ノンフィクション
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ノンフィクション

このテーマに投稿された記事:684件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/1176/
ノンフィクション
このテーマについて
ノンフィクションの書籍が集うテーマです。ノンフィクションの定義は分かりやすく、文字通りフィクションではない文芸作品すべて(日記・旅行記・自伝・人物評伝・戦記・歴史・社会問題など)と考えています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「zexion」さんのブログ
その他のテーマ:「zexion」さんが作成したテーマ一覧(19件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

凄まじい貧困と暴力、開高健ノンフィクション賞受賞作

アメリカと南米の間にある国、ホンジュラスの少年、ギャング団について取材し レポートした本。2016年第14回開高健ノンフィクション賞を受賞した注目作。   マラスという若者ギャング団があるのだが、一員になる条件は、誰か人を殺すこと。 そして、脱退するには死を覚悟すること。 本作では、殺人命令から逃れるためにメキシコへの決死の逃避行を果たした少年や 元マラスの男が若者を助ける話など、貧困と暴力のすさまじい現実に驚愕する。   『マラス 暴力に支配される少年たち』 >詳細を見...

Book Bulletin Board =話題の本の情報= | 2017.01.23 Mon 13:46

ヌミノースな世界 54  ― 予知夢

JUGEMテーマ:ノンフィクション    中国で日本語教師として働いていた頃、同僚の女の子が、私が夢分析をすると聞いて自分が見た夢の解釈を頼んできたことがあった。彼女は、夢の中で1人の若い女性が刺されるのを目撃する。    直観的に予知夢じゃないかと思ったが、彼女を怖がらせたくなかったので、象徴夢的に解釈して、「自分の中の悪い部分が死ぬって言う意味かもしれない」と答えておいた。    それから三日後、彼女から、    「あの夢を見た翌日、大学の正門のところで男子...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.23 Mon 12:42

ヌミノースな世界 53  ― 足抜け

JUGEMテーマ:ノンフィクション    中学の時の友人に、木藤と言う男がいた。彼は、普段は大人しかったが、ちょっとしたことがキッカケでキレると手が付けられなくなるところがあった。私も、彼と殴り合いのケンカをしたことがある。    もっとも、それがキッカケでその後は仲のいい友達になったが。    彼は、高校卒業後、板前になった。学生の頃、うちに遊びに来た彼が、料理を作ってくれたことがある。かなり美味かったので、料理人としては、いい腕をしていたのだと思う。    その...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.20 Fri 20:53

ヌミノースな世界 51  ― 悪夢

JUGEMテーマ:ノンフィクション    私は、アメリカに住む白人男性である。自分の秘書と肉体関係にあったが、上司の娘との結婚が決まり、彼女の存在が邪魔になる。彼女との関係がバレたら、私の出世の道は断たれてしまう。    しかも、この時、彼女は私にしつこく結婚を迫って来るようになっていた。追い詰められた私は、ある晩、自宅で彼女を殺害してしまう。今、ここで警察に捕まったりしたら、私は破滅だ。誰にも見つからないよう彼女の死体を処理せねばならない。近隣の人々が寝静まる夜中まで待ってか...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.16 Mon 23:38

ヌミノースな世界 50  ― 因果応報

JUGEMテーマ:ノンフィクション    幼馴染の一平は、大人になってかなりの遊び人になっていた。一時期は、女の子を二股ならぬ17股かけていたこともある。    それが、女の子たち全員にバレて、総スカンを食らった。まあ、当然と言えば、当然の報いだが、ホントの報いは、この後に来た。一平が、ガソリンスタンドでバイトしていた時、煮えたぎったコールタールを運んでいて転び、それが彼の顔にかかってしまったのだ。コールタールが顔にかかった瞬間、一平は顔を押さえて、のたうち回った。   ...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 23:47

ヌミノースな世界 49  ― 蛇行

JUGEMテーマ:ノンフィクション   (注意)この記事には、猟奇的な記述があります。気の弱い方、お食事中の方は、決してお読みにならないで下さい。    ある夏の晩、葛城は、自家用車を運転して、友人宅へ向かっていた。    ふと、前を見ると、右に左にと蛇行しながら走っている一台の乗用車がいる。居眠り運転かなと思いながら、見ていると、その車は、スー―ッと右斜め方向に動き出した。    ちょうどその時、対向車線を大型トラックが走って来た。    「危ない!」 ...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 22:57

ヌミノースな世界 48  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション    店を出る前に、フィリピンバンドのメンバーたちが、一平に声をかけて来た。英語だったので、一平に頼まれて通訳をした。バンドメンバーは、一平と友達のようだった。    要するに、追っかけの女の子たちと飲みに行くから、一緒に来ないかと言うお誘いだった。お金は、追っかけの女のコたちが出すらしい。    というわけで、バンドメンバー三人、マキちゃん、彼女の友達、追っかけの女の子三人、そして一平と私の10人で朝の4時ごろまで飲んだ。一平は、私の通訳...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 21:44

ヌミノースな世界 47  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション    ここまで来たら、また、何かが起こって、事態が変わるんじゃないかと思えて来た。案の定、それからすぐに、ポッチャリとしたショートカットの女の子が、店の前で、声をかけて来た。    「一平君やない。なんしようと?」    「おー、マキ、いいところに来た。オレ、知らんやったっちゃけど、ここ女の子同伴じゃないと入れんらしいね。」    「一緒に入る?」    「うん。友達も、連れて行っていいやろ?」    「いいよ...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 21:03

ヌミノースな世界 46  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション    "Big Together"の前に着いて、健二君の車から降りた。健二君は、クラクションを鳴らして、去って行った。これから、また車で女の子を引っかけに行くのだろう。    「ほうら、オレの言うたごと、ちゃんと車の来たろう?」    「たまたまやろ?」    「たまたまじゃないって。お前は、遊び方を知らんなあ。」    「なあ、一平君、ここまで来たけど、中に入って踊ったりしたら、喉乾くやろ?」    「おお、そう...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 19:57

ヌミノースな世界 45  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション    「一平、これから、どうすると?」    「うーん、どうしようか?取り敢えず、車を拾って、ここら辺をドライブしながら考えるわ。」    「またまた。車拾うたって、俺たち、タクシー代なんか持ってないやろ。」    「ここいら辺をブラブラしよったら、知り合いに会うとて。」    「そんな、行き当たりばったりな。世の中、そう自分の思うごとうまく行くもんかい。」    と私が言った瞬間だった。いきなり、「プー、プー...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 19:29

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全684件中 81 - 90 件表示 (9/69 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!