>
オリジナルファンタジー
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

オリジナルファンタジー

このテーマに投稿された記事:174件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/9150/
オリジナルファンタジー
このテーマについて
自作ファンタジー小説ならなんでもいいです。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「theblue-rose」さんのブログ
その他のテーマ:「theblue-rose」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

■CRESCENT BIBLE「アシェード鐘の決闘」・覚醒(1)

JUGEMテーマ:オリジナルファンタジー    4 覚醒    いつも見つめていたのは、本当に遠い場所だった気がする。 それがどこなのか、解れば悩みはしない。  けれどその場所は、決してたどり着けないほどに遠い。 それだけは、よくわかっていた。  生きることから逃げ出したかったのか、それすら未だに、よくわからない。  生きていたくないわけではない。 今までの人生が、満ち足りていなかったわけではない。  しかし過去を思えば、炎と鮮血の記憶ばかりがべったりと脳裏にこべりつき、時たま蘇る記憶...

三日月の聖書〜Crescent Bible 波濤の戦士達 | 2011.12.12 Mon 13:23

精霊の守り人 最新作 『炎路を行く者 -守り人作品集- 』 2012年1月発売。

精霊の守り人シリーズ 最新作『炎路を行く者 -守り人作品集- 』 がいよいよ2012年1月発売になるそうです。「炎路を行く者」は、「蒼路の旅人」「ヨゴ皇国」の登場人物・ヒュウゴを主人公にした物語で、上橋菜穂子先生がずいぶん前から構想を発表されていたけれど、なかなか執筆されずに、ファンの間では「幻の外伝」になっていました。それが今回ようやく発刊となりました。 今回の主人公、アラユタン・ヒュウゴは、女用心棒バルサや新ヨゴ皇国・チャグム皇子と敵対するタルシュ国の密偵ですが、もともとはチャグムの国・新ヨゴと...

日々の書付 | 2011.12.12 Mon 01:19

■CRESCENT BIBLE「アシェード鐘の決闘」・過去(5)

JUGEMテーマ:オリジナルファンタジー 「お待ちしておりました。少佐」「うむ。ユリシーズ少尉。例のモノは?」「こちらです」  敬礼をしてから、シェーダは、鎧戸を閉ざして歩んできたアグリウス少佐を奥へと招いた。少佐の背後に、誰もいないことを確認してから。  アグリウス少佐が、太い腕で、ぐいとシェーダの指した床を持ち上げた。取っ手などがついているわけではない。閉じてしまえば、全くなんの変哲もない床だ。 「気づかないのも無理はありません。……というよりも、気づかれなくてよかったと、言った方がよいでしょう...

三日月の聖書〜Crescent Bible 波濤の戦士達 | 2011.12.11 Sun 18:53

■CRESCENT BIBLE「アシェード鐘の決闘」・過去(4)

JUGEMテーマ:オリジナルファンタジー        ※※※ 「本隊より入電! 閣下は明朝お着きになるそうです」「わかった。皆は作業を続けろ! 私は少々場を空ける」「はっ!」  ウィルシード国軍少佐官、セイント・ウォリアーズ所属、ヴィクトール・アグリウス。「黒獅子」の二つ名で呼ばれる彼は、国軍聖大使ティラの忠実な腹心の一人だった。  筋骨隆々としたその体躯は見事だが、内面は朴訥とした実直な男だ。体に不調をきたしたエヴィンことリスバーン准佐の、イクセレアの住民に対するそのカリスマ性が無くとも、その誠...

三日月の聖書〜Crescent Bible 波濤の戦士達 | 2011.12.10 Sat 21:43

■CRESCENT BIBLE「アシェード鐘の決闘」・過去(3)

JUGEMテーマ:オリジナルファンタジー 「エヴィン、ちゃんと食え。さっきからくだらないことばっかり考えてんじゃねえぞ。誤魔化したって、わかってんだぞ。……今日は早く寝ろよ、少佐に感謝しろ」「……ばれてるか?もしかして」  熱が、あがってきたような気はしていたのだが。 「ばれてるもなにもな……昼間からあんな真っ暗ツラして、お前らしくねえだろ!余裕なさすぎだ。どんなにオレがハラハラしてっと思ってんだよ!とっととそのサイアクっぽいメンタル、睡眠とって整えろ!」  しかし、アルスの言うことの意味が、エヴィンに...

三日月の聖書〜Crescent Bible 波濤の戦士達 | 2011.12.09 Fri 11:36

■CRESCENT BIBLE「アシェード鐘の決闘」・過去(2)

JUGEMテーマ:オリジナルファンタジー 「君……何がしたかったの?」「……決めてたんだ」「え?」  レイは起きあがろうともせずに、ぼそぼそと言った。 「あいつが……蒼穹の騎士になったって……英雄になったって、聞いて……あんなちっこいのが、……あんなに弱々しかったあいつが……だから」 「悔しかったの? 勝負すれば、勝てるとでも思った?」「違う……」  レイは、やはり床に倒れたまま、きつく拳を握った。   「……嬉しかったんだ」   「泣いてるの……?」    シェーダの問いに、レイは答えず、床に顔を伏せて...

三日月の聖書〜Crescent Bible 波濤の戦士達 | 2011.12.08 Thu 13:08

■CRESCENT BIBLE「アシェード鐘の決闘」・過去(1)

JUGEMテーマ:オリジナルファンタジー   3 過去  エヴィンはその晩、アルスとシェーダやリエと共に、幼少の時期を過ごした生家で、レイやスィエルと一緒に休むことになった。 同じ先遣隊を率いる上官であるアグリウス少佐のはからい、というか「命令」だった。 しばし任務を忘れ、懐かしい面々と語り明かす時間が、エヴィンには必要ではないのか、などと。  イクセレア復興計画担当の国軍先遣隊員は、夜通し、続々と到着する支援物資の供給に明け暮れる。こちらはリスバーン公爵の個人部隊だが、レイ以外の警備隊も同じ...

三日月の聖書〜Crescent Bible 波濤の戦士達 | 2011.12.05 Mon 20:07

■CRESCENT BIBLE「アシェード鐘の決闘」・再会(4)

JUGEMテーマ:オリジナルファンタジー    ウィルシード王国首都、ファングリースト。  見事な円形を描くこの街の中心には、パレスと呼ばれる白い街が広がっている。多くの王侯貴族が暮らす場所、そして政治や、軍事、法の中心地である。王国をまとめる全てのものがここにあると言っていい。  イクセレアからは離れた、国土南部にあるファングリーストだが、国自体の緯度が高い為、冬の寒さはやはり厳しい。辺り一面、真白い雪景色に照り返す月明かりが、瞳を刺す。  国軍聖大使ティラ=ルディードアは、窓辺にもたれ、じ...

三日月の聖書〜Crescent Bible 波濤の戦士達 | 2011.12.04 Sun 18:35

■CRESCENT BIBLE「アシェード鐘の決闘」・再会(3)

JUGEMテーマ:オリジナルファンタジー    リスバーン家の邸宅は、南部から街の外れに行き、西、緩やかな傾斜の丘の上にある。  屋敷の庭園は広く、しかし手入れはされていなかった。わびしく、うち捨てられた雑草だらけの庭が、かつては花に彩られていたことを思い出し、エヴィンは過去は過去の中にしかないのだと、そんな感傷を抱いた。  枯れた薔薇が巻き付くアーチをくぐって、三人は邸宅の入り口に向かった。  唐突に、遠くに見えた大きな扉が開かれた。エントランスの長い階段を下り、駆け寄ってくる影が二つ。 「...

三日月の聖書〜Crescent Bible 波濤の戦士達 | 2011.12.03 Sat 20:50

■CRESCENT BIBLE「アシェード鐘の決闘」・再会(2)

JUGEMテーマ:オリジナルファンタジー   沈黙に耐えきれなくなったか、レイが口を開いた。 「なあ。どうして、イクセレアへの救助はこうまで遅れたのかな。詳しい説明が聞きたいんだけど」  エヴィンはうなずいた。 「まず……イクセレアは孤立都市だ。軍用の鉄道も、震災で完全に破壊されている。イクセレアを出て他の街へ避難しようにも、一番近くの街ですらかなり遠い。一部の住民は街から流れ出て南部の農村地帯で難民化したようだが、子供や年寄りにはもとより無理な行程だ。しかも今は冬。雪に閉ざされた街からは、動く...

三日月の聖書〜Crescent Bible 波濤の戦士達 | 2011.12.02 Fri 23:53

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全174件中 51 - 60 件表示 (6/18 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!