ノンフィクション
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ノンフィクション

このテーマに投稿された記事:684件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/1176/
ノンフィクション
このテーマについて
ノンフィクションの書籍が集うテーマです。ノンフィクションの定義は分かりやすく、文字通りフィクションではない文芸作品すべて(日記・旅行記・自伝・人物評伝・戦記・歴史・社会問題など)と考えています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「zexion」さんのブログ
その他のテーマ:「zexion」さんが作成したテーマ一覧(19件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

ヌミノースな世界 44  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション    天神に出た。    「一平、金もないとに、これからどうすると?」    「まあ、任せときやいって。夜は長い。今から、腹ごしらえしようぜ。」    「ハア?腹ごしらえって、金なかろうもん。」    「いいけん、ついて来やい。」    一平は、某百貨店の屋上にあるビヤガーデンに私を連れて行った。一平は、ビヤガーデンに入ると、近くいた従業員に、    「○○マネージャーを呼んでくれませんか?」   ...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 18:32

ロードス島の聖ヨハネ騎士団に参加した若者たちの視点を通してみた、トルコとの攻防戦「ロードス島攻防記」を読み返している。

JUGEMテーマ:ノンフィクション   書名:ロードス島攻防記 著者:塩野七生 出版:新潮文庫   【内容情報】(「BOOK」データベースより) イスラム世界に対してキリスト教世界の最前線に位置するロードス島。コンスタンティノープルを陥落させ、巨大な帝国を形成しつつ西進を目指すオスマン・トルコにとっては、この島は喉元のトゲのような存在だった。1522年、大帝スレイマン1世はついに自ら陣頭指揮を取ってロードス島攻略戦を開始したー。島を守る聖ヨハネ騎士団との5ヶ月にわたる壮烈な攻防...

私立空想芸術館 | 2017.01.15 Sun 15:38

ヌミノースな世界 43  ― 夜遊び?

JUGEMテーマ:ノンフィクション  大学に入学して一年後のことである。当時、私は、一年余りにわたる中崎との同居を解消して、実家に戻っていた。        (「ヌミノースな世界 34  ― FMラジオ」http://koshiki.jugem.jp/?eid=2859 参照)  そんなある日の事である。朝、家で大学の授業に行こうと準備をしていると、幼馴染の一平が突然訪ねて来た。当時の一平は、仕事をしたり、辞めたりで、遊び人のような生活を送っていた。    「よう、龍一、今から遊びに行かないか?」 &nbs...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.15 Sun 12:31

ヌミノースな世界 42  ― 帰省

JUGEMテーマ:ノンフィクション    大学の夏休みに、圭司は、入学祝に親から買ってもらった中古のブルーバードを運転して佐賀の実家へ帰省していた。    その日は、アパートを出た時から、おかしな感じだった。景色が、薄茶のベールをかけたようにくすんで見えるのだ。それが少し気にはなったが、圭司は、「気のせいだ」と自分に言い聞かせ、久しぶりに家族や友人に再会できる喜びに胸を躍らせながら、車を走らせた。    実家の近くまで来て、踏切を渡り右折した。圭司が覚えているのは、そこ...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.13 Fri 08:39

ヌミノースな世界 41  ― 再会

JUGEMテーマ:ノンフィクション    戸田が道を歩いていると、向こうから昔の知り合いの木下が歩いて来た。    「おお、戸田じゃないか。久しぶりやねえ。」    「ああ、木下か。ホント久しぶりやねえ。」    「どうだ、よかったら、これからうちに来ないか?いい酒が手に入ったんだよ。」    「そう言われたら、行かないわけにはいかんな。お邪魔するよ。」    と言うわけで、二人は、木下の自宅へ向かった。木下の家に着いた。木下は、玄関のドアを開け...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.12 Thu 21:11

ヌミノースな世界 40  ― ある夏の日の出来事

JUGEMテーマ:ノンフィクション   (注意)この記事には、性的な表現が含まれています。    2003年の春に、慢性的な睡眠不足のため、勤めていた立体駐車場で操作を間違えてしまい、その仕事を首になった。幸い、人身事故には到らなかったので、業務上過失致死傷などの罪に問われることは無かった。    それから一年間は、苦しかった。ハローワークの職業訓練生募集の記事を見て、応募し試験を受けて合格したので、ビジネススクールでパソコンの操作を学んだ。だが、職業訓練を終えても、仕事は...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.12 Thu 18:15

ヌミノースな世界 39  ― 痣(あざ)

JUGEMテーマ:ノンフィクション    中国に渡る直前まで、私は福岡市南区にあるショッピングモールで駐車場管理の仕事をしていた。これが、かなりハードな仕事だった。地下駐車場と屋外駐車場の両方を一日中歩き回って、ゴミを拾ったり、車の誘導をしたり、地下でのアイドリングを注意したりするのだが、帰宅すると食事を摂る気力も失せてしまうほどだった。    管理人控室も、控室とは名ばかりで、ネズミが這いまわっているような薄汚い機械室に机と椅子が置かれているだけのシロモノだった。   ...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.12 Thu 09:25

ヌミノースな世界 38  ― 足場

JUGEMテーマ:ノンフィクション    私がまだ高校生だった時に、福岡市で地下鉄工事が始まった。二浪して大学に入ってから、バイトで地下鉄の工事現場に行った。現場に行ってみると、10メートルほど下に地下鉄の線路が見え、線路の上をまたぐように足場がかけられていた。足場の幅は、確か、35?〜40?程度しかなかったように記憶している。もっと狭かったかもしれない。    しかも、横に手すりも何もないのである。落ちたら一巻の終わりのその足場を重い鋼材を両手で抱えて、行ったり来たりしなければならな...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.11 Wed 08:21

ヌミノースな世界 37  ― 雪山

JUGEMテーマ:ノンフィクション    大学の登山部に所属していた圭司は、一人で冬山を登っていた。麓の山小屋から登り始め、3合目くらいまで来たとき、立ち止まって空を見上げている女性に出会った。その女性は、パンタロンにハイヒールを履き、レインコートだけを羽織っていた。とても、冬山を登る恰好ではなかった。    これは変だと感じた圭司は、彼女に声をかけた。    「もうすぐ日が暮れます。日が暮れてから山を下りるのは危険なので、なるべく早く下山なさった方がいいですよ。」 &...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.10 Tue 16:47

ヌミノースな世界 36  ― 登山

JUGEMテーマ:ノンフィクション    1970年代後半、一人の大学生が、福岡と佐賀の県境に位置する脊振山を登っていた。山頂からの眺めを楽しんだらすぐに下山するつもりだったが、彼は途中で道に迷い、藪の中を歩き回る羽目に陥ってしまう。    悪戦苦闘の末に、藪からやっとのことで這い出ると、突然、    「動くな!そこで止まれ!」   と言う鋭い声がかかった。周囲を見ると、自動小銃を構えた10人ほどの自衛隊員が、銃口をこちらに向けて自分を取り囲んでいる。彼は、間違えて自...

無意識との対話 Dialogues between the conscious and unconscious | 2017.01.10 Tue 09:55

このテーマに記事を投稿する"

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

全684件中 91 - 100 件表示 (10/69 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!