• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ABARTH

このテーマに投稿された記事:124件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c165/26325/
ABARTH
このテーマについて
イタリアの蠍、アバルトのクルマに関するエントリー
このテーマの作成者
作者のブログへ:「closediv」さんのブログ
その他のテーマ:「closediv」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

プントエヴォで行く!・秋田県道51号を春こそ走れ!2019

春になるとそわそわしてしまう。新緑あふれる秋田K51を走らねばならないからだ。2018年はなぜか走りそびれていたので、虎視眈々と機会を窺っていた2019年春なのだった。 秋田K51を含めた筆者の定番コースは、仙台からR457・K159・K226など山中の細い県道を走って県北の川渡温泉へ抜ける。R47を北上し鳴子温泉からR108へ折れ、鬼首(おにこうべ)を経由して秋田県入り、「道の駅おがち小町の郷」が往路のゴール。   K267 日本全国快晴、やや風あり。なので空の雲が見る見る流れていく。空だけでなく春の山々の緑...

クルマで行きます | 2019.05.24 Fri 22:43

プン太郎定期レポート#8_2019年5月

●総走行距離 55,275km ●オイル交換 55,275km まったく迂闊だった。昨年12月の車検時に46,300kmで交換したエンジンオイルの交換をすっかり忘れていた。プン太郎ごめん。9,000kmも放置していた割には、交換後の「スカッとさわやか!」的な変化は見られない。 ●設計ミス ウィンドウォッシャー液の補充を忘れていて空しいモーター音が鳴り響いた。オーノー。プン太郎のフロントグラスは日々汚れる。青空駐車はつらい。で、液を補充したわけだが、このタンクが目視できず、毎度のことながら適量がわからない。わかりにくいんじ...

クルマで行きます | 2019.05.21 Tue 08:27

Rivale アルミフットレスト

Rivaleは高級感を全面に出したABARTHらしくないモデルなので「お高いんでしょ?」などと言われるが、実は本体価格は695 Rivaleは4,050,000円、695Cでも4,220,000円と、Abarth Competizioneより30万円ほど高いだけ。それであのマホガニーパネルや特別色、Akrapovicマフラーなどがついてくるので、実にお得感満載な限定車なのだ。ちなみに695 Tributo Ferrariは5,695,000円、Edizione Maserattiは4,990,000円。Rivaleはエンジンの型式や数字的にはCompetizioneと同一だが、どこかでTurismoをベースにしていると聞いた(読んだ)。先日デ...

クルマについて語りたい | 2019.05.20 Mon 23:32

プントエヴォ・怪奇現象

あお師匠に言わせれば、何をそんなに…というほど「正しい運転姿勢」に執心する筆者。しかしプン太郎購入後約1年に渡る試行錯誤を経て、運転時に取るべき姿勢を体得した。おかげで心に平穏が訪れた。 筆者はエンジンスタート時に、シートに座って運転姿勢を作ったらまずクラッチペダルを1-2回踏み、さらに踏み切った状態でキーを捻る。これは癖というよりももはや儀式のようなものだ。その儀式中、クラッチペダルが遠くなっていることがある。正確にはシートが下がってしまっている。前日はベストポジションで運転して...

クルマで行きます | 2019.05.19 Sun 22:32

プントエヴォで行く!飯豊町・白川ダムと山形県道三昧

2019年のテーマ「山形県探訪」第二段は飯豊町である。高畠・米沢にはこれまで何度も足を運んだが、その西側はほとんど行ったことがない。唯一の例外が2018年10月のOFF会である。 無事終了!クルマで行きますOFF会#17〜宮城・山形横断特急〜 上記OFF会で走った県道からの眺めを再び味わいたいので、目的地はそのコースのすぐ先、白川ダムとした。米沢の奥へ行くとなれば、復路は宮城県七ヶ宿町を通ることになろう。そこから逆算して笹谷峠経由で山形市内・西蔵王公園・上ノ山市内・高畠町という往路となった。   往路...

クルマで行きます | 2019.05.10 Fri 21:47

Rivale ウィンカーレバーエクステンション装着

RivaleにSteering extenderを入れて、ステアリングが近くなって運転しやすくなったのだけど、ウィンカーが遠くなってしまったのは既報の通り。     この見事なまでに届かない様子を見たKさんが、ご自身と同じエクステンションを作ってくださるという!KさんのABARTH595はマニュアルなので、パドルシフトのついているRivaleに取り付けるにはちょっと加工が必要とのこと。GW始めの頃、実車で採寸、仮当てをして、気長にお願いします、とお願いしたのだった。   が、あまり待つ必要がなかった! ...

クルマについて語りたい | 2019.05.08 Wed 07:11

試乗記・アバルト124スパイダーふたたび

Tazzaさんのアバルト 124スパイダーを運転させていただく機会を得た。Tazzaさんは昨年、右折レーンで信号待ち中に後続車に追突されるという事故に遭われた。身体も心配だが124もダメージを負った。詳細な検証を経て修理という選択をし、その際THREE HUNDREDのパーツを中心になにやらドーピングも行ったというその124である。筆者は124スパイダーの国内発売時に簡単な試乗は済ませている。 試乗記・ABARTH 124スパイダー あれこれ言ってもしょーがない 大掴みのところは上記試乗記と同じである。要約すると「良くできている...

クルマで行きます | 2019.05.04 Sat 09:58

Rivale Girol Steering Column Extender

Rivaleに限らず、ABARTH595やFIAT500のステアリングハンドルはチルト機構はあるがテレスコピック機能はついていない。そのため座席位置を足に合わせるとステアリングが遠く、腕に合わせると足元がキツイということは多くの人が感じている不具合である。私の場合、身長も低ければ手足も短いというリリパット族なため、もう何が何やらようわからん状態。とりあえず、シートをかなり前にして背もたれを立てて、とりあえず凌いでいた。   そんなある日、アバルトの突発宮ヶ瀬プチミーティングにちょっとだけ参加させていただい...

クルマについて語りたい | 2019.04.27 Sat 18:25

プントエヴォで行く!山形路・K27に裏切られた話

いや、鶴岡まではぜんぜんオッケーなんですよ。快適です。でもねー、周辺の細かい道路はねー。 2019年は山形の、それも日本海側を積極的に訪ねようと思っている。山形はすぐ隣の県なのに、筆者が普段訪れる範囲は山形県の西側半分ばかりであり、その西半分だってまだまだよく知っているとは言えない。プン太郎の体調も整ったし、桜が散るような陽気にもなったし、雪深い山形路でもいい加減にストレスなく走ることができるだろう。とは言えいきなり日本海を見に行くのも距離的にヘビー過ぎるので、東西のちょうど中間にある月山ダム...

クルマで行きます | 2019.04.27 Sat 14:04

キリ番ゲット、自分のクルマじゃないけど…

さて、私の心を揺さぶり続けている代車のAbarth 124 Spider、やっぱり自宅駐車場に入ってしまった。 自分のクルマでも撮ったことのないアングル。ええなぁ。   あぁ、こんなにキッチリと。 停めてみたらまさにMiToと同じ。これでギリギリ右から出れるのもMiToと同じ。ドアの大きさがさして変わらないということ?もう少し左寄りに停められればいいのだが、ノーズの長さが気になって角度深めに侵入したため運転席側ギリギリになってしまった。これもMiToと同じ。   背が低いので小さくすら見えてし...

クルマについて語りたい | 2019.04.26 Fri 21:42

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全124件中 1 - 10 件表示 (1/13 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!