>
花の記憶
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

花の記憶

このテーマに投稿された記事:384件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c82/20206/
花の記憶
このテーマについて
ふとした記憶が、まぶしく蘇る瞬間はありませんか・・・?
このテーマの作成者
作者のブログへ:「fukuu-haiku」さんのブログ
その他のテーマ:「fukuu-haiku」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

夜、雲は黒い

札幌から飛び立って しばらくしたら、夜間飛行のため 客室の照明が落とされた。 眼下に広がるのは 山脈の漆黒と、時折の街明かり。 真下の街明かりと、その奥の街明かりを 銀に光る針のなみ縫いのような 山道がつなぐ。 ああ、時折、黒い塊が視界を遮って 夜、雲は黒い。 街明かりが都市の輝きとなり、 何億もの光の粒にあふれた たくさんの人の営みにあふれた 愛しい 東京に着いた。 この作品は 北星学園大学短期大学部 生活創造学科 生活文化ゼミ 風戸真理先生に、心のこもったお招き...

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.11.21 Tue 19:36

秋晴れの表面張力こぼれさう

秋晴れの表面張力こぼれさう あきばれの へうめんちやうりよく こぼれさう JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.11.07 Tue 21:30

秋晴れを賽の目に一欠片つまむ

秋晴れを賽の目に一欠片つまむ あきばれを さいのめに ひとかけ つまむ 今だけの 期間限定の キラキラ、ピカピカ感 を 味わう 葉が色づけば 新しい、美しい世界が 開くのだろうけれど JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.11.03 Fri 00:30

お品書きに誘惑されし秋黴雨

お品書きに誘惑されし秋黴雨 おしながきに いうわくされし あきついり and , then … JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.10.29 Sun 17:27

炎環10月号にて巻頭をいただきました☆

炎天やいつもの二割くらゐの私 歌声をまとひてをりぬ夏の雨 あちこちに話の飛びし扇風機 病葉を離さずにをりプラタナス 蓮の葉のめくれるままや夕間暮れ 炎環10月号にて 揚句五句にて 巻頭をいただきました。 俳句は、 読んでくださる方の感性にお渡しする文学だなぁ というところもあり、 自分の句を自分で解説すると 興ざめになることもあります…が、 巻頭をいただいた記念に備忘録も兼ねて 自句自解します☆ 炎天やいつもの二割くらゐの私 ◆ えんてんや いつものにわり くらゐのわたし 今年の7月...

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.10.19 Thu 19:37

月光や香り立ちたる電話口

月光や香り立ちたる電話口 ぐわつくわうや かをりたちたる でんわぐち JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.10.04 Wed 13:10

アベリアの花の重みにこぼれたり

アベリアの花の重みにこぼれたり あべりあの はなのおもみに こぼれたり 白く咲いた花がこぼれるように 恋したい 咲いた花が 花びらの重みでこぼれていくように 好き と言いたい いつものアスファルトの道を歩く 風が吹いて 右から 手のひらくらいの香りが こちらへ 炎環2017年11月JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.09.20 Wed 14:53

青と思ひし朝顔の緋色に咲けり 我が身の内よ

青と思ひし 朝顔の 緋色に咲けり 我が身の内よ あをとおもひし あさがほの ひいろにさけり わがみのうちよ 育てていた朝顔が 咲いたら ピンク色だった 緑色の小さな蕾が割れて ピンクのスカートが ヒラヒラはみ出した 朝顔といえば 青い花が咲く と思い込んでいた そうか、 たくさん並べられていた 黒くて小さなプラスチックの鉢の中から、 一つ 双葉から少し蔓が伸び始めた苗を 手に取った時から、 初めから ピンクの花を育てていた、ということだったのか 私は、青と...

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.09.18 Mon 21:20

地下鉄の冷蔵庫めく我は魚

地下鉄の冷蔵庫めく我は魚ちかてつのれいざうこめくわれはうを電車の車窓に雨が点線を描いて、小さなレンズが現れる夏に開ききった葉の濃い緑色が、雨粒に染まるグレーのコンクリートと交差する雨で湿気が重いけれど車内は冷房が効き過ぎていて、冷蔵庫の中で腐敗しないよう時を遅らせられている魚や野菜のような気分だなぁと思っていたら、電車は地下に潜ってしまって何も見えなくなってしまった。 炎環2017年11月 JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.09.14 Thu 12:26

熱のある我月の射す水飲めり

熱のある我 月の射す水飲めり グラスは 外の湿気に たちまち濡れて、 指でぬぐうと 氷が揺れた ねつのあるわれ つきのさすみづのめり グラス越しの水は 光を帯びて 指で触れることはできず、 唇から滑り堕ちた 炎環2017年11月JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.09.07 Thu 20:34

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全384件中 1 - 10 件表示 (1/39 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!