>
読書感想文
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

読書感想文

このテーマに投稿された記事:4136件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c216/3627/
読書感想文
このテーマについて
感想をどうぞ。
できることならば、ネタバレはご遠慮お願いいたします。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「lemon19860402」さんのブログ
その他のテーマ:「lemon19860402」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

桑野和明 『京都の甘味処は神様専用です』

JUGEMテーマ:読書感想文 京都の甘味処は神様専用です シリーズ  タイトルが『京都の甘味処は神様専用です』のため 神様相手の甘味処かと思っていましたが、読んでみると 最初に想像していた内容と少し違っていました。  京都には古くから、あやかしや神様が住み着いていると いう話はよく聞きますが、神様相手の商売というのは 初めてです。実際には神様からお代は頂きませんので 商売という言葉が正しくはないですね。但し、お金の 代わりに神様の祝福を享受できま...

こみち | 2021.07.26 Mon 00:21

藤井太洋『公正的戦闘規範』

 積読消化。今の技術が発展した近未来を描いたSF短編集。  この本にはそれぞれシンギュラリティが描かれているが、ネットワーク、ドローン、ウェアラブル端末、機械学習などが現在から地続きで発展していることがわかる。それだけで知的好奇心がビシビシ刺激され、読みながらとてもわくわくした。  収録作に共通しているのが、シンギュラリティと同時にディストピア的な社会問題が浮き彫りになり、窮地に立たされた登場人物たちが技術を応用して切り抜ける、という構成。(提示される社会問題も現代と地続きで、その知識の深さ、...

水平線上の雨 | 2021.07.24 Sat 21:59

宮澤伊織 『裏世界ピクニック5 八尺様リバイバル』

JUGEMテーマ:読書感想文 裏世界ピクニック シリーズ  紙越空魚は『一般財団法人 ダークサイエンス研究奨励会』の 事務局長の汀曜一朗と交渉の末、牧場の管理者として 契約するが、牧場の管理に必要な経費は上限を決められたのではなく 『一般財団法人 ダークサイエンス研究奨励会』と紙越空魚が その都度話し合い合意することが必要だと言い、汀曜一朗に コントロールされることに。今まで自由勝手に遣ってきた 紙越空魚と仁科鳥子の裏世界探索に制約が付くことに...

こみち | 2021.07.24 Sat 05:31

黒野伸一 『AIのある家族計画』

JUGEMテーマ:読書感想文  両親を早くに無くした恵は、知り合いの女性を頼り 年齢を偽り夜の店で働いていたが、人見知りのせいなのか 客とのトークができず、最初だけ客が付き、飽きられると 誰も指名されなくなったので、店を転々としていました。 そんな折に出会ったのが、妻に離婚され母親の介護と 子供たちの面倒に手が回らなくなった健司だった。 そんな状態の健司が、なぜ夜の店に通っていたのか 当初は判らなかったが、きっと恵のような夜の店に 向かずに安価でヘルパー的な仕...

こみち | 2021.07.19 Mon 04:43

黒野伸一 『あさ美さんの家さがし』

JUGEMテーマ:読書感想文  『あさ美さんの家さがし』6章からなる主人公が変わっていく 短編集の集まりだけど各章の話が繋がっており、巡り巡って 1章のタワーマンションを細川あさ美が、タワーマンションを 購入する話に戻っていく。  舞台は神奈川県の横浜か川崎市あたりを架空の住所にしたもの。 首都圏でも人気が高く、只でさえ相場が高い土地なのに 建物代が高いタワーマンションを購入するのには多額な資金が 必要です。幾らナンバーワンのキャバクラ嬢でも、その地位と 収入...

こみち | 2021.07.15 Thu 05:08

鴨志田一 『青春のブタ野郎はナイチンゲールの夢を見ない』

JUGEMテーマ:読書感想文 青春のブタ野郎 シリーズ  広川卯月の次に謎のシンガー霧島透子だと疑っていた 赤城郁実。梓川咲太が大学入学の日にあったという 中学時代の同級生であり、梓川咲太の妹である楓に起こった 事を知っているから、霧島透子ではないかと疑っていました。 しかしながら、本書を読んでみると赤城郁実も広川卯月と 同じ思春期症候群の犠牲者であり、霧島透子によるマジック? の犠牲者であることが判りました。 しかも、霧島透子は『青春のブタ野郎は...

こみち | 2021.07.12 Mon 08:28

ストレンジ・フィクションズ『夜になっても遊びつづけろ よふかし百合アンソロジー』

よふかし百合アンソロジー/収録作あらすじ紹介 amazonで購入しました。アンリミで読み放題らしいです。 「夜ふかし」をコンセプトに組まれた百合小説&まんが合同アンソロジー。豪華執筆陣、珠玉の作品揃い、各話に扉イラストつき、売上は寄付されるとのことですがこれ本当にワンコインでいいんですかという内容になってます。  もう「夜ふかしをコンセプトにした百合」って時点で面白いに決まってるじゃん、と思って読んだら予想以上に面白かったです。読み終わって全作品好きだなと思ったのは久しぶりでした。これはすごいア...

水平線上の雨 | 2021.07.11 Sun 20:49

入間人間 『安達としまむら6』

JUGEMテーマ:読書感想文 安達としまむらシリーズ  しまむらの家族一緒に、しまむら母の実家に里帰り。 同じ県内なのに大分風景が違うのは、里帰りした 気分に浸れそうだけど、島村抱月は里帰りしても 何もメリットを感じられないのか、里帰りすることを 嫌がっていました。刺激のある都会近くでない 田舎の自然には女子高生の島村抱月的には 面白味がないのでしょう。しかし、母親の田舎に 帰ってみると老犬のゴンが島村抱月のことを 忘れずに待っていたのは。新鮮なことだっ...

こみち | 2021.07.10 Sat 04:55

谷川流 『涼宮ハルヒの直観』

JUGEMテーマ:読書感想文 涼宮ハルヒシリーズ  恐らく、いつも『涼宮ハルヒシリーズ』では常識では 考えられないような超常現象が起こっていましたが 『涼宮ハルヒの直観』においては、読み逃しがなければ ごく普通の高校生の日常が描かれていたのは、前作品から 大分経ってからのシリーズの続編なので思考を凝らしたので しょう。ミステリー小説のように感じました。 『涼宮ハルヒの直観』では、当然人は死にませんし、事件や 事故の犠牲者は出ません。個人的には前作の『涼宮ハ...

こみち | 2021.07.07 Wed 05:56

訳:鈴木覚 福本直之 野原昇 『狐物語 Le Roman de Renart』

JUGEMテーマ:読書感想文  『汐汲坂のカフェ・ルナール』を読んだときに登場した 『狐物語』に興味が湧いたので探して読んでみました。 中世時代のヨーロッパで様々な作者によって書き足された 作品は、日本語訳にするのには苦労があったのでしょう。  本作品はヨーロッパでは有名らしいですが 『汐汲坂のカフェ・ルナール』を読むまでは知りませんでした。 中世時代に描かれた文体を重視して日本語版を作ったので 中の章によって書きっぷりが違っており内容も一部統一されて...

こみち | 2021.07.05 Mon 06:47

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!