>
自分が読んだ本
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

自分が読んだ本

このテーマに投稿された記事:4632件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c287/9564/
自分が読んだ本
このテーマについて
自分が読んだ本の話しなんでも・・。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kokouchi」さんのブログ
その他のテーマ:「kokouchi」さんが作成したテーマ一覧(19件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

クレヨン王国の十二か月

‖色とりどりに美しい世界   クリスマスが過ぎると一気にお正月ムードに早変りですね。 本日ご紹介する福永令三さん著のこちらは大晦日の夜が舞台となります。     クレヨン王国の王様が、王妃の12の悪癖に嫌気をさして家出してしまい、偶然事態を知ったユカが、王妃と一緒に王様を探しに旅に出ることになります。   クレヨン王国シリーズとの出逢いは小さな頃でしたが、高校生の時に自分の中で再ブームを迎え、全巻揃えました! もちろん将来子供ができたら読ませたいと思って!&#...

こどもの本棚、児童書が好き! | 2019.12.26 Thu 14:38

2019年アーサー・ビナードさん追っかけの記録

5月11日 田中正造記念館第15回総会記念講演 『アメリカ生まれの詩人が田中正造とニッポンをさぐる』 8月17日 原爆の図丸木美術館2019年夏季企画展 『紙芝居ができた!』 12月2日 埼玉東部地区護憲集会 『日本の「平和」は世界に通じるか?』 12月19日 詩人アーサー・ビナードさんの絵本の講座番外編 『マサイの昔話とぼくらの今』 JUGEMテーマ:自分が読んだ本  

渡良瀬川のほとりから | 2019.12.24 Tue 23:30

恩田陸『祝祭と予感』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本    文中敬称略     恩田陸『祝祭と予感』(幻冬舎)は、ピアノコンクールを題材にし、ベストセラーとなった『蜜蜂と遠雷』のスピンオフ作品、マサル・カルロス・レヹィ・アナトールや栄伝亜夜、風間塵など『蜜蜂と遠雷』の主要人物が登場する6つの短編小説からなっている。   「祝祭と掃苔」「獅子と芍薬」「袈裟と鞦韆(ブランコ)」「竪琴と葦笛」「鈴蘭と階段」「伝説と予感」――6つの作品は、『蜜蜂と遠雷』同様、すべて二字の漢語を「と」でつないだ...

つぶやきコミューン | 2019.12.24 Tue 14:02

キリスト教の定義

キリスト教の定義については、Wikipediaにあるような情報があちこちで入手可能である。   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99 しかし、ユダヤ教との対比において、これといった定義はなされてこなかったように思える。   JUGEMテーマ:自分が読んだ本 「世界史の新常識」(文藝春秋編)にて、加藤隆の定義が参考となるように思う。 ////////////////////////////////// 「キリスト教」はイエスの死後につくられた キリスト教は、後一世紀前半の...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2019.12.21 Sat 09:09

乙武洋匡『四肢奮迅』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本    文中敬称略     『四肢奮迅』(講談社)は、乙武洋匡が義足によって歩行が可能になるまでの過程を描いたドキュメンタリーだ。   四肢欠損の状態で生まれた乙武にとって、義足による歩行のトライアルは、実ははじめてではなかった。    二歳七ヶ月になると、本格的な歩行訓練が始まった(写真39ページ下)。  身体の成長につれて両足立ちができるようになってきたので、それまでよりも高い、足部をより靴の形に近づけた義足で練習するようにな...

つぶやきコミューン | 2019.12.19 Thu 19:37

伊藤計劃 、三巷文『ハーモニー』3、4

JUGEMテーマ:自分が読んだ本   文中敬称略   キアンもトァンもこっちにはこなかったよね 一緒に闘おうって言ったのに 一緒に闘おうって言ってくれたのに すごく傷ついたしすごく悲しかった   でもね いまわたしにその勇気を見せてくれれば それでいいような気がする 世界に対して永遠に続くものはないんだって このからだは自分ひとりのものなんだって   すぐに証明してくれたら また 一緒にあの日に戻れる わたしたちがわたしたちであったあの日に (『ハーモ...

つぶやきコミューン | 2019.12.11 Wed 21:03

島田裕巳『京都がなぜいちばんなのか』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略     人は、目の前にあるものは、ずっとその姿であると思いがちである。とりわけ、古い建築物はそうである。目の前にあるものの、圧倒的な存在感は、本来の姿が今とは異なるものであると想像することを困難にする。   しかし、金閣寺の例を挙げるまでもなく、現存する古い建築物の多くも、落雷や火災、戦災など、さまざまな理由で、いったん失われたり、破壊されたのち、新たに建て直されたり、改築されたりしたものである。   宗教学者島田裕...

つぶやきコミューン | 2019.12.10 Tue 00:54

岸政彦『街の人生』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本   文中敬称略                   ver.1.01     岸政彦『街の人生』(勁草書房)は、社会学者岸政彦による巷の人びとへの聞き取り調査をまとめたインタビュー集である。ここには、「ルイス 国、家族、愛」「りか 「女になること」」「マユ 病い、尊厳、回復」「よしの シングルマザーとして、風俗嬢として」「西成のおっちゃん 路上と戦争」の5つのインタビューが収録されている。正確には、すべてのインタビューが岸政彦によって直接行われたわけで...

つぶやきコミューン | 2019.12.01 Sun 02:31

宮田珠己『いい感じの石ころを拾いに』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略     子どものころ、石ころを集めるのに、夢中になったことがあった。近くの海岸や川原、学校や家屋の前の小石まで、気に入った色と形のものを拾い集め、特によいと思われるものはぴかぴかに磨きあげたりした。時には、十数キロ離れた大きな川の川原まで自転車で出かけたこともある。そんな石への情熱が消えてしまったのは、たぶん別の価値観が入り込んでしまったためだったのだろう。一つは、近くの土産物屋の店頭にある値段のある石、梅花石、菊花石などの水石を見て...

つぶやきコミューン | 2019.11.30 Sat 20:37

落合陽一『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略               ver.1.01     落合陽一『2030年の世界地図帳』(SBクリエイティブ)は、SDGs(Sustainable Development Goals)というキーワードのもと、多くの地図やグラフを活用し、地球レベルでの人類の課題と今後の展望を、目で見える形で語った本である。   (…)SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、持続可能な世界の実現のために定められた世界共通の目標のことです。「持続可能な世界」とは、今...

つぶやきコミューン | 2019.11.27 Wed 21:42

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 51 - 60 件表示 (6/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!