>
自分が読んだ本
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

自分が読んだ本

このテーマに投稿された記事:4495件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c287/9564/
自分が読んだ本
このテーマについて
自分が読んだ本の話しなんでも・・。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kokouchi」さんのブログ
その他のテーマ:「kokouchi」さんが作成したテーマ一覧(19件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

ヤマザキ・マリ×とり・みき『プリニウス ?』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本     ■チョウチンアンコウのようなブラックホールとプリニウスの逃走の線   ヤマザキマリととり・みきの『プリニウス ?』では、いよいよ後半のクライマックスにさしかかる。   あたかも突然発生したブラックホールのように、ローマではしだいに狂気に染まる皇帝ネロ周辺では、闇に呑みこまれ人が死んでゆく。哲学者キケロも、旅先のプリニウスに悲通な心情を語った手紙を遺し、さらに懐妊したばかりのポッパエアもまた。   その死をローマ市民...

つぶやきコミューン | 2019.04.18 Thu 23:21

森田真生『数学の贈り物』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本   文中敬称略     『数学の贈り物』(ミシマ社)は、『数学する身体』の著者で数学者の森田真生の19編からなるエッセイ集である。   2018年に雑誌に掲載された2編を除くとすべて「みんなのミシマガジン」に2014年から2019年にかけて掲載されたものである。 つまり、文章と文章の間には最大五年間のタイムラグがあり、その間に生まれ育った著者の息子の記録も含まれる。   贈り物、プレゼントというとき、著者はpresentという英語の持つもう一つの...

つぶやきコミューン | 2019.04.09 Tue 22:58

3月に読んだ本

  優待インコです(^^   3月も通勤時間を利用して2冊の本を読み終えました。 1冊目は「99%の会社はいらない」です。   <   先月に引き続いて堀江貴文さんの本です。 先月読んだ「好きなことだけで生きていく」と共通する内容が多い本でした。 一流企業に就職し一生働くことが安泰なのか? ようは使われる側で一生過ごすことが本当の幸せなのか、ということなのでしょう。   堀江氏はサラリーマン的な生き方をあまりオススメしません。 でもこの考えは人...

優待時々インコ | 2019.04.07 Sun 03:07

浦沢直樹『あさドラ! 1』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略     浦沢直樹の最新作『連続漫画小説 あさドラ!』は、日本を救う少女→女性の物語(たぶん)。   冒頭で、燃えさかる炎の包まれた2020年の東京の街、謎の怪物の影が近づき、東京オリンピックの開催も危機に瀕しているさまが描かれる。   それから、1959年の名古屋に場面は移る。浅田アサは十二人兄妹の七番目で、小学五年生。 あまりの子どもの多さで、誰か一人がいなくても、誰も気にしないほどの子だくさんの家庭だった。 台...

つぶやきコミューン | 2019.04.05 Fri 20:14

小玉ユキ『青の花 器の森 2』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略     小玉ユキ『青の花 器の森』は、焼き物の町波佐見を舞台としたラブストーリー。 波佐見焼の窯元で絵付けを行う馬場青子の前に現れたのは、フィンランドで焼き物を作っていたという真鍋龍生(たつき)。 初めは、焼き物についての意見がかみ合わず、何かと衝突することが多かった二人だが、桜陶祭に出す一輪挿しを二人で作ったことから、急に接近し始めることになる。   けれども、龍生にはある秘密があった。陶芸に携わりながら、火を恐れる...

つぶやきコミューン | 2019.03.30 Sat 14:44

千葉雅也、二村ヒトシ、柴田英里『欲望会議 「超」ポリコレ宣言』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略  ver.1.01     『欲望会議 「超」ポリコレ宣言』(角川書店)は、哲学者千葉雅也、AV監督二村ヒトシ、美術家柴田英里による、欲望をめぐる鼎談集である。ここでの「欲望」とは、食欲や金銭欲ではなく、もっぱら性的欲望に限定される。性をめぐる言論や、表現の行為で、社会的に何が正しいとされてきたのか、その是非をめぐる議論が三者三様の立場で展開されるのである。   哲学者千葉雅也は、この対談の間に、自らゲイであることをカミングアウトし...

つぶやきコミューン | 2019.03.27 Wed 00:06

へそ曲がり読書日記第3回 『歴史群像 2017年8月号』

2019.3.20   先日、古本屋で『歴史群像 2017年8月号』の特集『作戦次元で捉える日米最後の死闘 沖縄戦』に惹かれて、学研プラス発行雑誌にも関わらずついに買ってしまった。学研プラスと云えば、雑誌『ムー』の発行で知られている。だから、今まで同社出版物には極力手を出さないでいた。 しかし、これはトンデモとは全く別物の極めて真面目な、沖縄戦における日米双方の戦略・戦術・作戦についての考察だ。そのなかには、艦砲射撃に耐えた琉球石灰岩(隆起珊瑚礁)の説明や『島嶼守備要領』の反斜面陣地など、初...

保守主義と憲法改正試案 | 2019.03.20 Wed 02:35

村田沙耶香『地球星人』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略     『地球星人』(新潮社)は、『コンビニ人間』で芥川賞を受賞した村田沙耶香の受賞第一作の小説である。   冒頭において、主人公の笹本奈月は小学五年生。物語は彼女のモノローグから始まる。その中で行われる衝撃の告白。    家族には話していないが、私は魔法少女だ。小学校に入った年に駅前のスーパーでピュートと出会った。ピュートがぬいぐるみ売り場の端っこで捨てられそうになっていたのを、私がお年玉で買ってあげた。家に連れ...

つぶやきコミューン | 2019.03.19 Tue 22:42

へそ曲がり読書日記第2回 『古事記と日本書紀どうして違うのか』

2019.3.17   河出書房新社2017年発行の文庫で、著者は武光誠氏。   学術書ではなくエッセー。「朝廷」「大和朝廷」が使われていて、読んでいて思考が中断しない。また大王・王家の使い方も最小限。その点で好著だ。内容が正しいか否かは横に置くとして、古代史の論点整理にはとても役立つ。   だが、「纏向石塚古墳は神武天皇の墓なのか?(109頁)」など踏み込み過ぎも散見されるので、そのまま他人に薀蓄して語るのは注意が必要だ。   なお、武光氏曰く『そうなると、邪馬台国大和説...

保守主義と憲法改正試案 | 2019.03.17 Sun 07:52

3歳7ヶ月11日目/久しぶりにショッピングを楽しんできました。

JUGEMテーマ:休日の過ごし方 JUGEMテーマ:入園・入学準備について・・・ JUGEMテーマ:自分が読んだ本   今日はお仕事がお休みでした。 通常ですと、hiroも園をお休みしなければいけないのですが…。 園長先生の計らいで、預かってもらう事ができました(*^_^*)アリガタイデス おかげで、のびのびと過ごす事ができました!!   ----------------------------------------------------------   ■園長先生の計らい・・・   今月の勤務日は。 多く見積も...

Make my day〜3歳児×9歳児に大奮闘!〜 | 2019.03.12 Tue 20:36

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!