>
山登りを楽しもう!
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

山登りを楽しもう!

このテーマに投稿された記事:1193件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c137/1484/
山登りを楽しもう!
このテーマについて
山登り情報を共有しませんか?僕は、山登りにはまりそうな、初心者です!山登りについて、色々と教えて下さい!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「jun2006」さんのブログ
その他のテーマ:「jun2006」さんが作成したテーマ一覧(7件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

今年もお世話になりました!

 今年も?結構サボり気味のブログでしたが、来年は少し頑張ろうかな?と考えております。今年も残り僅かですが、体に気をつけて素晴らしい新年をお迎え下さい。また、来年も宜しくお願い致します。12月の久住、坊ガツルにて。積雪30〜40センチ 気温−2℃ずっとガスってたのですが、急に風が出て山が姿を見せてくれました。

FBCM | 2013.12.29 Sun 22:25

雪彦山 鹿ヶ壷 底無

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング  雪彦山 鹿ヶ壷 底無    底無の壷は深さが6mあって、底が見えないからその名が付いたらしい。濃紺の壷を見ているとこれが鹿ヶ壷のヘソのようにも見える。   先日にさんまの“ほんまでっか”を観ていると風呂の話が出ていた。孤独感の強い人は風呂が長いらしい。湯が癒してくれるらしい。私は冬以外はほとんどシャワーだけで済ませてしまう。風呂も烏の行水で、長風呂は好きではない。温泉に行っても時間をもてあましてしまう。私は孤独ではないよ...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.12.13 Fri 08:03

雪彦山 鹿ヶ壷 五郎在壷滝口から鳥ノシコミ

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング  雪彦山 鹿ヶ壷 五郎在壷滝口から鳥ノシコミ   私は滝を見る前に先ず滝の音を聞いてその滝がどんな滝かイメージしてみる。水量、落差、滑水距離、岩の様子やその他諸々のことをイメージしてから滝を見る。そしてイメージと違ったところを中心に写真を撮る。先ず、イメージしてみて、ギャップを見ると、対象物がいつも新鮮に見える。新鮮に見えたところを大切にする。 滝の音を聞いていると癒される。人間が作った音楽より癒されますがシンフォニーも...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.12.05 Thu 13:12

雪彦山 鹿ヶ壷 尻壷

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!JUGEMテーマ:お出かけ  雪彦山 鹿ヶ壷 尻壷    雪彦山の安富側の紹介の取りはやはり鹿ヶ壷ということになる。壷が谷渓谷中流域から下の甌穴群を鹿ヶ壷と名付けられている。連続する中小の滝群は変化に富んでいて絵巻物を見ているようにすらストーリー性さえ感じる。水量が少ないときは一つひとつが別の滝に見えて、それぞれの造形美がそれぞれの情緒を感じさせる。水量が多いときは連続する変化に富んだひとつの滝に感じられる。まさに竜がうねるがごときです。水量が多いときと少...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.12.04 Wed 13:27

雪彦山 千畳平とその周辺の森 5の5

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 千畳平とその周辺の森 5の5    早朝の鉾立山は氷っていた。これからの冷え込む日は軽アイゼンなども装備しておきたい。厳冬期はストックではなくピッケルです。雪彦山の急斜面が氷ったときは一般登山道でも本格的な登山の技術が必要です。私が楽しみにしているのは雪が降ったときの尻スキーです。急斜面を一気に尻スキーで滑り降りる爽快感がたまらなく楽しい。山の隅々まで知り尽くしていればこそ尻スキーはダイナミックな雪遊びになります。鉾立山頂から鹿が壷山荘までの...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.12.03 Tue 10:02

雪彦山 千畳平とその周辺の森 5の4

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 千畳平とその周辺の森 5の4   ハイキングと登山という言葉の意味の境界はどこにあるのだろうか。ウォーキングというのはスポーツとして歩くことをさします。競歩などはウォーキングです。ハイキングというのは散策しながら楽しんで歩くことを言います。歩く旅はハイキングです。トレッキングとはアドベンチャーな意味も含んでいます。今、流行のロングトレッキングは自分への挑戦でもあります。日本語の登山というのは元来宗教的な意味を含んだ言葉です。近代登山で登山がス...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.12.03 Tue 09:25

雪彦山 千畳平とその周辺の森 5の3

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 千畳平とその周辺の森 5の3   私は自転車も好きで、自転車には毎日乗っています。以前にサイクリング&ハイキングというガイドブックを作ってみようと試みたが、自転車で走る道が安全かつ快適に走ることが出来ないので諦めたことがある。姫路の自転車を取り巻く環境はあまりにも劣悪だとしか言いようが無い。自転車道が無いばかりか、整然と左端を走っていてもクラクションを鳴らしていく車があまりにも多すぎる。姫路は車優先が常識となっているようで残念です。自転車は邪...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.12.03 Tue 08:45

雪彦山 千畳平とその周辺の森 5の1

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 千畳平とその周辺の森 千秋楽 5の1   この秋は雪彦山で随分と楽しませてもらった。冬木立の前に紅葉の森の千秋楽と洒落てみたい。千秋楽とは雅楽で最後に演奏する曲目です。終わりですが、おめでたい終わりという意味があるそうです。人生の終わりも葬儀ではなく千秋楽の儀でありたいと思ったりしています。人生の楽日、千歳楽、千穐楽となるように、充実した毎日を過ごしたいと思っています。

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.12.01 Sun 10:21

雪彦山 展望広場

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 展望広場   雪彦山の安富側の紹介も後は“千畳平とその周辺の森”と“鹿が壷”を残すだけとなり、終わりに近づいてきました。全てのルートを歩いてみて、気になったことは様々にありますが、最も気になっているのは三ヶ谷の滝上部の台風被害による通行止めのことです。 滝上部も滝上部から展望広場へ至るルートも荒れているのは少しの距離だけです。この少しの距離が何故に整備することができないのだろう、ということが気になっているのです。私は登山者に雪彦山登山道整備への寄...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.12.01 Sun 10:11

雪彦山 つづれ滝 3の3

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 つづれ滝(東カニワ渓谷) 3の3    日本料理は水の料理です。欧米の料理や中華も油の料理で基本思想が違います。水の味に敏感な人が多いのも日本ならでしょう。茶会では使われた水が紹介されます。複数の水から客に水を選んでもらうこともあります。私は以前に氷ノ山山頂の雪を持って帰って、冷凍にしておいたものを春の会席で使ったことがあります。薄茶を出したときに「雪の味がする」と言われた方が居られて、鳥肌が立つほど感激したことがあります。  東カニワ渓谷の...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.11.29 Fri 08:46

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全1000件中 81 - 90 件表示 (9/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!