ノンフィクション
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ノンフィクション

このテーマに投稿された記事:680件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/1176/
ノンフィクション
このテーマについて
ノンフィクションの書籍が集うテーマです。ノンフィクションの定義は分かりやすく、文字通りフィクションではない文芸作品すべて(日記・旅行記・自伝・人物評伝・戦記・歴史・社会問題など)と考えています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「zexion」さんのブログ
その他のテーマ:「zexion」さんが作成したテーマ一覧(19件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

ヌミノースな世界 50  ― 因果応報

JUGEMテーマ:ノンフィクション    幼馴染の一平は、大人になってかなりの遊び人になっていた。一時期は、女の子を二股ならぬ17股かけていたこともある。    それが、女の子たち全員にバレて、総スカンを食らった。まあ、当然と言えば、当然の報いだが、ホントの報いは、この後に来た。一平が、ガソリンスタンドでバイトしていた時、煮えたぎったコールタールを運んでいて転び、それが彼の顔にかかってしまったのだ。コールタールが顔にかかった瞬間、一平は顔を押さえて、のたうち回った。   ...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 23:47

ヌミノースな世界 49  ― 蛇行

JUGEMテーマ:ノンフィクション   (注意)この記事には、猟奇的な記述があります。気の弱い方、お食事中の方は、決してお読みにならないで下さい。    ある夏の晩、葛城は、自家用車を運転して、友人宅へ向かっていた。    ふと、前を見ると、右に左にと蛇行しながら走っている一台の乗用車がいる。居眠り運転かなと思いながら、見ていると、その車は、スー―ッと右斜め方向に動き出した。    ちょうどその時、対向車線を大型トラックが走って来た。    「危ない!」 ...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 22:57

ヌミノースな世界 48  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション    店を出る前に、フィリピンバンドのメンバーたちが、一平に声をかけて来た。英語だったので、一平に頼まれて通訳をした。バンドメンバーは、一平と友達のようだった。    要するに、追っかけの女の子たちと飲みに行くから、一緒に来ないかと言うお誘いだった。お金は、追っかけの女のコたちが出すらしい。    というわけで、バンドメンバー三人、マキちゃん、彼女の友達、追っかけの女の子三人、そして一平と私の10人で朝の4時ごろまで飲んだ。一平は、私の通訳...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 21:44

ヌミノースな世界 47  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション    ここまで来たら、また、何かが起こって、事態が変わるんじゃないかと思えて来た。案の定、それからすぐに、ポッチャリとしたショートカットの女の子が、店の前で、声をかけて来た。    「一平君やない。なんしようと?」    「おー、マキ、いいところに来た。オレ、知らんやったっちゃけど、ここ女の子同伴じゃないと入れんらしいね。」    「一緒に入る?」    「うん。友達も、連れて行っていいやろ?」    「いいよ...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 21:03

ヌミノースな世界 46  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション    "Big Together"の前に着いて、健二君の車から降りた。健二君は、クラクションを鳴らして、去って行った。これから、また車で女の子を引っかけに行くのだろう。    「ほうら、オレの言うたごと、ちゃんと車の来たろう?」    「たまたまやろ?」    「たまたまじゃないって。お前は、遊び方を知らんなあ。」    「なあ、一平君、ここまで来たけど、中に入って踊ったりしたら、喉乾くやろ?」    「おお、そう...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 19:57

ヌミノースな世界 45  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション    「一平、これから、どうすると?」    「うーん、どうしようか?取り敢えず、車を拾って、ここら辺をドライブしながら考えるわ。」    「またまた。車拾うたって、俺たち、タクシー代なんか持ってないやろ。」    「ここいら辺をブラブラしよったら、知り合いに会うとて。」    「そんな、行き当たりばったりな。世の中、そう自分の思うごとうまく行くもんかい。」    と私が言った瞬間だった。いきなり、「プー、プー...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 19:29

ヌミノースな世界 44  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション    天神に出た。    「一平、金もないとに、これからどうすると?」    「まあ、任せときやいって。夜は長い。今から、腹ごしらえしようぜ。」    「ハア?腹ごしらえって、金なかろうもん。」    「いいけん、ついて来やい。」    一平は、某百貨店の屋上にあるビヤガーデンに私を連れて行った。一平は、ビヤガーデンに入ると、近くいた従業員に、    「○○マネージャーを呼んでくれませんか?」   ...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 18:32

ロードス島の聖ヨハネ騎士団に参加した若者たちの視点を通してみた、トルコとの攻防戦「ロードス島攻防記」を読み返している。

JUGEMテーマ:ノンフィクション   書名:ロードス島攻防記 著者:塩野七生 出版:新潮文庫   【内容情報】(「BOOK」データベースより) イスラム世界に対してキリスト教世界の最前線に位置するロードス島。コンスタンティノープルを陥落させ、巨大な帝国を形成しつつ西進を目指すオスマン・トルコにとっては、この島は喉元のトゲのような存在だった。1522年、大帝スレイマン1世はついに自ら陣頭指揮を取ってロードス島攻略戦を開始したー。島を守る聖ヨハネ騎士団との5ヶ月にわたる壮烈な攻防...

私立空想芸術館 | 2017.01.15 Sun 15:38

ヌミノースな世界 43  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション  大学に入学して一年後のことである。当時、私は、一年余りにわたる中崎との同居を解消して、実家に戻っていた。        (「ヌミノースな世界 34  ― FMラジオ」http://koshiki.jugem.jp/?eid=2859 参照)  そんなある日の事である。朝、家で大学の授業に行こうと準備をしていると、幼馴染の一平が突然訪ねて来た。当時の一平は、仕事をしたり、辞めたりで、遊び人のような生活を送っていた。    「よう、龍一、今から遊びに行かないか?」 &nbs...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 12:31

ヌミノースな世界 42  ― 帰省

JUGEMテーマ:ノンフィクション    大学の夏休みに、圭司は、入学祝に親から買ってもらった中古のブルーバードを運転して佐賀の実家へ帰省していた。    その日は、アパートを出た時から、おかしな感じだった。景色が、薄茶のベールをかけたようにくすんで見えるのだ。それが少し気にはなったが、圭司は、「気のせいだ」と自分に言い聞かせ、久しぶりに家族や友人に再会できる喜びに胸を躍らせながら、車を走らせた。    実家の近くまで来て、踏切を渡り右折した。圭司が覚えているのは、そこ...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.13 Fri 08:39

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全680件中 81 - 90 件表示 (9/68 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!