>
ニュース
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ニュース

このテーマに投稿された記事:203136件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c7/3/
ニュース
このテーマについて
JUGEMの旧公式テーマです
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

歯のばんそうこう実用化へ 近畿大、極薄シートを開発

【2010年9月28日 共同通信より】 近畿大(本津茂樹教授)と大阪歯科大(吉川一志准教授)の共同研究チームは28日、歯の主成分ハイドロキシアパタイトを0・005ミリの薄さでシート状に加工することに世界で初めて成功したと発表した。 本津教授らによると、ハイドロキシアパタイトは硬いがもろいため、薄く削っても曲げるとすぐ割れて加工が困難。極薄シートは、ばんそうこうのように歯にそのまま張り付けられ、歯質の修復や知覚過敏の治療に応用できるという。 すでに特許出願し、11月に広島市で開催される日本バイオマ...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 13:48

レアアースを使わない新構造の50kWハイブリッド自動車用フェライト磁石モータを開発

【2010年9月29日 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構プレスリリースより】 NEDOは、北海道大学大学院情報科学研究科 小笠原悟司教授、竹本真紹准教授の研究グループとともに、従来のハイブリッド自動車用希土類磁石モータに匹敵する出力を有する、フェライト磁石のみからなる新構造のロータセグメント形アキシャルギャップモータの開発に成功しました。 この技術は、「次世代自動車用高性能蓄電システム技術開発」の一環として開発したもので、資源の偏在などで安定調達が困難となっているレアアースを使わず、安価な...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 13:47

原子力機構など、磁性絶縁体から電気エネルギー

【2010年9月27日 日刊工業新聞より】 日本原子力研究開発機構と東北大学は、温度差をつけた絶縁体である磁石(磁性体)から電気エネルギーを取り出すことに成功した。これまで絶縁体から電気エネルギーの取り出しは不可能とされていた。これにより、絶縁体ベースの熱電変換素子をつくることができる。この研究成果は27日の英科学誌ネイチャー・マテリアルズ電子版に掲載される。 今回の研究では磁石である磁性ガーネット結晶という化合物を利用して… <続きを読む>   266nm, 315nm, 355nm, 360nmレーザー ...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 13:47

岡山大、高温超電導の一端を解明 電子に着目

【2010年9月30日 共同通信より】 零下約200度以上で物質の電気抵抗がゼロになる現象「高温超電導」が起きる際の電子の状態を、岡山大の鄭国慶教授らのグループが解明し、30日発表した。 高温超電導は1986年に発見。より高い温度で超電導を起こせれば産業分野で実用化しやすいため研究が進められているが、詳しい仕組みは分かっていない。 グループは、強力な磁場をつくれる米国の施設で、高温超電導体の銅酸化物を使って実験。電気抵抗がゼロでない常電導状態と、超電導をつくり出すことで電子の状態を調べた。その結...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 13:45

阪大など細胞のセンサー機構解明 がんやアトピーに関与

【2010年9月30日 共同通信より】 細胞表面にあるセンサータンパク質が、周りにあるタンパク質の信号を受け取り、細胞内に周囲の情報を伝える仕組みを大阪大(大阪府吹田市)と横浜市立大のチームが明らかにし、29日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。 体内での信号のやりとりは神経などの形成のほか、がんや自己免疫疾患、アトピー性皮膚炎などの病気の進行に関与。信号を遮断すれば免疫の働きを抑え自己免疫疾患の治療につながり、信号を強くすればアトピー性皮膚炎を抑えられるという。 チームは… <続...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 13:45

原子力機構:JRR−3研究で、東大と覚書締結 /茨城

【2010年10月1日 毎日新聞より】 東京大物性研究所と日本原子力研究開発機構は30日、東海村の原子力機構原子力科学研究所内にある研究炉「JRR−3」(熱出力20メガワット)を活用した研究協力に関する覚書を締結した。 原子力機構によると、JRR−3では現在、中性子ビームを使った超電導物質やたんぱく質の研究開発が行われている。両者は今後… <続きを読む>   266nm, 315nm, 355nm, 360nmレーザー SDL-266-xxxTL, SDL-266-QSL-xxxTL, SDL-355-xxxTL, SDL-355-QSL-xxxTL, SDL-360-xxxTL  ...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 13:45

ノーベル物理学賞に英大学の2人 新炭素素材研究

【2010年10月5日 共同通信より】 【ストックホルム共同】スウェーデンの王立科学アカデミーは5日、2010年のノーベル物理学賞を、炭素の新材料作製などに関する業績で、英マンチェスター大のアンドレ・ガイム教授(51)と、コンスタンチン・ノボセロフ教授(36)のロシア出身の2人に授与すると発表した。 授賞理由は「2次元の物質グラフェンに関する革新的実験」。グラフェンは、炭素が1原子の厚さで、六角形のハチの巣状に並んだ極薄のシート状物質。軽く、強く、しなやかで透明。電気は銅並みに、熱は銅の10倍も伝...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 13:44

ノーベル化学賞、鈴木章氏・根岸栄一氏らが受賞

【2010年10月6日 ロイターより】 [ストックホルム 6日 ロイター] スウェーデンの王立科学アカデミーは6日、2010年のノーベル化学賞を、米国人のリチャード・ヘック氏、鈴木章氏、根岸栄一氏の3人に授与すると発表した。… <全文を読む>   266nm, 315nm, 355nm, 360nmレーザー SDL-266-xxxTL, SDL-266-QSL-xxxTL, SDL-355-xxxTL, SDL-355-QSL-xxxTL, SDL-360-xxxTL   532nm DPSSレーザー SDL-532-xTL, SDL-532-LN-xTL, SDL-532-SLM-xTL   671nm DPSSレーザー SDL-671-xTL...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 13:44

ぐらつかない精密関節 福島大教授ら開発

【2010年10月7日 河北新報より】 福島大共生システム理工学類の高橋隆行教授と、工業用宝石加工部品メーカー「並木精密宝石」(東京)の研究グループは6日、動作時のバックラッシュ(ぐらつき)をほぼゼロに抑えた直径12ミリの「小型関節ユニット機構」を開発したと発表した。医療機器やロボットハンドへの応用が期待される。 開発したのは、精密アクチュエーターと呼ばれる複雑な動きが可能になる装置。ロボットハンドの関節部分や内視鏡などに用いられているが、従来の装置はバックラッシュが起きるため、精密作業には向かなか...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 13:43

細胞分子を固定、京大教授ら最適な観察方法開発

【2010年10月4日 京都新聞より】 細胞内の分子を固定して観察する最適な方法を、京都大物質−細胞統合システム拠点の楠見明弘教授や鈴木健一講師、元大学院生の田中賢治さんたちの研究グループが開発した。従来の方法では、動き回る分子を完全に固定できていないことが多く、分子の状態を誤って観察していた可能性が高いという。英科学誌「ネイチャーメソッズ」で4日発表する。 生体から取り出した細胞内の分子の分布を調べるには、固定剤で分子を固定してから、狙った分子に特異的に取り付く蛍光分子付きの抗体を使う方法が主に...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 13:42

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 21 - 30 件表示 (3/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!