>
ニュース
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ニュース

このテーマに投稿された記事:203148件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c7/3/
ニュース
このテーマについて
JUGEMの旧公式テーマです
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

スプリング8で巨大タンパク質の構造解析 兵庫県立大など

【2009年1月18日 産経ニュースより】 免疫機能にかかわりがある巨大タンパク質「ボルト」の詳しい構造解析に、兵庫県立大と大阪大の共同研究グループが世界で初めて成功し、米科学誌「サイエンス」に発表した。抗がん剤などの薬物の治療効果を高めるような新薬の開発に役立つと期待される。  ボルトは生体内で最も大きなタンパク質で長さ67ナノメートル(ナノは10億分の1)。免疫機能にかかわりがあり、細菌を殺すのを助ける一方、抗がん剤を自身の中に取り込んでしまい効きにくくする働きがある。効果的な抗がん剤の開発の...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 09:57

理工系博士号持つ“非正規”、経産省が就職支援へ

【2009年1月19日 読売新聞より】 経済産業省は、博士号を取得しても定職に就けず、非正規労働者の位置付けで研究を続ける理工系の「ポストドクター」(ポスドク)の就職支援に乗り出す。 高度な専門知識を持ちながら就職難に苦しむ若手研究者に4月から約1年間、民間企業で働く機会を設ける。実力が認められれば正社員への道が開けるという。 1月下旬から約200人の若手研究者の公募を始め、2月下旬に書類審査や面接を行う。… <続きを読む>   266nm, 315nm, 355nm, 360nmレーザー SDL-266-xxxTL,...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 09:57

光で遺伝子を操作 思い通りDNA切り張り

【2009年1月19日 産経ニュースより】 スピードと確実性、飛躍的に向上 生命科学の最前線で、光を使って遺伝子を操作する新技術が、世界的に注目されている。開発したのは、北陸先端科学技術大学院大学の藤本健造准教授らの研究チームだ。酵素を用いる従来の遺伝子操作は反応に時間がかかり、温度などの条件管理が難しかったが、新技術では光を当てるだけでDNA(デオキシリボ核酸)を思い通りに切断・連結でき、スピードと確実性は飛躍的に向上する。将来的にはDNAコンピューターや人工生命にもつながる成果なのだという。(...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 09:56

米研究者が論文発表を行った「光学迷彩」技術とは?

【2008年8月12日 Technobahnより】 日本の人気アニメ「攻殻機動隊」で登場する物体を透明化する「光学迷彩」技術の開発に米カリフォルニア大学バークレー校の研究グループが成功していたことが11日、明らかとなった。 この研究発表を行ったのは同大学のXiang Zhang教授(Chancellor's Professor)を中心とする研究グループ。 研究グループが開発した「光学迷彩」技術はナノサイズの特殊な素材を使ったもの。この素材は光がぶつかると… <続きを読む>   266nm, 315nm, 355nm, 360nmレーザー SDL-2...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 09:56

がけ崩れ危険度、光って伝える変位計 神戸大准教授開発

【2009年1月19日 朝日新聞より】 七色に変わる発光ダイオード(LED)を使い、がけ崩れや地滑りの危険を伝える装置を、神戸大学工学部の芥川真一准教授(49)=地盤工学=が開発した。山の斜面の揺れや動きを、周囲にいる人に伝える「光る変位計」で、危険度に応じて色を変えられる。地震時の建物倒壊現場での救助作業にも利用できるという。 透明なビニールホースの中に通したバネ付きのピアノ線に、10センチ間隔でLEDをつけた。… <続きを読む>   266nm, 315nm, 355nm, 360nmレーザー SDL-266-...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 09:55

夢のコンピューターへ一歩=世界最大の光量子回路実現−北大

【2009年1月23日 時事通信より】 光の素粒子「光子」を使った世界最大規模の光量子回路を開発したと、北海道大電子科学研究所の竹内繁樹教授らの研究グループが23日、米科学誌サイエンスに発表した。現在のスーパーコンピューターと比べ、けた違いの超高速演算が期待できる「量子コンピューター」の実現につながる技術だという。… <続きを読む>   266nm, 315nm, 355nm, 360nmレーザー SDL-266-xxxTL, SDL-266-QSL-xxxTL, SDL-355-xxxTL, SDL-355-QSL-xxxTL, SDL-360-xxxTL   532nm DPSSレー...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 09:55

芸術家の頭の中は?独創の源を解明へ、理研と芸大が連携

【2009年1月24日 読売新聞より】 一流の芸術はどのようにして生まれるのか? 東京芸術大学(宮田亮平学長)と理化学研究所(野依良治理事長)は、第一線で活躍する芸術家の脳の活動を詳しく調べる共同研究に乗り出す。芸術と脳科学という全く違う分野の専門機関が連携して研究するのは珍しく、教育手法などへの応用が期待されている。 テーマは「独創的なアイデアがひらめく瞬間に脳はどんな活動をするか」「進化の過程で芸術や音楽は、どのようにして生まれたのか」「作品を鑑賞する脳の活動は、専門家と一般の人でどこが違うか...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 09:54

『ふげん』解体進む 原発、廃炉の時代へ

【2009年1月20日 東京新聞より】 国内五十五基の原子力発電所中十七基は運転開始から三十年を超す。このうち浜岡原発1、2号機について中部電力は昨年末、廃炉を決めたが、古い原発をどうするかが大きな課題だ。日本原子力研究開発機構の新型転換炉「ふげん」(福井県敦賀市)では昨年二月から廃止措置を開始。“廃炉の時代”に備え、安全に使用済み核燃料を運び出し、設備・機器を解体撤去する技術開発に取り組んでいる。 (栃尾敏) 撤去まで20年 日本海に面した敦賀半島にある「ふげん」は出力十六万五千キロワ...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 09:54

分子の重さ、世界一の精度で計測 県立大が開発

【2009年1月26日 神戸新聞より】 兵庫県立大学は二十六日、大学院工学研究科の持地(もちじ)広造教授(58)らが、タンパク質分子の重さを世界最高精度で求める方法を開発した、と発表した。タンパク質ほどの高分子をそのままで計測する方法はこれまでなく、今後は医療や化学工業など広範な分野での活用が期待できるという。… 持地教授によると、主流であるレーザーを照射する方法では、ほかの物質を対象に混ぜる必要があった。別の手法では、… <続きを読む>   266nm, 315nm, 355nm, 360nmレーザ...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 09:53

光触媒:新材料を開発 室内照明でも効果発揮 NEDO

【2009年1月29日 毎日新聞より】 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は28日、可視光でも高い効果を発揮する光触媒の新材料を開発したと発表した。酸化チタンを使った従来の材料は、可視光への反応が悪かった。新材料は室内の照明でも高い光触媒効果を発揮するため、新型インフルエンザウイルスも分解する空気清浄機などへの応用が期待できるという。3年後の製品化を目指す。 光触媒は紫外光を当てると強い酸化力が発生する化学反応で… <続きを読む>   266nm, 315nm, 355nm, 360nmレーザ...

アクティブ・サイエンス・レビュー | 2018.04.17 Tue 09:48

このテーマに記事を投稿する"

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

全1000件中 71 - 80 件表示 (8/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!