>
コーヒー
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

コーヒー

このテーマに投稿された記事:531件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c137/9248/
コーヒー
このテーマについて
コーヒーを飲むこと。
コーヒーを焙煎すること。
コーヒーのあるお店探検。
コーヒーに関する様々なこと。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「dis-coffee」さんのブログ
その他のテーマ:「dis-coffee」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21 >

「可否道」その3

JUGEMテーマ:コーヒー 簡単な筋書き  「可否道」の筋書きは,売れっ子女優坂井モエ子を主人公とし,塔之本勉,菅貫一を中心とする恋愛小説です。『モエ子と同棲していた舞台装置家勉はある日突然若い女優丹野アンナのもとに走った。モエ子の相談相手だった寡夫の貫一(52)はモエ子(44)に再婚を申し込むが,勉(36)に未練のあるモエ子は返事を渋る。ある日,アンナに見限られた勉が,再びモエ子のアパートに舞い込む。しかし,モエ子は単身羽田空港から,菅貫一,勉らに見送られてヨーロッパに旅立っていく。』  求...

コーヒー談話室 | 2015.05.22 Fri 11:35

古きパタゴニアの急行列車の旅(9)

JUGEMテーマ:コーヒー 古きパタゴニアの急行列車の旅(9)  『… 午前六時のグァテマラ・シティーは霧のおかげでいやなところが隠されてしまい、高山の頂のような清楚な趣を呈していた。太陽の熱が霧を溶かしてしまうまでに、まだ時間があり、道筋は朧る、低い家並みも白くぼんやりと、人々の姿が、さまよい歩く亡霊に見える。… ベラクルスを発って以来、これはというような汽車に一度もお目にかかっていないことを考えると気が滅入ってくる。… あばたのような噴火の後、自然の驚異とも言うべき風景...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 22:27

古きパタゴニアの急行列車の旅(8)

JUGEMテーマ:コーヒー 古きパタゴニアの急行列車の旅(8)  『メキシコの列車とグァテマラの列車の、 … 四輛の客車は、車体が小さいくせに窓ばかり大きい。 … しかも窓にガラスが入っておらず、木部にペンキが塗ってない。狭軌である。 … この汽車旅が、二週間前の寒い朝ボストンで乗り込んだ列車の続きなんだという、一種の満足感が、あるにはあった。 …  サトウキビの甘い嫌な臭気、貧しい村々から立ち上る物の腐った臭い、哀れな子供ら、傾きかけた小屋、乗客達の暗い顔 ー それを嗅...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 22:25

古きパタゴニアの急行列車の旅(7)

JUGEMテーマ:コーヒー 古きパタゴニアの急行列車の旅(7)  『オゾンたっぷりの色を四方に柔らかくただよわせながら、やがて巨大な虚空が広がってゆく。… 向こうに、山が見えていた。朝日がちっぽけな頂から尾根へつづく岩肌を紫色に照らしだしており、… 東へ向けてギザギザに流出した火山塊の一部らしかった。南の方は、何の変哲もないまばらな森林だ。列車が停まった。人家もろくにないところだったが、女の子が一人、窓際に現れて、「コーヒーいかが」と言う。紙コップに注いでもらったコーヒーをすす...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 22:23

古きパタゴニアの急行列車の旅(5)

JUGEMテーマ:コーヒー 古きパタゴニアの急行列車の旅(5)  メキシコ・シティーからベラクルスへ向かう「エル・ハロチョ」号でのこと。「エル・ハロチョ」とは「田舎者,粗野な人」という意味でベラクルスの人々は自分たちのことをそう呼んでいるそうです。この列車からベラクルスに至る道での生活が見えてきます。  『息苦しいコンパートメントの中で,きたないガラス窓と向かい合っているのがいやになり,深呼吸でもすれば耳のためにもいいかもしれないと,私は寝台車の最後部へ出てみた。デッキの窓が,あいてい...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 22:21

古きパタゴニアの急行列車の旅(4)

JUGEMテーマ:コーヒー 古きパタゴニアの急行列車の旅(4)  つぎに「コーヒー」が出てくるのは、シカゴからメキシコ北東部ヌエボ・ラレドに至る六つの州を縦断する「ローン・スター」号でのことです。この列車の走る道は、その昔は牛を運ぶために利用されたそうです。  『寝台列車がオクラホマ・シティーを通過した後、食堂車に行くと、一人の男に「小学生の群れがゴマンと乗り込みましたぞ」と聞いた後、セルーはコーヒーを飲み終え、自分の寝台車へ帰る途中、…二,三百人ばかりのお母さんたち子どもたちが、...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 22:20

古きパタゴニアの急行列車の旅(3)

JUGEMテーマ:コーヒー 古きパタゴニアの急行列車の旅(3)  長い旅は次のようにして始まります。『ボストン南駅で,鳥肌立つほどの寒さを我慢していると,友人が数人現れた。列車の下から暖房用の蒸気が猛然と噴き出しているので,まるで霧の中から現れたように見えた。みんなの吐く息が白く長い雲になる。私たちは紙コップにシャンペンをついで乾杯し,足踏みをして暖を取った。大きく手を振りながら,私の家族も突然やってきた。父は私の名前をど忘れするほど興奮していたが,弟たちは冷静で, … 。 私も乗り込...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 22:19

古きパタゴニアの急行列車の旅(2)

JUGEMテーマ:コーヒー 古きパタゴニアの急行列車の旅(2)  この旅の経路には「コーヒーベルト」があり、コーヒーの名で知られる、グアテマラ、ホンジュラス、コスタ・リカ、コロンビア、エクアドルを経てチリ、アルゼンチンに至ります。  利用した列車は、「レイク・ショー」特急(ボストンーシカゴ)、「ローン・スター」号(シカゴーヌエボ・ラレド)、「アステカの鷲」号(ヌエボ・ラレドーメキシコ・シティ)、「エル・ハロチョ」号(メキシコ・シティーベラクルス)、普通鈍行列車タバチュラ行(ベラクルスータ...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 22:17

古きパタゴニアの急行列車の旅(1)

JUGEMテーマ:コーヒー 古きパタゴニアの急行列車の旅(1)  北陸新幹線が開通し,北陸までかなり時間短縮できるとして,地元は経済効果を喜び,沸き立っている様子が伝えられています。東海道新幹線も速度を増し,時速280キロ走行になったと伝えられています。  今流の考えでは、速いことはいいこと,時短が善であることが歓迎されているようです。  リニアモーターカーも開業予定を2027年として最速時速500キロ台で東京〜名古屋を最短40分,2045年に全線開業をめざし、東京 - 大阪間を最速67分で結ぶと試算さ...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 22:15

アラビアに魅せられた人びとのコーヒー(5)

JUGEMテーマ:コーヒー アラビアに魅せられた人びとのコーヒー(5)     そして、コーヒーを飲むための「しきたり」があるのです。  『コーヒーは、はじめに入れた人が飲むことがエチケットだった。これは毒が入ってないことの証拠を示すため。部屋にいる最上席の人にコーヒーを入れ、家の主人は最後になる。』  また、コーヒーを勧められた時の守るべき「しきたり」もあるのです。  『ここで注意すべきことがある。それは、コーヒーカップを断ることは侮辱行為とされることである。ただ、一杯の量は、...

コーヒー談話室 | 2015.05.21 Thu 22:14

このテーマに記事を投稿する"

< 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21 >

全531件中 151 - 160 件表示 (16/54 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!