• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

書評

このテーマに投稿された記事:896件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/5743/
書評
このテーマについて
小説・その他に関する書評、とまでは行かなくても読書感想文も。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「invia」さんのブログ
その他のテーマ:「invia」さんが作成したテーマ一覧(5件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

番外編その39〜旅のラゴス/筒井康隆

筒井さんは初挑戦。個人的には正統派SF作品である、と位置づけたワケですが(笑)、なかなか深くておもしろかったです。とても読みやすいのもナイス。   旅のラゴス (新潮文庫) 中古価格 ¥271から

ヒゲとメガネの、よみました。 | 2016.11.06 Sun 23:03

チルドレン/伊坂幸太郎

ミステリ風仕掛けが散りばめられた連作短編集。 またしても文句ナシに面白かった。 やっぱり世界観と登場人物のキャラで一気に持ってかれます。 もう、完全にファンです。   チルドレン (講談社文庫) 新品価格 ¥648から (2015/2/5 15:11時点) ★チルドレンを楽天ブックスで検索!★

ヒゲとメガネの、よみました。 | 2016.10.24 Mon 16:57

詩的私的ジャック/森博嗣

またもこの人、再読了。これはなんとなく覚えてました。ロック歌手の歌詞をモチーフにしていたり、文系っぽいといいますか、シリーズ中では異色の作な感じ。ついでに言うと、これでもかというくらい正統派なミステリだな、という印象でした。 JUGEMテーマ:書評

ヒゲとメガネの、よみました。 | 2016.10.16 Sun 17:33

番外編38〜アフターダーク/村上春樹

一夜にして読み終えました。感想は…何とも微妙なところ。。すっと読めてしまった分、すらっと通りすぎてしまったような。実はそこに深みがあるのか、または深みがないのが持ち味なのか…?ついつい詮索してみたくなりますが、そんなことをすると作者に怒られてしまいそうです(笑)。 JUGEMテーマ:書評   アフターダーク (講談社文庫) 中古価格 ¥1から ★アフターダークを楽天ブックスで検索!★

ヒゲとメガネの、よみました。 | 2016.10.07 Fri 13:10

笑わない数学者/森博嗣

またまた再読了。激烈偏屈なキャラに大掛かりかつ緻密なトリックが光る、これぞ森作品。隠された人間関係のどろどろ具合がひどくて笑えますが、この人意外とこーいうの好きなんですよね〜(笑)。

ヒゲとメガネの、よみました。 | 2016.09.27 Tue 18:21

番外編37〜デスノート/大場つぐみ・小畑健

うーん、これまたすごい。タイトルや絵柄から、てっきりオカルト系かと思ってたんですけど、ま、その要素もちらっとはありますが、本格ミステリだこりゃ。何がすごいって、字が多い(笑)。じゃなくて、それもほんとなんですけど、絵の描き込の細かさもすごいし、読みごたえがすごい。 ちょっと漫画読んでる感覚じゃないです。あ、ちなみに絵描いている人は「ヒカルの碁」とか「あやつり左近」とか、描いてた人なんですね。細かいけど、キレイな絵です。 で。もーストーリーなんてもんは、僕にゃ説明できませんわ(笑)。話も細...

ヒゲとメガネの、よみました。 | 2016.09.20 Tue 09:02

幻惑の死と使途/森博嗣

お久しぶりの再読了。やっぱりこの人ばっかり読んでしまうのです。これもエンタメ色が濃く面白い。トリック的なところはなんとなく覚えてたものの、ラストのどんでん返しをすっぽり忘れる程度のノーミソなので、衝撃の結末をもう一度味わえました(笑)。     JUGEMテーマ:書評  

ヒゲとメガネの、よみました。 | 2016.09.12 Mon 17:30

読書感想│アグニオン 浅生鴨 著

JUGEMテーマ:書評   浅生鴨さんの「アグニオン」を読んだ。   アグニオン 浅生鴨著   だいぶ前、ツイッターのNHK公式の中の人が面白くて、話題になってた。 で、ずっとフォローしてたんだけど 面白かった人はそのうちNHKを退社されたらしく、 中の人が交代したので、フォローを外してた。

桜咲夜 | 2016.09.12 Mon 12:43

番外編35〜最終兵器彼女/高橋しん

これやベー。マジやべー。全7巻、一気読みしました。スピリッツでの連載中にちらっとだけ読んでましたが、全編通して読んだのは初めて。 しかしいやはや重い…。好き嫌いは分かれるんだろうなー。。基本は恋愛モノだと思うのですが、世界観が独特…というより、半ば異常(笑)。ストーリーについては、めんどくさいので省きます(笑)。 いやしかし、途中で読むの辛くなって、もうやめようかなとか思ったくらい、切ない。素通りできなくて胸がきりきりと締め付けられる。とか言っててなんだか、恥ずかしいんですけ...

ヒゲとメガネの、よみました。 | 2016.08.31 Wed 14:37

フィルム旅芸人の記録/椎名誠

今までに一番多く読んでいるのはこの人の作品かも。 彼の文章を読むと、肩のチカラがすっと抜けるのに、なぜか内側からはみなぎってくるような感覚に。  こちらは自身の監督した映画を携えて日本全国を巡業上映してゆく様子を細かく追ったドキュメント。 もーとにかくエネルギッシュ! 好きなことをとことんやっている人間の姿は美しい。   フィルム旅芸人の記録 集英社文庫 ★フィルム旅芸人の記録を楽天ブックスで検索!★

ヒゲとメガネの、よみました。 | 2016.08.13 Sat 18:02

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全896件中 21 - 30 件表示 (3/90 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!