[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] コーヒーのブログ記事をまとめ読み! 全571件の22ページ目 | JUGEMブログ

>
コーヒー
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

コーヒー

このテーマに投稿された記事:571件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c137/9248/
コーヒー
このテーマについて
コーヒーを飲むこと。
コーヒーを焙煎すること。
コーヒーのあるお店探検。
コーヒーに関する様々なこと。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「dis-coffee」さんのブログ
その他のテーマ:「dis-coffee」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27 >

バルザックとコーヒー その5

JUGEMテーマ:コーヒー バルザックとコーヒー その5   ■バルザックの作風に触れている作品 その1 「谷丹三の静かな小説」(坂口安吾)  「私はバルザックやドストエフスキーを読むと、あの観察の深さには驚ろかされるのが常であつた。殊にドストエフスキーなぞ場面々々の描写は実に驚くべき立体さで表現されてゐる。併しながら人格の深さが立体的に表はされてゐるかといへば、私は寧ろ否と言はねばならない。場面々々は映画のやうに立体的であるに拘らずドストエフスキーは結局平面的な作家である。(このこと...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 21:24

バルザックとコーヒー その4

JUGEMテーマ:コーヒー バルザックとコーヒー その4   ■バルザックが日本文壇に与えた影響に触れている作品   「桃の雫」(島崎藤村) 「バルザックに就いては今更多言を費すまでもない。問題は今日に於いていかにバルザックを讀むべきかにあらうと思ふ。バルザックに歸れとは世界大戰以前の當時に本國の佛蘭西に起つた一つの聲でもあつた。從來、吾國にはバルザックを知らうとするものはあつても、その著作の英譯せられたものはすくなく、比較的早く彼の作品に接した人達の中でも數種の英譯を手にし得たに過ぎ...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 21:23

バルザックとコーヒー その3

JUGEMテーマ:コーヒー バルザックとコーヒー その3    バルザック(1799-1850年)の生誕年頃に、フランスには独自のドリップ式コーヒーポットが登場し、日本では大田蜀山人により、初のコーヒー飲用体験が残されています。バルザックが成年した頃にポンプ式パーコレーター(エスプレッソの原型)が作られています。バルザック27歳の時、日本ではシーボルトがコーヒー飲用の効能を解説を残し、没後3年にはペリーが浦賀来航した時代です。    バルザックについての日本文学での言及は、明治、大正、昭和に亘る作品...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 21:21

バルザックとコーヒー その2

JUGEMテーマ:コーヒー バルザックとコーヒー その2    21世紀の現代の興奮剤はどうでしょうか。前記の三つの興奮剤の他に、もっと刺激的で人格を失いかねない、また自分だけでなく他人の命も危うくするような、限りなく危険な興奮剤、神経を麻痺させる薬物があることは、脅威そのものです。バルザックのいう三つ興奮剤は現代も存在するものの、アルコール、タバコの度がすぎることの健康被害が世界的に大きく注目されています。6年後の東京オリンピックでも、関係施設での喫煙の扱いを、全面禁煙にするか、分煙にするか...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 21:19

バルザックとコーヒー その1

バルザックとコーヒー その1    コーヒーの醸す香り、味が、いい気分にし元気を作り出してくれることは知られていることですが、コーヒーを飲んで仕事の発奮材料にしていたひとりに「谷間のゆり」などで知られる、19世紀のフランスの文豪バルザックがいます。  『バルザックはジャーナリズムへの毒舌で有名で、「もしジャーナリズムが存在していないなら、まちがってもこれを発明してはならない」(「ジャーナリズム性悪説」ちくま文庫)という言葉を残しています。彼は「金と権力」への欲望が働き、売れっ子ジャ...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 21:16

モーツァルトとコーヒー5

JUGEMテーマ:コーヒー モーツァルトとコーヒー5 ■旅をしない人間はみじめな人間です (2)    モーツァルトは父への最期の手紙(父が亡くなるひと月前。モーツァルト31歳)でつぎのように「死」について書いています。  『・・・死は(厳密に言えば)ぼくらの人生の真の最終目標ですから、ぼくはこの数年来、この人間のこの真の最上の最善の友とすっかり慣れ親しんでしまいました。その結果、死の姿はいつのまにか僕には少しも恐ろしくなくなったばかりか、大いに心を安め、慰めを与えてくれるものとなりました! ...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 21:12

モーツァルトとコーヒー4

JUGEMテーマ:コーヒー モーツァルトとコーヒー4 ■旅をしない人間はみじめな人間です (1)    皮膚科医アロイス・グラーター(Aloys Greither1913-1986)によれば、 「モーツァルトはまた1790年以後、少なくとも1791年夏の初めからは、死病に侵されており、2,3日の着床安静でよくなっても、それは一時的で見せかけのものであった。十一月二十日、彼が最期の床に横たわったとき、浮腫と頭痛と嘔吐をともなって重体に陥った。彼が最後の日に前もって舌に感じたという死は、尿毒症であった。意識は混濁し昏睡に落ち込...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 21:09

モーツァルトとコーヒー3

JUGEMテーマ:コーヒー モーツァルトとコーヒー3 ■レクイエムを託す    「ああモーツァルトの様子が知りたいな」私がそんなことを考えながら焔を見ていると、突然火が消えて、今まで燃えているのが嘘のように見えました。芯のところには火のかけらもなくなったのですが、風なんて全くありませんでした。私は誓うことができます。急に恐ろしくなりました。・・・母は「その晴れ着を脱いで、町に行って、あの人の様子を見てきておくれ、ぐずぐずするんじゃないよ」といいました。姉はもう取り乱しそうでしたが、それでも...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 21:08

モーツァルトとコーヒー2

JUGEMテーマ:コーヒー モーツァルトとコーヒー2 ■最期の日々    モーツァルトは病に倒れ、最期の数日間は床に伏したままでした。  「大作曲家と珈琲」(鞍 信一著)によると、  『・・・そして一七九一年十二月五日、モーツァルトが永眠する直前に、彼の好物である珈琲を飲ませてもらったことは、余り知られてない。一日前の四日の日、「ドン・ジョバンニ」のこと、ジングシュピール「魔笛」のこと、そして未完成の「レクイエム」などを、死の床で心配しつづけ、愛弟子のジュッスマイヤーを床元に呼び、「涙...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 21:06

モーツァルトとコーヒー1

JUGEMテーマ:コーヒー モーツァルトとコーヒー1 ■モーツァルトはコーヒーを飲んでいたのでしょうか    カフェの街と呼ばれるウィーンに居住していたモーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart 1756-1791)はコーヒーを好んでいたのでしょうか。そうなら、どのようなコーヒーを好んだのか興味を惹かれるところです。現在のウィーンの街中には、モーツァルトの格好をしたコンサートのチケット売り、商店の窓を飾る肖像、顔が描かれたチョコレート、名前を冠した喫茶店など、ザルツブルグとともにモーツァルトだらけです。 ...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 21:03

このテーマに記事を投稿する"

< 17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27 >

全571件中 211 - 220 件表示 (22/58 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!