>
自分が読んだ本
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

自分が読んだ本

このテーマに投稿された記事:4087件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c287/9564/
自分が読んだ本
このテーマについて
自分が読んだ本の話しなんでも・・。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kokouchi」さんのブログ
その他のテーマ:「kokouchi」さんが作成したテーマ一覧(19件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

「わすれられないおくりもの」

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋) 著者 : スーザン・バーレイ 評論社 発売日 : 1986-10-01 ブクログでレビューを見る» 「アナグマは、死ぬことをおそれてはいません。死んで、からだがなくなっても、心は残ることを、知っていたからです。」 とってもいい言葉です。

〜 Life consists of personal exchanges :-) 〜 | 2017.07.29 Sat 17:25

「iPhone プロ技BESTセレクション」

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション 著者 : 秋葉けんた 技術評論社 発売日 : 2016-12-16 ブクログでレビューを見る» 2017年1月15日 初版 私が使っているのはiPhone 6plusなので、使えない項目もあって、残念。それでも新たに知ったことがあったので、読んで良かった。

〜 Life consists of personal exchanges :-) 〜 | 2017.07.29 Sat 11:27

「スキップ」

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 スキップ 著者 : 北村薫 新潮社 発売日 : 1995-08 ブクログでレビューを見る» 北村薫作品はこれが初。SFも好き、というようなことをいったら、同僚がこの本を紹介してくれた。読んでいて、余りにも学校現場の描写が詳しいので、もしかすると?、と思い著者の履歴を見てみたら、高校教師とあって、納得。 ヒロインは25年後の世界へワープ・・・、それだけで終わる展開とは思っていなかったので、いつになったら、ま...

〜 Life consists of personal exchanges :-) 〜 | 2017.07.29 Sat 11:21

『人生の「ねじ」を巻く77の教え』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 人生の「ねじ」を巻く77の教え (一般書) 著者 : 日東精工株式会社企画室 ポプラ社 発売日 : 2014-05-13 ブクログでレビューを見る» 〈本から〉 物は取るときよりも置くときに丁寧さを 千利休の言葉「手離れは恋しき人にわかるると知れ」 大変より小変 事前の対策が肝心 「茹でガエル現象」 フロシキは正方形のように見えて正方形ではない まずは知識と経験の蓄積を 湯川秀樹博士 「長い夜を泣き明かし...

〜 Life consists of personal exchanges :-) 〜 | 2017.07.29 Sat 11:12

「山本寛斎 ハロー・自己表現」

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 山本寛斎 ハロー・自己表現――別冊課外授業ようこそ先輩 著者 : KTC中央出版 発売日 : 2000-02 ブクログでレビューを見る» 「山本寛斎」、もちろん名前は知っていたけれど、人柄については全く知らなかった。エネルギー、情熱の塊の人で、このパワーがあったからこそ世界の山本寛斎になったのだと、納得した。

〜 Life consists of personal exchanges :-) 〜 | 2017.07.29 Sat 11:02

AERA大増刷!

JUGEMテーマ:自分が読んだ本   7/6にも書いたAERAについて。   現在発売中の7/31号で、慎吾くんと星野源さんの対談は終わってしまいました。   AERA (アエラ) 2017年 7/31号 [雑誌] 価格:389円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)   (現在↑は注文できない商品となっているようです。)   今週号の慎吾くんの言葉に、本当に胸が苦しくなりました。 先日のおじゃMAPでの「引退しないよ」発言にも本当に嬉しくなり...

そんな日があってもいいよね。 | 2017.07.27 Thu 13:25

前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略    Kindle版    この本の表紙を見た人は思わずどっきりし、あやしい思いを禁じることができない。緑の服に身を包み、顔にも緑のペイント、触覚を伸ばしたコスプレで、白い捕虫網を手にしている。タイトルをわかりやすく絵にしたコスプレであるが、常識ある社会人のする姿ではない。あやしい。前野ウルド浩太郎という作者名もあやしい。まるでガダルカナル・タカとか、そのまんま東みたいなたけし軍団のお笑い芸人のようである。とすれば、イモトアヤコや猫ひろ...

つぶやきコミューン | 2017.07.26 Wed 23:40

企業トップのデザイン観 浜野安宏著 読了。

浜野安宏氏との対談者(肩書きは昭和60年6月刊行当時)   大賀 典雄氏(ソニー株式会社代表取締役) 佐治 敬三氏(サントリー株式会社代表取締役社長) 松下 正治氏(松下電器産業株式会社取締役会長) 中内    㓛氏(株式会社ダイエー代表取締役社長) 山中  ?氏(株式会社松屋代表取締役) 福原 義春氏(株式会社資生堂専務取締役) 江副 浩正氏(株式会社リクルート代表取締役) 杉浦 英男氏(本田技研工業株式会社取締役会長) 鬼塚 喜八郎氏(株式会社アシックス代表取締役...

黒木町日記 | 2017.07.26 Wed 19:12

総理の原稿-新しい政治の言葉を模索した266日- 平田オリザ・松井孝治著読了。

政治家の言葉の軽さが色々な点で、 政治に対して不信感を招いているのが現実の社会である。   私自身も政治に関わる人間として、 政治家はいかにして言葉を紡いでいるのか、 興味があって、この本を手にしてみた。   といっても、私がこの本を手にした理由は、 民主党(現 民進党)、自民党といった政権与党の 党派性という色眼鏡ではない。   現憲法下で初めて成し遂げられた 政権党が完全に交代することによって成立した鳩山内閣。 賛否両論ありつつも、それまでの総理大臣が...

黒木町日記 | 2017.07.25 Tue 23:27

岩井俊二『少年たちは花火を横から見たかった』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略     岩井俊二『少年たちは花火を横から見たかった』(角川文庫)は、岩井自身の監督作品である『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(1993年テレビ放映、1995年再編集した映画版を公開)の24年ぶりのノベライズである。   もちろん、この時期のノベライズは、8月18日に公開予定の新保昭仁総監督、大根仁脚本によるアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』にシンクロしたものである。   映画同様、この小...

つぶやきコミューン | 2017.07.22 Sat 23:17

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!