[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] コーヒーのブログ記事をまとめ読み! 全571件の24ページ目 | JUGEMブログ

>
コーヒー
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

コーヒー

このテーマに投稿された記事:571件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c137/9248/
コーヒー
このテーマについて
コーヒーを飲むこと。
コーヒーを焙煎すること。
コーヒーのあるお店探検。
コーヒーに関する様々なこと。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「dis-coffee」さんのブログ
その他のテーマ:「dis-coffee」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29 >

バッハとコーヒー その4

JUGEMテーマ:コーヒー     バッハとコーヒー その4 父親「さあ 父さんの言うことを聞くんだ!」 娘「何でも聞くわよ。ただコーヒーだけはだめ」 父親「よし。お前がその気なら 婿殿も決して取らせないからな」 娘「あら!父さん お婿さんって!」 娘「わたしがコーヒーをやめるまで? じゃあ コーヒーのことは忘れるわ!」  「ねえ父さん わたしはコーヒーを一滴も飲まないわ」 父親「これでようやく婿殿をもらえるな!」 娘「もうきょうのうちにも 父さんどうかそうしてちょうだい」  「ああ お...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 20:20

バッハとコーヒー その3

JUGEMテーマ:コーヒー   バッハとコーヒー その3  コーヒーカンタータは、父親シュレンドリアン、コーヒー好きの娘リースヒェン、語り手の3人でのカンタータ(交声曲。バロック時代にはじまり、北ヨーロッパで発達した声楽曲。世俗カンタータ、教会カンタータがある)で、レスタティーボ(叙唱、朗唱)とアリア(旋律的な独唱)から成り立っています。  父親の名 Schlendrian には「旧態依然の慣行、旧弊居士」の意味があり、コーヒーが流行っていることを批判することに対する皮肉があったことが覗えます。その内...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 20:17

バッハとコーヒー その2

JUGEMテーマ:コーヒー バッハとコーヒー その2  大バッハの音楽は、「ロ短調ミサ」「マタイ受難曲」「復活祭オラトリオ」「マニフィカト」などで知られる神への敬虔な信仰心をもたらすもの、「G線上のアリア」「目覚めよと呼ぶ声聞こえ」「トッカータとフーガ」などよく知られていて多様ですが、庶民の生活に沿って作られた世俗カンタータとして「コーヒーカンタータ」「農民カンタータ」などがあります。  このうちの通称コーヒーカンタータ(Kaffee-Kantate)は「カンタータ第211番 静かに、黙って、おしゃべ...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 20:14

バッハとコーヒーその1

JUGEMテーマ:コーヒー 音楽家とコーヒー  好きな音楽を聴きながら好みのコーヒーを飲む。そうした日頃の些事を忘れホッとできる時間は嬉しいものです。音楽とコーヒーはどのように関わっていたでしょうか。何人かの音楽家とコーヒーの関係について記してみます。 バッハとコーヒーその1  バッハといえば小学校の音楽室の壁に貼ってあったカツラ姿の威厳のある姿を思い出します。ハイドンもヘンデルもなぜあれほど長い髪をしていたのか不思議でしたが、かしこまった時にだけカツラをつけると知ってだまされた気が...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 20:12

「カッフェ・パウリスタ」 その3

JUGEMテーマ:コーヒー 「カッフェ・パウリスタ」 その3 「樹木とその葉 春の二三日」(若山牧水)  『遲い夕飯を終つた頃、幸ひ雨間となつてゐたので出て七間町あたりを彷徨ひ、カフエー【パウリスタ】といふ名を見附けて其處へ寄つた。ひどく醉つた末、明朝訪ねるつもりであつた法月のりつき俊郎君方に電話をかけると、彼は驚いて弟浩二君と共に其處へやつて來た。そして更に一杯飮み直し、十二時すぎて宿に歸つた。』 「茶話 大正五(1916)年」(薄田泣菫)  『饗ばれる学生は多勢おほぜいだし、饗ぶのは...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 19:55

「カッフェ・パウリスタ」 その2

JUGEMテーマ:コーヒー 「カッフェ・パウリスタ」 その2  次の芥川の作品でパウリスタの店内の様子が少し垣間見えます。 「彼第二」(芥川龍之介)  『僕等は金(かね)の工面をしてはカッフェやお茶屋へ出入した。彼は僕よりも三割がた雄(おす)の特性を具えていた。ある粉雪の烈しい夜、僕等はカッフェ・【パウリスタ】の隅のテエブルに坐っていた。その頃のカッフェ・【パウリスタ】は中央にグラノフォンが一台あり、白銅を一つ入れさえすれば音楽の聞かれる設備になっていた。その夜もグラノフォンは僕等の話...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 19:53

「カッフェ・パウリスタ」 その1

JUGEMテーマ:コーヒー カフェと文人(3) 「カッフェ・パウリスタ」 その1  日本にコーヒー文化を広めたといってもいい喫茶店「カフェパウリスタ』は1911年(明治44)10月銀座京橋に開店、1913年(大正2年)改組したとされています。  ただ、『大阪府箕面市の市史担当職員が、箕面有馬鉄道(現・阪急電鉄)の箕面駅前が写った明治当時の絵はがきを拡大鏡で調べ、駅前の建物の壁にカタカナで「カフェーパウリスタ」の文字を発見。さらに、明治44年6月24日付の大阪朝日新聞の広告に「箕面公園入ロ カフェーパウリス...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 19:49

文士と「プランタン」その2

JUGEMテーマ:コーヒー 文士と「プランタン」その2 以下に文士とプランタンとの関わりを記してみます。 ■吉井勇とプランタン  吉井勇は「青春回顧」で  『銀座裏日吉町の民友社の傍、日勝亭と云ふ撞球屋の隣りに【カフエ・プランタン】が出来たのは、たしか明治四十三四年頃のことだつたと思ふが、その時分この銀座界隈には、まだカフエと云ふものが一軒もなく、それらしいものとしては、台湾喫茶店とパウリスタとがあるだけだつた。主人が洋画家の松山省三君だつたし、プランタンと云ふ命名者が小山内薫氏...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 19:47

文士と「プランタン」その1

JUGEMテーマ:コーヒー カフェと文人(2) 文士と「プランタン」その1  カフェプランタンは、東京美術学校(現東京藝大)出身の松山省三が、黒田清輝らに勧められ1911年銀座日吉町に開業しました。「プランタン」(仏語Printemps春の意)の店名は相談役の劇作家小山内薫の命名によります。  開店当初は会員制としていました。会員には洋画家の黒田清輝、岡田三郎助、和田英作、岸田劉生、作家の森鴎外、永井荷風、谷崎潤一郎、岡本綺堂、北原白秋、島村抱月、市川左團次らなどでした。  東京朝日1910(明...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 19:45

パンの会と「メイゾン鴻の巣」その5

JUGEMテーマ:コーヒー 7. 木下杢太郎と珈琲  前出の「パンの会の回想」によると、  『明治四十三(一九一〇)年、二月七日。パンの会。山崎来り二人にてアフイシユをかく。予は異国情調にてかく。山崎は会には行かず。又パンの大提灯を作る。会場は三州屋。定連のほかには藤島氏、鈴木鼓村氏、與謝野氏、水野葉舟、安成、その他ずゐぶん大勢であつたが詳しく日記にしるされてゐない。  同年二月廿七日、パン例会。集まるものは高村、石井、小山内、北原、吉井、長田の少人数であつた。・・・  同年十一月廿日。...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 19:43

このテーマに記事を投稿する"

< 19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29 >

全571件中 231 - 240 件表示 (24/58 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!