• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

催眠療法

このテーマに投稿された記事:160件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c215/11735/
催眠療法
このテーマについて
催眠療法、前世療法、心理療法についてのテーマ
このテーマの作成者
作者のブログへ:「hypno10001」さんのブログ
その他のテーマ:「hypno10001」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

「身体の声」を聞いてあげてますか?

JUGEMテーマ:催眠療法 前回の記事にも書いたように、自己催眠は心身の健康にとても良い影響を与えてくれますが、現代人はとかく「忙しいほど有能だ、社会や人の役に立っている」という価値観に染まっているため、「自己催眠(瞑想)などという、非生産的なことに毎日何十分もかけている余裕はない!」と思い、食わず嫌いな人が多いと思います。 実際には非生産的どころか、日々の生活に数分〜数十分間の「自分がニュートラルになれる時間」を取り入れることで、大事な決断を正しく行なえる確率がぐんと増え、そのお蔭で、その後の...

催眠療法|ヒプノセラピー | 2010.07.12 Mon 19:53

催眠療法から自己催眠へ

JUGEMテーマ:催眠療法 自分では対処できない強い不調があるとき、人は専門家を訪れて、その改善を望みます。 催眠療法にしてもしかり。 しかしどんな治療法とも共通しますが、最終的には「自分で症状を理解し、コントロールできるようになる」ことが、治療の目標です。 そして薬や手術などとは違い、そうした自己コントロール可能な要素が大きいのも、催眠療法の特長なのです。 実際、私のところに催眠療法を希望して来院された方の中にも、かつて別の催眠療法士(ヒプノセラピスト)のもとで2-3度セラピーを受け、そのときは...

催眠療法|ヒプノセラピー | 2010.07.12 Mon 19:52

思考習慣を検証する

JUGEMテーマ:催眠療法 私のもう1つのブログ 精神科医浜野ゆりのホリスティック日記に「思考の暴走に振り回されないために」という2回シリーズの記事をアップしました。 人はともすると、過去への後悔や怒り、将来への不安を毎日何十回も繰り返し考えては、ますます自分の気分を悪くしています。 こうしたネガティブで有害な思考習慣から脱するための自己コントロールのポイントをいくつか挙げておきましたので、ご興味のある方はごらんください。 ※「浜野ゆり」は佐藤のペンネームです。

催眠療法|ヒプノセラピー | 2010.07.12 Mon 19:49

催眠療法事例:同胞への劣等感、パートナーと上手くコミュニケーションが取れない

JUGEMテーマ:催眠療法 50代の女性です。 初回の訴えは「心からの愛を感じられず、いつも怒りやイライラを感じる」というもので、お話をうかがっていくと、妹さんへの劣等感(両親が妹の方を可愛がった)や男性不信があり、パートナーとぎくしゃくしがちで心が休まることがない、という状態でした。 この方は催眠に入ったとたん、上方からのまばゆいばかりの白い光が降り注ぎ、上の方へと引っ張られて行く強い感覚を感じました。 光は眉間に特に強く感じられ、そこからぐいぐい引かれるのだとのことでした。 そして「ああ、何...

催眠療法|ヒプノセラピー | 2010.07.12 Mon 19:47

催眠療法事例: 自分の前世を見てみたい。恋人との縁の深さの有無も知りたい

JUGEMテーマ:催眠療法 40代の女性です。 ある自営業を夫婦でしておられたのですが、近年離婚されました。 「夫も悪い人ではなかったのだが、どうしても理解し合えなかった、別れたことは後悔していないが、なぜこのような人と一緒になったのかその意味を知りたい。  また、現在つかず離れずの恋人もいるが、自分と彼の求める関係性が異なるような気がする。彼は私のソウルメイト(運命の人)なのか?を知りたい」 とのことでした。  初期の催眠セッションでは、現在の彼と適齢期で結婚し、ずっと愛し合いながら幸せに過ご...

催眠療法|ヒプノセラピー | 2010.07.12 Mon 19:46

催眠療法事例: 人と親しくなれない、自分の進むべき方向性がわからない

JUGEMテーマ:催眠療法 ある楽器を演奏する、とても才能のある若い音楽家の女性ですが、両親のサポートがほとんど得られないまま、1人で努力して才能を開花させてきた方です。 音楽はライフワークと思っている一方、幼少時から人を心から信頼できず孤独だったこと、また最近は音楽への情熱が以前より落ちてきたため何とかしたい、今回の人生での進むべき方向性のヒントを得るためにも前世療法を受けたい、とのご希望で来られました。 ある前世では彼女は古代の日本の、とある辺境の村人でした。 父親が村長でしたが、村で...

催眠療法|ヒプノセラピー | 2010.07.12 Mon 19:44

催眠療法事例: 憂うつ、無気力、眠れない

JUGEMテーマ:催眠療法 大手企業で中間管理職をしている男性。 あるとき、納得できない急な異動を命じられ、新しい仕事先に馴染めず、うつ状態になられました。 憂うつ感、意欲低下、不安焦燥、不眠があり、ついに出勤できなくなってしまいました。 セッションを通じて、彼が自分より目上の同性に対して平静に自分の気持ちや考えを伝えることができず、不満があっても黙り込んでしまい、心の中でいつまでも相手を恨み怒っていること、それは幼少時からの父親や兄に対してもそのパターンで来ており、このため同性との真の意思...

催眠療法|ヒプノセラピー | 2010.07.12 Mon 19:43

考え方と心理状態

JUGEMテーマ:催眠療法 催眠療法事例集の途中ですが、私のもう1つのブログ 精神科医浜野ゆりのホリスティック日記に「考え方で自分を追い込む人」という、4回シリーズの記事をアップしましたので、お知らせします。 「人が体験するストレスの度合いは出来事そのものではなく、その出来事に対する本人の意味づけによって決まる」という、認知療法のエッセンスについて、ある事例を挙げながら説明しています。 ご興味のある方はごらんください。 ※「浜野ゆり」は佐藤のペンネームです。

催眠療法|ヒプノセラピー | 2010.07.12 Mon 19:42

催眠療法事例: 自分の意志を通せない

JUGEMテーマ:催眠療法 自分の意志を通せない…という、ある女性患者さんの悩み。 具体的には、 ・物事をつい先延ばしにしてしまい、期限までギリギリになっていつも慌てる。 ・人から頼まれると、無理とわかっていても引き受けてしまい、後悔する。 ということでした。  この方のお話をじっくりうかがっていくと、上記の症状の原因として (1)親にしつけられた価値観である「『したいこと』よりも『するべきこと』を優先すべきである」を長年忠実に守ってきた結果、「人生を楽しむ」という人間本来の喜びが枯渇してしまい...

催眠療法|ヒプノセラピー | 2010.07.12 Mon 19:31

催眠療法事例: 自分のソウルメイト(運命の人)に出会いたい

JUGEMテーマ:催眠療法 ある教育職に就き、献身的に仕事をしておられた女性ですが、同僚や上司に期待されて仕事の負担がどんどん増えても自分の限界を超えて頑張ってしまい、ある日病気や怪我になってダウンしてしまう、というパターンを繰り返していました。 仕事は充実感があるが、仕事ともっと程よい距離を取って燃え尽きないようにしたい。 また、信頼し合えるソウルメイト(運命の人)に出会いたいということで、催眠を希望されました。 セッションを通じて、彼女が「自分の真の価値を信じられず、親に認めてもらいたく...

催眠療法|ヒプノセラピー | 2010.07.12 Mon 19:30

このテーマに記事を投稿する"

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

全160件中 61 - 70 件表示 (7/16 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!