>
読書感想文
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

読書感想文

このテーマに投稿された記事:3306件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/3627/
読書感想文
このテーマについて
感想をどうぞ。
できることならば、ネタバレはご遠慮お願いいたします。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「lemon19860402」さんのブログ
その他のテーマ:「lemon19860402」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

桜井美奈 『嘘が見える僕は、素直な君に恋をした』

                JUGEMテーマ:読書感想文        子供の頃、人と話をしていると相手の体がキラキラとした   光に包まれることを体験した藤倉聖。   その光が人の嘘を示すものだと知った藤倉聖は   人との付き合いを極点に晴らすことによって   自分が傷つくことへの対策としていたが   転校生の二葉晴香が川にリボンと取りに   入ったことを切っ掛けに、二葉晴香...

こみち | 2017.12.17 Sun 10:17

読書感想文 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

JUGEMテーマ:読書感想文     少し今更感が漂いますが、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を読みました。         SF好きな方なら「もちろん読んだことあるさ」「ホント今更だなオメエ」と罵声が飛んできそうなものですが、私、SF好きを名乗れるほどの人間じゃあございませんので、そこはどうか勘弁してくだせえ。     今更この本の話題を出すのはちょうど『ブレードランナー2049』を見てきたからなんですね。 そういう人、少なく...

本を読み書きする富士本 | 2017.12.17 Sun 03:04

市川尚吾作品集

JUGEMテーマ:読書感想文   〇内容 乾くるみの別名義である市川尚吾の同人誌。乾くるみ自身のサイト『錦通信』で公開した短編と、 大学時代江戸川乱歩賞一次で落ちた長編『月光城殺人事件』が収録されている。     〇感想 読書にハマって8年目。ついに商業出版されていない本にまで手を出してしまった。 ひょっとしたら来年には大学ミス研の会誌とかインターネットに投稿された小説の感想まで書くようになっているかもしれない。   第一部ミスパロ通信 1.パロパラ(パロ...

のーみそコネコネ | 2017.12.17 Sun 02:29

大石英司 『第三次世界大戦5 大陸反攻』

                JUGEMテーマ:読書感想文       サイレント・コア シリーズ        ロシアがインドと共同開発した新型スティルス機   PAK FAスティスル戦闘機を使って参戦。   格闘戦が得意でないF35や非スティルス機のF15では   圧倒的な数の優位がないと太刀打ちできないのは   アメリカ軍や自衛隊は、どうやら織り込み済みだった  ...

こみち | 2017.12.15 Fri 23:15

ショートショート千夜一夜

ショートショート千夜一夜 田丸雅智 小学館 2016年7月18日 定価:1,300円+税 ISBN978-4-09-386447-3    多摩坂神社で起こる不思議な出来事のオムニバス。 屋台の人魚すくいで取った人魚が大きくなりすぎて海に放ってしまったが、その結果海難事故が多くなった気がする。ほっぺたをもぎり取ってたこ焼きを作る「粉もん体質」のたこ焼き屋の息子がうまくたこ焼きを造れない末に考えた別案とは?バベルの刀で切れば嫌味を言われても理解...

読書の滴 | 2017.12.13 Wed 01:02

産廃Gメンが見た食品廃棄の裏側

産廃Gメンが見た食品廃棄の裏側 石渡正佳 日経BP 2016年6月7日 定価:本体1,600円+税 ISBN978-4-8222-5156-7    食品が大量に廃棄され、その一部が不法業者によって消費者の口に入るような事態をどう防いだらいいかを本書で考えていきたい。 不法投棄50%で優良と自慢する企業があるくらい不法投棄は蔓延している。処理業者が夜逃げをすると排出事業者に撤去義務が生じてしまう理不尽な法制度。偽装事件が起こるたび緊急点検で類似事...

読書の滴 | 2017.12.13 Wed 00:58

『吉原手引草』(小説)感想

JUGEMテーマ:読書感想文   吉原という特殊で狭い世界を描いているのに、なんだこの重厚感。 (直木賞受賞作だったのね・・・知らずに読んでました)   ある事件を引き起こし、忽然と姿を消した葛城という花魁を、吉原に生きる様々な人の視点で語らせることで、多面的に描いていく時代ミステリー。   何がほんとで何が嘘か。吉原という嘘の世界だからこそ、そこにある本当の気持ちがすごく切なくて、カタルシスともなって。。   最初は、『藪の中』みたいな方式で語られる構成が、確...

エコエコ あざらっこ | 2017.12.11 Mon 11:52

蒼月海里 『幻想古書房で珈琲を 心の小部屋の鍵』

  JUGEMテーマ:読書感想文           幻想古書房で珈琲を シリーズ        『ジキルとハイド』は、自分を実験材料にした結果   普段とは逆に暴力的な激しい性格なってしまったハイドと   ジキル博士の二面性がテーマの小説だが   今回の相談者は、相手が変わってしまい自分を   相手にしてくれないと言ってきた。   往々にあるケースですが、調べてみると   相手は今まで通り...

こみち | 2017.12.11 Mon 05:18

[読書の日々]ちょっと作品の見方が変わる

 事件の概要をWikipediaから引用します。    今、シリーズで読み続けている「ログホライズン」の著者、橙乃ほまれさんの説明の一部。    2011年に著作権管理会社m2ladeJAM社を設立。2014年までの3年間で、著作権利用料は1億2000万円になったが、口座にそのまま保管されていた。また、多忙と怠慢(本人談)で税務申告もされていなかったため、東京国税局に脱税で告発された。告発を受けて、検察は意図的に申告しなかったと認定し、12月10日に起訴した。2016年4月26日、自身に懲役10か月と執行猶予3年、m2lad...

読書の滴 | 2017.12.08 Fri 23:23

生きていてもいいかしら日記

生きていてもいいかしら日記 北大路公子 間日新聞社 2008年1月10日 定価:本体1,400円(税別) ISBN978-4-620-31855-4    40過ぎの独身女性、北大路公子の自虐エッセイ。 偉人伝が好きで、肉食べて復活したキュリー夫人に衝撃。大人用の偉人伝も読みたい。あまり経済産業大臣はマカロニほうれん荘のキンドーちゃんにウリ二つ。押入れを開けるとおばあさんの幽霊?だったら押入れを閉めなきゃいいと思いついた私はエライ。母親の骨折で、...

読書の滴 | 2017.12.08 Fri 00:25

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!