[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 日本文学のブログ記事をまとめ読み! 全601件の7ページ目 | JUGEMブログ

>
日本文学
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

日本文学

このテーマに投稿された記事:601件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c216/12487/
日本文学
このテーマについて
日本に生まれた我々が、
最も身近な文学。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「utawo2009」さんのブログ
その他のテーマ:「utawo2009」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

『青べかを買った話』本文vol,3/13 山本周五郎著「青べか物語」新潮文庫刊所収

JUGEMテーマ:日本文学     『青べかを買った話』vol,3/13 「青べか物語」山本周五郎著・新潮文庫刊 所収     【 本  文 】       二度目には百万坪で会った。   季節は春で強い風が吹いていた。 私は「二つ入り」の堀に沿った道を、沖の弁天社の方へ歩いていた。   何の風情もない、ただだだっ広いだけのその荒地のほぼ中ほどに、無人の、小さな、毀れかかったような古い社が、ひねこびた古い六七本の松に囲まれて建って...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.11.04 Fri 21:41

『青べかを買った話』本文vol,2/13 山本周五郎著「青べか物語」新潮文庫刊所収

JUGEMテーマ:日本文学   『青べかを買った話』vol,2/13 「青べか物語」山本周五郎著・新潮文庫刊 所収     【 本  文 】   すると一人の老人が、すぐ後ろに腰を掛けて、私なぞは目にも入らないといった様な顔つきで、古風な煙草入れを腰から抜く処であった。   私は支える足に気を配りながら、また海の方へ眼を戻した。   「ずっとめえに、ここへなにかぶっ建てようと思ったっけだが」 と老人が大きな声で云った、   百メートルも先に...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.11.03 Thu 21:46

『青べかを買った話』本文vol,1/13 山本周五郎著「青べか物語」新潮文庫刊所収

JUGEMテーマ:日本文学     『青べかを買った話』vol,1/13 「青べか物語」山本周五郎著・新潮文庫刊 所収     【 本  文 】   芳爺さんに初めて会ったのは、「東」の海水小屋であった。   冬の事で、海水小屋は取り払われ、半分朽ちた葦簀(よしず)の屋根と、板を打ち付けた腰掛が一部だけ残っていた。   町を西から東へ還流する掘割が、東の海へ出る川口の所で、土地の人たちはその辺り一帯を漠然と「東」と呼んでいた。   私は...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.10.31 Mon 23:17

「青べか物語」『はじめに』ラストvol,5/5 山本周五郎著・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   「青べか物語」山本周五郎・新潮文庫刊 ★全文紹介   本日、ラスト(最終章)   vol,5/5        百万坪から眺めると、浦粕町がどんなに小さく心細げであるか、ということがよくわかる。   それは在れた平野の一部に平べったく密集した、一塊(ひとかたまり)の、廃滅しかかっている部落といった感じで、貝の缶詰工場から立ち上る煙と、石灰工場の建物全体を包んで、絶えず舞い上がっている雪白の煙のほかには、動くものも見...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.10.28 Fri 19:24

「青べか物語」『はじめに』vol,4/5 山本周五郎著・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学     「青べか物語」山本周五郎・新潮文庫刊 ★全文紹介   本日、vol,4/5      この町ではときたま、太陽が二つ、東と西の地平線上にあらわれる事がある。   そういうときはすぐにそっぽを向かなければ危ない。 おかしなことがあるものだ、などと云って二つの太陽を見ると、 「うみとんぼ野郎」になってしまう。   そうしてそのときにはすぐ脇の方で、獺(かわうそ)か鼬(いたち)の笑っている声が聞こえるという事であ...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.10.27 Thu 22:46

「青べか物語」『はじめに』vol,3/5 山本周五郎著・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   「青べか物語」    vol,3/5  山本周五郎・新潮文庫刊   ★全文紹介     これ等の事をどんなに詳しく記した所で、浦粕町の全貌を尽くすわけにはいかない。   私も決してそんなつもりはないので、ただこの小さな物語の篇中に出てくる人たちや、出来事の背景になっているものだけを、一応予備知識として紹介したに過ぎないのである。   はじめに「沖の百万坪」と呼ばれる空き地が、この町の南に広がっていると書いた。 ...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.10.26 Wed 20:40

「青べか物語」『はじめに』vol,2/5 山本周五郎著・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   「青べか物語」  vol,2/5  山本周五郎・新潮文庫刊   ★全文紹介     西の江戸川と東の海を通じる掘割が、この町を貫流していた。     蒸気河岸とこの堀に沿って、釣り舟屋が並び、洋食屋、ごったくや、地方銀行の出張所、三等郵便局、巡査駐在所、消防署、と云っても旧式な手押しポンプの入っている車庫だけであったが、   そして町役場などがあり、その裏には貧しい漁夫や、貝を採るための長い柄の付いた竹籠を作るもの...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.10.25 Tue 17:28

「青べか物語」『はじめに』vol,1/5 山本周五郎著・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学     「青べか物語」『はじめに』  vol,1/5  山本周五郎・新潮文庫刊   ★全文紹介    浦粕町(うらかすまち)は江戸川の最も下流にある漁師町で、貝と海苔と釣り場とで知られていた。   町はさして大きくはないが、貝の缶詰工場と、貝殻を焼いて石炭を作る工場と、冬から春にかけて無数に出来る海苔干場と、そして、魚釣りに来る客のための釣舟屋と、ごったくやといわれる小料理屋の多いのが、他の町とは違った性格を見せていた。  ...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.10.24 Mon 20:32

「青べか物語」『砂と柘榴(ざくろ)』最終回 vol,21/21 山本周五郎・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   「青べか物語」『砂と柘榴(ざくろ)』最終回  vol,21/21  山本周五郎・新潮文庫刊   ★全文紹介   「おら初めて見ただよ」 と五郎さんは意味ありげな一種の目配せを三人にした、   「まるでいま笑(え)んだ柘榴(ざくろ)みてえだっただ」   三人はちょっと考えてから、急に奇声をあげて笑いだし、安なあこという一人は、テーブルを力まかせに叩いて奇声を上げた。   五郎さんが結婚して間もなく、篠崎でもゆい子が東...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.10.23 Sun 17:03

「青べか物語」『砂と柘榴(ざくろ)』 vol,20/21 山本周五郎・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学     「青べか物語」『砂と柘榴(ざくろ)』 vol,20/21  山本周五郎・新潮文庫刊   ★全文紹介   救いの主は五郎さんの姉であった。   父親から手紙を受け取った姉が、一人の娘を連れて北海道からはるばるやって来たのである。   娘は小柄な体ではあるが、健康そうで、縹緻(ひょうち=容色がきめ細かな様子。)もゆい子より一段とたちまさっていた。   実科女学校中退、年もゆい子より二つ若かった。 五郎さ彼女と結婚した...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.10.23 Sun 16:30

このテーマに記事を投稿する"

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

全601件中 61 - 70 件表示 (7/61 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!