>
読書感想文
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

読書感想文

このテーマに投稿された記事:3011件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/3627/
読書感想文
このテーマについて
感想をどうぞ。
できることならば、ネタバレはご遠慮お願いいたします。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「lemon19860402」さんのブログ
その他のテーマ:「lemon19860402」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

儚い羊たちの祝宴/米澤 穂信

記事タイトルの文庫本を読みました。     上流社会を舞台にした、ダークな雰囲気が漂う短編集。   4話目の『玉野五十鈴の誉れ』は ずっと昔『Story Seller』に収録されていたものを既に読んでいました。     駄作がなく、どの話も面白かった。 最後の5話目を読み終えた後は、なんとも言えない気分に。     3話目の『山荘秘聞』が一番のお気に入り。   ネタバレは書きませんが、 他の4話とは決定的に違う点があり、俺はこういう...

My LAND(e)SCAPE | 2017.03.26 Sun 13:58

孤島パズル/有栖川 有栖

記事タイトルの文庫本を読みました。     先に読んだ『月光ゲーム』の続編。   雑多だった前作と比べて、すっきりとした印象。   自転車やボートの位置が記された孤島の地図が付いており、 移動手段がトリックのキモとなるのは明白だったので、 その点に注意して読み進めました。     『読者への挑戦』ページまで読んだ後、 結構な時間を推理に費やしましたが、ギブアップ。   怪しい動きをしていた人物が犯人だったのは予想通りだったものの、 ...

My LAND(e)SCAPE | 2017.03.25 Sat 01:52

夏見正隆 『蠅魔王降臨! 新・天空の女王蜂?』

              JUGEMテーマ:読書感想文       新・天空の女王蜂 シリーズ        西日本帝国海軍浜松基地で、みんなの視線を集めるのは   水無月忍。売れていなかったと言っても、一応アイドル   だったので、ルックスは抜群。こんなことでは東日本共和国が   攻めてきたら対処できないのでは。        3か月でウイングマークを取得した水無月忍...

こみち | 2017.03.23 Thu 21:52

内在する神 書籍「沈黙」より

    JUGEMテーマ:読書感想文 おひさしぶりの読書感想文です。 前回記載したように今回は、戦後日本文学の代表であり、 キリスト教文学の至高の作品として名高い「沈黙」を 取り上げてみようと思います。 初読みは学生の頃でもあったので、読み直しました。 前提条件として、本作品は、神とは、または、信仰とは、 といったテーマを扱っています。 これらの主題は非常に重く、また個々人によって価値観が 異なる内容でもあり、宗教観によっても変わってきます。 なので、ここでは、別の視点から書いて...

Healing Room 花蓮 | 2017.03.23 Thu 20:49

鬼の跫音/道尾 秀介

記事タイトルの文庫本を読みました。     薄めの本に、6話の短編が収録。   会社の昼休みの30〜40分間でちょうど1話を読み終える感じでした。   どの話も暗い上に重く、 昼休み明けは少しブルーな気分で仕事を再開する羽目に。     全話共通して最後には意外性のある展開が待ち構えており、面白かったです。     映画『カラスの親指』は観ましたが、本を読むのは初めての作家。   洗練され、よく練られたストーリーの他、 文体や雰...

My LAND(e)SCAPE | 2017.03.22 Wed 23:08

木下半太「奈落のエレベーター」

木下半太「奈落のエレベーター」 ☆☆☆☆★星4つ(5点満点中) 「悪夢のエレベーター」の続編。 カオルを追って悪夢のマンションに再び戻る三郎。一方車で待っていた マッキーの元に男がやってきて・・・。 「悪夢のエレベーター」直後から話が始まっているので、前作を読んでいる ことが必須。実はあの事件の外側にはもっと大きな企みがあった、という話。 テンポが良くてぐいぐい読める。次々とトラブルや災難が襲い掛かってきて 翻弄される主人公たちがなぜか面白い。それぞれのキャラがいいんだよなー。 三郎たちを...

才能とは努力を継続できる情熱 | 2017.03.22 Wed 17:46

矢崎存美 『ドクターぶたぶた』

            JUGEMテーマ:読書感想文       ぶたぶたシリーズ        山崎ぶたぶたが内視鏡を使って手術するシーンと   メスを握るぶたぶたは、想像するのは難しいですが   思わず思い浮かべてしまうぶたぶたのドクター姿と   内視鏡との構図は相性がいい気がします。   しかし、山崎ぶたぶたの人柄を知らない人からみると   手術担当医が、ぶたの縫ぐるみだなん...

こみち | 2017.03.19 Sun 09:36

そして扉が閉ざされた/岡嶋 二人

記事タイトルの文庫本を読みました。     最低限の登場人物、特殊な舞台設定、 徐々に明かされていく真相と、良い感じ。   シェルター内の現在と過去の出来事を行ったり来たりする構成も面白かった。   登場人物に魅力を感じなかったという マイナスポイントを差し引いても、まぁ面白かったです。     ただ、真相を知った時の『そういうことだったの感』はあったものの、 裏表紙に書かれているような『意外極まる結末』というほどではなかった。   ...

My LAND(e)SCAPE | 2017.03.19 Sun 02:45

[読書の日々]Blue

 最近の雑誌はタイトルから中身を想像できないものが多い。「Blue」で何を思い浮かべますか?空?おしいっ!海。そうです。青色と言えば海。海の雑誌。実はサーフィンの専門雑誌なんですね。カッコイイですね。たまたま職場にサーフィンをする人がいるので、やや興味を持っていますが、そもそもインドアな性格の私。ブルーと言えば、誰かに怒られるか、何か失敗するか、思い通りに物事が進まないか。そういう状態しか思いつかないんですよね。    このBlueのコンセプト:サーフィンはこれまでの歩みで、旅、音楽、ファ...

読書の滴 | 2017.03.19 Sun 00:04

コインロッカー・ベイビーズ(下)

コインロッカー・ベイビーズ(下) 村上龍 講談社 1980年10月28日 定価:880円 0093-168681-2253(0)    少年刑務所で船舶技術を学んでいるキクの元に弟・ハシが面会しに訪ねてきた。ハシは結婚したニヴァをお腹の子供を一緒に殺そうとしている。あいつは狂っている。キクは恋人アネモネの力を借り、航海実習の時に脱走するが、逃げたところで同じ実習生を殺してしまう。そしてハシは自分の求める音、母親の心臓の音を探して妊婦に襲いかかる。 &nb...

読書の滴 | 2017.03.18 Sat 23:06

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!