• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

登山

このテーマに投稿された記事:2479件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c137/5315/
登山
このテーマについて
登山が好きな人!
最近は登山ブームで若者からお年寄りまで
いろいろな年代の方が登山をしておられます。
さぁ、山に登って下界を眺めよう!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tanukinoasi」さんのブログ
その他のテーマ:「tanukinoasi」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

綿向山1 雪山体験

  滋賀県日野町にある綿向山(1,140m)は、霧氷が綺麗でスノートレッキング、雪山初心者でも登れるのでとても人気がある。 土日祝などは関西方面を中心に大勢の人が来るので山麓の御幸橋駐車場はAM7:00には満車になる程。   今回2/7(wed)は平日、私は水・日曜休みなので人気のある山はなるべく水曜に行くようにしている。   2/6(tue)に私の山師匠M氏(登山ガイド)一行がこの山に登られていたことをFaceで知った! そもそも私が雪山に魅了された最初のきっかけが、M氏主催の雪山登山講習で鈴鹿山脈...

My sense | 2018.02.21 Wed 12:01

綿向山3  静・精・生

  綿向山北尾根分岐から約2時間弱でイハイガ岳(964m)へ縦走できるが、積雪期にそこまで足を延ばす人はほとんどいないためトレースも無い。広い尾根の雪原歩き、痩せ尾根、急斜面のトラバースなど難路つづきのため行くのは諦め竜王山経由で下山する。   竜王山経由で登って来られた方に山頂で出会い、登り4hrを要したと言われていた!表参道からはこの日、私の足で2hrの登りだったので約2倍。 雪山の季節、急登つづきの竜王山経由は使わずほとんどの方が表参道をピストンするようだが、昨年、親切な大阪のサラ...

My sense | 2018.02.19 Mon 01:09

氷上を滑る風<金剛山 もみじ谷&千早本道>

JUGEMテーマ:登山     2月17日 金剛山に行ってきました。もみじ谷第六堰堤の氷瀑を観てきました。あまり感動はしませんでしたが、見ごたえのある「氷のショータイム」でした。  

楽人の山歩道 | 2018.02.18 Sun 22:06

綿向山2 I‘ll be your hero〜,

9合目から山頂までの急登は約30°くらい、以前は結構、息が上がり立ち止まることもあったが今では立ち止まることも無く呼吸も意識してコントロール(腹式呼吸で吐く息に意識)するようにしているので息の上りも以前よりは抑えられる。   週1回はジムで筋トレ(バーベルスクワット、ベンチプレスなど)とラン(5km)、普段は体幹トレ(スタビリティー、モビリティ)とストレッチ、時々ラン、を行っている。 普段からも体幹を意識したトレーニングをするので、登山でも体幹を意識しながら歩くようにしている。 特に腹筋を意...

My sense | 2018.02.14 Wed 19:10

藤原岳4 出会い

  山頂での眺望は素晴らしく、約30分ほど夢中に山座同定してはそれぞれの山に思いを馳せていた。 ー5℃くらいで風も10mはあったと思うが、意識を山々に集中していると寒さなど感じなくなる。 心頭滅却すれば、、、。   自然へ意識を向ける程、こころも穏やかで平安になっていく。親和性なのだろうか!   山、自然、には利己が無いから「自ら」を手放すほど、 大自然のリズムに共鳴し、 生命(清明)の躍動と同調し、 真実を視る。   フッと我に返ると、時間はすでにPM1:00を過...

My sense | 2018.02.09 Fri 18:09

藤原岳3 音、絆、

  九合目越えの樹氷の美しさはしばし足を止めては感嘆するばかり.......(*´▽`*) 樹氷は気温が氷点下5℃以下の時に、樹木などに吹き付けられてできた白色不透明の氷で樹氷が成長する条件は、氷点下の厳しい冷え込みが続き、毎秒10mを超す強い西風が吹いているときに大きく成長するという。   暫く行くと標高1,090m地点に藤原山荘という無人の避難小屋があり、1階が座席、2階が座敷となっていて屋外にはトイレも完備されている。 雪山の季節はほとんどの方がここで休憩し、暖を取りながら食事をす...

My sense | 2018.02.06 Tue 01:46

山:六甲方面

電車を利用する場合、山の南側から登り始める事が多いのが六甲の山々。 どれも1000m以下なので、個人的には暑くない11月〜5月ぐらいが良いとは思うのですが、雪の季節がやっぱりベストかもしれません。降ってもぎりぎりアイゼン要らない程度か、必要でも軽アイゼンでOkなレベル。週末天気は良く無かったのですが、神戸&六甲ならではの風景を見ることが出来ました。(^^)         JUGEMテーマ:登山

heepee | 2018.02.05 Mon 20:43

藤原岳2 雪と氷の世界へ

  私の住んでいる豊橋市は愛知県の東部、静岡県と県境を接して太平洋からの穏やかな天候の影響を受け、愛知県西部(名古屋)で雪が降っても東部はほとんど影響を受ける事は少ない温暖な地域。 このため雪山に入ると他の季節以上に、真っ白な非日常世界のギャップに感銘し、身心共に白の世界の中で純化していくような感覚となる。   雪の結晶は等しく六角形をしている。 水蒸気を含む空気が上空で冷却され過飽和(空気へ水が溶ける濃度を超える温度低下状態)になると、空気中のごく細かいちりなどをしんにし...

My sense | 2018.02.04 Sun 04:03

藤原岳1 皆既月食の日、一年ぶりに.....

  この日に行った藤原岳からの帰りの高速からは、まだ欠けて行く前の大きなお月さんが印象的だった。 月が地球の影に完全に入り込む「皆既月食」など様々な現象が重なる「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が2018年1月31日夜、35年ぶりに観測された。この現象は、約3年10か月ぶりに起きた皆既月食に加えて、月の距離が地球に最も近くなる「スーパームーン」と、1か月に2回の満月になる際の2回目の満月を指す「ブルームーン」が同時に起こることを指す。   皆既月食は太陽、地球、月が一直線に並び、太陽か...

My sense | 2018.02.02 Fri 01:22

阿弥陀岳北稜・赤岳 2018.01.30

 今シーズン2度目の八ヶ岳。1月22日には東京でも大雪が降って、八ヶ岳山麓もずいぶん雪が増えたと思いきや、美濃戸の辺りは未だ笹藪が覗いている程度。この辺りでは影響が少なかったのでしょうが、雪が増えのはこれからでしょう。  行者小屋前で支度を整えて阿弥陀北稜へ。小屋の周囲は埋もれる程の積雪でしたが、好天続きのせいか北稜の雪は固く締まって少なくなり、最後の短いナイフリッジはステップが作りにくい感じでした。 午前中は空気中の水蒸気が多いようで、霞みが架かって稜線に雲が湧いていましたが、お昼頃には...

岩と雪と氷の嶺へ | 2018.01.31 Wed 11:28

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!