エッセー・紀行文
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

エッセー・紀行文

このテーマに投稿された記事:631件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/3981/
エッセー・紀行文
このテーマについて
そもそもカテゴリーにエッセーや紀行文があってもいいんじゃないかと思いますが、なかったのでテーマで作りました。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「dellefantasie」さんのブログ
その他のテーマ:「dellefantasie」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22 >

一か八か 魅惑の台湾紀行 その16:・・台湾中心を南下・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 さて、ある場所に向かって歩きましょう。おや、大通りにこんなものがありました。台湾鉄路LDK58、蒸気機関車。1923年に日本が作ったものとあるようです。さすが台湾。歴史を忘れてはいません。新光人寿保険摩天大楼、その高さがひときわ目立ちます。直射日光を浴び、かなり蒸し暑くなり、妻の足取りが遅くなりました。ちょっとご機嫌斜めですね。注意しなければ。二二八和平公園に入り、国立台湾博物館の前を通り過ぎます。今日は閉館日?誰もいません。さ、公園を抜け出て道を進みます。バイクだ...

水瓶座の憂い Melancholy of Aquarius | 2015.08.18 Tue 08:25

一か八か 魅惑の台湾紀行 その15:・・台湾では英語は通じない・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 駅ビルへ上がろうとうろうろしていましたら、いつの間にか建物の外に出てしまいました。これが台湾車站の外観です。ほとんどのバスには何らかの大きな広告がペイントされています。さて、改めて中に入ります。さほどの混み具合でもありません。JR博多駅の方がはるかに混んでいます。さて、レストラン街に入り適当な店を探します。なにしろ空腹の限界に近づいています。ここにしましょうか、入りましょう。席に座り、若いお姉さん(おそらくは高校生・大学生のバイト)が注文を取りにやってきました...

水瓶座の憂い Melancholy of Aquarius | 2015.08.17 Mon 08:31

一か八か 魅惑の台湾紀行 その14:・・整った町並み・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 故宮院から士林駅までタクシーの手段もありましたが、ここはとにかく公共の手段です。またバスに乗ります。今度の運転手さんは大丈夫でした。街中はきちんと整っていますね。下車しますと、もう日差しは亜熱帯。カンカン照りですが、その分、緑が美しい。既に路面は乾いています。士林駅から今度は南下します。昼頃で人が多いですね。しかも若い人達が多い。あまりビジネスマン・OLっぽい服装の人はいません。暑いからでしょうか。町並みも、近代的な建物のすぐ脇にオンボロ家屋。このアンバランス...

水瓶座の憂い Melancholy of Aquarius | 2015.08.14 Fri 10:22

一か八か 魅惑の台湾紀行 その12:・・暴走バス・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 風はさほどでもありませんが、かなりの雨です。私達が行きたいのはここ、故宮博物院です。駅を出て、バス通りまで出ますと、幸運にもすぐに故宮院行きのバスが来ました。雨に追われるように飛び乗ります。ええっと均一料金のようです。確か15元(60円 二人で120円)、安いものです。しかし、両替機なし。二人合わせて小銭が揃うかな?さて、ここからがすごかった。バスの運転が荒い。車もバイクもお互いにすごく幅寄せしてきます。あとわずか10-20cmという所までは平気で近づきますね。しかもアク...

水瓶座の憂い Melancholy of Aquarius | 2015.08.14 Fri 08:11

一か八か 魅惑の台湾紀行 その11:・・さあ、元気に出発・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 さて、Day2の始まりです。朝食バイキングで元気をつけます。はしたない話ですが、朝食の後はトイレ問題です。ここら辺は妻と念入りに相談。ウォシュレットで十分に洗浄、そして拭いた紙は絶対にそれと分からないようにたたみ込んで、ビニール袋に入れておくことにしました。・・・んー、あ、OKです。よかった。やはりいくら妻と言えども、見せなくて済むものを見せたくはありません。さて、スッキリしたところで出発です。ところがこの日の朝は雨。基本的に地下鉄・バス移動ですが、やはり濡れるこ...

水瓶座の憂い Melancholy of Aquarius | 2015.08.13 Thu 08:40

一か八か 魅惑の台湾紀行 その10:・・おばさんの唾液が・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 バス出発の時間を気にしながら歩きます。バスに乗らずに自分で帰るオプションもあるのですが、それほどこの夜市に執着することもありません。「台湾の夜市に行ったことがある」で結構です。何か食べようかとも思うのですが、常に「臭豆腐」の臭いが食欲の邪魔をしてしまいます。そうそう、台湾の出店でよく売られている腓骨って、スネの骨ではなく、肋骨(リブ)のようです。あー、これは何でしょう?女性達が店先に座っています。おばちゃんが太い糸を口にくわえピンと伸ばして女性の顔をこすって...

水瓶座の憂い Melancholy of Aquarius | 2015.08.12 Wed 08:28

一か八か 魅惑の台湾紀行 その9:・・独特の甘辛さ・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 バスに乗り込み九份に別れを告げます。もうすっかり暗くなりました。台湾市内に向かって約30-40分。着きましたのは台湾中心の東側、松山夜市です。バスから降りただけで、何だか熱気が伝わってきます。約40分のフリータイム。夜市に足を踏み入れましょう。ここは松山慈祐宮のすぐ近くなんですね。あー、すごい。すごい人出、熱気、におい、何もかんもミックスされています。余り奇妙なもの、怪しいもの、生に近いものなどは避けて、穏やかなものを一つ二つ食べましょう。それにしても汗まみれの人...

水瓶座の憂い Melancholy of Aquarius | 2015.08.11 Tue 08:23

一か八か 魅惑の台湾紀行 その8:・・薄い甘さにno thank you.・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 さて、もっとdeepな所に進みましょう。薬屋らしき店に「救救痴老人」とありました。ボケ防止薬の宣伝でしょうか。通路は徐々に狭くなりますが、人も多く、時にはその間をバイクが我が物顔で通り過ぎます。すごいですね。でもバイクには少し慣れました。さ、妻は「買い食い」に張り切っています。まあ日本人もOKかなと思われるものもありました。しかし・・、周囲には「臭豆腐」の腐敗臭が漂っています。臭豆腐屋があちこち点在し、独特の腐敗臭を発しています。その臭気が食指をあっという間に萎...

水瓶座の憂い Melancholy of Aquarius | 2015.08.10 Mon 08:32

一か八か 魅惑の台湾紀行 その7:・・土産物 割とreasonable・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 お腹も満ちて少し落ち着きました。地図では、この青い輪っかの広場にいます。さてもう少し坂を登りましょう。夕方になるにつれ人が多くなってきました。坂ですれ違うのも大変。と言うのは、皆、三々五々途中で立ち止まり、記念写真を撮るからなんですね。人混みを縫うように二番目の十字路に到着。ここを左に曲がって出店を探索しましょう。ここら辺は多くの食べ物を売っていますが、店先に直接陳列しているのが抵抗を感じます。ゴミ、ちり、埃、虫など気にならないのでしょうか。ところでここで一...

水瓶座の憂い Melancholy of Aquarius | 2015.08.07 Fri 13:25

一か八か 魅惑の台湾紀行 その6:・・ほぼ妻任せ・・

JUGEMテーマ:エッセー・紀行文 今回の旅は、2泊3日。航空機・ホテル・そしてこの初日の九份ツアーは全て妻がネット手配したものです。何とも心強い。脇で見ていると手慣れた手つきで旅行会社をサーフィンし、オプショナルツアーもスイスイ。本当に頼りになります。さて、狭く急な階段を5-6分、息を切らして登りますと、まずは高さが三分の一の所の広場に到着です。あー、これこれ。この雰囲気ですね。C国系って、提灯を好むのでしょうか。市内にも提灯の列が目立ちました。ここでまず軽食だそうです。機内食を抜いた甲斐があり...

水瓶座の憂い Melancholy of Aquarius | 2015.08.07 Fri 13:25

このテーマに記事を投稿する"

< 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22 >

全631件中 161 - 170 件表示 (17/64 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!