>
自分が読んだ本
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

自分が読んだ本

このテーマに投稿された記事:4569件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c287/9564/
自分が読んだ本
このテーマについて
自分が読んだ本の話しなんでも・・。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kokouchi」さんのブログ
その他のテーマ:「kokouchi」さんが作成したテーマ一覧(19件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

『夢幻花』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 東野圭吾『夢幻花』◎

ももとさくらとGOLF そして☆彡 | 2019.06.08 Sat 11:21

フォッサマグナと日本列島の成り立ちを夢想する

JUGEMテーマ:自分が読んだ本   チバニアンどうなるの。     ご無沙汰しておりましたブックレビュー。 いやしばらくちょっと教科書みたいな本を読んでまして…… レビュー書くようなものでも無いというか勉強足りなくてまだレビューできないので……   その後久しぶりに読んだ新書がこちら。   フォッサマグナ 日本列島を分断する巨大地溝の正体 藤岡換太郎 著 講談社ブルーバックス     GWに行ってきた糸魚川に引...

六角形の日記帳 | 2019.06.06 Thu 23:05

藤井太洋『ハロー・ワールド』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略     藤井太洋『ハロー・ワールド』(講談社)は、「ハロー・ワールド」「行き先は特異点」「五色革命」「巨象の肩に乗って」「めぐみの雨が降る」の五篇からなる近未来SF連作集である。いずれも、IT企業の何でも屋的エンジニア文椎泰洋(ふづい やすひろ)を主人公としたIT企業のビジネス事件簿という形をとっている。時代は、たとえば「五色革命」の冒頭の日付が2019年5月15日であるように、「巨象の肩に乗って」で昨日と示される日付は2020年の3月15日と、『ハロ...

つぶやきコミューン | 2019.06.06 Thu 19:40

千葉雅也『アメリカ紀行』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略                ver.1.1     千葉雅也『アメリカ紀行』(文藝春秋)は、哲学者千葉雅也の4ヶ月にわたるアメリカ滞在記だ。   1.変身としての旅   そこには大げさな目的意識も、全体を統合するような物語の流れもなく、淡々と日々の出来事が記録されている。   滞在するのはボストン郊外のケンブリッジ。   勝手のわかった大阪や京都、東京といった街ではない。 さらにパリなど専門分野の知識が...

つぶやきコミューン | 2019.05.30 Thu 23:55

おそろし/宮部みゆき

アクセサリーが欲しい。下着が欲しい。白い服が欲しい。 最近また物欲が沸々とわいてきてる。でも思うようなのが見つからない!!   なんか無性に本が読みたくなって、久しぶりに文庫本買った。宮部みゆきさんの「おそろし」。ソロモンの偽証、あとは短編集とかしか読んだことなかったけど、どっちも面白かったし、宮部みゆきといえば時代小説!って人もいるくらいだから気になってた。 本の感想を書くのは下手なんで割愛。でも面白くて、一気に読んでしまった。このシリーズで何冊か出てるし、もう次も読む気満々...

気づけば世紀末。 | 2019.05.29 Wed 21:13

大童澄瞳『映像研には手を出すな! 4』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略     [第四巻のアウトラインに関するネタバレを含みます。ご注意ください]   湯浅政明監督でテレビアニメ化が決定した大童澄瞳『映像研には手を出すな!』の第4巻。   この巻では、あるアニメーションの発想から、製作の過程、そして作られるアニメの内容まで、まるごと描かれることになる。   ページをめくった人は誰でも、他のどのコミックとも違うエネルギーがどのページからも立ちのぼるのを、感じることだろう。   ...

つぶやきコミューン | 2019.05.28 Tue 18:19

國分功一郎・互盛央『いつもそばには本があった。』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略     國分功一郎・互盛央『いつもそばには本があった。』(講談社選書メチエ)は、哲学者國分功一郎と出版社勤務で編集の仕事を行いつつ、自らも現代思想関係の著書を持つ互盛央のリレー形式のエッセイである。本書は、互による「まえかぎ」、國分による「あとがき」と、交互に往復書簡的に織りなされるそれぞれ8本ずつ計16本のエッセイからなっている。   そこで語られるのは、もっぱら自らが出会った本、思想関係の本の記憶である。   ...

つぶやきコミューン | 2019.05.26 Sun 00:02

貴志祐介『エンタテイメントの作り方 売れる小説はこう書く』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本   文中敬称略   *5月23日までKindle版は31%OFFの599円   『エンタテインメントの作り方 売れる小説はこう書く』(角川新書)は、『新世界より』『悪の教典』の著者貴志祐介によるエンタテインメント小説の書き方指南書、「アイデア」「プロット」「キャラクター」「文章作法」「推敲」の五つの章からなっている。   どのようにアイデアを得るのか、どのようにストーリーを練り上げるのか、どのように作品のタイトル、登場人物の名前、舞台は決めるのか、文...

つぶやきコミューン | 2019.05.20 Mon 20:24

3歳9ヶ月20日目/休日?日目。

JUGEMテーマ:休日の過ごし方 JUGEMテーマ:男の子育児 JUGEMテーマ:自分が読んだ本   今日は風が強いですね。 洗濯物が飛ばされないよう、しっかりと止めました!   来週末は、長男の運動会です。 これくらい爽やかだといいけど…あ、運動場の砂埃が凄くなっちゃうかも…。 暑すぎない、曇り空くらいがいいなぁ…と、勝手に希望しています(笑)   ------------------------------------------------------------   ■休日?日目・・・ ...

Make my day〜3歳児×9歳児に大奮闘!〜 | 2019.05.19 Sun 12:03

岩本ナオ『マロニエ王国の七人の騎士』1〜3

JUGEMテーマ:自分が読んだ本   文中敬称略     岩本ナオのコミック『マロニエ王国の七人の騎士』は、中世の騎士道の時代を舞台にしたおとぎ話。 そのキャラクターの名前や設定の奇想天外さにまず驚く。   マロニエ王国の女将軍バルバラには、七人の息子がいた。   長男の名前は「眠くない」 次男の名前は「博愛」 三男の名前は「暑がりや」 四男の名前は「寒がりや」 五男の名前は「獣使い」 六男の名前は「剣自慢」 七男の名前は「ハラペコ」   彼...

つぶやきコミューン | 2019.05.14 Tue 23:09

このテーマに記事を投稿する"

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

全1000件中 61 - 70 件表示 (7/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!