[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] プロ相場師への道のブログ記事をまとめ読み! 全1,297件の12ページ目 | JUGEMブログ

>
プロ相場師への道
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

プロ相場師への道

このテーマに投稿された記事:1297件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c234/12207/
プロ相場師への道
このテーマについて
プロの相場師として生きていく。
そう決意した人のブログ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「better4」さんのブログ
その他のテーマ:「better4」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17 >

店頭に客があふれたら相場の転機

JUGEMテーマ:プロ相場師への道 これは逆張り系の格言ですね。 上昇相場が続くと、普段は株に興味を示さなかった人達も「そんなに儲かるならやってみるか」と証券会社に押しかけるようになります。 まぁここまでくると、相場は過熱状態にあるのは明らかで、だいたい上昇相場も終わりに近づいているものです。 今はネット証券が主流になりつつあるので、店頭に客があふれるなんてことはありませんがね・・・ その代わりITバブルの末期には以下のような現象がありました。 ・本屋に株の本や雑誌が異常に増えだした ・株を扱...

定年後の投資生活物語 | 2015.12.14 Mon 20:11

シャープでわかる「逆張り投資法」とは

JUGEMテーマ:プロ相場師への道 業績が悪い銘柄は株価が値下がりしている 日経平均株価が15年ぶりに12連騰を記録する等、日本の株式市場では全般的に底堅い展開が続いています。 そのため、「どの銘柄を買っても儲かるんでしょ」等と思ってしまう人もいるかもしれませんが、このような状況下でも、業績が悪い銘柄については株価が値下がりする傾向にあります。   逆張りとは まずはシャープ<6753>の株価チャートを見てみましょう。株価は過去半年間を見ると、横横に推移しながら、下落基調にあることがわかりますね...

定年後の投資生活物語 | 2015.12.14 Mon 13:21

一寸待て、飛びつき買いと狼狽売り

JUGEMテーマ:プロ相場師への道 なんか会社の安全標語みたいな格言ですね。 でも株式市場は危険な職場なので、相場格言=安全標語 とも言えますね。 何の下調べもしないで予定外の作業(飛びつき買い)をするのは、仕事でも、相場でも、思わぬ事故(損失)を起こす要因となります。 また突発的な事故が起きてしまった場合、慌ててパニックになると、事態は余計悪くなります。  

定年後の投資生活物語 | 2015.12.14 Mon 11:20

知識は本でも学べるが、勘は実戦で強くなる

JUGEMテーマ:プロ相場師への道 相場をやる上で知識は無いより、あるに越したことはない。 しかし知識だけで上手く行くなら、相場で負ける人は誰もいなくなるでしょう。 勘と言うと、いかにも非科学的だが、実戦で培った勘と言うのは時に生半可な知識より遥かに有効な武器となる。 相場を長くやってると、いま買えば絶対儲かると確信できる瞬間がある。 それは過去の記憶、チャートの形、市場の雰囲気など、言葉で説明するのは難しいが、なぜか外れることは殆ど無い。 知識はある程度カネで買うことは出来ますが、勘はカネ...

定年後の投資生活物語 | 2015.12.14 Mon 11:16

RCIとは

JUGEMテーマ:プロ相場師への道 RCIとは、買われすぎ(売られすぎ)の状態を見るための代表的なオシレーター系のテクニカル指標のひとつです。 RCIは、「Rank Correlation Index」の略で日本語では「順位相関指数」と呼ばれています。 ある一定の期間内において、株価の終値に高値から安値まで順位をつけて、その期間の日数との相関関係を指数化したものです。 RCIの計算式 RCI=1‐(6×d÷(n×(nの2乗‐1)))×100 nは任意の期間で日足の場合は5日、9日、13日などが良く使われます。 ...

定年後の投資生活物語 | 2015.12.14 Mon 11:14

卵を割らずにオムレツは作れない

JUGEMテーマ:プロ相場師への道 オムレツを作って食べたいが、卵を割りたくないというのであれば、結局オムレツは食べられない。 世の中、なにかを得ようと思えば、それに応じた代償が要求されるものだ。 それは仕事でも、勉強でも、恋愛でも同じではないだろうか。 相場でも金は儲けたいがリスクは取りたくないと言うのは、虫がよすぎると言うこと。  

定年後の投資生活物語 | 2015.12.14 Mon 03:33

高値おぼえ、安値おぼえ

JUGEMテーマ:プロ相場師への道 人間も企業も同じで、きっかけ一つで、ダメだった者が優良に、優良だった者がダメになった例は枚挙にいとまがありません。 株価もレンジが大きく変わってしまうと、状況判断が難しくなります。 それは昔の高値・安値が記憶として残っていているので、またもとの場所に戻るのではないかと思うからです。 しかし、これが株式投資における最大のトラップ(罠)で、この勝手な思い込みで、みんな損をすると言っても過言ではありません。 新規にポジションを取る時も、昔の値段にこだわっていると、...

定年後の投資生活物語 | 2015.12.14 Mon 03:29

RSIとは

JUGEMテーマ:プロ相場師への道 RSIとは、アメリカの証券アナリストJ・W・ワイルダーが開発した、オシレーター系テクニカルチャートの代表ともいうべき指標のことで、正式には「Relative Strength Index(レラティブ・ストレングス・インデックス)」といい、日本語では、「相対力指数」と訳されます。 ちなみにトレンド指標のパラボリックや、ピボットもワイルダーが開発したものです。 RSIは、相場が上昇から下落(下落から上昇)へと転換するときには売り(買い)が一方向に偏りやすく、それを見抜くことで相場の転換を...

定年後の投資生活物語 | 2015.12.14 Mon 03:07

大欲は無欲に似たり

JUGEMテーマ:プロ相場師への道 この言葉は2つの意味があります。 1.大な望みを持つ者は、小さな利益などを顧みないから、欲が無いように見える 2.大欲の者は、欲のために心がくらんで損を招きやすく、結局は無欲と同じ結果になる 相場においては、2が教訓めいていますね。 しかし、そもそも欲がなければ相場など誰もやらないわけで、欲がいけないのではありません。 欲があるからこそ人間は向上していけるとも言えます。 ただ、常に欲だけギラギラの状態では、相場に限らず何をやっても上手くいかないでしょう。 無欲...

定年後の投資生活物語 | 2015.12.13 Sun 08:39

損せぬ人に儲けなし

JUGEMテーマ:プロ相場師への道 リスクとリターンは常に相関関係にある。 大きなリターンを得たいと思えばそれに見合ったリスクを取らなければならない。 リスクを冒さずリターンだけ得ようと思うのは虫がよすぎる。 果敢にリスクを取りにいけば、時には失敗して損害を受けることもある。 しかし、それを極度に恐れていては何も出来ないと言うこと。 「座っていて転んだ人はいない」という言葉と似ています。  

定年後の投資生活物語 | 2015.12.13 Sun 08:33

このテーマに記事を投稿する"

< 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17 >

全1000件中 111 - 120 件表示 (12/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!