>
花の記憶
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

花の記憶

このテーマに投稿された記事:442件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c82/20206/
花の記憶
このテーマについて
ふとした記憶が、まぶしく蘇る瞬間はありませんか・・・?
このテーマの作成者
作者のブログへ:「fukuu-haiku」さんのブログ
その他のテーマ:「fukuu-haiku」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

虹のやう雪柳咲く頃となり

虹のやう雪柳咲く頃となり にじのやう ゆきやなぎさく ころとなり 気づいたら 雪柳が咲き始めていた。 いつもの通り道の傍ら、 ずっと同じところに生えていた株から 他の植木に埋もれ 目立たないグリーンの葉を伸ばしていた枝から いつもの通り道へ 弧を描きながら 白い光が こぼれだすように 去年とは違う花が咲く。 炎環2017年6月 JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.03.18 Sat 15:31

春嵐まづ食べてから考へる

春嵐まづ食べてから考へる はるあらし まづたべてから かんがへる 炎環2017年6月号 ◆ 春嵐まず食べてから考える →春嵐まづ食べてから考へる との添削 JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.03.14 Tue 19:46

手紙書き春北風をうづめたる

手紙書き春北風をうづめたる てがみかき はるきたかぜを うづめたる 正しい道か分からないけれど 伝えることを選ぶ 伝えることが壁になった 何度も壁を越えてきたが 固くて手が痛い 銀漢2017年6月 星雲集 手紙書く春北風をうづめたる →手紙書き春北風をうづめたる と添削 JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.03.13 Mon 18:46

骨組みのビルより漏れし春夕焼

骨組みのビルより漏れし春夕焼 ほねぐみの びるよりもれし はるゆやけ 俳誌 炎環 2017年5月号 JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.03.08 Wed 18:11

夜空を食べるレストラン

昼間は食べていくために 人と対峙していかなければならないので、 夜は 世界の片隅に潜り込んで、 月と星を眺めながら ご飯が食べたい 月が三日月に破れて 星の数が増えたなぁと思ったら 夜空にミシン目が入って 私の前の スープ皿に堕ちてきた スプーンですくって 食べる 私のカラダの中へ沁みて、 足先から大地の深いところへ 繋がった sogen書芸塾2017年2月 JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.02.23 Thu 17:02

違ふ春同じく赤くアマリリス

違ふ春同じく赤くアマリリス ちがふはる おなじくあかく あまりりす 今年もアマリリスが咲いた。 去年と同じく赤いけれど 去年とは違うアマリリス。 去年とは違う春。 こういう春が、私の部屋に訪れるとは 思わなかった。 A different spring Also red Amaryllis 去年もおととしも一昨々年も一昨々々年も、、 春に物事が動く。 俳誌 炎環 2017年5月号 JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.02.15 Wed 20:36

立春や片割れ月と引越せる

立春や片割れ月と引越せる りつしゆんや かたわれつきと ひつこせる 月は満月を越えて、欠けはじめたけれど、、、 今年の立春は これから満ちていこうとする 半月が浮かんでいた。 私は浮かれていなかった たくさん眠っていた あの人が 自分の力で、自分の部屋から さなぎの殻から抜け出して 来てくれた さなぎから蝶になる時だったから 結婚する前の人が放つような キラキラとした かわいい顔をしていたんだ 肌はしろくて 頬は紅くて 俳誌 炎環 2017年5月号 JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.02.14 Tue 16:16

梅東風や紅茶へミルク落としたる

梅東風や紅茶へミルク落としたる うめごちや こうちやへみるく おとしたる 俳誌 炎環 2017年5月号 ◇ JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.02.06 Mon 18:23

秋桜や頬を流るる街の雨〜祝!しのぶさん入賞

女流書家 水津しのぶさんが 書道芸術院展 現代詩文書にて入賞されました(^o^)/ 私の俳句 秋桜や頬を流るる街の雨 を書いてくださっての入賞です☆ しのぶさんのコメントを転載します。 ----------------------------------- 昨年末に出品した書道芸術院展 現代詩文書の作品が、 今年も入賞とのお知らせをいただきました。 今まで勉強してなかった部門を勉強しはじめて 悩みながら四苦八苦しながら仕上げて 提出した作品に賞を頂くのは 嬉しいです。 今年も いろんなことに頑張っていこう! という気持ちになりま...

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.02.03 Fri 20:11

紅梅のほころび明日は寒き朝

紅梅のほころび明日は寒き朝 こうばいのほころび あすはさむきあさ おととしの六月末に始めたことから 昨日退会しました。 思っていたよりも ずっと時間がかかってしまったけれど、 ピンク色の退会届に ペンを走らせながら、 ああ、こういう机で 白い紙に書いて始めた… 隣の部屋からもれる 司会者の声を聞きながら こういう司会の声を聞いた… 机の横に置かれている チラシを見ながら チラシを選んで 持って帰った… その時その時の自分を想い出して 隣にいる人を見て ああ、頑張ったん...

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2017.02.03 Fri 20:03

このテーマに記事を投稿する"

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

全442件中 91 - 100 件表示 (10/45 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!