 本書は、 ・インテグラル理論の心理学的な側面についてさらに理解を深めたい方 ・人間の心に関するさまざ...

SHKDのブログ | 2021.01.09 Sat 16:07

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!