>
山登りを楽しもう!
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

山登りを楽しもう!

このテーマに投稿された記事:1193件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c137/1484/
山登りを楽しもう!
このテーマについて
山登り情報を共有しませんか?僕は、山登りにはまりそうな、初心者です!山登りについて、色々と教えて下さい!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「jun2006」さんのブログ
その他のテーマ:「jun2006」さんが作成したテーマ一覧(7件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

雪彦山 つづれ滝 3の1

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 つづれ滝(東カニワ渓谷) 3の1   つづれ滝は連続する複数の滝群です。水量が多いときは滑水距離が長く、複雑につづら折れていく姿は見事です。水量が少ないときは途切れ途切れの別々の滝に見えます。写真は比較的水量が多いときです。 登山道からは滝の様子が見えにくいので。この滝群の魅力を知る人は少ない。雪彦山の安富側は森と渓流が美しい山麓です。これだけの自然遺産の価値の高さをもっと多くの人々に知っていただけるように、写真ブログを続けいきたいと思ってい...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.11.29 Fri 07:45

雪彦山 東カニワ渓谷 3の3

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 東カニワ渓谷 3の3   最近は2年後の姫路城マラソンの練習にカニワ林道分岐から走ったりもしています。賀野神社方面の展望台から折り返したときにはさすがに疲れた。鉾立も2回登ると少しきつい。マラソンまでには雪彦山周遊登山も考えています。 管理棟から三角点〜鉾立〜東カニワ渓谷、林道を鹿が壷へ走り、千畳平から鉾立〜大曲〜展望台、そして林道を管理棟まで走り、虹ヶ谷コースからもう一度逆走してみたい。千畳平からは三谷コースを下り、林道を駆け上がって風穴〜...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.11.27 Wed 23:39

雪彦山 東カニワ渓谷 3の2

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 東カニワ渓谷 3の2   私の家からは、鹿が壷までは1時間もかからない。姫路バイパスから姫路西バイパスへ入り、29号線から安富へ折れて、駐車場まで45分です。東カニワ渓谷の登山道の広場までで1時間というところです。 登山口から鉾立山山頂まで私の足で1時間もかからない。家を出て2時間ほどで、素晴らしい展望を楽しんで、豊かな自然を楽しむことが出来る。里山登山はこの気軽さが良い。  

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.11.27 Wed 23:29

雪彦山 東カニワ渓谷 3の1

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 東カニワ渓谷 3の1   カニワ渓谷のせせらぎの森を越えて、北のこぶしの森に東カニワ渓谷がある。カニワ林道の終点からの登山道から鉾立山へ登る人もたまに見かける。倒木が多く荒れた感じはするが整備すると極上の渓流沿いのルートとなるでしょう。登山道入口からは鉾立山山頂まではお勧めできるルートとしては最短距離です。 このルートの魅力は変化に富んだ小さな滝群です。そして深い緑です。

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.11.27 Wed 22:18

雪彦山 せせらぎの森 3の3

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 カニワ林道 せせらぎの森 3の3    風と水には人の知性の源がある。風と水が語っていることを、静かに感じる。人の知性とは風と水の摂理に支配されたものだ。ここ半年の間に、ほぼ毎日のように山を登って、そんなことを考え続けています。  

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.11.27 Wed 00:11

雪彦山 せせらぎの森 3の2

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 カニワ林道 せせらぎの森 3の2   イギリスのとある詩人の一節に、「風が男を強くする、風が男を作る」というような言葉があったように記憶している。森の上空をゴウゴウと吹きぬける風の音を聞きながら、詩を思い出していた。イギリスが強いのは風が強いからだ、という詩の内容だったように記憶しています。この風に会いに来た、といえばどこかのカメラのコマーシャルになってしまう。 私は寒波が来ると氷壁へ出かけていた頃がありました。昔を思い出してトレーニングを再...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.11.27 Wed 00:02

雪彦山 せせらぎの森

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 カニワ林道 せせらぎの森 3の1   千畳平生活環境保全林は九つの森に分けられて、それぞれに名前がついている。千畳平は高原の森、展望の丘はふるさとの森、風穴から展望広場にかけては風穴の森、千寿の水付近の森は安らぎの森、風穴の落とし子付近はもみじの森、カニワ林道分岐付近が野鳥の森、カニワ林道から石の小屋に至る登山道が健康の森、以前に紹介した大カツラの木〜クソブの滝の登山道から南がかつらの森、北側がこぶしの森と名付けられています。 写真はせせらぎ...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.11.26 Tue 23:52

雪彦山 クソブの滝 3の3

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 クソブの滝 3の3   写真はレンズを拭きながら撮っていますが、少し油断をして数秒の間にレンズに水滴が張り付いてしまったものと、滝の下部のものです。この下部は三段になっていて、落差10mほどあります。 滝から尾根へ登って尾根伝いに歩くと鉾立と三角点の間の登山道に出ます。山岳会に残された昔の地図には記されているが、現在では記されていないルートが三つあります。そのひとつがこのルートです。このルートは山を測量している人でも驚く難ルートです。後二つの...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.11.22 Fri 09:43

雪彦山 クソブの滝 3の2

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 クソブの滝 3の2   3の1の写真を見ていただいた方は、水量が多くない滝なんだ・・・と思われたでしょう。しかしこの滝の落ちてくる水の大半は霧状で雨のように降ってきているので、滝下に立つと直ぐにずぶ濡れになってしまう程の水量があります。ここのところ雪彦山はしとしととした雨が降り続いていたこともあるのでしょう。風が強いせいもあって、滝から離れていてもかなり水を被ってしまいます。撮影はこの水滴が写らないので、難しい表現が要求されます。 滝上部は垂...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.11.22 Fri 09:10

雪彦山 クソブの滝 3の1

JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!  雪彦山 クソブの滝 3の1   大カツラの木の登りから左手を見ると渓流が見える。この渓流を辿るとクソブの滝が現れる。地形図を見ながらルート取りをしていくと、壊れた階段の跡がある。途切れ途切れの階段の跡を追っていくと石垣の跡があったりするので昔は多くの人が歩いた登山道だったのだろう。クソブとは不思議な名前です。どういう意味なのでしょう。 写真は滝へ徐々に近づいているものです。落差は15メートル以上あるだろう。深山幽谷の滝の雰囲気が嬉しい。案内もテープも...

千石茶屋 おやじの独り言 山と料理と政治の話 小嶋隆義のブログ | 2013.11.22 Fri 08:47

このテーマに記事を投稿する"

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

全1000件中 91 - 100 件表示 (10/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!