>
自分が読んだ本
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

自分が読んだ本

このテーマに投稿された記事:3975件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c287/9564/
自分が読んだ本
このテーマについて
自分が読んだ本の話しなんでも・・。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kokouchi」さんのブログ
その他のテーマ:「kokouchi」さんが作成したテーマ一覧(19件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

「99%の会社はいらない」 堀江貴文 著

JUGEMテーマ:自分が読んだ本           「99%の会社はいらない」ベスト新書 堀江貴文 著       ぼくが、この本の中でいちばんココロが動いたコトバ。   「本当のコミュニケーションスキルとは、 自分から話しかけるのではなく、 ひとから話しかけたい思われるようなスキルのこと」   「面白いと感じたこと、 好きなことを追い続けて得た、 多少の努力では、真似できないような スキルにひ...

たま@学交 | 2017.03.29 Wed 13:11

リバース

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 夜中に気になって一気読み・・・。               やっぱ湊かなえさんですねー。   ドラマにもなるって・・・。どういう描かれ方かも気になります。   とにかく最後まで読まなきゃ・・・。この展開はすごい!   無理して一気読み」ですっきり・・・。   みんな読んでよー。

おぐドラ嫁日記 | 2017.03.28 Tue 06:27

柴崎友香『かわうそ堀怪談見習い』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略     柴崎友香の小説は、基本的に、場所をテーマにした小説である。物語を通じて、登場人物との関係性において、ある街の記憶やある家の記憶が召喚される。   この『かわうそ掘怪談見習い』(角川書店)も、大阪のさまざまな場所を取り上げながら、不可思議な現象のありかをさぐる中で、その特異性をあぶりだそうという試みである。   語り手の「私」は、三年ぶりに生まれ育った大阪に帰って来たのを機に、これまでの「恋愛小説家」という肩...

つぶやきコミューン | 2017.03.27 Mon 10:25

「日本人の9割が知らない遺伝の真実」

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 日本人の9割が知らない遺伝の真実 (SB新書) 著者 : 安藤寿康 SBクリエイティブ 発売日 : 2016-12-06 ブクログでレビューを見る» 〈本のまとめ〉 多重知能理論(Multiple Intelligence) 知能には複数の種類があるという立場です。多重知能理論では、言語的知能、内省的知能、視覚・空間的知能、博物学的知能、論理・数学的知能、対人的知能、音楽的知能、身体・運動感覚知能という8つの知能が別個に存在すると考えら...

〜 Life consists of personal exchanges :-) 〜 | 2017.03.26 Sun 14:01

「植物はなぜ薬を作るのか」

JUGEMテーマ:自分が読んだ本   植物はなぜ薬を作るのか (文春新書) 著者 : 斉藤和季 文藝春秋 発売日 : 2017-02-17 ブクログでレビューを見る» 〈本から〉 アレロパシー コーヒーの木のカフェインのように、植物が特異的成分を放出して他の植物の生長(主に植物個体が伸び育つこと。それに対して「成長」は主に人や動物が育って大きくなること)を抑えたり、微生物や昆虫、動物から身を守ったり、あるいは引き寄せたりすることを「アレロパシ...

〜 Life consists of personal exchanges :-) 〜 | 2017.03.25 Sat 11:15

落合陽一『超AI時代の生存戦略』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略     『超AI時代の生存戦略 <2040年代>シンギュラリティに備える34のリスト』(大和書房)は、メディアアーチストで筑波大助教の落合陽一が、人工知能が人間に追いつくシンギュラリティ(技術的特異点)が予想される2040年代までを視野に入れながら、新しい時代の生き方や仕事、研究のスタイルを解説した本である。   一見他の類書と同じように見えるが、他の未来予測的な本や記事の粗雑さを逆転させている点が特に重要である。たとえば、機械対人間とい...

つぶやきコミューン | 2017.03.23 Thu 23:05

星のまなざしが作る宇宙―吉本ばなな

  吉本ばなな『イヤシノウタ』を読んだ。短編集だが、随所に作者の感性がダイレクトに伝わってきた。ただ感性なのでよくわからないところもあるが、それはそれでばななの力を感じた。   吉本を読んだのは『キッチン』以来だが、数か月前に『文芸春秋』の誰かの書評をみて、読んでみようと思っていたものだ。   新聞なり雑誌の書評は読書の道しるべになる。   私の一番の愛読書、澁澤龍彦の『高丘親王航海記』も新聞の書評で出会ったものだ。   _________________________________...

金沢下町blog | 2017.03.23 Thu 08:39

星のまなざしが作る宇宙―吉本ばなな

  吉本ばなな『イヤシノウタ』を読んだ。短編集だが、随所に作者の感性がダイレクトに伝わってきた。ただ感性なのでよくわからないところもあるが、それはそれでばななの力を感じた。   吉本を読んだのは『キッチン』以来だが、数か月前に『文芸春秋』の誰かの書評をみて、読んでみようと思っていたものだ。   新聞なり雑誌の書評は読書の道しるべになる。   私の一番の愛読書、澁澤龍彦の『高丘親王航海記』も新聞の書評で出会ったものだ。   _________________________________...

金沢下町blog | 2017.03.23 Thu 08:39

星のまなざしが作る宇宙―吉本ばなな

  吉本ばなな『イヤシノウタ』を読んだ。短編集だが、随所に作者の感性がダイレクトに伝わってきた。ただ感性なのでよくわからないところもあるが、それはそれでばななの力を感じた。   吉本を読んだのは『キッチン』以来だが、数か月前に『文芸春秋』の誰かの書評をみて、読んでみようと思っていたものだ。   新聞なり雑誌の書評は読書の道しるべになる。   私の一番の愛読書、澁澤龍彦の『高丘親王航海記』も新聞の書評で出会ったものだ。   _________________________________...

金沢下町blog | 2017.03.23 Thu 08:39

コールドゲーム

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 去年から読もうと・・・。手にして1年以上手元にあった本です。   娘の本らしい・・・。   やっと先日読んでみました。   15年も前の本・・・。                     いじめ問題は 本当に何年たっても深刻ですね。   ちょっと怖い本でした。

おぐドラ嫁日記 | 2017.03.22 Wed 06:59

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!