>
〜癒し〜
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

〜癒し〜

このテーマに投稿された記事:1196件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c60/508/
〜癒し〜
このテーマについて
癒される音楽・曲
キレイになれる曲
このテーマの作成者
作者のブログへ:「crown-jewel」さんのブログ
その他のテーマ:「crown-jewel」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

行いと真実とをもって愛しあう

“子たちよ。わたしたちは言葉や口先だけで愛するのではなく、行いと真実とをもって愛し合おうではないか。” (?ヨハネ3:18)   困っている人や助けを求める人に対して、私たちはどのように向き合っているでしょうか。良きサマリヤ人の箇所の祭司やレビ人のように、関わるのが嫌で逃げてしまうでしょうか。時間を取られたくない、予定外の仕事が入るのが面倒で、労力も経済的犠牲も払いたくないと思うでしょうか。しかし「困っている者の叫びに耳を閉じる者は、自分が呼ぶ時に答えられない」とあります。  ...

ぶどうの木 | 2019.04.25 Thu 07:48

主を見つめ続ける

“イエスはこの盲人の手をとって、村の外に連れ出し、その両方の目につばきをつけ、両手を彼に当てて、「何か見えるか」と尋ねられた。すると彼は顔を上げて言った、「人が見えます。木のように見えます。歩いているようです」。” (マルコ8:23-24) ベッサイダで、人々が盲人を連れて来て、主に触って下さるよう願いました。すると主は、盲人の両眼につばをつけ、両手を彼に当てられました。「何か見えるか」と問われると、彼は「人が見え、木のようだが、歩いているのが見える」と言いました。見えるのですが、はっきり...

ぶどうの木 | 2019.04.23 Tue 10:32

主が住まわれる

“モーセは会見の幕屋に、はいることができなかった。雲がその上にとどまり、主の栄光が幕屋に満ちていたからである。” (出エジプト40:35)   出エジプト記は、ヨセフを知らない新しい王が、民を苦しめるところから始まります。民は苦役にうめき、叫び、その苦しみの叫びは神に届き、そして記事の最後は「主の栄光が幕屋に満ちた」で終わっています。    「わたしのために聖所を造るなら、わたしは彼らの中に住む」主は、幕屋を作るように命じられました。それはアロンとアロンの子たちを祭司と...

ぶどうの木 | 2019.04.23 Tue 08:00

状況から目を離しましょう

“イエスは彼らに言われた、「なぜ、そんなにこわがるのか。どうして信仰がないのか」。” (マルコ4:40)   夕刻になって、主は「向こう岸に渡ろう」と言われました。舟に乗り込むや、主はとものほうで熟睡されました。その時に、大嵐に会い、弟子たちは右往左往、パニックに陥りました。舟は波をかぶり、水で溢れ、このまま行けば沈没し、自分たちは溺れ死んでしまう、嵐も慣れているであろうベテラン漁師たちが身の危険を感じるほどの大嵐でした。しかし主はそのような中、全き平安の中で安心して眠り続けておら...

ぶどうの木 | 2019.04.22 Mon 10:33

見ないで信ずる者は、さいわいである

“イエスは彼に言われた、「あなたはわたしを見たので信じたのか。見ないで信ずる者は、さいわいである」。” (ヨハネ20:29)   主は、弟子たちに幾度も、苦しみを受け、殺され、三日目によみがえると語られました。しかし弟子たちは信じていませんでした。ローマ帝国をくつがえし、主が地上の王とし君臨し、この世界を支配し王国を打ち立てられると思い込んでいました。そのため犯罪人の極悪刑である十字架など言語道断、有り得ない事でした。だから決して信じないし、受け入れなかったのです。   主...

ぶどうの木 | 2019.04.21 Sun 19:05

信じる者に働く

“これらのことを考えて、わたしたちがまた絶えず神に感謝しているのは、あなたがたがわたしたちの説いた神の言を聞いた時に、それを人間の言葉としてではなく、神の言として—事実そのとおりであるが—受けいれてくれたことである。そして、この神の言は、信じるあなたがたのうちに働いているのである。” (?テサロニケ2:13)   私たちは、聖書を読む時、「愛している、慈しみ深い、あわれみは尽きない、高価で尊い、赦されている、罪しない」そのような御言葉は、非常に心地良くて大好きです。しかし...

ぶどうの木 | 2019.04.20 Sat 16:12

彼らは何をしているのか、わからずにいるのです

“そのとき、イエスは言われた、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」。人々はイエスの着物をくじ引きで分け合った。” (ルカ23:34)   ある働き人が、若い神学生時代に、友人の学生たちとの間にトラブルが起きて、言い争いになり、喧嘩ごしになってしまい、険悪になり口もきかない状態になってしまいました。互いが皆、自分は正しいと思っていて、自分自身も怒りが沸き、腹が立って仕方がなかったのです。   敵対心や赦せない思いで、悶々となり、自分は...

ぶどうの木 | 2019.04.19 Fri 06:59

対人関係での妬みと敵対心

“ねたみと党派心とのあるところには、混乱とあらゆる忌むべき行為とがある。” (ヤコブ3:16)   誰しも、これまでの対人関係の中で、敵対心を抱いたり、憎しみや恨みを持ったことがあると思います。私たちは、非難や批判されたり、悪口や攻撃を受けた時に、敵対心を持ってしまいます。あるいは、いじめに遭ったり、理不尽な扱いを受けた時には、相手に強い憎しみを抱いてしまいます。又、自分の罪ゆえ、相手に妬みを持ってしまう事もあるでしょう。そのような時は要注意、要警戒であると御言葉が警告しています。...

ぶどうの木 | 2019.04.19 Fri 06:53

3月の無料ヒーリングのご感想について

 JUGEMテーマ:〜癒し〜 メールマガジンのご登録はこちらです。 必要な方は上記アドレスをご参照くださいね 4月も早いものでもう下旬を迎えます。 大型連休を控えてもいますので、ご健康管理には お気をつけてお休みをお迎えください。 本記事はもう1つのブログと同じ内容です。 もし、ご覧済みの方は読み流してくださいね。 *:..。o○☆゜.:,。*:..。o○☆*:゜.:,。*:..。o○☆゜.:,。*:..。o○☆゜. さて。 本記事では頂戴したヒーリングのご感想をご報告 させていただきます。 たくさんのご意見の中から、当...

Clearness Work 〜Happiness blog of the Attunements〜 | 2019.04.17 Wed 07:41

主はわたしのやみを照されます

“あなたはわたしのともしびをともし、わが神、主はわたしのやみを照されます。” (詩篇18:28)   素直に聞けない御言葉が、誰しも経験することと思いますが、時にあります。何だか耳が痛いので、聞きたくない、目をそらせてしまう、その御言葉には触れたくない、距離を置いておきたいと心は嫌がりることがあります。しかしその御言葉に向き合うことが大切です。   聖霊が、私たちの心を探って下さるので、その御言葉の中には、自分ではわからない、決して気づけない問題があって、その御言葉こそが、...

ぶどうの木 | 2019.04.16 Tue 10:31

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!